ニキビを治す方法

3 方法:スキンケアクリーム、医薬品、治療を用いる民間療法

ニキビ、おでき、吹き出物・・・どう呼ぶにしても、これは誰もが人生で一度は経験する不運な肌トラブルです。幸い、あの厭なニキビを鎮めるには、スキンケアや薬やクリームから斬新な民間療法までいろいろな方法があります。どの方法が自分に合うかを確かめるには試行錯誤してみるしかありません。でもご安心ください。ここでは誰にでもできる解決法をご紹介します。

1
スキンケア

  1. 1
    一日二回洗顔する ニキビ予防には肌を清潔に保つことがとても重要です。洗顔は、肌の表面に付いた汚れや不純物、余分な皮脂などを取り除きます。ぬるま湯と肌に優しい洗顔料を使って、一日に午前中と夜の二回洗顔を行うのが理想的です。洗顔後は乾いた清潔なタオルで優しく顔を拭きましょう。
    • 固い洗面タオルやスポンジ、ヘチマなどを使って顔をゴシゴシ洗うのはやめましょう。肌に刺激を与えてニキビの炎症がさらにひどくなってしまいます。また洗面タオルは細菌が繁殖しやすいので、なるべく顔に触れないようにしましょう。
    • ニキビに悩んでいる時は一日に何度も顔を洗いたいと思うものですが、過剰な洗顔は必ずしも肌によいというわけではありません。過剰な洗顔は皮膚を乾燥させて、炎症を起こしやすくします。
  2. 2
    毛穴を詰まらせない保湿剤を使う 洗顔の後は肌に保湿剤を付けて水分を補給し、乾燥や炎症を防ぐことが大切です。ただ、ニキビに悩まされている場合は、肌のタイプに合った保湿剤を使わなければなりません。油分の多い保湿剤は毛穴を詰まらせ、さらにニキビが増えてしまいます。ラベルに「ノンコメドジェニック(毛穴を詰まらせない)」と書かれた保湿剤を選びましょう。このタイプの保湿剤はニキビの発生を抑えます。
    • 毛穴を詰まらせないだけでなく、自分の肌に合う保湿剤を慎重に選びましょう。例えば、脂性肌にはさらっとしたジェルタイプの保湿剤が合いますが、乾燥肌にはしっとりした保湿クリームが合います。
    • 保湿剤を顔につける前に必ず手を洗いましょう。保湿剤をつけるときに、細菌やばい菌が一緒に顔についてしまいます。
  3. 3
    やたらと顔を触ったり、ニキビをつぶしたりしない 手は一日を通して体のどの部分よりも汚れや細菌に触れます。そのため、なるべく手で顔を触らないようにしなければなりません。細菌をつけて炎症を起こしやすくするばかりか、ニキビや吹き出物に触ると炎症がひどくなり、見た目も悪く、治るまでに長い時間がかかります。
    • どんなに満足感があっても、ニキビをつぶすのは肌にとってはよくありません。ニキビをつぶすと治るまでに長い時間がかかり、炎症を起こしたり痕が残る可能性があります。ニキビの痕を無くすのはとても大変なので、ニキビはなるべくつぶさないようにしましょう。
    • 知らないうちに顔を触ってしまうことはよくあります。机やテーブルに座っている時に頬杖をついていないか、ベッドで手に顔を乗せて横になっていないか、常に注意しましょう。
  4. 4
    週1回、角質除去処理やフェイスマスクを使う 角質除去化粧品やフェイスマスクは肌によい効果をもたらしますが、控えめに使いましょう。角質除去化粧品は古くなった皮膚を取り除いて肌をきれいにしますが、同時に肌を乾燥させるので、頻繁に使うと、特にニキビができやすい肌は炎症が起きやすくなります。
    • フェイスマスクは肌の不純物を取り除いて肌を静め、まるでスパでスキンケアを行っているような気分にさせますが、これも週に1度に制限するべきです。肌には強すぎる物質を含んでいることもあるため、毎日のお手入れ用ではありません。
  5. 5
    いろいろな製品を付けすぎない クリームやローションやジェルなどを付け過ぎると毛穴が詰まってニキビの原因になります。どんな製品も適度な量を使い、パッケージに書かれた使用頻度より多く使うのはやめましょう。化粧品やメイクも同様にできるだけ少量に抑え、寝る前には必ず洗顔料を使ってメイクを落としましょう。
    • 香りが強かったり薬品が多く含まれたヘアケア製品も、顔に髪が触れると毛穴を詰まらせる可能性があるので、なるべく使用を控えましょう。シャワーでは肌への刺激の少ないマイルドなシャンプーとコンディショナーを使いましょう。
    • 枕カバーに付いた皮脂や細菌が肌に触れないように週に一度は取り替えましょう。また化粧用のブラシも同様に洗いましょう。
  6. 6
    直射日光から肌を守る 以前は日光がニキビを乾かすと考えられていたために、ニキビができやすい肌は日光に当てるとよいと言われていましたが、最近の皮膚専門家はこれに反対しています。太陽の紫外線は実際にはニキビの炎症を悪化させます。
    • そのため、帽子をかぶったりSPF30以上の日焼け止めを塗って、肌を紫外線から守ることが大切です。
    • 日焼け止めの中には油分が多く毛穴を詰まらせるものがあることに注意してください。ラベルに「ノンコメドジェニック(毛穴を詰まらせない)」と表示のある製品を選びましょう。
  7. 7
    正しい食事を摂る チョコレートやジャンクフードはニキビの原因にはならないと実証されてはいますが、油分の多い食品の摂取を避けることは肌によい効果をもたらします。ニキビは余分な皮脂が毛穴を詰まらせるためにできます。そこで、摂取する油脂の量を制限することは正しい方向への第一歩になります。また、体の内部が健康ならば、それは外見にも表れます。
    • ポテトチップス、チョコレート、ピザ、揚げ物などはなるべく摂取しないようにしましょう。これらの食品は脂肪分や糖分やデンプン質を多く含んでいるので、肌や体全体の健康によくありません。絶対に食べてはいけないというわけではありませんが、できるだけ制限しましょう。
    • 野菜と果物をたくさん食べましょう。野菜や果物の水分は肌に潤いを与え、ビタミンやミネラルはニキビと戦う武器になります。特にビタミンAを多く含む果物や野菜(ブロッコリー、ホウレンソウ、にんじんなど)はニキビの原因となるたんぱく質を体内から排除する働きを持ちます。またビタミンEとビタミンCを含む食品(オレンジ、トマト、サツマイモ、アボカドなど)には抗酸化作用があり、肌を静めます。[1]
  8. 8
    水をたくさん飲む 水を飲むことは肌や体全体の健康に様々な効果をもたらします。水は体を潤し、ふっくらした張りのある肌を保ちます。また体内から有害な毒素を排出し、毒素の蓄積や肌トラブルを防ぎます。その他に、水は肌の新陳代謝を正常に保ち、肌再生を促します。その効果を得るためには一日にグラス5杯から8杯の水を飲むようにしましょう。
    • 水には「飲み過ぎ」ということもあるので、ずっと水を飲んでいなければいけないと思う必要はありません。水を飲みすぎると血液が薄まり、深刻な健康被害をもたらします。極端な例ではひきつけの発作が起きる場合があります。グラス8杯を目安にすれば問題はありません。[2]
    • 過剰な飲酒も避けましょう。アルコールはホルモンバランスを崩します。テストステロンやエストロゲンのホルモンバランスが崩れることは、ニキビの大きな原因のひとつです。またアルコールは肝臓障害を引き起こしますが、肝臓はホルモンと血糖値のレベルを調整し、毒素を排出して肌の健康を維持する重要な臓器です。[3]

2
クリーム、医薬品、治療を用いる

  1. 1
    市販のクリームを使う いつもニキビに悩まされているのなら、肌を清潔にして正しい食事を摂取する以上のことが必要かもしれません。幸い、市販のクリームの中にはニキビを治して、それ以上ニキビが増えないように予防するものがたくさんあります。こうしたクリームは通常は直接ニキビに付けて、大抵の場合、6-8週間で肌の状態を大幅に改善します。これらのクリームに含まれている一般的な成分には次のようなものがあります。
    • 過酸化ベンゾイル 過酸化ベンゾイルは皮膚上の細菌を殺し、毛穴の皮脂生成/蓄積の進行を遅らせます。また剥離成分を持つので、肌の再生成を助けます。過酸化ベンゾイルは肌を乾燥させ、肌に刺激を与えるので、最初は濃度の低いものを使いましょう。
    • サリチル酸 サリチル酸も皮膚上の細菌を殺します。また、ニキビの原因となる毛穴に詰まった皮脂や黒ずみを分解する働きも持ちます。その他に、サリチル酸は古くなった皮膚の層を取り除き、毛穴が詰まるのを防ぐと共に、皮膚細胞の生成を促します。
    • 硫黄 硫黄には抗菌作用があり、毛穴に詰まった皮脂や黒ずみを分解します。またニキビの生成や炎症を防ぐ効果もあります。
    • レチンA レチンAはオールトランス型レチノイン酸とも呼ばれるビタミンAの酸化物を含んでいます。これは化学薬品による剥離、皮膚の角質除去、毛穴のつまり解消などの働きを持ちます。
    • アゼライン酸 アゼライン酸は皮脂の蓄積を防ぎ、炎症や細菌の繁殖を抑えてニキビの広がりを最小限にくい止めます。これは特に肌の色が濃い人によく効きます。[4]
  2. 2
    強めの塗り薬の処方を皮膚科医に相談する 市販の医薬品ではしつこいニキビには対応できないと言う人もいます。この場合、ニキビによく効く塗り薬を医師に処方してもらうことも可能です。
    • 処方薬の多くにはビタミンA由来の有効成分が含まれています。例をあげると、トレチノイン、アダパレン、タザロテンなどがあります。こうした塗り薬は肌のターンオーバーを助け、毛包が詰まるのを防ぎます。[5]
    • 抗生物質を含んだ処方塗り薬もたくさんあります。これは皮膚上の細菌を消滅させる働きを持ちます。
  3. 3
    抗生物質の服用を検討する 中程度から重度なニキビの場合、医師は塗り薬と経口抗生物質の服用の両方を勧めることがあります。これは炎症と細菌の繁殖を抑えるためです。抗生物質を用いた治療は通常4-6ヶ月続けますが、6週間頃から効果が現れます。
    • 残念ながら最近では抗生物質に耐性ができてしまう人が多ので、この治療は誰にでも効果があるわけではありません
    • 抗生物質の中には(テトラサイクリンなど)経口避妊薬の効果を減少させるものがあります。女性が抗生物質のニキビ治療を行う場合は、補助的な避妊薬を用いるべきです。[4]
  4. 4
    重度なニキビの場合、イソトレチノイン治療を検討する 他の全ての治療でニキビが治らなかったら、皮膚科医はイソトレチノイン治療を勧めることがあります。イソトレチノインはビタミンAと緊密に関連していて、体中の皮脂の生成を減らし、皮脂の分泌線を萎縮させます。イソトレチノイン治療は約20週間継続し、その間、副作用の可能性を考慮して患者は注意深い診断を受けます。
    • イソトレチノインを服用するとニキビが治るのではなく悪化することがあります。この症状が起きるのは通常は数週間だけですが、治療の最後まで続くこともあります。
    • イソトレチノイン治療の副作用には、乾燥肌やドライアイ、唇のひび割れ、日光に敏感になることなどがありますが、一部の人には頭痛や抜け毛、気分の変化やうつなどの症状が出ることもあります。
    • この治療は深刻な出生異常と関わりがあるので、妊娠中の女性や妊娠を考えている人はこの治療を受けられません。そのため、女性はこの治療薬を処方してもらう前に必ず妊娠テストを行います。[6]
  5. 5
    女性ならば、経口避妊薬の服用を検討する ニキビの原因はホルモンバランスの乱れと密接に関係しています。経口避妊薬は女性のホルモンバランスを整えて、月経周期に左右されたニキビの生成を抑えます。ノルゲスティメートとエチニルエストラジオールを混合した経口避妊薬は通常最も効果があります。
    • 経口避妊薬はごく稀に血液凝固、高血圧、心臓病などの深刻な副作用を引き起こすことがあります。必ず服用する前にしっかりと医師に相談してください。[5]
  6. 6
    専門処置について調べる スパや皮膚クリニックでは様々な処置を行っているところがあり、先に説明した治療法などと併用すると、ニキビになりやすい肌が大幅に改善します。多少高価な処置もありますが、他の処置よりも効果が長期間持続し、ニキビの痕を減らしたり、痕が残らないようにすることができます。こうした処置には次のようなものがあります。
    • レーザー療法 レーザー治療はレーザーが皮膚の奥深くに入り込み、にきびの原因となる皮脂を生成する皮脂分泌線を壊します。
    • 光療法 光療法はニキビの原因となる皮膚上の細菌に光を当て、炎症を抑えて肌の質感を改善します。
    • ケミカル・ピール ケミカル・ピールは管理された方法で皮膚の表面を熱傷し、皮膚の最上層を剥離させ、その下の新しい皮膚を表に出します。これはニキビが治った後に残る傷痕を無くすのに効果的です。
    • マイクロクリスタル・ピーリング これは回転する金属ブラシが最上層の皮膚を取り除き、その下の新しい皮膚を表に出す方法です。この処置は多少不快感を与え、治るまでの数日間は皮膚が赤くなることがあります。[5]

3
民間療法

薬草療法

  1. 1
    ティーツリー・オイルを使う ティーツリー・オイルはニキビの自然治療法で最も効果のあるものです。これはオーストラリアに自生するフトモモ科メラルーカ属の植物から抽出される精油です。ティーツリーオイルには強力な抗菌、抗カビ、抗ウイルス作用があり、ニキビの原因となる皮膚上の細菌に効果的に働きます。そのままのティーツリー・オイルを綿棒に数滴たらして、ニキビに直接付けます。一日二回これを行えば、ニキビはすぐに治ります。
    • ティーツリー・オイルは精油なので、濃度が極めて高くなっています。このオイルを過剰に使用したり、患部ではない場所に薄めずに付けると、皮膚が乾燥したり炎症を起こす可能性があるので、必要に応じて控えめに使いましょう。
    • ティーツリー・オイルのニキビ治療の効果は、化学薬品をふんだんに使った過酸化ベンゾイルに匹敵するという研究結果があります。その研究ではティーツリー・オイルのほうが効果が出るまでに多少時間がかかりましたが、副作用はティーツリー・オイルのほうがずっと少ないという結果が出ました。[7]
  2. 2
    ハチミツを使う ハチミツは驚くべき自然療法の薬で、ハチミツの抗菌、殺菌、水分補給作用は特に敏感肌のニキビ治療に素晴らしい効果を発揮します。ひどいニキビにはマヌカ蜂蜜がよく効きますが、生ハチミツでも効果があります。
    • ハチミツはニキビ治療にも使えますが、よく洗って少し濡らした顔全体にハチミツを塗ると、顔パックとしても使えます。ハチミツは低刺激なので、好きなだけ顔に乗せておくことができます。
    • 注意するべき点として、ハチミツは他の自然治療と同様に、できてしまったニキビを治す(抗菌作用のため)ことはできますが、これからできるニキビを予防する効果はそれほどありません。(特に、ホルモンバランスの乱れが原因でできるニキビには効きません)[8]
  3. 3
    ラベンダー・オイルを使う ラベンダー・オイルは鎮静、鎮痛作用があることで有名ですが、ティーツリー・オイルと同様にニキビ治療にも使うことができます。ラベンダー・オイルは火傷の治療によく使われますが、それは治癒作用があるからで、ニキビ治療にも効果があります。また、ラベンダー・オイルには強い抗菌作用があり、毛穴の詰まりを取り除き、ニキビが目立たないようにします。
    • 綿棒を使ってラベンダー・オイルを薄めないでそのままニキビに付けます。ニキビの周りの皮膚に付けないように注意しましょう。薄めないラベンダー・オイルは皮膚に刺激を与えることがあります。[9]
  4. 4
    アロエを使う アロエの葉をニキビの上に擦りつけ、ニキビのある場所をマッサージします。そのまま一時間ほど置き、お湯で洗い流します。

冷やす処置

  1. 1
    氷を使う ニキビはまず赤く腫れて炎症が起こります。そこで、ひどいニキビを氷で冷やしたらどうでしょうか?氷が炎症の熱と腫れを抑え、ニキビの見た目を良くします。氷をペーパータオルまたは清潔な布に包んで、1-2分間ニキビの上にそっと押し当てます。[10]
    • 濃く淹れた緑茶を製氷皿で凍らせて氷を作り、それをニキビに当てるという方法もあります。緑茶には抗炎症、抗菌作用があるだけでなく、緑茶の抗酸化作用は皮脂の生成を抑制するという研究結果があります。[11]

洗面所にあるもので処置

  1. 1
    歯みがき粉を使う ニキビに歯みがき粉をつけるというアイデアは昔からありますが、最も効果が期待できる方法ではないにしても、その場しのぎにはなります。歯みがき粉には重曹や過酸化水素水が含まれているので、ニキビを乾燥させて回復の進行を早めます。
    • 可能ならば、フッ素の入っていない白い歯みがき粉を使いましょう。ニキビの周りではなく、必ずニキビに直接塗ってください。歯みがき粉に含まれている他の物質が肌に刺激を与えることがあります。[12]
  2. 2
    つぶしたアスピリンを塗る アスピリンの医学的な呼び名は「アセチルサリチル酸」と言い、ニキビ治療薬として有名なサリチル酸に似た成分です。アスピリンは抗炎症薬なので、ニキビに塗るとニキビの大きさと腫れを抑える効果があります。アスピリンの錠剤をつぶしたところに数滴の水を加えてペースト状にしたものをニキビに直接塗ります。
    • また、アスピリンを5,6錠つぶして水を適量加えると、顔用のパックを作ることができます。これを顔にまんべんなく塗り、10-15分そのままにして洗い流します。[13]

キッチンにあるもので処置

  1. 1
    トマトを使う トマトはニキビの自然治療に使える便利な野菜です。大抵の家のキッチンには1-2個のトマトがあるでしょう。トマトにはビタミンAとビタミンCが多く含まれていて、先ほども触れましたがこれらの栄養素はニキビによく効きます。トマトジュースも天然の収斂剤で、ニキビの表面を収縮させて小さくします。
    • 生のトマトを切り、トマトをそのままニキビに擦り付けてトマトの汁を直接塗ります。これを毎日2回繰り返すと、ニキビが改善されたことにすぐに気付くでしょう。
  2. 2
    レモン汁を使う レモン汁をニキビにつけるのは最も一般的な自然治療法のひとつです。レモンはビタミンCやクエン酸をたくさん含んでいるので、古い角質を除去し、ニキビを乾燥させる効果があります。レモン汁には漂白作用もあり、ニキビの腫れを大いに減少させます。寝る前に少量のレモン汁をニキビにつけて、一晩そのままにします。
    • 一日中家の中にいるのでなければ、レモン汁は昼間は肌につけてはいけません。レモン汁をつけると肌が日光に敏感になり、日光による肌トラブルの原因になります。[14]
    • 他の自然療法と同様に、レモン汁はニキビだけに直接つけて、その周りの皮膚は避けてください。レモン汁に含まれるクエン酸が皮膚をヒリヒリさせるからです。

ポイント

  • 我慢強くなりましょう。新しい治療やスキンケアを始めてから効果が出始めるまでには何週間から何ヶ月もかかる場合があります。ただ、何ヶ月経っても改善の兆しが見られなかったら、他の方法を調べたほうがいいかもしれません。

注意事項

  • 肌に炎症が起きたら医薬品の使用を中止しましょう。これでおしまいです。ニキビのない肌で楽しい日々を過ごしてください。
  • 自然治療法は現代の医学では実証されていないので、誰にでも効果が現れるものではありません。自然治療法の場合は、自分に一番よく合う治療法を見つけるために試行錯誤する必要があるかもしれません。

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Stop or Cure Pimples, Français: traiter et se débarrasser de l'acné, Español: detener o curar espinillas, Deutsch: Pickel stoppen oder heilen, Português: Interromper ou Curar Espinhas, Italiano: Fermare o Curare i Brufoli, 中文: 防治青春痘, Русский: избавиться от прыщей или вылечить их, Čeština: Jak zabránit vzniku pupínků nebo se jich zbavit, Bahasa Indonesia: Menghentikan Atau Mengobati Jerawat, Nederlands: Puistjes voorkomen of genezen, العربية: علاج البثور, ไทย: ป้องกันหรือรักษาสิว, हिन्दी: मुहाँसों की रोकथाम करें, 한국어: 여드름 예방 및 치료법, Tiếng Việt: Trị Mụn

このページは 21,555 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?