ずる休みをする方法

2 方法:丸一日休む学校や職場を早退する

時には「もうどうでもいいや」と投げやりになり、学校も仕事もサボって、他人が望むことではなく、自分の好きなことだけを一日中していたいと思うことがあるかもしれません。それには仮病を使うのが一番です。では、その方法を見ていきましょう。

1
丸一日休む

  1. 1
    早起きをする 親に仮病を信じてもらうためには、親があなたを起こしに来たときに熱があるというシチュエーションが重要です。これは事前に準備をする必要があります。親に額を触られる可能性が高い場合は、以下の項目を試しましょう。
    • まずは、「寒い」と伝えましょう。決して「熱い」と言ってはいけません。熱があるからといって、必ずしも「熱い」と感じるわけではありません。
    • 親があなたを起こしに来る前に目覚めて、体全体(頭も含めて)を厚い毛布などで包んで体温を上げます。
    • 水筒やグラスにお湯を満たしておきます。親がドアをノックしたり、あなたの名前を呼んだ時に、部屋に来る気配を察知して、素早くそのお湯を飲みます。これで体温が何度か上がると共に、顔が赤くなり、熱があるように見えるでしょう。
    • 電気製品をうまく使いましょう。熱くなったノートパソコンや電球が近くにあれば、お湯の代わりにそれを使って顔を温めることもできます。
  2. 2
    体温計の温度を上げておく 
    • 電子体温計を手で温めます。この時、体温計がなるべく動かないように片手で持ち、希望通りの温度に上昇するまでもう一方の手で体温計を激しくこすります。温度は37.5℃程度に留めておきましょう。熱があまりにも高すぎると、病院に連れていかれかねません。
    • その他には、靴下を1分ほど電子レンジにかけて、それを脇の下に挟んだまま体温を測るという手もあります。これならば、親の目の前でもできます。ただし、必ず大きめの服やパジャマを着て、脇の下の靴下が見えないようにしましょう。
    • 乳児/幼児用の設定ができる体温計はそれに設定しましょう。体温表示が1-2度上がります。
    • 水銀体温計を温水につけます。水道の一番熱いお湯を出します(なるべく給湯器に近い水道を使うと時間が節約できます)。希望通りの温度に上昇するまで体温計の先をお湯に当てます。温度が上がり過ぎてしまったら、体温計を振って適切な温度まで下げます。トイレにいることが母親にバレたら、吐き気がすると伝えましょう。
    • 体温計の先(持ち手ではなく)を持って体温計を振りましょう。ただし、これには注意が必要です。激しく振りすぎて温度があり得ないほどに上がってしまったら、親に仮病を信じてもらえなくなるか、最寄りの病院に送られることになるでしょう。また、激しく体温計を振ってガラス部分を割らないように気をつけましょう。
    • 電球を使います。水銀体温計を口に入れる前(当然ですが、親が部屋を出た後)に、電球で数分間体温計を温めましょう。
  3. 3
    体温を測っているところを親に見られたら、頭を使う 吐き気を催したふりをして、トイレに駆け込みましょう。
    • よかった!見られていませんでした。それでも、しばらくは用心してトイレにこもっていたほうがよいでしょう。今必要なのはプライバシーです。
    • トイレのドアに鍵をかけましょう。水道のお湯を出します。「オエッ」という声を出しながらコップの水をトイレに何度か落として嘔吐しているふりをします。トイレを流すのを忘れずに!
    • 寝室に戻る前に水道のお湯を飲みましょう。顔もお湯で少し濡らして、具合が悪くて汗をかいているように見せます。こうなると、母親はさっきあなたが体温を測っていたことなどすっかり忘れているはずです。母親が疑惑を抱く前に(または自分が体温を測り終える前に)、学校に欠席の連絡をしてほしいと頼みましょう。

2
学校や職場を早退する

  1. 1
    常に病状を伝える 一日を通して、病気の症状を表しましょう。ただし、大げさにしてはいけません。言葉と身振りで体調が悪いことを伝えますが、泣き言は言いません。先生には、気分がすぐれず、何度もトイレに行かなければならないかもしれないと伝えておきましょう。これで、許可なくトイレに行くことができるようになります。
    • 実際にトイレに行きましょう。心配性の先生ならば、あなたが訊く前に、先生のほうから保健室に行きなさいと言ってくれるかもしれません。
  2. 2
    集中力を失う 仮病は、体温を偽って何度もトイレに行くだけではなく、見た目も気にしなければなりません。それには、ずっと同じように具合が悪いふりをすることが大切です。体を動かすのがつらいように見せかけなければなりません。それは表情にも同じように出します。
    • 眼に関して言えば、意識がはっきりしているように見せないことです。意識が遠のいているようなぼんやりとした表情を心がけましょう。自分の体なのだし、このまま政治に関する講義を聴き続けるなんてまっぴらです。全面的に演じましょう。
  3. 3
    保健室に行きたかったらお湯を飲む 何度もトイレに行ったら、必ずお湯を飲みましょう。お湯を飲むと、熱があるように見え、実際に体温が上がり、汗ばみます。教室に戻ったら、トイレで吐いたと先生に伝えるかどうかを考えましょう。吐いたことを伝えれば、おそらく保健室行きになるでしょう。
    • 同じクラスの同級生がトイレにいなかったことを確認しましょう。嘘がバレてしまいます。
  4. 4
    保健室に行く 残念ですが、これは避けられません(保健の先生が留守ならば、すぐに帰宅できますが!)。保健室では15分ほどベッドで休んでから様子を見ると言われるでしょう。ここが我慢のしどころです。もうすぐ家に帰れます。可能ならば、兄弟もみんな風邪で寝込んでいると伝えましょう。そして、予備の毛布が欲しいと頼みます。優しい先生なら、早退させてくれるでしょう。
    • 体温計を渡されたら、上記のいずれかの方法が使えるかどうかを素早く考えましょう。

ポイント

  • 枕を顔に押し付けて、激しく息をしましょう。枕が息で温かくなったら、その部分を額に当てます。これで額がいくらか熱くなり、母親はあなたの額が熱いと信じ込むでしょう。
  • ずる休みをしたら、急に元気になることはできません。一日中具合の悪いふりをしなければならないでしょう。これは案外難しいことです。
  • ケチャップとマヨネーズとマスタードでゲロをごまかせます。その他には、ご飯とカッテージチーズと牛乳を使うと本格的になり、臭いまで似ています。
  • 宿題をする、または宿題をしているふりをしましょう。本当は学校に行きたいのだということが親に伝わり、仮病だとは思われないでしょう。
  • 仮病を使う時には、普段通りに行動しましょう。いつもの自分とは違うキャラになると、すべてが失敗に終わるでしょう。
  • 体温計は絶対に電子レンジにかけてはいけません。温度が上がらないばかりか、体温計が破裂します。
  • 寒気を感じているように見せるために、少し震えてみたほうがいいかもしれません。
  • 辛い物をたくさん食べると体温が上がり、息が荒くなって熱があるように見えます。
  • FacebookやLINEなどのソーシャルメディアを使っている人は、「具合が悪い。おかゆを食べたほうがいいかも…」などと状況に合った 投稿に気を配りましょう。熱があって学校を休んでいるはずの人が、間違っても、ショッピングや水泳やスキーを楽しんでいるなどと書いてはいけません。
  • お腹が空いていても、何も食べないようにしましょう。熱がある時には食欲は減るものです。

注意事項

  • 親に仮病を信じ込ませるためには、大げさに病気のふりをしないように気をつけましょう。フェリス・ビューラー(映画、フェリスはある朝突然に)の言葉を借りると、「うまく仮病を演じられれば安全だという奴らがいるけど、心配性の母親だったら病院に連れていかれることだってある。そうなったら、学校に行くより最悪だ」
  • 熱があるときの体温は約37.5℃です。
  • 嘘がバレても仮病を演じ切りましょう。うまく演じられれば、乗り切れるかもしれません。
  • 医者は「君は仮病を使っているね」とは言いません。言ってはいけないことになっているのです。ただし、病状が疑わしい様子を見せることはあり、付き添いの母親はすぐに病気が治ると信じ込み、その日のうちに登校させられるかもしれません。
  • 水銀体温計は加熱しすぎると破裂する恐れがあります。こぼれ出た水銀とそのガスは極めて有害です。
  • 学校を長く休むと落第するかもしれません。

記事の情報

カテゴリ: 若者

他言語版:

English: Fake a Fever, Français: simuler une fièvre, Italiano: Fingere di avere la Febbre, Español: fingir una fiebre, Português: Fingir Estar com Febre, Deutsch: Ein Fieber vortäuschen, Nederlands: Doen alsof je koorts hebt, 中文: 假装发烧, Čeština: Jak simulovat horečku, Bahasa Indonesia: Berpura Pura Demam, हिन्दी: बुखार का बहाना करें, العربية: ادّعاء الإصابة بالحمّى, ไทย: แกล้งเป็นไข้, Tiếng Việt: Giả Sốt, 한국어: 열이 났다고 꾀병부리는 법

このページは 26,611 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?