ストローで鯱を作る方法

ここで作るストローのシャチは、実在するクジラの仲間の動物ではありません。神話に登場する海の神の名前が由来だと言われ、形はインドから日本に伝わる過程で龍や鴟尾から変化した龍の頭と鯉の体を持つ鯱鉾を、台湾吸菅工芸のイルカを元にデザインしたものです。鯱鉾は火災除けのお守として屋根の両端に飾られるため、チャームアイテムとして飾ってもいいですね。[1]

ステップ

  1. 1
    これはストローがシャチのどの部分を構成するかを示しました。フレックスストローは蛇腹を境に短い部分と長い部分に分かれていますが、短い方で尾を、長い方は、スティックと背骨になる部分と、編んでボディになる平らな2枚の部分に切り分けます。
  2. 2
    蛇腹以外の部分を圧して平らにします。
  3. 3
    背骨を切り出します。左手でしっかり押さえながら(折り山を切るのではなく)鋏でつまむようにして切ります。背骨は出来るだけ細く切ってください。
  4. 4
    背骨を芯にして、平らなストリップ2枚を結ぶようにしてシャチのボディを編んでいきます。残ったスティック部分は真下に直角に折り曲げておきます。
  5. 5
    もう一方のテープ状ストリップも対称に、先ほどと同様に背骨の下から巻きつけて結びます。
  6. 6
    「折り巻き止め」を繰り返します。
  7. 7
    「折り巻き止め」を3-4回繰り返します。
  8. 8
    一旦真上に織り上げてから戻して両側にヒレを切り出します。
  9. 9
    蛇腹を伸ばします。
  10. 10
    尾びれを切ります。
  11. 11
    口から出ている余分な背骨を切り取ります。
  12. 12
    目玉を付けます。接着剤をボディの目に当たる位置に付け、そこに動眼を置いて貼り付けます。.

動画

注意点

  • 指を鋏に近づけて持たなければいけないので、鋏の刃先に注意して切ってください。

必要なもの

  • フレックスストロー(蛇腹のあるもの)
  • クラフト鋏(滑りにくいもの)
  • プラスチック用接着剤(出来ればPPに対応するものが好ましい)
  • 動眼(ここでは3㎜径を使用)

関連wikiHow

  • ストロー1本でエビを作る方法

出典と引用

記事の情報

カテゴリ: 趣味・クラフト

このページは 1,503 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?