ジュース断食をする方法

4 方法:断食前断食中断食後ジュースのレシピ

ジュース断食は、体内の毒素を排出し、体重を落としやすくするための理想的な方法です。ビタミンや栄養をたくさん摂取できるため、断食に慣れていない人にとっては、単に水を飲むだけの断食よりも健康的な解毒方法です。この記事では、ジュース断食を安全かつ効果的に行う方法を説明します。ただし、ジュース断食を始める前には必ず医師に相談しましょう。

1
断食前

  1. 1
    目標を設定しましょう。断食に慣れている人は、3週間もの長い間ジュース断食を続けることができます。しかし、初めてジュース断食に挑戦する人は、3日間程度の比較的短い現実的な目標を設定したほうがよいでしょう。断食は身体的にも精神的にも辛く感じられることがあるため、短い期間から始めるのが賢明です。短期間の断食を成功させるほうが、長期間の断食を途中で諦めるよりも有意義です。[1]
    • 3日間のジュース断食を達成するためには、実際には5日間の断食計画を実行する必要があります。断食の開始前と終了後に1日ずつ、体を徐々に慣れさせるための期間が必要なためです。
    • 初めて断食をする場合は、友人を誘って一緒に行うと成功しやすいでしょう。お互いを励ましあい、多少の競争心も感じるため、誘惑に負けにくくなります。
  2. 2
    買い物に行きましょう。ジュース断食には、想像する以上に多くの新鮮な果物と野菜が必要です。農薬を使っていない有機栽培のものを選ぶことが肝心です。ジュース断食の目的は体内毒素の排出であり、新たな毒素を取り込んでは意味がありません。
    • オレンジ、レモン、ライム、トマト、ほうれん草、ケール、セロリ、にんじん、きゅうり、りんご、ぶどう、ブルーベリー、ビーツ、にんにく、しょうがを購入しましょう。
    • できれば、食品用のペットボトルまたは瓶を使用しているメーカーの、良質なミネラルウォーターも購入しましょう。断食の過程で水をたくさん飲むためです。[1]
  3. 3
    高性能なジューサーを購入しましょう。ジュース断食には高性能なジューサーが欠かせません。高性能なジューサーを使えば、果物や野菜からできる限り多くのジュースを絞り取れる上に、準備や片付けにかかる時間と手間を省くこともできます。あらゆる新鮮な野菜や果物を無理なく粉砕するためには、700ワット以上のジューサーを購入しましょう。また、ジュース作りを迅速に行うために、組み立てる部品が少ないものを選びましょう。
    • 新しいジューサーの購入は大きな出費を伴うかもしれませんが、とりわけ定期的なジュース断食を取り入れたいと考えている人にとっては、有意義な投資です。実用に堪えるジューサーは1万5千円以上するでしょうが、購入してから15〜20年間は持つでしょう。[2]
    • ジュース断食を行うときは、ジューサーの代わりにブレンダーを使うことはできません。ブレンダーを使うと、ジュースではなくスムージーになってしまいます。スムージーには果物や野菜の繊維が含まれています。繊維は体によいものですが、ジュース断食中には繊維を摂取しません。繊維を消化するためにエネルギーを過剰に消費するからです。エネルギーは、毒素を体内から排出するために残しておく必要があります。[3]
  4. 4
    ジュース断食を行う期間を決めましょう。ジュース断食は、適切な期間に行うことが大切です。朝はジュースを作るために多くの時間を確保する必要があります。また、特に初めて断食を行う場合は、3〜5日間のジュース断食期間を通じて、エネルギーを大量に消費する活動を避ける必要があります。初めて断食をする人の多くは、家でまとまった時間を過ごせる金曜日から日曜日までの週末に、ジュース断食を行います。
    • 断食後に、頭痛や活力不足に悩まされる人もいます(逆に、普段よりも活力が増すと言う人もいます)。活力を蓄えるために、午後に昼寝をしたくなる人もいます。[4]
    • ジュース断食は体内の毒素の排出を促すため、普段よりも頻繁にトイレに行く必要があることも覚えておきましょう。このため、断食期間中はすぐにトイレに行ける場所で過ごすのが理想的です。
  5. 5
    ジュース断食に向けて体を整えましょう。3日間のジュース断食を本格的に開始する前に、1日かけて断食のために体を整える必要があります。断食を開始する前日には、生の果物と野菜だけを食べましょう。断食に向けて体を慣らしたい場合は、朝食と昼食はジュースを飲むだけにして、夕食にサラダなどにした生の野菜や果物を摂ってもよいでしょう。
    • 断食を始める前に、下剤効果のある食品やかん腸によって体内を浄化することを勧める人もいます。この手順は省略しても構いません。

2
断食中

  1. 1
    毎朝たくさんのジュースを作りましょう。朝に多くの時間を割ければ、その日の分のジュースを一度に用意して、後の手間を省くことができます。朝に用意したジュースは、飲む時まで冷蔵庫で保管しましょう。ジュースを一度に用意する代わりに、ジュース1杯分の果物と野菜の下準備をしてジッパー付きの保存袋に入れておき、使う時まで冷蔵庫で保管してもよいでしょう。[3]
    • どの果物と野菜を組み合わせれば美味しいジュースになるかを試してみましょう。変わった組み合わせにも挑戦してみましょう。相性のよい組み合わせを十分に考えてからジュースを作れば、ジュースを飲むことが苦痛から喜びに変わります。
    • ジュース断食を行う際は、果汁と野菜の絞り汁を1対4の割合に保ちましょう。果汁は体内で消化しづらい糖分を多く含むため、できれば朝に摂取し、昼と夜は野菜の絞り汁を摂るとよいでしょう。[3]
  2. 2
    ジュースは一日中好きなだけ飲んで構いません。ジュース断食は、飢餓感を感じることなく行うものです。断食期間中に滞りなく日常生活を送り、体内浄化という重要な働きを行うために、体はジュースに含まれるビタミンや栄養素を必要とします。したがって、ジュースの摂取量に制限はありません。空腹や喉の渇きを覚えたら、いつでもジュースを飲みましょう。少なくとも1日に4杯は飲むようにしましょう。
    • 減量を目的としてジュース断食を行う場合も、ジュースの摂取量を制限しないようにしましょう。断食中は体が必要とするだけのカロリーを摂っていないため、ジュースの摂取量を制限すると、体が生命保存のために余分な脂肪を蓄えようとします。したがって、1日に4杯の最低量を守りましょう。[3]
  3. 3
    水をたくさん飲みましょう。水は体外への毒素の排出や排せつ後の脱水状態の回復を促すため、ジュース断食中は水分補給が非常に重要です。また、水を飲むと空腹感が緩和されます。ジュースを1杯飲むごとに、少なくとも450ミリリットルの水を摂取しましょう。ジュースをその半分の量の水で薄めるか、ジュースとは別に水を飲みます。ジュースを飲む時以外にも、さらに水を飲みましょう。
    • より多くの水分を摂取するためには、ハーブティーを飲むのもよい方法です。カフェインを含まない緑色の茶葉のみを使いましょう。
  4. 4
    軽い運動をしましょう。断食中に毎日軽い運動をすると、空腹感による症状が気にならなくなり、消化作用を促すこともできます。戸外での短い散歩や簡単なヨガのポーズなどを取り入れるとよいでしょう。ただし、体力を消耗しないように、それ以上に激しい運動は避けましょう。
  5. 5
    老廃物を体外に排出しましょう。多くの人は、断食中に何もしなくても腸が動くのを感じますが、1日に1回、できれば朝にかん腸を行うと、排せつを促すことができます。かん腸は、腸内に溜まった毒素を取り除くために有効な方法です。また、起床してすぐに、ぬるま湯に新鮮なレモンの絞り汁と少量の蜂蜜(甘味付けのため)を加えて飲むと、腸の動きが刺激されることも知られています。
  6. 6
    残りの2日間も断食を続けましょう。1日目の計画と同様に、ジュースと水を好きなだけ飲みましょう。果物や野菜が足りなくなった場合は、再び買い物に行く必要があります。ジュースの種類を豊富にして楽しむために、2日目以降も色々なレシピを試しましょう。
  7. 7
    意思を強く持ちましょう。ジュース断食を始めた時は意欲に溢れていたとしても、3日間の途中には誘惑もあり、意思の力が試されることもあるでしょう。断食中は嗅覚が普段よりも敏感になるため、固形食が恋しくなるかもしれません。意思を強く持ち、断食を決意したそもそもの理由を忘れないようにしましょう。過去数年にわたり体内に蓄積した毒素を取り除くことが断食の目的です。断食が終われば、断食前よりもはるかに体調と気分がよくなり、初めてのジュース断食を成功させたという満足感が得られるはずです。
    • 断食中に普段よりも活力がみなぎり、断食の過程を楽しめる人もいます。あなたもそのようなラッキーな人たちのひとりかもしれません!
    • 瞑想、読書、柔軟運動、手芸などの、心が安らぐ活動を取りいれて、断食中に気分転換をはかりましょう。食事の時間にとらわれずに1日を過ごせるため、普段よりも自由な時間が多く取れるはずです。

3
断食後

  1. 1
    断食後の1日は、体を通常の生活に向けて慣らしましょう。この日は、断食前の1日と同様に、生の野菜と果物だけを摂ります。胃などの消化器官に負担をかけないように、量は少なめにしましょう。[1]
  2. 2
    徐々に通常の食事に戻します。1日の適応期間が過ぎたら、卵、乳製品、玄米、全粒穀物などを徐々に取り入れて通常の食事に戻します。断食の効果を台無しにしないために、この段階では加工食品を避けたほうがよいでしょう。
    • 断食直後にはピザなどの加工食品を食べないようにしましょう。具合が悪くなることもあります。
  3. 3
    週に1回、24時間のジュース断食を習慣化することを検討しましょう。週に1回ジュース断食を行うと、3日間のジュース断食で得られた解毒効果を維持しやすくなります。24時間のジュース断食は、2日間に分けて行えば非常に簡単です。1日目は早めに夕食をとり、その後は何も食べずに8時間の睡眠をとりましょう。2日目は朝と昼にジュースを飲み、夜に固形食をとりましょう。[1]
  4. 4
    2回目のジュース断食では日数を増やしましょう。3日間の断食を終えた後は、さらに長い断食を定期的に行うことができます。7日間、あるいは14日間まで徐々に伸ばして構いません。気が遠くなるほど長いと思うかもしれませんが、断食の経験が豊富な人の多くは、固形食を摂らずに断食を続ければ続けるほど楽になると言います。ジュースから必要な栄養素はすべて得られるということを体が理解し、空腹感を覚えないようになるからです。
    • ただし、気をつけた方がよいこともあります。断食を長く続けると、体が皮膚や肺から毒素を排出しようとするため、体から異臭や不快な臭いがすることに気がつくかもしれません。[5]
    • 長期間の断食を行う場合は、ジュースにプロテインと鉄分のサプリメントを入れてもよいでしょう。活力が高まる上に、貧血を防ぐこともできます。これらのサプリメントは、健康食品を扱う店で手に入ります。[6]

4
ジュースのレシピ

  1. 1
    朝のグレープフルーツジュース 皮をむいたグレープフルーツ半分、種なしぶどう(赤紫または黄緑色のもの)15粒、ブルーベリー1.8カップをジューサーにかけると、1日の始まりにぴったりの美味しいジュースが出来上がります。[7]
  2. 2
    朝の消化促進ジュース 青りんご(グラニースミス)2個、皮をむいたオレンジ1個、きゅうり1本、洗ったケールの葉4枚、皮をむいたレモン4分の1をジューサーにかけると、消化器系の働きを活発にするジュースが出来上がります。[8]
  3. 3
    昼のビーツジュース ビーツ半分、きゅうり半分、にんじん5本をジューサーにかけると、昼にぴったりの色鮮やかなジュースが出来上がります。[7]
  4. 4
    イタリア風トマトジュース トマト2個、皮をむいたにんにく1片または2片、皮をむいたレモン4分の1、バジルひと握りをジューサーにかけると、ブルスケッタを思わせる昼にぴったりのジュースが出来上がります。[8]
  5. 5
    夜のグリーンジュース 洗ったケールの葉4枚、ほうれん草2カップ半、りんご2個、セロリの茎2本、きゅうり半分、にんじん1本、しょうがひとかけらをジューサーにかけると、ビタミンと栄養素を豊富に含む満足感のあるジュースが出来上がります。[8]
  6. 6
    夕暮れ時のジュース ビーツの薄切り1枚、にんじん1本、きゅうり1本、洗ったケールの葉4枚、青りんご1個、皮をむいたレモンとライム各4分の1をジューサーにかけると、夕暮れ時を思わせるジュースが出来上がります。[8]

ポイント

  • 断食の提唱者たちは、断食後に固形食を取り入れる際には、消化をしやすくするためによく噛むことを勧めています。
  • 断食の提唱者たちは、有機栽培の果物や野菜が手に入らない場合には、皮をむくか、毒性のない専用洗剤(通常は健康食品を扱う店で入手できます)で洗うことを勧めています。
  • 解毒効果がさらに高い断食方法に興味がある場合は、水断食を試してみましょう。ただし、ジュース断食よりも困難です。

注意事項

  • ジュース断食の一般的な副作用には、頭痛、疲労感、低血糖症、便秘、ニキビ、体臭、口臭などがあります。
  • 断食を行う際は、「毎回必ず」医師に相談し、医師の監督のもとで行いましょう。妊娠中の人は断食を避けたほうがよいでしょう。がん、糖尿病、心臓病、結核が進行段階にある人は、断食を避けましょう。特に、肝臓がんや膵臓がんに罹っている人は、絶対に断食を避けましょう。これらの病気の一部は、断食によって改善する可能性もありますが、断食を行う場合には必ず医師の監督が必要です。医師の監督のもとで断食を行えば、症状の急な悪化や合併症が起きた場合に、迅速な処置が受けられます。

記事の情報

カテゴリ: 全般的健康

他言語版:

English: Perform a Juice Fast, Español: hacer ayuno a base de jugos, Italiano: Portare a Termine un Digiuno di Soli Succhi, Português: Fazer um Jejum de Sucos, Deutsch: Eine Saftfastenkur durchführen, Русский: соблюдать соковый пост, Nederlands: Sapvasten, 中文: 进行果蔬汁断食, Français: faire une cure détox à base de jus, Čeština: Jak držet půst s ovocnými a zeleninovými šťávami, Bahasa Indonesia: Melakukan Puasa Jus, ไทย: อดอาหารด้วยน้ำผักผลไม้, हिन्दी: फलों के रस के साथ व्रत (जूस फ़ास्ट) रखें, Tiếng Việt: Thải độc cơ thể bằng Nước ép

このページは 830 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?