お金持ちになる方法

5 方法:お金を節約する生活費を削減する投資するキャリアアップを目指すローンを返済する

お金持ちになりたくない人はいないでしょう。しかし、どうすればお金持ちになることができるのか、わかっている人はさほど多くはありません。運、能力、そして忍耐の3要素が組み合わさることで、初めてお金持ちになることができます。お金持ちになるには、まず少しばかりの幸運が必要です。そして、偶然手にいれたものを、能力や知識に基づいた決断によって、幾多の困難を乗り越え、より大きなものにしていく、という具合に。もちろん、お金持ちになるのは簡単なことではありませんが、正しい情報をもとに我慢強く努力を行えば、決して不可能ではありません。

1
お金を節約する

  1. 1
    収入があったとき(給与受け取り等)は、その一部をすぐに貯蓄にまわしましょう。不必要な買い物にお金をつぎ込んでしまう前に、お金を引き出さないような貯蓄用の口座に収入の一部を毎回貯金するのです。そうすれば、その口座に順調にお金が貯まっていきます。
  2. 2
    毎月の支出計画をたてましょう。生活費を毎月の予算額で賄い、残額で娯楽費を賄えるようにしましょう。支出額を一定に保ち、毎月貯蓄を行うことが、地道ではありますが、お金持ちになるための第一歩です。
  3. 3
    車や住居への支出を減らしましょう。一軒家の代わりにアパートや、もしくはルームシェアはどうでしょうか。新車の代わりに中古車を購入し、そして極力使用を控えることはできないでしょうか。このようにして車や住居への支出を削減すると、大きな節約になります。
  4. 4
    支出を減らしましょう。よく考えずにお金を使わないようにしましょう。例えば、カフェで毎日1杯400円のコーヒーを飲むと、1週間では2000円、1年では10万円の出費になります。
  5. 5
    税金の還付制度を利用しましょう。例えば、2007年アメリカでは、平均の還付額は2733ドル(約30万円)でした。[1] このような大金を、すぐに価値のなくなってしまうものの消費に使うのではなく、借金の返済や、いざというときのための蓄えにあてるようにしましょう。また、賢く投資すれば、30万円という資金は後に何倍も大きな額になりえます。
  6. 6
    クレジットカードの使用は控えましょう。クレジットカードで支払う場合、現金で支払う場合に比べ、消費額が大きくなる傾向があります。[2] 現金で支払う場合に比べ、クレジットカードを使うと、お金を使っている実感がわかないからです。可能であれば、クレジットカードの使用をやめ、お金の価値や重みを再認識しましょう。そうすれば支出が減り、節約もはかどるでしょう。
    • クレジットカードの使用を続ける場合も、不必要な支出は避け、余計な費用がかからないように工夫しましょう。毎月の請求額は毎回遅滞なく、満額払うようにしましょう。そうすれば、クレジットカードの支払いに利子はかかりません。それが不可能な場合も、支払期日前に分割払いを開始するなどして、延滞金がかからないようにするなどの対策を講じましょう。

2
生活費を削減する

  1. 1
    最大限にクーポン券を活用して、お金を稼ぎましょう。クーポン券を使って、商品を手に入れることでお金を稼ぐことができればしめたものです。また、そこまでいかずとも、クーポン券の利用でおまけがもらえることもあります。少なくとも、いざというときのための備えの足しになる場合もありますし、うまくいけば、クーポン券の利用でお金を稼ぎながら無料で商品を得ることができます。
  2. 2
    一度に大量に購入するようにしましょう。一度に大量に購入すると持ち運びがたいへんですが、大抵の場合はこれが一番お得な方法です。コストコのような倉庫型の量販店の会員になることができれば、経済的にも効率的です。こういった量販店ではブランド品を安く手に入れることができることもあります。
    • 例えば、鶏のから揚げが食べたくなった時は、スーパーの閉店前セール中のものを買うとよいでしょう。このとき、価格は半額にまで下がることもあります。余ったものを冷凍保存しておけば、安い値段で購入したお惣菜が、何食分にもなります。
  3. 3
    保存食を作ってみましょう。アメリカでは最大40%の食品が購入後に食べられることなく廃棄されていると言われています。桃やブルーベリーだけでなく、例えば肉も保存食として加工し、時間がたった後に食べることができます。また、食品購入の際は、実際に食べるものを購入するようにしましょう。食べ物の無駄は即ち、お金の無駄使いになります。
  4. 4
    公共料金への支出を減らしましょう。電気やガスを使いたいだけ使うと、請求額はかなり大きなものになってしまいます。しかし、ここで意識して使用を控えてみるのです。工夫をすれば夏季に室温を低く、冬季に室温を高く保つことも可能です。また、太陽光パネルを設置して、自家発電した電気を家庭で使うことも一つの選択肢です。公共料金が低くなるように努力しながら、いくら節約できたのかを意識すれば、より多くの額を節約できるようになり、お金持ちへまた一歩近づきます。
  5. 5
    エネルギー監査をしましょう。そうすれば、家庭内で浪費されるエネルギーがどれくらいの額の損失になるのか、すぐにわかります。
    • 自分でこの作業をすることも不可能ではありませんが、やはりプロに任せた方がより精度が高くなります。しかしプロに任せるにはお金がかかり、アメリカでは平均約3~5万円ほどかかります。[3] しかし、それによって毎年それ以上の額を節約できるのであれば、プロに任せる価値は十分にあるでしょう。
  6. 6
    食べ物を自給してみましょう。例えば、狩猟のためには用具を揃え、狩猟許可を得るなど、事前に相応の支出が必要な場合がありますが、もし既に用具や許可証を持っているのであれば、これを利用しない手はありません。動物を自分の手で殺すことに倫理的な葛藤を抱く人の場合も、他の方法で食べ物を得ることは難しくありません。ただし、食べ物を自給するために、安全かどうかわからないものを口にしたり、他人の所有地において狩猟・採取をすることは決してしないでください。節約のために食中毒になってしまっては、何もかも台無しです。
    • シカやカモ、シチメンチョウの狩りに行ってみましょう。
    • 釣りをしてみましょう。
    • 食用の草やキノコを探してみましょう。
    • 家庭菜園を作るか、もしくは温室を作ってしまいましょう。

3
投資する

  1. 1
    金融市場に資金を投資しましょう。老後の資金に役立つ程の収益を生みだす株や債券などに投資しましょう。例えば、7%の利回りのもと1億円を運用できれば、インフレを考慮しなければ、1年に700万円の収入になります。
    • デイトレーダーの甘い言葉には騙されないようにしましょう。いくつもの株や債券の売買を毎日繰り返すことは本質的にはギャンブルと変わりありません。もし失敗すれば多額の損失につながり、お金持ちになるというゴールから大きく遠のきます。
    • その代わりに、長期的視野のもとで投資をしましょう。将来に成長の期待できる業界で、盤石な業績や財務基盤を持つ先駆的な企業を選びましょう。そこまでできれば、後は待つだけです。株式や債券の価格が上下しても、下手に手を加えてはいけません。賢い投資をすれば、投資した資金は大きく膨れ上がります。
  2. 2
    老後のための資金を蓄えておきましょう。近年、老後の資金を蓄えている人は少なくなってきていますが、これからの世代が安定した老後を享受できるのか、という問題は差し置いて、将来の自分のためにも、今のうちから資金計画をたてておくことは重要です。[4] 退職金勘定に関しては課税が免除されたり、繰延税金資産として認識される場合があります。こういった制度を活用すれば、老後の生活に充分な資金を蓄えることもできます。
    • 各種社会保障制度を信用しすぎないようにしましょう。例えばアメリカでは、今後20年間程については各種社会保障制度が破綻することはないと言われていますが、議会が国民の負担増や便益の削減などといった抜本的な制度改革を行わなければ、今日のような社会保障制度の恩恵を受けることはできなくなる、とするデータもあります。[5] いざというときに、社会保障制度に頼らなくても生きていけるような生活設計をたてておきましょう。
    • アメリカには個人年金口座制度(IRA、アイラ)があります。この制度を利用すれば、各加入者は毎年最大5500ドル(約60万円)をこの口座に拠出できます。拠出金は様々に投資され、利潤を生みだします。そして、退職時までその資金を引き出すことがなければ、その後その資金が課税されることもありません。
    • 確定拠出年金制度を利用してみましょう。企業型の確定拠出年金制度においては、使用者と被用者の拠出した資金から税金額が控除された上で投資されます。この制度においては、使用者と被用者の間で費用が折半されるため、会社があなたのために資金を提供してくれる形になります。この制度を存分に活用しましょう。
  3. 3
    不動産に投資しましょう。中でも、賃貸物件や再開発の予想される地区の土地・建物など、比較的安定した収益の見込めるものが狙い目です。これらの物件価格は上昇する可能性が高いですが、確実に上昇するという訳ではありません。都心部、例えば、ニューヨークのマンハッタンに不動産を買えば、値段が下がることはないと考えてしまう人もいますが、それは誤解です。
  4. 4
    時間を賢く使いましょう。何もしなくてよい時間や、自分の好きなことをする時間を持つということに幸せを感じる人も多いでしょう。しかし、その時間を副業など、何らかの生産活動にあてることができれば、将来的に早期退職という形で24時間365日の自由時間を手に入れることができます。将来の自由時間のために、現在の自由時間を少し犠牲にするのも選択肢の1つです。著名な投資アドバイザーのデイブ・ラムジーはよく聴衆に語りかけます。「誰よりも今を充実させることで、誰よりも充実した明日を過ごせるようにしよう。」と。
  5. 5
    老朽化や価格下落の早い資産を購入するのは避けましょう。例えば、500万円の車を購入した場合、メンテナンスの有無を問わず、その価値は5年後には半分以下になっている場合があります。新車でなくなった瞬間に、車の価格は毎年20%から25%も下落します。[6] 実は車の購入は、経済的に非常に重要な決定になるのです。
  6. 6
    賢くお金を使いましょう。生活費を賄うのさえ難しい場合があるのに、不必要な支出を続けるようでは、さらに生活が苦しくなりかねません。何にお金を使うべきか、自分にとっての基準を再構築し、何が本当に自分にとって価値あるものなかのかをはっきりさせましょう。お金持ちになるのに不要(時に障害)だと思われるものとして、以下のようなものがあげられます。:
    • カジノやギャンブル、宝くじ:大金を手にする幸運な人々以外は皆、損をすることになります。
    • 喫煙。愛煙家であればあるほど、お金は煙とともに手元から離れていくのです。
    • 映画館やナイトクラブでの飲食といった、価格が非常に高く設定されているもの
    • 日焼けサロンや整形手術:日光で日焼けすることもできますし、整形手術の効果も、宣伝されているほど大きくない場合があります。どのように歳を重ねていきたいか、再検討してお金を使いましょう。歳をとるのはあなただけではないのですから。
    • ファーストクラスやグリーン車の利用:こういったサービスを利用する際、そもそも何に何万円も支払っているのでしょか。足元の少しのスペースや、暖かいおしぼりに大金を使うよりは、投資にその分の資金を回し、普通席を利用するようにしましょう。
  7. 7
    お金持ちであり続けるようにしましょう。お金持ちになるのは難しいですが、お金持ちであり続けることはもっと難しいのです。私たちの資産価値を決定する各種市場は、時に乱高下します。好景気に乗じてお金持ちになり、あぐらをかいていると、少しでも景気が悪くなったときに大打撃をうけてしまいます。昇進したときも、給与が上がったときも、もしくは投資がうまくいったときも、それを使ってしまうのではなく、不況や投資した株や債券が将来にそれまでの上昇幅以上に下落する可能性を考慮し、温存しておきましょう。

4
キャリアアップを目指す

  1. 1
    学業で結果を残しましょう。4年制大学で、もしくは職業訓練学校でという風に、経済的に成功している人々は、高等学校卒業後も学業に励む傾向にあります。特に若いうちは、学業成績などは雇用において重視される傾向にあります。必ずそうなるとは限りませんが、良い成績は高い給料に結びついているようです。
  2. 2
    正しい職業選択をしましょう。そのために、職種別の平均年収調査をチェックしてみましょう。そうすれば、例えば、教師として働く場合は金融業界で働く場合と比べて経済的に豊かになる可能性が低くなることがわかるはずです。現時点のアメリカにおける高給与の職種としては、以下のようなものがあります:
    • 医師・外科医。麻酔科医の場合は、平均年収が2000万円の大台を越えているようです。[7]
    • 石油化学分野の技術者。石油会社やガス会社で働いているエンジニアの場合、給料が1300万円を超えることも珍しくないようです。[8]
    • 弁護士。弁護士の年収も1300万円に達しており、弁護士になるのに必要な時間と労力があれば、魅力的な選択肢であると言えます。[9]
    • IT起業経営者とソフトウェア分野の技術者。プログラミングやパソコンに強ければ、約1300万円の給与をもらうこともできるこの業界もまた考慮に入れておくべきでしょう。[10]
  3. 3
    働く場所についても考えましょう。仕事は地理的に偏在している場合があります。例えば、もし金融業界で成功したいのであれば、田舎の過疎地ではなく、大都市にいるべきでしょう。ベンチャー企業を立ち上げたいのであれば、アメリカではシリコンバレーのような場所で起業すべきでしょう。同様に、映画スターになりたいのであれば、ロサンゼルスやニューヨークに行くべきでしょう。
  4. 4
    新卒で入社し、社内での昇進を目指しましょう。「数を撃てば当たる」場合もあります。たくさんの企業に応募して、たくさん面接を受けましょう。内定をもらうことができたなら、その後役立つような経験やノウハウを得ることができるようにその会社で努力しましょう。
  5. 5
    転職しましょう。職場である程度経験を積み、技能を自分のものにできたなら、転職という選択肢を考慮しましょう。仕事の環境を変えることで、給料を増やしたり、異なる企業文化を経験したり、また、リスクを軽減させたりすることができます。転職を恐れる必要はありません。あなたの人材としての価値が高ければ、あなたに転職を思いとどまらせるために、現在の会社が昇給や手当、追加の福利厚生を提供してくれる可能性もあるのです。

5
ローンを返済する

  1. 1
    住宅ローンについて再計算してみましょう。金利の低いプランに変えるか、もしくは返済期間を短くできるように、返済計画を作り直しましょう。こうすれば、毎回の支払額は何万円か増えますが、その何倍にもなる利子への支払いを抑えることができます。
    • 例えば、2000万円の住宅ローンを30年かけて返済する場合、1865万円が利子として発生し、2000万円の住宅購入のために、30年をかけて3800万円もの大金を支払わなければならない場合もあるのです。しかし、月々の支払いを3万円から4万円ほど増額し、返済期間を15年に変更(この場合金利は低くなることが多く、ここでは利子率が3.5%と仮定)すると、利子の支払額を1200万円も節約することができます。ローン返済の負担を少なくするには、住宅ローンの担当者に相談してみましょう。

ポイント

  • 借入・ローンがある場合は、支払利子の多いものから返済していきましょう。そうすれば、利子の支払額を最小限に抑えることができます。また、借入額の小さなものから順に返済していくことも有効です。払えるものから借入を返済していけば、目に見えるかたちで返済の進展が実感できます。
  • 得をする機会を逃さないようにしましょう。必要のないものは、どんなに小さく安価なものでも、売ってしまいましょう。
  • クレジットカード会社への支払いが滞らないようにしましょう。将来的に起業することがあれば、外部からの資金借り入れが必要となることがありますが、クレジットカード会社への支払いの滞りの履歴があった場合、借り入れが難しくなる場合があります。
  • 高価で大きなものに満足を見出すのではなく、安価で小さなものにも満足を見出せるようにしてみましょう。たとえば、ブランド物のスーツや財布を手に入れることではなく、アイスクリームを買ったり、映画を見たりすることに満足を見出す、といった風に。そうすれば、1000円の映画のチケットを買ったときに、10万円の財布を買ったときと同じくらい満足感を得ることができるはずです。
  • 新規の借り入れを行うのは、将来収益をもたらす資産の購入時のみにしてください。
  • 自炊をし、家事を毎日自分でこなすようにしましょう。洗濯等の家事のために代行業者を雇うのをやめると、大きな節約になります。
  • 衣類の買い物はセールの多い秋か春にしましょう。
  • 欲しいものではなく、必要なものだけを買うようにしましょう。衝動買いや、他人と張り合うために買い物をするのはやめて、あなたが欲しいものではなく、必要とするものをよく吟味して買いましょう。
  • 購入したものとその値段のリストを作りましょう。そうすれば、何にお金を使っているのか、一目でわかります。自分の支出額を実際に可視化して、その額に驚く人は少なくありません。
  • 遺産相続でもしなければお金が何もなしに手に入ることはありませんし、遺産を相続した場合でも、きちんと管理しなければお金はすぐなくなってしまうものです。例外としては、上記のアメリカの個人年金口座制度や、確定拠出年金制度における事業者負担があります。
  • 収入源を複数もっておくと、経済状況も安定してきます。
  • 毎日寝る前に、財布に入っている小銭を取出し、貯金するようにしましょう。1年もこれを続ければ、1万円以上貯金できることもあります。
  • 自営業の場合は、生活費や交際費を極力抑え、節約した分を、ある程度経済的に安定するまでは自分の会社に再投資するようにしましょう。同時に、いざという時のために、半年分の生活費を賄えるような非常時用の資金を用意しておきましょう。この資金は貯蓄口座や政府保証付き預金口座、短期預金証書に入金しましょう。
  • どうしても何かが欲しくなったとき(例えば、今の車が使えるのに新車が欲しくなったとき)は、ひとまず1ヶ月は購入を見送りましょう。それでも衝動を抑えきれないと思う場合は、家族や信頼のおける友人にお金を預けてしまいましょう。それを買うことによって実際にいくらかかるのか、購入の利点と欠点は何なのか、購入による満足はすべてのコストを差し引いたうえでも余りあるものなのか、現在の満足のために将来の夢が遠のいても良いのか、他によりよいお金の使い道はないのか、時間をかけてよく考えましょう。
  • 一代で億万長者になった人について調べ、そのような人がどのようにしてお金持ちになったのか、また、どのようにしてその富を維持しているのか、研究してみましょう。
  • 時に、お金を稼ぐには投資という形でお金がかかる、ということを忘れないでください。
  • 時間をかけずにお金持ちになるには、相応のリスクを覚悟しておいたほうがよいでしょう。時間をかけてより安全に資産を増やす方が適切であると言えます。
  • 高価なものの購入を我慢しましょう。安くて高品質の製品も多くありますし、何より、長い目でみればかなりお得になります。
  • 何かを買いたい(例えば、服)と思ったときは、いつその服を着ることができるか、考えてみましょう。5通り以上の使い道を思いつかなければ、その服は購入すべきではありません。こうすることで、不要なものを買うことによる無駄遣いが減少します。
  • 起業のアイデアが浮かんだときは、実行に移す前に、入念な調査をしましょう。

記事の情報

カテゴリ: ビジネス・ファイナンス

他言語版:

English: Get Rich, Español: hacerte rico, Deutsch: Reich werden, Português: Ficar Rico, Nederlands: Rijk worden, Français: devenir riche, Italiano: Arricchirsi, Русский: стать богатым, 中文: 才能变得富有, Čeština: Jak zbohatnout, Bahasa Indonesia: Menjadi Kaya, हिन्दी: अमीर बनें, العربية: أن تصبح غنيًا, Tiếng Việt: Trở nên Giàu có

このページは 4,371 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?