ベタの飼育方法

8 パート:ベタについてもっとよく知るベタの住み家を作る水槽に水を入れるベタを新しい住まいに入れるベタに餌をやる水槽を清潔に保つベタの楽しみ方ベタの楽しい雑学

子どもにとって魚の飼育は少し難しいことかもしれません。「闘魚(サイアミーズ・ファイティング・フィッシュ)」とも呼ばれるこの魚は、凶暴さとコミュニケーション能力、メンテナンスの低コストなどの理由で非常に人気のある魚です。ベタはあなたのよき友として4年ほど生きます。下記のステップに従って、あなたの新しい友達がハッピーでヘルシーな一生を過ごせるようにしましょう。



パート 1
ベタについてもっとよく知る

  1. 1
    ベタの選び方
    • 色を見ましょう。ベタの色は鮮明で華やかなものですか、それとも鈍くて薄めの色ですか?ベタの色は様々ですが、赤と青(通常濃い目の色)が一番一般的です。
    • ベタはあなたの動きに反応しますか?あなたの姿を見ると、敏速に泳ぎだしますか?それとも底に沈んでじっとしていますか?魚を不快にしますので、何度も水槽をたたかないようにしましょう。たたくのではなく、ベタの前で指を前後に動かしてみましょう。よく言うことを聞くベタを買うことだけがすべてではありません。通常彼らはいろんな人との出会いがあるので、もしかするとただ休んでいるだけなのかもしれません。通常ペットショップで買うベタは、少々のことでは驚かない風に繁殖されています。
    • ひれのコンディションは良好でしょうか、それとも破れていたりダメージをおっていませんか?ベタの目はいい形をしていますか?体に妙なふくらみ(寄生虫)がありませんか?もし何か普通ではないものをみつけたら、他のベタにしましょう。
    • 時には反対に魚のほうがあなたを選ぶ場合があります。もしあなたのことを見つめるベタがいれば、とりあえずそこからまず去りましょう。もしまだそのベタのことが気になるのでしたら、その子を買いましょう。もし完全な健康体でなくても、もし自分と魚と間に何かビビビとくるものがあれば、もっと健康そうなベタがいたとしても、その子を買うようにしましょう。家に帰って真新しい温かい清潔な水のカップに入れてあげると、元気を取り戻すことがほとんどです。
  2. 2
    始めにしっかりとベタについてリサーチをしましょう。ベタについていろいろ知っておくべきことはありますが、まずは基礎から学びましょう。通常のチェーン店などで購入する場合、よっぽどベタ愛好家のスタッフにあたらないかぎり、あまりそこでは情報を得られないでしょう。ここで書かれる基本情報のほかにも、Bettafish.com、bettatalk.com、ibcbettas.orgなどのオンラインのサイトでベタの生態についてリサーチをすることをおすすめします。これらサイトは購入後の情報源となり、質問をしたり健康や栄養に関しての話題を、自分と同じようなベタ愛好家とシェアできます。

パート 2
ベタの住み家を作る

  1. 1
    ベタの家を用意します。新しいペットを家につれて帰る前に家をセットアップしておきます。そうすることで失敗が防げます。
    • リサーチをせずに、他の魚と共存させたりすることは避けましょう。通常ベタは非常に攻撃的で、他の魚を傷つけたり殺そうとするでしょう(例外はありますが、それは下記に記されています)。
  2. 2
    ベタに快適な家を選びます。自然界では、ベタはタイの水田に住んでいますので、広くて浅い場所に住むというのが一番好ましいです。広さをあたえ長生きさせるために、大きめの水槽を用意しましょう。ベタが生活できるように、5ガロン以上の水槽を用意しましょう。大きすぎるように思えるかもしれませんが、ベタの気持ちになってあげてください。
  3. 3
    必要な器具をそろえます。ベタ飼育を成功させるには、様々な器具が必要となります。
    • 温度計つきのヒーターを購入します。ベタは76~82F/24~27Cの温かい温度を好みます。ベタ飼育にはヒーターが必要な場合があります。たとえばもし寒い国に住んでいる、室内温度以下の水温の水槽だったりすると、ヒーターが必要になります。1から3ガロンのベタ水槽用に見にヒーターが購入できます。冬の間はベタが寒くないように、ミニヒーターを導入、もしくは水槽をヒーターの近くに移動させる(1メートル程度)させます。
    • フィルターはいつも必要ですが、水流がベタにとって強すぎないように気をつけましょう。長いひれをもつ魚に関しては、できるかぎり弱めの水流が好ましいです。専門家のなかには、ひれを保護するために、スポンジフィルターをすすめる人もいます。
    • 尖った岩や、装飾をさけましょう。そういった装飾物はベタのひれを簡単に破いてしまいます。毎日ベタのひれに破れがないかチェックしましょう。もし破れているのを発見したならば、水のメンテナンスがなっていない場合にひれが破れる場合が多いですので、水質をチェックしましょう。
    • プラスチック植物を入れるのを避けましょう。これらもひれに少し手荒く衝撃を与えてしまいます。「ストッキングテスト」をしましょう。もしそのプラスチックの植物がストッキングにこすれたときにストッキングが破れてしまえば、そのプラスチックはベタのひれも破ってしまうということです。シルクの植物を購入するようにして気をつけましょう。
    • 本物の植物を導入するのは良いことです。偽者より見かけが美しいですし、ベタは葉っぱの上で休憩をしたり、寝るときに葉の裏で隠れたりすることができます。植物は水に酸素をあたえ、水を長い間清潔にしてくれます。
  4. 4
    もしベタに他の魚を紹介するのなら、リサーチをしっかりしましょう。ベタは、通常一匹狼で、もし他の魚が水槽に入ってきた場合は、たとえばそれが巻貝やタニシであったとしても殺してしまう可能性が大です。しかしタニシ、ゴーストまたはチェリーシュリンプ、ネオンテトラなどとベタは共存できると考える人もいますが、それら他の魚が、ベタより大きくてもっとカラフル、ひれをつつくなどしないということが条件となります。しかしながら、アグレッシブなベタはとにかく一匹でいることを好み、タニシにでも攻撃をかけます。他の魚を入れる前に、お店のスタッフに質問する、ベタに関しての本を読む、ベタ専門のオンラインサイトを調べる(フォーラムで他のベタオーナーに質問をする)ことをしましょう。もしまだ疑問が残るのなら、他の魚を入れるのには待ったをかけてください。
    • オスのベタは、他のオスのベタと共存できません。彼らの別名は闘魚と言い、それにはれっきとした理由があるのです!水槽の中では、水槽の大きさに関係なく自分のテリトリーをまもるため、どちらかが死ぬまで戦いつづけます。もし使用する水槽にしきりがないのなら、共存させてどちらかもしくはどちらとも死なせるリスクを背負わないようにしましょう。
    • メスのベタは一匹、もしくは攻撃性を最小限にするため5匹以上のグループで飼うようにしましょう。複数のメスを飼う場合は水槽は最低10ガロンの大きさ、そして隠れられる場所をいくつか作ってあげましょう。飼うすべてのメスは同じ日に水槽にいれなければいけません。2匹のみのメスを同じ水槽に入れることは避けましょう。「上下関係」を彼女たちは形成し、弱いほうのメスがいついも強いほうにいじめられることになります。
    • メスのベタはオスを襲いますし、オスもメスを襲います。同じ水槽に入れないようにしてください。もし繁殖させたいのであれば、それは軽く考えることではない大変な作業ですので、しっかりとリサーチをしましょう。
    • ベタの水槽の横に鏡を置くと、ひれを大きく膨らませますが、これは誰か他にライバルが自分のテリトリー内にいるのと勘違いするからです。これは魚にとってストレスになりますので、鏡は近くに置かないようにしましょう。

パート 3
水槽に水を入れる

  1. 1
    水を用意します。「プライム」ようなウォーターコンディショナーを水道水に加え、水槽に入れます。水道水に含まれる塩素や殺菌剤はベタにとって有害であり、そのほかフィルターの中に住む良質なバクテリアまで殺してしまいます。少し昔の情報では、水を一定期間放置して古くするとよいとありますが、時間のたった水は塩素を取り除いてくれますが、殺菌剤と重金属は取り除かないので、ウォーターコンディショナーで調整された水を使用するのがベストです。
    • ベタが必要とするミネラル分などが入っておらず、魚にとって安全ではないので、ペットボトルの水を使うのは好ましくありません。ウォーターコンディショナーで調整された水道水を使用するのが一番安くて良い方法です。
  2. 2
    ベタの水槽に水を入れます。もし水槽にカバーがない場合は、魚が飛び出せないように水槽の80%程度の高さまで水を入れます。ベタは非常に活発ですので、やる気を出せば3インチ(7.5センチ)も飛ぶことができるのです!しかし自分の家が快適であれば、大抵逃げ出そうとはしません。

パート 4
ベタを新しい住まいに入れる

  1. 1
    ベタを入れます。ゆっくりと慎重に、古い水と新しい水がゆっくりとミックスするようにベタが入っていた容器をゆっくりとかたむけます。こうすると、ベタは楽に新しい水になれてきます。もし新しい水が元々の水よりも冷たかったり温かすぎたりするならば、手でゆっくり水を混ぜてやればベタへのショックを減らすことができます。ベタをやさしく傾けて入れてやります。
    • ベタを扱うとき、網をつかうことはできるかぎり避けましょう。これはデリケートなひれをダメージしてしまうからです。もしベタをピックアップしなければいけないのなら、気をつけながら小さなカップをつかってすくいとってあげましょう。

パート 5
ベタに餌をやる

  1. 1
    ベタに適切な食事を与えます。ベタは、特別にベタ用に作られたえさ(ペレット)がほとんどであるべきです。時々、冷凍えびや、赤虫をやってもいいでしょう。
    • 餌の粒の含有物をチェックしましょう。最初の3つはプロテインベースのものです。専門家は、餌のプロテイン含有量は40%以上であるべきだと説いています。
    • 生きた餌をやるのは観察するのが楽しいですが、凍った餌、乾燥餌のほうが通常ベストです。寄生虫の心配をすることがないからです。凍らせた、もしくは乾燥させた赤虫は、おやつとして最適です。
  2. 2
    毎日同じ時間にベタに餌をやりましょう。ベタは個体によって食べ方が違いますので、自分のベタの食生活についてどのくらい食べるかなど、すこし観察してみましょう。ルーティンの餌の時間、たとえば朝1回、夜1回などをつくるようにしましょう。この日常になれると、ベタがあなたのことを時間になると待ってるなんてことがあるかもしれません。
    • 魚に餌を与えすぎないように。与えられたものはいくらでも食べてしまうので、餌の与えすぎはベタにとって健康問題になる場合があります(死んでしまう場合もあります)。一方、おなかがいっぱいになったら食べるのをやめるベタもいます。餌のやりすぎは、腹の膨張をまねきますが、これら症状は浮腫症とよばれる症状よりかはシリアスではありません。しかしながら、餌をやりすぎると膀胱の問題につながり、死にいたることがあります。
  3. 3
    ベタの食べ残しをきれいにそうじします。同じように、ベタが食べ物をもどしていないか観察しましょう。これはあなたのベタの好き嫌いが激しい、または餌がベタの口と比べて大きすぎるのかというシグナルでもあります。魚の餌製造会社の多くは、ベタの口が金魚などに比べて少し小さいということをわかっていないことがあります。
    • かみそりなどをつかって、餌を半分に切ってあげることもできます。もしそれでも食べない場合は、他のブランドの餌やドライフードを試してみてください。
  4. 4
    えさの時間を楽しいトレーニングの時間にしてみてください。水槽にストローをいれてみて、ベタがそれになれてくるかみましょう。もしそれになれたら、ベタが食べなかった残りの餌をひとつ水槽に入れてみます。そしてストローを入れ、餌をストローの中に隠します。そのストローをベタの上に持っていき、それを探せるかどうかみます。ベタが餌をみつけたら、それを追いかけるかどうかみてみましょう。そしてゆっくりとストローを水槽の上まで持って行き空気を抜いて水の上に落とし、それをベタが食べるかどうかみてみましょう。

パート 6
水槽を清潔に保つ

ベタは、水の硬さやPHバランスなどのタイプに対して丈夫な魚です。新しい状況になれるまでこれらプロセスはベタにとってストレスになりますので、しょっちゅう水をかえたり、水槽の模様替えをするのはやめましょう。

  1. 1
    ベタの水槽を掃除します。水槽を洗う間、ベタを水槽にあった古い水の入った容器にいれます。石鹸によってはベタに有害になる場合がありますので、熱いお湯でタンクを洗います。もし水槽の中に岩などがありましたら、それもきれいに洗い流しましょう。水槽の半分を新しい水道水で満たし、ベタと古い水をすこし水槽に戻します。そしてその後、新しい水道水で上まで満たします。
    • 塩素除去剤(別名ウォーターコンディショナー)を水に入れるのを忘れないようにしましょう。魚を殺してしまうかもしれない水道水に含まれる有害な塩素と殺菌剤を除去します。バクテリアもフィルターしてくれます。
    • ベタの温度変化によるショックを防ぐため、新しい水が古い水の温度と同じであるようにしましょう。そのようなショックがベタを死にいたらせることもあります。水槽内の温度計を見ながら作業を行ないましょう。
  2. 2
    水を毎週テストしましょう。水のパラメーターを毎週チェックするには、水のテストキットが必要です。これがあれば水槽の管理ができ、水質管理ができます。製造元の使用説明書をしっかりと読みましょう。
    • カレンダーかスケジュール帳に、水質テストの日にちを書き込んで忘れないようにしましょう。

パート 7
ベタの楽しみ方

  1. 1
    新しい魚のお友達といっしょに遊びましょう。ベタは自分のオーナーをすぐ覚えます。すぐに顔を覚え、簡単なゲームをすることも可能です。できるかぎり一緒にいてあげ、ときどき「ハロー!」なんて言ってあげるとすぐにあなたのことを覚えてくれます。
    • ベタは非常に興味深く、自分の飼い主と非常に強い絆を持ちます。
  2. 2
    ベタと遊びましょう。ベタは観察したり、一緒に時間を過ごすのが非常に楽しい魚です。水槽の端で指を前後させて遊んでみましょう(水の中に指は入れないように)。それをベタが追いかけるのを見てみましょう。それ以前に、ベタに名前をつけるのをお忘れなく!
    • 水槽をたたかないように。この行動は、魚にストレスを与え、ショックで死なせてしまうかもしれません。動きをトレーニングするため、ただ指先をガラス上でスライドさせ、ベタが追いかけてくるかみるのです。もしベタが怖がったり逃げたりするならば、すぐにやめましょう。一度やってみると、ベタは大抵それになれ、次回からは怖がらないはずです。

パート 8
ベタの楽しい雑学

ベタについて知っておくと面白い雑学

  • ベタフィッシュは、キノボリウオ亜目に属します。(グラミーもこのファミリーに属します)。彼らは水辺の空気を吸うためのバックアップの呼吸システムをっ持っているのですが、彼らの水槽にはフィルターは必要です。
  • メスのベタは、オスよりも大抵小さめです。メスはオスが持つようなフリルをもっていません。しかし、自身の美しさ、そして怒りっぽさを持っています!メスはオスの鮮明な色のひれに食いついて破ってしまったりするのでオスとメスを同じ水槽に入れないように。
  • オスのベタは、ハッピーなとき気泡の巣をつくります!
  • もしオスがメスを気に入った場合、エラを膨らませ、体をツイストさせ、ひれを大きく膨らませます。もしメスもオスのことを気に入れば、前後にクネクネさせます。

ポイント

  • もし最近水を変えて、魚があまり動かなくなったらそれは水が冷たすぎるか熱すぎるのでしょう。
  • 水槽に入れるまえにオーナメントはしっかりと洗いましょう。
  • もし死んでいるように水槽の下に寝ている場合、それは大抵休んでいる場合なので大丈夫です。もしそればかりしているのであれば、詳しい方に電話で聞いてみましょう。
  • ベタを長い期間飼っている人で、ときどきベタとスキンシップを取れる人がいます。しかし、これはやりすぎないでください。魚の表面のねっとりとしたスライムは、魚を病気から防ぐもので、もしやさしくさわらなかったり、やりすぎたりすると、この防護スライムを剥がしてしまうことになり、病気になりやすくなります。
  • もしベタが病気になったら、抗生物質、抗菌剤や駆虫剤など症状にあった薬を用いて治療してあげましょう。これらは地元のペットストアで購入可能で常備することが可能なので、いつでも緊急のことを考えて用意しておきましょう。
  • オスとメスを一緒にすると戦いはじめるので、一緒に入れないようにしましょう。
  • もし新しい水槽を買ったのでしたら、ベタを入れる前に窒素循環サイクル(別名:バイオロジカルサイクル)について学びましょう。水槽が周期を終える前にベタを入れてしまうと、アンモニアか窒素中毒によって死んでしまうかもしれません。
  • 大人のベタと戦おうとするので、赤ちゃんのベタを大人と一緒の水槽に入れないでください。
  • 金魚水槽や小さな容器は、ベタにとって好ましくありまえせん。これら環境はアンモニアの蓄積を防ぐため(上記参照)に100%の水変換がいつも必要となってきますので、いつも大きな周期の水槽が推奨されます。
  • 小さい子どもにはベタの飼育は難しいかもしれません。両親、または保護者の方に手伝ってもらいましょう。

注意事項

  • ベタは、温度の変化に非常に敏感です。彼らの免疫システムは2、3度の温度の変化で低下してしまいます。もし可能なら水槽ヒーターを購入、利用しましょう。
  • 蒸留水をつかわないようにしましょう。蒸留水は、ミネラルや栄養素がすべて除かれた水です。ベタは自然界では蒸留水に住んでいないので、そこに無理やり生活させるのは彼らの健康にとって有害です。
  • もし他の魚をベタの水槽に入れるのでしたら、華やかな色の魚(グッピーなど)、流れるような長いひれを持つ魚(グッピー、金魚など)を避けましょう。ベタが他の華やかな色の魚を、ベタと勘違いするからです。コイ科のバーブなど、攻撃性の強い、またはひれをひっぱるくせのある魚はさけましょう。ゼブラフィッシュ、テトラの一部、ラスボラなどは大丈夫な場合が多いです。コリドラスやオトス(オトシンクルス)などのボトムフィーダーもチョイスとしては良いです。オンラインの魚フォーラムなどを読んで、他の人からのアドバイスも聞いてみましょう。

必要なもの

  • 水槽(1・5~10+ガロン)
  • ウォーターコンディショナー(水道水を魚にとって安全にするための脱塩素剤)
  • 網(小エビ用ネットが一番おすすめです)。網はひれを傷つけるかもしれませんので、カップを使うほうが好ましいです。
  • ベタ用の餌(プロテインが多く含まれています)
  • 水槽の底をカバーするためのすべすべした石、底にひく砂利。
  • 水槽デコレーションをするためのオーナメント。ベタが休憩する建物としての用途もあります。水槽の底にひれをつけて引きずっているとバクテリアが付着しやすく、ひれが腐ってしまうことがあります。
  • 温度計付のウォーターヒーター。
  • ウォーターフィルター

出典と引用





記事の情報

カテゴリ: ペット・動物

他言語版:

English: Take Care of a Betta Fish, Español: cuidar un pez beta, Português: Cuidar de um Peixe Betta, Nederlands: Het verzorgen van een Siamese kempvis, Italiano: Prendersi Cura di un Pesce Combattente, Deutsch: Einen Kampffisch halten, Русский: ухаживать за рыбкой–петушком, 中文: 养泰国斗鱼, Français: s'occuper d'un poisson combattant, Bahasa Indonesia: Memelihara Ikan Cupang, Čeština: Jak chovat rybku Betta, العربية: الاعتناء بسمكة ملونة من نوع بيتا

このページは 25,919 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?