ハエ(ミバエ)を駆除する方法

5 方法:紙のじょうごでハエを捕まえるボウルに仕掛けた罠でハエを捕まえるスプレーなどを用いて駆除する卵を駆除するハエが戻ってこないようにする

果物を食べようとボウルを見たら、いつもハエに先を越されている……。そんなことはありませんか。この「招かれざる客」は、いったんすみ着いてしまうとなかなか去ろうとしません。幸い、屋内のハエの駆除と忌避に効果がある手軽な方法がいくつかあります。

1
紙のじょうごでハエを捕まえる

  1. 1
    高さのある瓶やワインボトル、古い炭酸飲料の瓶、花瓶などを使って罠の土台を作ります。上記のものが手に入らない場合、たいていの瓶で代用が可能です。
    • ハエをできるだけたくさん捕まえるには、この方法がおそらく最も効果的かつ効率的でしょう。 [1]
  2. 2
    ハエをおびき寄せる餌を入れます。ハエは糖分を含むものなら何でも食べるため、餌として使える選択肢はたくさんあります。果物やジュース、炭酸飲料など甘いもの全般であれば、ハエを罠へおびき寄せる絶好の餌になります。[2]以下は、効果が高いものから順に記した餌の例です。いずれかを試してみましょう。
    • 熟れすぎ、もしくは腐りかけの果物を小さく切ったもの:たとえば黒くなったバナナ数切れや柔らかくなったイチゴ、ぐちゃりとした桃は大変効果的です。
    • ハチミツまたはメープルシロップもしくはコーンシロップ
    • フルーツジュースや炭酸飲料(風味は問いません):必ず普通の炭酸飲料を使用しましょう。砂糖不使用のものでは効果がありません。
    • りんご酢または醤油
    • 上記のものがなければ、ワインボトルやビール瓶の底に沈んだ澱(オリ)でも効果があります。アルコール飲料に含まれる糖分にハエが集まってきます。
  3. 3
    紙を筒状に丸めてじょうごを作り、容器の上に置きます。ハエはじょうごの小さな穴から中に入ることはできても、外へ逃げ出すことはできません。形が崩れないようにセロハンテープで留めて固定します。狭いほうの穴を下に向けて、容器の口の内側にじょうごを据えます。じょうごの先端が餌に触れないようにしましょう。
    • 不要な紙切れや雑誌の1ページを使えば、簡単に紙のじょうごを作ることができます。
    • コーヒーフィルターの底につまようじで穴を開けて作ることも可能です。
  4. 4
    ハエが発生する場所に罠を仕掛けます。台所の流しやごみ箱、果物を入れておくボウルの近くに設置しましょう。台所の複数の場所でハエが発生しているようなら、罠の数を増やしたほうがよいかもしれません。
    • 罠を一晩放置します。翌日には、ハエがおいしそうに餌をほおばっているはずです。[3]
    • ハエが一匹もかかっていなければ別の餌を試してみると同時に、ハエが罠の中に入れるほどの間口になっているか、穴の大きさを確認しましょう。
  5. 5
    捕らえたハエを処理します。ぬるま湯と食器用洗剤を混ぜたものを容器に注ぎ入れます。洗剤が表面張力を減少させて、ハエを溺死させます。[4]1、2分待ってから瓶の中身を処分します。
    • 罠の中でまだ羽音がしているときは、罠を屋外に出してからじょうごを取り外しましょう。
    • 中身を処分した後の瓶はお湯できれいにすすぎましょう。新しく罠を作る際に再利用できます。
  6. 6
    ハエが罠にかからなくなるまで上記の手順を繰り返します。ハエはすぐに繁殖します。ハエの寿命は8日間程度です。[5]成虫を台所から完全に駆除するには、おそらく何度か繰り返し罠を仕掛ける必要があるでしょう。
    • ハエの卵は産卵後8~10日で孵化するため、罠は1、2週間のあいだ毎日仕掛ける必要があります。[6]数時間放置してハエが一匹もかからなくなれば、もう罠を設置する必要はないでしょう。
    • 一刻も早く台所のハエを駆除したい場合には、ハエの卵を駆除する方法も併せて試しましょう。

2
ボウルに仕掛けた罠でハエを捕まえる

  1. 1
    大型もしくは中くらいの大きさのボウルを用意しましょう。紙のじょうごほどの効果はありませんが、この方法も罠に開けた小さな穴に餌でハエをおびき寄せて逃げられなくするという、上記と同じ仕組みを使用します。
  2. 2
    糖分を含む餌を中くらいまたは大きなサイズのボウルに入れます。餌の種類よりも量のほうが重要です。ボウルの底を覆う甘い液体は、少なくとも深さ2.5 cm分はあったほうがよいでしょう。以下は、餌として効果がある糖分を含んだ混合液の例です。
    • みかんやバナナなど古くなった果物の皮をむいてボウルに入れ、バルサミコ酢を加えます。
    • 白ワインとコリアンダーシードを混ぜてみましょう。この混合液は効果が高いようです。さらに刺激が強い混合液にするには、白ワインビネガーを少量加えます。
    • 上記のものが揃わなければハチミツと砂糖、バルサミコ酢の混合液でも効果があります。
  3. 3
    食品保存用ラップでボウルを密閉します。ラップは大きく切って、ボウル全体を完全に覆いましょう。ラップはできるだけぴったりと被せます。
  4. 4
    フォークなどを使ってラップに小さな穴をいくつも開けます。穴はできるだけ小さく開けましょう。穴が大きいとハエが再び外へ逃げ出してしまう可能性があります。ハエをボウルの中へおびき寄せ、簡単には外へ出られないようにすることが大切です。
    • ラップに穴を開ける際、フォークだと穴が大きくなりすぎるという場合は、代わりに先が鋭いつまようじで試してみるとよいでしょう。
  5. 5
    ハエが発生する場所に罠を仕掛け、一晩放置します。翌日には、罠にかかったハエがラップの内側でおいしそうに餌をほおばる姿があるはずです。一匹も捕らえることができなかった場合は、ラップに開けた穴が大きすぎはしないか確認しましょう。
  6. 6
    捕らえたハエを処分します。ハエが逃げ出して再び台所にはびこらないよう、ハエを殺す前に罠を屋外へ出したほうがよいでしょう。ラップを取り外し、ぬるま湯と食器用洗剤の混合液を容器に注ぎ入れてハエを殺します。洗剤が表面張力を減少させて、ハエを溺死させます。[7]1、2分待ってから瓶の中身を処分します。
    • ハエを処分した後の瓶はお湯できれいにすすいで、新しく罠を作る際に再利用します。

3
スプレーなどを用いて駆除する

  1. 1
    ハエ用の殺虫剤を作りましょう。丈夫な霧吹きに70%の消毒用アルコールを一杯に入れます。飛んでいるハエにこれを吹き付けましょう。床に落ちたハエは、ほうきで掃いて捨てます。91%の消毒用アルコールを空気中や卵に噴霧するのもよいでしょう。この高濃度アルコールの殺虫効果には即効性があり、除菌剤としても大変効果があります。高濃度の消毒用アルコールは1本当たり50~100円ほど高くなります。通常の70%のものよりもはるかに強力です。室内の換気や手袋の着用などといった予防措置を取りましょう。91%の消毒用アルコールは殺虫剤や農薬に比べると有毒性や腐食性がはるかに低く、比較的安全です。[8]
    • 小さな害虫の多くはガラス用洗剤でもすぐに殺虫できます。濡れてもよい場所であれば、群がるハエにガラス用洗剤を数回さっと吹き付けます。すぐに殺虫効果が現れるでしょう。
    • 市販の漂白剤を吹き付ける方法もあります。使用後は表面をきれいに拭いて死骸を片付けましょう。ただし、いくぶん強烈な臭いを伴うこともあるため、室内を換気しておく必要があります。部屋に有毒ガスが発生するのが気になる人や、調理台近くで噴霧する場合は使用しないほうがよいでしょう。
    • ハエの群れに噴霧するには、丈夫な霧吹きに入れた水道水でも効果があります。ハエは羽が濡れた途端に飛べなくなって床に落ちるため、簡単に仕留めて処分することができます。
  2. 2
    ピレトリンを吹き付けましょう。ピレトリンは成虫の駆除には効果的ですが、卵に対しては効き目がありません。使用時には必ず説明書の手順に従いましょう。果物や調理台には直接吹き付けないようにします。[9]
    • ピレトリンはエアゾール缶に入っており、ハエを見つけたら直ちに噴射できます。ピレトリンに触れたハエは即座に死にます。
    • 1か所に集まる大量のハエを駆除する場合は、自動のピレトリン噴霧機を購入してもよいでしょう。
  3. 3
    ジェルを使って排水管を掃除します。台所の排水管にはびこるハエやその卵専用のジェルが複数市販されています。熱湯と洗剤で効果がなければ、ジェルを試してみましょう。ジェルを使って流しを洗浄する際は、製造元の説明書に従いましょう。完全に駆除するには、何度か処置を繰り返す必要があるかもしれません。[10]
  4. 4
    プロによる処置を施しましょう。ハエのはびこり方がひどく、どうにも手に負えないようなら、ハエがよく止まったり群がったりする場所に家庭用の殺虫剤を散布してもらうのもよいでしょう。野菜や果物をきちんと保管して台所を清潔に保っていれば、通常は必要のない処置です。プロによる駆除を希望するなら、害虫駆除会社に連絡して詳細を尋ねてみましょう。

4
卵を駆除する

  1. 1
    ハエの産卵場所を調べます。ハエが卵を産み付けるのは腐った果物や水気がある流し、ごみ箱などといった食べ物と湿気がある場所です。卵を駆除するには、台所でハエの餌場になっている場所を特定しなければなりません。[11]
    • 古い果物が入ったボウルや袋は明らかにハエの発生源となっています。果物が新鮮な場合でも、保管している容器そのものにハエを引き付ける古い野菜や果物の汁が残っていることがあります。
    • 台所にコンポストを設置している場合には、そこがハエの餌場となっている可能性があります。
    • 資源ごみを入れている口の開いた袋も、すすいでいないビールや炭酸飲料の空き缶が入っている場合には特にハエが集まりやすくなります。
    • 最後にごみ箱を洗ったのはいつでしょうか。頻繁にごみ箱を空にしている場合でも、容器そのものが問題の原因となっている可能性があります。
    • 台所の排水管には食べ物のカスが引っかかって腐敗することがあるため、ハエにとってはそこが絶好の隠れ場所となっている場合が多々あります。
    • 湿ったスポンジやモップもハエの産卵場所になります。
  2. 2
    野菜や果物の保管には気を付けましょう。家の中にハエが発生しているときは、果物を台所で室温のまま放置しないようにしましょう。茶色の紙袋に入れて口を閉じ、ハエの駆除が終わるまでは冷蔵庫で保管します。熟れすぎた果物は、ほんの一切れであっても絶好の産卵場所となり、ハエをいつまでもはびこらせてしまう可能性があります。[12]
    • ごみ箱に果物のカスを捨ててはいけません。ごみを毎日外へ出すのでなければ、桃の種やりんごの芯などといった果物のカスを台所のごみ箱へ捨てることはやめましょう。こうしたものはいずれハエの産卵場所となってしまいます。屋外のコンポストやごみ箱へ直接、廃棄しましょう。
  3. 3
    ごみ箱を洗いましょう。ごみ箱や資源ごみを入れる容器、コンポストにはハエが卵を産み付けていることがあります。こうした容器を屋内に設置する場合は、ハエの発生に気が付いた時点ですぐに、洗剤を混ぜたお湯を使って洗浄する必要があります。頻繁に屋外へ出して、ハエが繰り返し発生しないようにしましょう。
    • ハエが大量に発生する夏の終わりの数ヶ月は特に、週1回程度は引き続きごみ箱を洗うようにしましょう。
    • ボトルなどは資源ごみの容器に入れる前にお湯ですすぎましょう。容器に残った中身がごみ箱の中にこぼれて、問題をさらに悪化させるおそれがあります。
    • ごみ箱のふたがしっかりと閉まるか、すべてのごみ箱を確認しましょう。
  4. 4
    流しを掃除します。ハチミツを薄く塗ったラップで排水口を覆って、そこがハエの産卵場所となってはいないか調べることができます。ハチミツを塗った面を下に向けて排水口に被せ、1時間ほど経ってから確認してみましょう。ハチミツにハエが張り付いていたら、排水口も産卵場所の一つだということになります。
    • 排水管が正常に機能していることを確認しましょう。排水管が詰まっていたり、流しの生ごみ処理機が正常に作動していなかったりすると、奥に溜まった果物のカスにハエがたかっているかもしれません。
    • ハエの卵を駆除するには、洗剤を混ぜた熱湯を排水管に流し込みましょう。排水口の周辺をタワシでこすります。
    • 漂白剤を排水管に流してはいけません。効果がないばかりか、環境にもよくありません。[13]
  5. 5
    ハエの産卵場所となっている可能性があるものを処分します。古いスポンジや湿ったモップ、古い雑巾などカウンターや床を拭く際に使用するものには、ハエが卵を産み付けている可能性があります。[14]こうしたものは処分するか、洗濯機のお湯洗いコースを使って洗濯しましょう。
  6. 6
    台所の表に出ている面をしっかりと拭き上げます。洗剤を混ぜたお湯を使ってカウンターを拭きましょう。ハエが群がりそうな割れ目や隙間もすべてきれいにします。棚や食品の保管庫など、果物やジュースなどといった糖分を含む食品を保管していたところはすべて掃除しましょう。
    • 床も確認しましょう。たとえば冷蔵庫の下に飲み物をこぼした場合は、そこもハエの発生源となっているかもしれません。触れてベタベタとする場所はすべてきれいに掃除しましょう。
    • 台所の表に出ている面は毎日清潔に保ちましょう。食後の後片付けの一環として、必ずすべての表面をしっかりと拭き上げます。
    • 使用済みの食器はすべて洗いましょう。汚れた食器を放置してはいけません(食器洗浄機がある場合には中に食器を入れて、実際に洗うときまでドアを閉めておきましょう)。

5
ハエが戻ってこないようにする

  1. 1
    台所に持ち込む果物を確認します。屋内に持ち入れるベリーやさくらんぼなど、果物は念入りに調べましょう。食料品店や市場からハエの卵を持ち込んでしまうおそれがあるため、傷が付いた果物はすべて屋外で処分します。新鮮なものは、丁寧に水洗いした後にしっかりと乾燥させてから保管しましょう。
  2. 2
    果物を入れておくボウルの近くには常時、罠を設置しておきます。どんなものでもよいので小さな容器にりんご酢(小さじ1)、水(大さじ2)、食器用洗剤(1、2滴)を入れておけばハエが寄ってきて中で溺れるはずです。この方法を使うとハエの繁殖を抑えることができます。容器はきれいにすすいで、ハエが発生する時期には毎日、新しい混合液を入れておきましょう。
  3. 3
    ドアや窓には網戸を設置しましょう。ハエは野外の食べ物も好んで食べます。家の入り口に網戸を閉めておけば、ハエが台所に入ってきません。庭に果樹が生えている場合は、網戸の設置が特に重要です。
  4. 4
    屋外でハエを寄せ付けているものに対処します。自宅に果樹がある場合は、実が腐ってしまうまで熟れた果実を枝に残したり、木の根元に落ちたままにしたりせず、すぐに収穫しましょう。地面に落ちた余分な果実は拾うか熊手でかき集めるなどして処分し、ハエがはびこらないようにします。
    • 果実が実ってきたら枝に果実袋を被せるのもよいでしょう。果実袋を使うとハエを果実に寄せ付けることなく光を通し、空気を循環させることが可能です。こうした袋は通常、有機栽培者向けの卸売業者から入手できます。[15]
    • 園芸用品店や有機栽培者向けの卸売業者からオーガニックのハエ用殺虫剤を購入しましょう。オーガニックという性質上、定期的に噴霧する必要はありますが、体によい果物を栽培する無害な方法としては最適です。
  5. 5
    エッセンシャルオイルでハエを撃退しましょう。人間が好むエッセンシャルオイルの香りの中には、ハエに対して忌避効果があるものもあります。こうしたオイルに殺虫効果はありませんが、ハエが集まってこないようにすることは可能です。霧吹きにマグカップ1杯の水を入れてレモングラスやユーカリ、ペパーミントなどといったエッセンシャルオイルを5~10滴垂らします。これを流しやごみ箱の近くなど、台所内のハエがよく発生する場所にさっと吹き付けましょう。[16]

ポイント

  • 注ぎ口が付いた酒瓶は、小さく切ったセロファンで口を覆いましょう。2日に1回、アンモニアを主成分とした洗剤で注ぎ口の下を拭きます。
  • 鉢植えの植物は、土が完全に乾いてから水やりを行うようにするとハエがたかりません。土を乾燥させると、幼虫はほぼ死滅させることができます。成虫は寿命が短いため、すぐにいなくなるはずです。葉が硬い植物はすぐに乾燥して枯れてしまうことが多いため、こうした植物は土の乾き具合を特に注意して確認し、乾いていればすぐに水をやりましょう。
  • ハエが大量に発生する場所には、古いタイプのハエ捕り紙を上から数枚垂らしておきましょう。見た目はよくありませんが、効果はあります。ただし、種類によっては体に有害なものもあります。使用する際には十分に注意して、子どもの手が届かないところに設置しましょう。
  • 酢を使用する際は必ず、適切な種類を選びましょう。穀物酢では効果がありません。麦芽酢や赤ワインを使うこともできますが、りんご酢ほどの効果はありません。ビールもバルサミコ酢と同様の効果を発揮することがあります。ワインは極めて効果的で、中身が2.5 cmほど残ったワインボトルを使えば、わざわざじょうごを据えなくても罠としてそのまま使用可能です。

注意事項

  • ごみ処理機には決して手を入れてはいけません。ごみを上から押し込むときには木製のスプーンなどの道具を使用します。いかなる場合も、まず製造元の説明書を優先しましょう。
  • 漂白剤などといった有害物質は、部屋の換気がしっかりとできている場合にのみ噴射しましょう。マスクも着用したほうがよいでしょう。室内の空気を安全に保ちたい場合には、この方法は不向きです。

必要なもの

  • 容器(瓶など)
  • じょうご
  • 洗剤入りの水

記事の情報

他言語版:

English: Get Rid of Fruit Flies, Italiano: Liberarsi dei Moscerini della Frutta, Español: deshacerse de las moscas de la fruta, Deutsch: Fruchtfliegen loswerden, Português: Se Livrar de Moscas de Fruta, Nederlands: Van fruitvliegjes af komen, Русский: избавиться от фруктовых мушек, Čeština: Jak se zbavit octomilek, Français: se débarrasser des mouches des fruits, 中文: 去除果蝇, Bahasa Indonesia: Menyingkirkan Lalat Buah, العربية: التخلص من ذباب الفاكهة, Tiếng Việt: Loại trừ Ruồi giấm, ไทย: ขจัดแมลงวันผลไม้

このページは 9,357 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?