すぐに体重を落とす方法

5 方法:即効減量ダイエットその他の実証済みダイエット食事プランを立てる減量処置を行うエクササイズで減量する

余分な体重を乗せたまま動き回るのはうんざりしませんか?体重を落としてそれを維持する最適な方法は低カロリーな食事プランを立てて長期間続けることです。けれど今すぐに何キロか体重を落としたいのならば、様々なテクニックやヒントを用いて短期間に目標を達成することができます。ステップ1にスクロールして、詳しく学びましょう。

1
即効減量ダイエット

  1. 1
    ジュースクレンズをする これはハリウッドダイエットという名前でも知られている方法です。[1]ジュースクレンズには様々な方法がありますが、主なコンセプトは生の野菜や果物から作ったジュースだけを飲むというものです。このクレンズは体内から毒素を排除して体重を落とすとともに、軽やかで健康的な気分にしてくれます。[2]
    • ジュースクレンズを行う日数は通常1-3日ですが、中には一度のクレンズを最高7日間行う人もいます。市販のジュースクレンズのパッケージをヘルスストアやオンラインショップで購入することもできますが、ジューサーを購入して行うことも可能です。[3]
    • ジュースを作る時にはできるだけ多くの野菜を取り入れてください。果汁は糖分をたくさん含んでいるので、飲みすぎると体重が減るのではなく、逆に増えてしまいます。
    • よく知られているクレンズのブランドにはクーラークレンズ(Cooler Cleanse)、ブループリント(BluePrint)、ライフジューズ(Life Juice)などがあります。[4]
  2. 2
    マスタークレンズを検討する マスタークレンズとはレモネード(レモン、カイエンペッパーの粉末、メープルシロップ、水)、塩水、ハーブ瀉下薬(下剤)だけを摂取する液体ダイエットです。ダイエット期間は16日間で、最初の3日は生の野菜と果物だけを食べて徐々に身体を慣らし、次の10日間は液体だけを摂取します。最後の3日間は少しずつ固形食に戻していきます。[5]
    • このダイエットは短期間の減量用だと覚えておいて下さい。また、これは減量を目的としたダイエットというよりはデトックスのためのクレンズです。
  3. 3
    水ダイエットを試してみる このダイエットでは一日に10カップ(2000ml)の冷水を一定の間隔で飲みます。各食事の前にグラス1杯の水を飲むことで食欲が抑えられます。そのため毎回の食事で食べる量を制限する習慣が身につきます。食事の前に水を飲むと満腹感が得られ、摂取カロリーの減少につながるからです。
    • これは水だけダイエットではないことを覚えておいて下さい。水だけダイエットは長期間続けると非常に危険です。人間の体は健康でいるために、また正しい代謝を保つために様々な栄養素を必要とします。数日間水だけを飲んでいた後に食事を摂り始めると、代謝が著しく衰えてしまうために今まで以上に体重が増える危険性があります。[6]
  4. 4
    絶食ダイエットをする このダイエットは「人間の体は摂食と飢餓の二つのサイクルを繰り返すように出来ているため、時折、飢餓のサイクルを作り出すべきである」という考えに基づいています。このダイエットでは週2日、女性ならば500カロリー、男性ならば600カロリーに摂取カロリーを制限します。断食の日には野菜、種子類、豆類、少量の果物だけを摂取します。 [7]
    • このダイエットでは断食の日もそうでない日もエクササイズ(運動)は続けて行います。
    • まず最初は半日だけ断食を試してみて、その時の調子によって長期間のダイエットに進むかどうかを決めましょう。
  5. 5
    HCGダイエットを検討する これは賛否両論あるダイエットで、HCG(ヒト絨毛ゴナドトロピン)を注射し、同時にカロリー摂取量を極力制限します。カロリー制限(一日あたり500-800カロリー)だけでも大抵の人は体重が減ります。現在ダイエットをしている人にとっても、このカロリー制限は一日の必要摂取カロリー量を大幅に下回っているからです。このダイエットではHCGを自ら注射するか、または経口薬で服用します。[8]
    • HCGの効果については様々な研究が行われていますが、現在のところ、まだはっきりした結論は出ていません。HCGダイエットで13キロ痩せたという人もいれば、研究者の多くはHCGを注射しても全く効果がないどころか危険でさえあると述べています。[9]

2
その他の実証済みダイエット

  1. 1
    地中海ダイエットをする 必ず成功するというダイエットは未だに存在しませんが、地中海ダイエットはそれに最も近いダイエットと言えるかもしれません。このダイエットは地中海沿岸に住む人々の調理スタイルと伝統的な食材に基づいています。このダイエットを続けている人は心臓病のリスクが減るという研究結果もあります。その上、体重を落としてスラリとした体型を手に入れるお手伝いをしてくれます。[10]次のような食品を積極的に取り入れましょう(パン、乳製品、加工食品の摂取は避けます)
    • オリーブオイル
    • 野菜
    • 果物
    • 豆類
    • 香辛料
    • ナッツ類
    • 赤ワイン
  2. 2
    パレオ・ダイエットを試してみる 人々がまだ洞窟で生活していた古代には、カップケーキを焼いたりポテトチップスを揚げたりする暇はありませんでした。パレオ・ダイエット(パレオリシック=旧石器時代の略)は古代人の食生活を再現しようとしたものです。私たちの体は現代の食材や調理スタイルに適応するようにはできていないという考えに基づいています。肉や野菜や果物などのように旧石器時代に食べられていた食品だけを摂取して、当時手に入らなかった食品は避けます。
    • 人口甘味料と穀物は摂取してはいけません。
    • 体重を落とすスピードを速めるために、パレオ・ダイエットを行っている間に断続的に断食をする人もいます。
  3. 3
    ホール30ダイエットをする このダイエットは、30日間食生活の中から加工食品を完全に排除し、消化器官に負担をかける人口的な食材や加工食品を体内から取り除くことを目的としています。30日後にはウエストが細くなり、活力に満ちていることを実感するでしょう。[11]
    • 穀物、乳製品、糖類、豆類、アルコール、加工食品の摂取は避けます。
    • 肉類、野菜、少量の果物を積極的に取り入れ、水をたくさん飲みます。
  4. 4
    ローフード(生食品)ダイエットをする これは、お肉が嫌いで料理をすることにもうんざりしている人向けのダイエットです。ローフードダイエットは調理されていない食品だけを食べるダイエットです。新鮮な野菜や果物を大量に摂取することで体重を落とします。ココナッツミルク、ナッツ類、種子類、その他の生の食品もローフードダイエットでは摂取可能です。[12]
    • 栄養士はこのダイエットを長期間続けることを推奨していません。他の食品グループを完全排除すると体に必要な栄養素が得られないからです。

3
食事プランを立てる

  1. 1
    カロリー計算をする 最低限必要なカロリー量を知ることは、個人個人に合った健康的な食事プランを立てることや、続けられる範囲で早く体重を落とすことに役立ちます。必要カロリー量は年齢、性別、身長、活動量の違いにより個人差があります。一日の必要カロリー量をオンラインで計算できるいろいろなサイトもあります。[13]
    • また、栄養士や医師に減量目標、特別な栄養分の摂取、現在の食生活や改善の必要性などについて相談すると、一日にどの程度の摂取量が必要かを教えてもらえます。
    • 食事プランを立てる 野菜、果物、精製されていない穀物、良質の脂肪、脂肪分の少ない肉類などをバランスよく取り入れた食事を選びましょう。典型的な夕食は、野菜や果物が皿の半分を占め、残りの半分は無精製の穀物と脂肪分の少ないたんぱく質にします。
    • DASHダイエット、TLCダイエット、マヨクリニック・ダイエット、ウエイト・ウォッチャーズ・ダイエット、ボリューメトリクスなどは今日からすぐに始められる減量に役立つ食事プランを提供しています。ウェブ検索でこれらのダイエットと食事プランの詳細を調べてみてください。[14]
  2. 2
    食欲を抑える食品を摂取する バランスのよい食事は低カロリーな栄養が摂れるばかりではなく、食欲を抑えて食べ過ぎや減量プランの失敗を防ぐことにも役立ちます。食品の中には何時間も満腹感を持続させるものがあります。次の食品を積極的に食事に取り入れてみましょう。
    • グレープフルーツ
    • オートミール
    • りんご
    • 生姜
    • ナッツ類
    • 緑の葉物野菜
    • いも類
    • ダークチョコレート
    • 辛い食品
  3. 3
    食事日記を付ける 食事、おやつ、飲み物など1週間に摂取したもの全てをその量と共に日記に書きましょう。食べたものを書き記すことで体内に取り入れるものに注意するようになり、健康的な生活を送る動機が生まれます。可能ならば、食事ごとにカロリー量も書き込んで下さい。
    • コーヒーに入れるミルクや砂糖、ケチャップやマヨネーズ、その他の調味料なども忘れずに書きましょう。
  4. 4
    食べたい気持ちを誘引するものを認識し、それに即した計画を立てる ある種の行動には食べたい気持ちを誘発するものがあります。人によっては、夜に映画を見ようと思ってテレビの前に座った時や夜遅くに勉強をしている時など様々です。どんな行動が食べたい気持ちを誘発するのか判っているのでしたら、それに合わせた計画を立て、ヘルシーなおやつを常に用意しておきましょう。
    • 大好きだけれど体に良くないおやつを買わなければ、ダイエットに失敗する可能性は低くなります。
  5. 5
    食事の量に注意する 食事プランに適切な食事の量を取り入れましょう。例えば、アーモンドとドライ・クランベリーのヘルシーなおやつでもきちんと量を考えないとカロリー量は膨大になってしまいます。事前におやつを適量ごとに分けておくと、ついつい食べ過ぎてしまうこともなく、簡単に持ち運びができて便利です。[15]
    • 大好きだけれど体に良くないおやつは味の濃いものを選ぶと急いで食べることがなく、食べたい気持ちに効果的に対処できます。小さめのダークチョコレートは最初は味がよくても溶けるのに時間がかかり、もっと食べたいという気持ちは長続きしません。一方、ミルクチョコレートは一袋全部食べてしまってもまだ美味しさが持続します。飴は食べたい気持ちをすぐに満たしてくれて、口の中で溶ける間もずっと満足感を与えてくれます。黒ビールは最初は美味しく感じますが、それほどたくさんは飲めません。「ひとつだけしか食べない」と思う習慣を付けましょう。
    • 必要な食材のリストを作り、食料品店ではリスト以外の物に目移りしないように気をつけましょう。お店のチラシからはアイデアを得ることもでき、セール商品や旬の食材を買えばお得です。
  6. 6
    食事を抜かない 朝食を摂ると朝早くから安静代謝率が上がり、活力を維持できます。また一日を通して高カロリーなおやつを食べたい気持ちに打ち勝つことができるでしょう。おやつ、または軽い食事を2-4時間ごとに摂ると、代謝が活発になります。また、一定の間隔で食事をすると血糖値が安定し、不健康な高カロリー食の摂取や食事プランからかけ離れた食事を減らすことができます。
  7. 7
    食料品店の魅力的な通路には行かない 食料品店で体に良くない食品を買わないためにも、炭酸飲料やクッキー、アイスクリーム、冷凍ピザなどの高脂質な加工食品が陳列された通路を通るのはやめましょう。商品を見なければ、衝動買いをすることはありません。
  8. 8
    好きな高カロリー食品の代わりを賢く選ぶ 大抵の食品には不必要な脂質や糖分やカロリーなしで楽しめるヘルシーな代替品があります。高カロリー加工食品を体に良い代替品に変えれば、早く体重を落とすことができます。
    • 週の何日かはベジタリアン料理にすることを検討してみましょう。肉を栄養価の高い豆類、豆腐、レンズ豆などに換えることで、多くの栄養素を摂り入れると共にカロリー摂取量を大幅に減らすことができます。
    • 加工品のクッキーやケーキの代わりに美味しい果物をデザートとしていただきましょう。
    • ポテトチップスやチョコレート菓子を低カロリーで栄養価の高いおやつに換えましょう。スティックチーズと一房のぶどう、ピーナッツバターを塗ったクラッカー、スティック野菜とひよこ豆のディップなどを試してみてください。
    • サラダドレッシングを酢やレモン汁で代用しましょう。
    • バターの代わりにオリーブオイル大さじ1を使いましょう。
  9. 9
    糖分を多く含む飲み物を飲まない 炭酸飲料、ジュース、エナジードリンク、フレーバーコーヒー、マティーニなどの代わりに水、お茶、紅茶、ブラックコーヒー、無糖炭酸水などを飲みましょう。代替品で摂取カロリーを減らすことは意外と簡単です。例えば、朝に飲むトールサイズのカフェラテは約500カロリーもあります。約0.5kgの体脂肪はおよそ3,500カロリーに相当するので、カフェラテをブラックコーヒーに換えるだけで1週間に0.5kgほど体重を減らすことができます。[16]
    • 炭酸飲料、コーヒー、アルコール、ジュース、牛乳などを飲む代わりに水を飲めば一日に何百カロリーも減らすことができます。また、飲む水の量を増やすと栄養素を体内に効果的に取り入れることに役立ち、体内に活力がみなぎります。また、運動効果を高め、満腹感を持続させます。
    • 1週間他の飲み物を水に置き換えることができたら、素早い体重減少や活力と美容の改善に効果が期待できます。

4
減量処置を行う

  1. 1
    サウナに行く サウナではたった15分間で約500ccの汗が出ます。排出効果のある様々な「間に合わせ」処置と同様に、サウナも体内の水分量が減るだけで、実際に痩せられるのは1日程度なので、落とした体重を維持するための方法ではありません。脱水症状の危険を避けるために、サウナに入った後は数杯の水を飲んで水分補給をしてください。
    • レスリングやその他の計量のために減量している場合は(よくある体に良くない習慣です)水分補給をしないでサウナに入ります。
    • サウナに入る時間は1日1回15-20分以内に制限してください。
    • 高血圧症や心臓に問題のある人と子供はサウナを使用するべきではありません。[17]
  2. 2
    ミネラル・ボディーラップについて調べてみる ミネラルラップの中にはウエストや大腿部や腕などを何センチも細くすると宣伝しているものがあります。そのプロセスはミネラルを基調としたクレンズが体内から毒素を排出して体重を落とすと共に、セルライト(表皮近くの脂肪)を減らして、すぐに皮膚を引き締めるというものです。[18]
  3. 3
    他のラップを検討する ミネラル・ボディーラップはよく知られていますが、他にもウエストを何センチも細くすると謳っているラップがあります。これもまた落とした体重を維持する方法ではなく、特別な日に1日だけ痩せるための処置法です。
    • リパーゼ・ボディーラップ リパーゼ・ボディーラップはもう一つの即効スリム処置で工程は二段階あります。まず、酵素ラップを巻きつけて皮膚の表面近くの脂肪細胞組織を取り除きます。次に肌を引き締めて滑らかにするミネラルラップを当てます。[19]
    • ヨーロッパ式ボディーラップ ヨーロッパ式ボディーラップはスパでのサービスとしてよくある方法で、問題のある部分を何センチか細くします。この工程は肌を引き締めて肌色を整え、セルライトやストレッチマークを減らし、一時的な体重減少を促します。
    • ホット・ボディーラップ 熱ボディーラップはスパでの処置としてよく知られていますが、体内の毒素を排出し、滑らかで色の整った肌を作ります。大抵の熱処置や蒸気処置で使われる熱とマッサージは血行を良くし、即効減量を目的としています。
  4. 4
    結腸洗浄をする スパの中には結腸洗浄処置を行っているところがあります。これは大量の水で実際に腸を洗浄し、腸内に溜まったものを取り除く処置です。この工程は腹部膨満、おなら、便秘に悩まされている人に効果的で、体重が落ちる人もいるそうです。しかし専門家の中には、結腸洗浄は正しく行われていないこともあり、単純に体重減少を目的とした使用は危険であると述べている人もいます。結腸洗浄を行う前に必ず医師に相談してください。[20]
  5. 5
    脂肪吸引を検討する 脂肪吸引は部分的に素早く体重減少を実現できる外科治療の方法です。一般的には体の1,2箇所に脂肪が多く付いているけれどある程度健康的な体重を維持している人に向いている方法です。外科治療法なので大きなリスクがあり、免許を持った専門家のみが行うべき処置です。[21]

5
エクササイズで減量する

  1. 1
    エクササイズの時間を作る エクササイズを始めた当初は筋肉が付いて何キロか体重が増えるかもしれませんが、長期間続ける減量プランにエクササイズは欠かせません。どんなに忙しくても、体重を落としてそれを維持したいと思うのなら、毎日エクササイズの時間を作らなければなりません。車ではなく歩いて買い物に行くというような些細なことでも体重減少には大きな差が出ます。[22]
    • 家事をしながらエクササイズをする 階段を上って何度も2階に行きましょう。1日3回犬の散歩に出かけましょう。埃を払ったり、床を掃いたり、勢いよくモップがけをしましょう。
    • 歩く量を増やす エスカレーターの代わりに階段を使い、駐車場では建物からできるだけ離れたところに車を停めましょう。
    • 「エクササイズ」とまでは言わなくても、よく動き回る趣味を始めましょう。ガーデニング、木工作業、車いじり、動物と遊ぶことなどはカロリーを消費するのによい方法です。
  2. 2
    サーキットトレーニングを試してみる 何か特別なイベントのために体重を落とし、その後は体重を維持しなくてもよいのなら、集中トレーニングを試してみましょう。女性誌やヘルス雑誌の多く、または個人トレーナーなどは、始めてから数日で効果が得られる減量やスリムダウンのための集中トレーニングを紹介しています。
  3. 3
    新しいエクササイズを始める時は現実的に考える 体重を落としてそれを維持したいのならば、集中トレーニング以上のことをしなければなりません。エクササイズを選ぶ時の最善の方法は、ずっと続けられて同時に楽しめるものを選ぶことです。ランニングが嫌いだったらそれを中心的なエクササイズに選んではいけません。これでは楽しめるエクササイズを選んだ場合よりモチベーションを保つのが難しいからです。その代わりに、本当に好きなものが見つかるまで、いろいろなエクササイズを試してみましょう。水泳でも、自転車でも、ズンバだっていいのです。
    • バレーボールやテニスやフリスビーのような遊びでも、楽しんでいる間にカロリーを消費できます。こんなエクササイズならみんなと楽しく行えて、毎日でもやりたくなるでしょう。
  4. 4
    有酸素運動をする 健康のためには有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせるべきですが、有酸素運動は体重を早く落とすことに役立ちます。特に中程度と高度の負荷を繰り返す運動は最適な有酸素運動です。[23]
    • 脂肪燃焼エクササイズは脂肪を素早く落とします。一方、ウェイト・トレーニングと筋力トレーニングは代謝を高めてエネルギーを有効に使います
  5. 5
    エクササイズを楽しくする 健康とモチベーションを維持するためには「変化に富んでいる」ことが重要です。毎日毎日同じエクササイズばかり行っていると怪我の原因にもなります。また退屈して、モチベーションを保つことが難しくなるかもしれません。ジムの中だったら、マシンを換えたり、フィットネスのクラスに参加したり、筋力トレーニングを取り入れてみましょう。[24]
    • 負担の少ない有酸素運動を行う ウォーキング、サイクリング、有酸素マシン、水泳などの適度な有酸素運動はカロリーを消費するだけでなく、心臓を健康に保ちます。
    • 筋力トレーニングをする 筋力トレーニングやウェイト・トレーニングは、女性でも男性でも、筋肉を付けることで引き締まった体を維持し、基礎代謝を上げます。有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせた減量プランは燃焼カロリーを大幅に増やします。
  6. 6
    全身を使ったエクササイズを選ぶ 全身を使ったエクササイズは全ての筋肉を動かし、一度に多くの筋肉からカロリーを燃焼します。同時に複数のエクササイズをしているようなものです。例えば、腕で筋力トレーニングをしながら(小さなダンベルを持ち上げる)脚ではジョギングをしたりエアロバイクを漕いだりします。[25]
    • 同じ筋肉を使って強度のトレーニングをした後は最低24時間から48時間、筋肉を休ませます。(例えば、二頭筋と腹筋は一日おきに交互にトレーニングする)また週に1日か2日はエクササイズをしない日を作ります。
  7. 7
    十分な休息をとる 正しく休息を取ると一日を通して十分なエネルギーを維持することができ、食べ過ぎたり運動の最中に怪我をしたりすることを防ぎます。睡眠不足は脂肪を落とす能力を低下させます。しっかり睡眠を摂ることは体重を落とすための近道です。[26]

ポイント

  • ゆっくり食事をすることでカロリー摂取が抑制できる場合もあります。脳に満腹感のシグナルが届くまでには約20分かかります。そのため、一口ごとに一休みすると食べ過ぎ防止になります。お腹がいっぱいになったかどうかを常に意識して、もう十分だと思ったら食べるのをやめましょう。
  • 一度ミスをしてしまったからといって、それが失敗につながるわけではありません。一歩下がってもう一度集中し直し、計画に沿った習慣に戻りましょう。
  • 体重だけでなく、脂肪を落とすことも目標にしましょう。減量中に筋力トレーニングをしていたら(当然するべきですが)、最初に体重が多少増えるかもしれません。この場合もし体重が増えたとしても心配しないでください。それは脂肪が減って筋肉が増えたからでしょう。筋肉は脂肪より重く、体に必要なものです。
  • 健康的に痩せるためには努力と熱意と忍耐力が必要です。
  • 雑誌記事にどう書かれていようと、「部分痩せ」はありません。脂肪を燃焼する時、例え腹筋運動だけをしたとしても、体は全身からの脂肪を燃やします。正しい有酸素運動とダイエットを取り入れなければ、どんなに腹筋運動をしてもお腹の脂肪は減りません。何百万回腹筋運動をしても腹筋は割れません。体脂肪が減らなければ腹筋は割れないのです。割れた腹筋を目指しているのなら、いつもの腹筋運動の他に有酸素運動も加えましょう。
  • 健康的に早く痩せるには健康的で栄養のある食事、正しい水分の取り方、適度な運動を組み合わせる必要があります。流行のダイエットや即効減量法で短期間に何キロか体重を落とした場合は、数日から数週間後に体にやさしい長期減量プランに換えて、健康的でずっと続けられる減量を行いましょう。
  • 減量には時間がかかりますが、やる価値は大いにあります。
  • 何が意欲の源で、何が最終的な目標なのかを認識しましょう。減量しようと思った理由を書き留めて、目標をいつも目で確認し、必ず成功するという自信を持てるようにしましょう。
  • 医療専門家は週に0.5-1.0kgのゆっくりしたペースの減量を勧めています。この減量は健康的な食事と適度な運動を取り入れたものです。
  • 何か特別なイベントのために痩せようと思うことは一時的な動機になりますが、長期減量プランでも幾つかの目標を立てると、一つの目標を達成した後にも次の目標を達成しなければいけないと思うようになります。
  • 支援ネットワークを作りましょう。支えとなる友人や家族はあなたの減量と体重維持に協力してくれるでしょう。誰かのために頑張るだけでも減量を早く成功させる確率は上がります。

注意事項

  • 自分を飢餓状態にしてはいけません 必要なカロリーをきちんと摂取しないと逆効果になるどころか、それを長く続けると命を落とす危険があります。何度も食事を抜いたりカロリー摂取量を大幅に減らして減量を試みたことがある場合は、摂食障害について医療専門家に相談してください。
  • 減量やエクササイズはまずヘルスケア専門家に相談してから始めましょう。病気の中には急な減量や短期減量法を行ってはいけないものがあります。
  • ダイエットやエクササイズを行っている最中にめまいや吐き気、衰弱、痛み、立ちくらみ、頭痛などの症状が起きたら、減量プランを中止して普通の食生活や日常生活に戻してください。激しい痛みや不快感、心配な症状などがある場合は医療専門家に相談しましょう。
  • 急激な体重減少はとても危険で、健康に悪影響を及ぼす可能性があります この記事のタイトルとは裏腹に、引き締まった体はゆっくり作り上げていくのが最善の方法です。急激な体重減少が長く続くと健康に大きな被害をもたらします。安全で長く続けられる減量は医療専門家の指導に従ってゆっくり行うべきです。
  • 流行のダイエット、ダイエット薬、「その場しのぎ」のダイエットなど厳しいカロリー制限や食品制限のあるダイエットは避けましょう 流行のダイエットや即効減量法は効果の期待できないものも多く、中には危険なものもあります。錠剤、粉末薬、極端なカロリー制限や食品制限のある減量プラン、過剰なエクササイズは体に有害です。錠剤やサプリメントは政府機関によって管理されていないので、安全ではありません。医学的な理由で一定の食品を摂取できないというのでなければ、バランスよく様々な食品を取り入れた食事は十分な栄養摂取と健康的で着実な減量のために欠かせません。ダイエット薬や厳しい制限のある食事プランは栄養不足、内臓障害、高コレステロールなどの危険な健康被害を引き起こします。
  • 食事プランにサプリメントを加える場合は医師や栄養士に相談しましょう。総合ビタミンやサプリメントはバランスの良い食事を取り入れている人には必要ありません。

出典と引用

  1. http://www.hollywooddiet.com/
  2. http://www.health.com/health/gallery/0,,20679227_2,00.html
  3. http://www.webmd.com/diet/features/detox-diets-cleansing-body-feature?page=2



続きを 表示する… (23)

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Lose Weight Fast, Français: perdre rapidement du poids, Deutsch: Schnell abnehmen, Español: bajar de peso rápidamente, Português: Perder Peso Rapidamente, Русский: быстро похудеть, 中文: 快速减肥, Nederlands: Snel afvallen, Čeština: Jak rychle zhubnout, Bahasa Indonesia: Cepat Menurunkan Berat Badan, Italiano: Perdere Peso Velocemente, हिन्दी: तेजी से वजन घटाएं, العربية: إنقاص وزنك سريعًا, 한국어: 빨리 체중감량하는 방법, Tiếng Việt: Giảm cân Nhanh, ไทย: ลดน้ำหนักให้ได้ผลเร็ว

このページは 30,920 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?