めまいを止める方法

3 方法:その場での対処法長期的な対処法民間療法

“めまい”の具体的な症状や感じ方は人それぞれ違います。人によってそれは、立ちくらみやふらつきを意味し、また、自分の周りがぐるぐると回転しているように感じる人もいるでしょう(その他、頭がフワフワする、顔面や手足の痺れなど)。めまいの症状は実にあいまいで、また様々な要因によって引き起こされます。そのため、めまいを止めるためには、原因の特定からその治療法まで、多くの試行錯誤が必要になります。ここでは、みなさんご自身でできるめまいの対処法をいくつかご紹介します。 .

1
その場での対処法

  1. 1
    椅子に座る、または横になりましょう。めまいや立ちくらみは、通常立ち上がったり動き回る際に起こります。めまいや立ちくらみの症状が出始めた時点で、すぐに座るか横になりましょう。多くの場合これでクラクラした感じが収まり、また転倒しそうになった時にも安全に対処できます。
    • 座った際には、頭を足の間に置くようにしてください。そうすることによって、脳への血流を改善することができます。横になっても同様の効果があります。[1]
    • 椅子に座った状態で、あるいは横になった状態で、1~2分間(またはめまいが収まるまで)そのままにしましょう。
  2. 2
    水分を摂りましょう。めまいはしばしば脱水症状の結果として起こります。脱水状態は、日常的な水分の不足や運動後の不十分な水分補給が原因です。また、嘔吐、下痢、発熱などを伴う病気の際にも体の水分が大量に排出されるため、十分な水分補給が必要となります。めまいの症状が和らいだ後は、さらに水やその他の飲み物を摂取するようにしましょう。[1]
    • 水を大量に飲むのが困難な場合は、他の飲み物を試してみましょう。例えば、スポーツドリンク、砂糖を少し加えた紅茶、スープやだし汁、あるいは水で薄めたフルーツジュースなどがおすすめです。
  3. 3
    食べるようにしましょう。 めまいは、特に糖尿病の方の場合、低血糖によっても起こります。[2] めまいの際には、ちょっとしたスナックを食べるようにしましょう。できれば炭水化物や糖分を多く含んだものが良いでしょう。チョコバーやバナナなどは最適です。
  4. 4
    一点を見つめましょう。多くのダンサーは視線を一点に集中することで回転性のめまいを防ぎます。めまいの症状に悩んでいる一般の方でもこの方法は有効です。
    • めまいの際に天井のヒビ割れや床のシミなどに視線を集中することは、体の指令とは逆の行動を意味し、感覚に対して実際には体が回転していないことを気付かせる効果があるのです。
  5. 5
    深呼吸しましょう。めまいは時としてパニック発作の兆候です。通常パニック発作になると呼吸が十分にできないと感じるようになります。しかし実際のところ、パニックの最中は過呼吸状態であることがほとんどです。その場合は、ゆっくり深く息を吸い込みましょう。そうすることによって、気分を落ち着かせ、めまいの症状を緩和することができます。 [3]
  6. 6
    強い光を避けましょう。めまいを感じたら、強い光またはテレビやラップトップによる光を避けてください。
    • 強い光は方向感覚を失わせ、場合によってはめまいをさらに悪化させることになります。
    • 暗い部屋で座る、または横になるか、あるいは1~2分ほど目を閉じてみましょう。
  7. 7
    エプリー法をしましょう。[4] エプリー法とは、頭と首を横に傾けることによってめまいの症状を改善する方法です。回転性めまいを引き起こす内耳にある耳石の破片を、エプリー法で元の位置に戻すことによって症状を改善します。エプリー法は以下のようにして行います:
    • 椅子に座って頭をまっすぐ症状のある耳のほうへ45度回します。
    • 仰向けになって、頭を45度回します。その状態を1~2分間維持します。めまいが緩和されていくのが分かるはずです。
    • つぎに、症状のある耳とは逆の方向に90度頭を回します。さらにその方向に体ごと回していきます。ちょうど床を見る体勢になります。
    • その体勢でしばらくじっとします。さらにめまいが起こるかもしれませんが、1分ほどすれば収まります。
    • ゆっくりと上体を起こします。

2
長期的な対処法

  1. 1
    ゆっくり動きましょう。めまいが頻繁に起こる場合は、急な動作を控えましょう。急な動きは血圧の上昇を引き起こします。座ったり立ち上がったりする際は、意識的にゆっくりとした動作を心がけてください。できれば手すりなどを掴むのも良いでしょう。
    • 朝起きるときは、動作を区切って段階的に起き上がりましょう。最初はベッドの上で上体を起こし、その後足を床に下ろしてください。一息入れてリラックスします。そして、ゆっくり立ち上がりましょう。
    • 座った状態から立ち上がる時は、いったん膝を曲げましょう。屈伸運動を入れることによって血行を改善し、立ちくらみを緩和することができます。
  2. 2
    水分の摂取量を増やしましょう。水分不足は血圧に影響を与え、めまいの原因となります。1日グラス6~8杯の水を飲んで脱水状態を防ぎましょう。ただし、すでに脱水状態にある時はスポーツドリンクを飲むようにしてください。スポーツドリンクに含まれる電解質は体の水分吸収を早めるため、水よりも効果的です。さらに、場合によっては、塩分の摂取も効果があります。
  3. 3
    休息をしっかり取りましょう。めまいや立ちくらみは、風邪やインフルエンザのような感染症の兆候であることも珍しくありません。感染症にかかった時は十分に休息を取って、めまいの症状を速やかに抑えましょう。[1]
  4. 4
    “めまい日記”をつけましょう。奇妙に聞こえるかもしれませんが、めまいの症状をその都度記録しておくことは、めまいを引き起こす要因を特定するのに役立つとともに、将来的な予防にもつながります。
    • 例えば、みなさんのめまいは、空腹が原因の場合もあれば、急な起立運動が原因の場合もあり、さらに、熱いシャワーを浴びることによって引き起こされる場合もあるでしょう。原因を知ることによって、めまいの発症を未然に防ぐことが可能になります。
  5. 5
    平らな靴を履きましょう。めまいが頻繁に起こる場合は、ヒールの高い靴を履くのは控えたほうが良いでしょう。底の平らな靴を履くことによって、みなさんの脳はより正確に体の姿勢を読み取り、常に平衡感覚をチェックすることができるのです。また、平らな靴を履いていると、万一立ちくらみの際にバランスを崩して倒れたとしても、踵を捻挫する危険が少なくなります。
  6. 6
    症状に合わせて生活環境を改善しましょう。さしあたっての危険は、めまいが起こった際に転倒して怪我をすることです。ご自宅や職場の環境を変えて怪我の危険を最小限にしましょう。
    • めまいの症状が出た際に足を引っ掛ける危険がある電気コードは、部屋の隅にまとめておきましょう。
    • 真っ暗闇の中では脳が方向感覚を失うことがあります。常に豆電球を点けておきましょう。
    • 毛足の長いカーペットは足元がふらつきやすく、姿勢を保つのが困難になるので避けるようにしましょう。
    • 浴槽や浴室の床には滑り止めの付いたマットを敷くようにしてください。
  7. 7
    乗り物酔いの薬を服用しましょう。酔い止めの錠剤は、回転性めまいを伴うめまいの症状を和らげる効果があります。市販されている酔い止め薬や、さらに効き目の強い処方薬を常備しておきましょう。酔い止め薬には以下のような種類があります:
    • ジメンヒドリナート(ドラマミン):ジメンヒドリナートは嘔吐止め、吐き気止めとしてはおそらくもっとも一般的な市販薬です。錠剤、シロップ、または坐薬としても服用することができます。
    • メクリジン(ボナイン):メクリジンはその安全性が未だ確立されていないため、12歳以下の子供が服用することはできません。[5]
    • ジフェンヒドラミン(ベナドリル):一般に出回っている抗ヒスタミン剤の中では発疹やかゆみの治療に使われることが多いジフェンヒドラミンですが、乗り物酔いにも効果があり、また入手が容易な薬でもあります。[6]
  8. 8
    血流に影響を与える薬物の摂取は控えましょう。めまいはしばしば低血圧によって引き起こされるため、 血液の循環に悪影響を及ぼす物質、例えばカフェイン、タバコ、アルコール、禁止薬物の摂取は極力避けるようにしましょう。[1]
  9. 9
    大病の兆候に注意しましょう。めまいは時としてさらに深刻な病の兆候として表れます。[7] めまいが頻発したり、あるいは慢性的に続く場合は、医師の診断を仰ぎましょう。
    • 病院の検査によって、さらに潜在的な病気や自身の体質についても調べてもらいましょう。めまいは以下の病気の兆候の可能性があります:
      • 内耳炎、良性発作頭位めまい症、あるいはメニエール病などの内耳の病気。
      • PTSD(心的外傷ストレス障害)のようなパニック障害。
      • 不整脈や心房細動。
      • POTS(起立性頻脈症候群)またはその他の循環器障害。
      • 失神。.

3
民間療法

  1. 1
    生姜を試してみましょう。生姜は何百年にもわたって様々な自然療法に使われてきました。その中で、めまいやそれに伴う吐き気の治療にも効果を発揮することが知られています。生姜は単なるまじないの道具ではありません。研究によれば、生姜の成分にはめまいを止める効能があることが証明されているだけでなく、生姜は実際にいくつかの市販薬よりも早くめまいの症状を和らげることがわかっています。生姜は脳への血行を促進し、時としてめまいの原因となる血行障害を緩和することができるのです。[8] ぜひ生姜をみなさんの食生活に取り入れましょう:
    • 生姜エキス入りカプセルを服用しましょう。
    • 新鮮な根ショウガのスライスを噛みましょう。
    • ジンジャーエールや生姜湯を飲みましょう。生姜湯は、根ショウガをコップ一杯分の水に入れて沸騰させて作ります。
    • 生姜飴や生姜キャンディーを舐めましょう。
  2. 2
    セロリジュースを飲みましょう。めまいが低血圧によっておこる場合は、セロリジュースで症状を緩和することができます。セロリジュースは健康食品店でも購入できますが、ご自身で家庭にあるミキサーを使って新鮮なセロリから作ることもできます。
  3. 3
    はちみつとリンゴ酢を飲みましょう。小さじ2杯分ずつのハチミツとリンゴ酢を一日3回飲むことによって、血圧を安定させ、めまいの症状を和らげることができます。
  4. 4
    鉄分サプリを服用しましょう。めまいが鉄分不足による貧血の症状として表れる場合は、鉄分サプリが効果的です。疲労、息切れ、あるいは頭痛といった他の貧血の症状にも十分に注意してください。貧血の疑いがある段階では、サプリメントを飲む前に、まずは医師に相談しましょう。[9]
  5. 5
    銀杏エキスを飲みましょう。銀杏は古来より多くの民間療法に用いられてきた樹木の一つです。銀杏は内耳の血行を促進し、いくつかの内耳の病を治癒する効能があるため、めまいの症状の改善にも有効といえます。錠剤やシロップとして服用ができ、また乾燥した葉を購入することもできます。[10]
  6. 6
    ナツシロギクのサプリを飲みましょう。ナツシロギクもまためまいの治療に有効な薬草です。ナツシロギクが偏頭痛に効き目があることはよく知られていますが、それだけでなく、血行を改善し内耳の炎症を抑える働きもあります。ナツシロギクのサプリは、カプセルのほかシロップとしても服用が可能です。[11]

注意事項

  • めまいの症状がある時は、万一の場合にご自身だけでなく他の人の安全を脅かすような活動は控えるようにしましょう。たとえば、高い場所での作業、重機の操作、車の運転など。

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Stop Dizziness, Français: arrêter les vertiges, Italiano: Fermare le Vertigini, Español: detener los mareos, Deutsch: Schwindel bekämpfen, Português: Parar uma Tontura, 中文: 停止眩晕, Русский: избавиться от приступов головокружения, Nederlands: Duizeligheid stoppen, Čeština: Jak zastavit závratě, Bahasa Indonesia: Menghentikan Rasa Pusing, العربية: التخلص من الدوار, 한국어: 현기증 치료법, हिन्दी: चक्कर आने की समस्या का समाधान करें, Tiếng Việt: Ngừng Choáng Váng, ไทย: รักษาอาการวิงเวียน

このページは 45,402 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?