モデルになる方法

3 パート:モデルになる基礎ポートフォリオと事務所について理解しましょうモデルの仕事の流れ

華やかで収入も良いことから、モデルになりたいと考える人は大勢います。モデル業界で一花咲かせたいと野望を抱く人もいるでしょう。そもそもモデルという職業は大変競争が激しく、オーディションに受からないことも珍しくありません。それでも成功すれば、好きな事を思う存分にでき充実した毎日を謳歌できるでしょう。ではモデル業界に足を一歩踏み入れる前に、基本的な知識を身に着けておきましょう。

パート 1
モデルになる基礎

  1. 1
    体の内側から健康になりましょう。ヘルシーな食生活を心がけ、積極的に運動をしましょう。外見を磨くためには、健康的な身体が必要不可欠です。
    • 運動も大事な要素です。モデルを専門としたパーソナルトレーナーから指導を受けることも視野に入れると良いでしょう。理想のモデル像を明確化させ、それに基づいたメニューを組んでもらうと良いでしょう。
    • 食生活を正しましょう。巷の常識とは反しますが、ヘルシーな食事を適量にとることが大切です。食生活の基盤は、野菜、果物、全粒穀物、体に有害でない脂質、並びにタンパク質です。糖分、でんぷん質、栄養価のない炭水化物、体に有害な脂質の摂取はできるだけ避けましょう。
    • 水分を十分にとりましょう。ソーダ類(ダイエットソーダを含む)は避けてアルコール摂取も最低限に抑えましょう。[1]
  2. 2
    外見を維持しましょう。日頃から健康的で清潔感のある外見を維持しましょう。そのためには服装や身の振る舞いも大事ですが、肌と髪の毛を健康的に保つ習慣をつける必要があります。[2]
    • 肌を美しく、清潔に保ちましょう。朝晩欠かさず顔を洗い、1週間に1度はピーリングをして、就寝前には必ずお化粧を落としましょう。
    • 健康的で光沢のある毛髪を維持しましょう。「自然な艶のある髪」を好む事務所やマネージャーもいますので、シャワーを浴びる回数を最小限にとどめても良いかもしれません。
  3. 3
    体型に見合った目標を立てましょう。実質、誰でもモデルになることができます。ただしある一定条件を満たさなければ、仕事数が大幅に制限されるでしょうし、何らかの(信頼度、技術レベルなど)妥協点が出てくるかもしれません。[3]
    • プラスサイズモデル: 丸みのある豊満体形の人は、プラスサイズモデルを目指すと良いでしょう。
    • ファッションモデル: 通常、ファッションショーモデルの最低身長は172cmで、胸が小さい傾向があります。男性モデルの身長は、大体180cmから188cmの間です。
    • スチールモデル: 通常、印刷物専門のモデルの最低身長は170cmですが、美しい顔立ちと魅力的な性格が最も必要とされます。
    • 下着モデル: 女性に関しては、豊満な胸と小ぶりのヒップが条件です。男性は広くがっしりとした肩と、引き締まったウエストが必要とされます。
    • 新しいジャンルのモデル: 事務所によっては、業界で認識されている美しさや身長、体重の「基準」に合わないモデル、つまり従来の型にとらわれないモデルを雇用するところもあります。さらに何か特別な目的意識や情熱がある候補者には、「業界の基準に適応しない」が故に閉ざされた道が開くこともあります。[4]
    • パーツモデル: 顔立ちや体型が基準に見合わなくても、足のモデル、髪の毛のモデル、又は手のモデルになることが可能かもしれません。
  4. 4
    商品販売促進モデルを視野に入れましょう。ファッションショーや雑誌に不向きな人には、他にもモデルになれる機会があります。企業は商品宣伝や特別なイベントにモデルを起用します。この種のモデルの仕事は、通常より身体的制限が少なく、性格が重視されます。
    • 宣伝モデル: 自社ブランドの知名度を上げるために、企業が好感度の高い宣伝モデルを顧客と直接関わる場面に使う場合があります。この種のモデルは、スーパーマーケットやイベントやクラブなどで、飲食物や酒類や新商品を扱います。
    • 宣伝者モデル: 宣伝者モデルは特定ブランドと提携します。宣伝者モデルの仕事は一般的な印象とは異なり、常に声を出して宣伝を行うわけではありません。
    • トレードショーモデル: この種のモデルは企業やブランドと契約を結んで、トレードショーやブースで来場者向けに宣伝活動を行います。通常、企業側はモデルを雇用せずに、イベント用の「フリーランス」として一時的に起用します。
  5. 5
    自分の「ルックス」を考慮しましょう。体型とスタイルの両方が、あなたのルックスととらえられます。比較的メリハリのあるカリフォルニアルック、知的でスラリとしたニューヨークルック、ガリガリに痩せたヨーロッパルック、そして近所のお兄さん、またはお姉さんのような、庶民派ルックなどがあります。自分の身体を熟知すると同時に、持ち合わせていないルックスも演出できるように心掛けましょう。 
  6. 6
    業界について勉強しましょう。モデルに関する書籍やブログ、そして記事をできるだけ多く読んで業界に関する知識をつけましょう。[5]良くまとめられた解説本、記事、本を読むと、モデルの大事なスキル(ポージングや姿勢)の上達と業界の仕組み(事務所の探し方など)を理解するのに役立ちます。
    • また、雑誌やファッションショーなどの人気の高い仕事をとるのが得意な事務所を調べましょう。[6]
  7. 7
    成功は簡単に手に入らないことを覚悟をしましょう。モデル業界には、容姿端麗の人ばかりが集まっています。外見が良いからと言って、モデルとして成功するわけではありません。モデルという職業は、容姿の素晴らしさだけでは成り立ちません。与えられた仕事に必要な特定の条件を満たさなければ、チャンスを掴むことはできません。独特な外見と気質を兼ね備えた、本気でモデルを目指す人にのみに務まる仕事です。モデル志望の人が大勢いる今日は特に、大変競争率の高い業界です。忍耐力と根気なくして成功はあり得ません。
  8. 8
    恥ずかしがってはいけません。仕事を掴むためには自らを売り込み、能力をアピールしなければなりません。遠慮のある「謙虚な」態度では、いつまでたってもモデルとしての目標に辿り着かないでしょう。自分を素直に表現し個性をアピールして、堂々と振る舞いましょう。[7] 実際は自信がなくてもある振りをしましょう。モデルには演技力も必要です!

パート 2
ポートフォリオと事務所について理解しましょう

  1. 1
    ポートフォリオ用の写真撮影をしましょう。プロらしい顔写真を用意します: 周囲にほぼ何もない自然光(ただし直射日光は避けましょう)の下で、地味な背景をバックに薄化粧でズーム写真を撮りましょう。これは事務所に自然体の自分を見せるための写真です。顔、体、そして側面の写真があると良いでしょう。
    • ポートフォリオを介して、あなたがいかに様々な「個性」と見た目を演出できるかをアピールすることが重要です。
  2. 2
    プロのカメラマンに写真撮影してもらうことを視野に入れましょう。プロのカメラマンによる写真撮影は決して安くはありませんが、仕事の面接に呼ばれるか呼ばれないかの決め手となり得ます。プロによる写真撮影費用は、将来への有意義な投資としてとらえましょう![8]
    • プロに撮影してもらったベストショットを、大判サイズに印刷しましょう。面接の前後に写真提出を要求された時のために、準備しておきましょう。
    • プロに撮影してもらった写真がある程度揃ったら、ポートフォリオにまとめましょう。出来上がったポートフォリオは、事務所訪問の際やオーディション会場に持って行きましょう。
  3. 3
    体のサイズを測定して、自分自身の体型を知りましょう。自分に適した仕事をモデル事務所に選んでもらうために必要な情報です。[9] 身体のサイズを暗記しておくと、事務所やクライアント候補との面接の際によりプロらしい印象を与えることができます。
    • 最も基本的なサイズは、身長、体重、そして足の大きさです。
    • さらに、ドレスのサイズ、ヒップ、ウェスト、胸囲などの衣服のサイズも把握しておく必要があります。
    • 身体特徴の例としては、髪の毛の色、目の色、肌の色などが挙げられます。
  4. 4
    モデル事務所の門を叩きましょう。大都市であれば、ほぼ間違いなく複数のモデル事務所が散在しています。また、ほとんどの事務所が新しいタレント発掘のための「オーディション」を開催しています。[10]
    • 写真とポートフォリオを持って行きましょう。また、(正確な)サイズ測定もしておきましょう。
    • オーディション会場では、顔写真やその他の写真撮影のためにウォーキングやポージングを頼まれるかもしれません。
    • 事務所から不合格通知を受けても、気にしないことです。事務所側は大抵、種々多様な人材を探していますので、たまたまその時に必要なモデルが自分ではなかっただけだからです。
  5. 5
    詐欺に注意しましょう。オーディションや面接の前に、モデル事務所の評判を下調べしましょう。モデル業界についての知識が不十分であるために、結果的に騙されてしまう人が大変多く見受けられます。[11]
    • 事務所との面接に、2000円以上の費用が発生することはまずありません。モデルの仕事に対するコミッションは発生しても、仕事を始める前の段階で支払い請求をされることはありません。仕事受託以前に何万円もの高額請求を受けたら、その事務所とは縁を切りましょう。

パート 3
モデルの仕事の流れ

  1. 1
    契約書に署名する前に、まず事務所の代理人に相談しましょう。クライアントから同意書や書類に署名を依頼されることがあるかもしれません。その際には、署名前に代理人用のコピーを一部もらいましょう。カメラマンやクライアントに有利になり、モデルのイメージや行動を制限するような書類には署名するべきではありません。
    • 同じく事務所と契約する折にも、事務所と契約書の両方に信憑性がない場合は署名をしないことです。契約書の合法性を判断しにくい場合には、弁護士や経験豊富なモデルに依頼して、自分の代わりに読んでもらうと良いでしょう。[12]
    • 腕の良い代理人は、モデルの意向を第一に考えてくれるはずです。合意書の法的内容に関する疑問は全て、代理人が責任をもってサポートするべきです。[13]
  2. 2
    身体サイズは正確に申告しましょう。仕事を取りたいがためだけに、実際よりも細いと虚偽申告をしてはいけません。現場のスタイリストに迷惑をかけるでしょうし、嘘がすぐにばれてしまいます。そればかりか悪い評判が広まって、後に仕事がもらえなくなる可能性もあり、将来職を失いかねません!
  3. 3
    あくまでもプロらしく、礼儀正しく、丁重に振る舞いましょう。たとえオフィス内で働いていなくとも、プロらしく振る舞うことを忘れてはいけません。[14] 一緒に働く人たちには敬意をもって接しましょう。人間関係が広がる可能性やコネクションがどこにあるかわかりません。また、誰かを軽蔑するような態度をとってはいけません。モデルだからと言って、横暴で高慢な気取った態度をとったりしてはいけません。
    • 撮影や待ち合わせの際には、時間厳守を心がけましょう。遅刻や相手に失礼な行為は自分の評判を落とし、今後誰も採用しようとは思わないでしょう。
    • 計画上手になりましょう。モデルは、呼ばれるがままに現場へ直行し、そのまま何日か缶詰になることがしばしばあります。モデルとして成功するためには、管理能力が必要です。スケジュール帳が一冊あると、重宝するでしょう。
    • 仕事相手としてカメラマンと適切な関係を築きましょう。モデルがカメラマンの手腕を際立たせて見せるのに一役買えば、カメラマンはモデルが最も輝くように写してくれるでしょう。相互利益のある関係を築くためにも、敬意をもってカメラマンに接しましょう。
  4. 4
    モデルの仕事に真摯に取り組みましょう。真剣さに欠ける人たちは、モデルとして成功する確率が下がります。見た目よりも難しく、ファッションショーで目にする派手さや華やかさの舞台裏には沢山の努力が存在することを認識しましょう。モデル業は継続的な集中力を要するフルタイムの仕事です。1週間でも休んでしまうと、職を失いかねません。
    • モデルは大変競争率の高い職業であるため、短期間の休養ですら失職に繋がる可能性があることを理解しましょう。通常、モデルとして活躍できる時間は限られています。ただし業界内で地位を確立できれば、モデルとしての寿命も長くなるかもしれません。
  5. 5
    現場にメイクアップアーティスト(メイクさん)がいるかどうか事前に確認しましょう。場合によっては自前のメイク道具(ベースファンデーションなど)を持参する必要がありますが、メイクアップアーティストがいない現場には、自分で諸々準備をして行かなければなりません。常に緊急用のメイク道具を携帯し、メイクさんがいる場所でも臨機応変に自分でメイクができる準備をしておきましょう。[15]
  6. 6
    独創的に仕事をこなしましょう。モデルはカメラマンから、色々な小道具や背景を使って様々なポーズをとるように要請されます。いかに変化を付けられるかが鍵ですので、自分の周りの空間を最大活用して、カメラの前でポーズを決めましょう。[16] カメラマンの要求に応えることも必要ですが、恐れずに自分なりのポーズをとったり表現をしましょう。ファッションショーの主催者も同様に、毅然と歩くことや、ある特定の感情を表現するように要求してくるでしょう。

ポイント

  • とるに足らない批判的なコメントを何度か受け取っても、気にしないようにしましょう。自信を持ちましょう!
  • 拒絶されたからと言って、夢を追うのをあきらめてはいけません。さらに、拒絶されても余裕綽々と対応できるように心がけましょう。再び対峙するかもしれない相手との関係を、自ら断つ必要はありません。
  • モデルコンテストに応募することも考えてみましょう。ただし、評判の良い事務所が募集しているコンテストであるかをまずは確認しましょう。
  • ヌードと撮影スタイルについて自分なりの限度を定めましょう。グラビアの仕事に気が乗らなかったり、フルヌード撮影を承諾したくない場合ははっきりそう伝えて、自分の許容範囲以上の仕事を強要されないようにしましょう。また、モデルとしての将来の方向性について考えてみましょう。現時点でグラビア撮影に何ら違和感がないとしても、将来ファッションショーや雑誌の仕事をしたくなったらどうしますか?グラビアのような仕事をした過去がマイナス要因になるかもしれません。
  • 売り込みに行く際には、ぴったりしたストラップや素肌に跡が残る飾りのついていない、脱着しやすい服装を選びましょう。ブラジャーはせずに、肌色のTバックを着けましょう。デザイナーやファッションショーの主催者からどんな服を着用するように頼まれても、上手に着こなせる確率が高まります。
  • モデル学校に通うことを考える際も、注意が必要です。モデル学校は高額である上に、モデルになる方法を教えてくれるかどうかも疑問です。モデル学校に通うと変な癖がついてしまい、後から直すのが大変だと豪語する事務所もあるくらいです!
  • 事務所と契約を結ぶことが自分に不向きであると思うのであれば、フリーランスになることを考慮すると良いでしょう。[17] ただし以下に注意しましょう: 報酬はかなり下がり、安全面でも劣ります。
  • 未成年は、保護者の承諾を得ましょう。
  • 正しい食生活と運動を取り入れて、健康体を維持しましょう。心身ともに危害をもたらすドラッグには、決して手を出してはいけません。
  • 自分がやりたくないポーズを要請された場合には、遠慮せずに断りましょう。
  • モデルの仕事が好きで仕方がないのであれば、何度不合格になっても続けるべきです。忍耐力は突出した気質の一つです。
  • 自分らしさを大切にしましょう。他人に自分のあるべき姿を決めつけられないようにしましょう。
  • アルコール類やジャンクフードは避けましょう。そうすることで結果的に、より健康的で美しい容姿を作り上げることができます。
  • マネージャーからダイエットや外見を変えることを強要させられそうになっても、断固拒否しましょう!ありのままの姿で十分だからです!

注意事項

  • どこの事務所も大概、契約書にサインするよう要請してくるでしょう。まずは契約書の隅々まで目を通して、読み落としや誤解がないように注意する必要があります。自分ではよくわからなければ、熟練したモデルや弁護士に書類を確認してもらいましょう。書類内容を完全に理解してから合意の署名をする方が賢明です。
  • オーディションや仕事で海外に呼ばれた場合は、復路のチケット代金を自腹で支払えるように用意しておきましょう。海外にもまっとうな仕事はありますが、往路の切符でモデルを用意周到に誘い出して、いざ帰りのチケット代が出せなくなった途端に売春行為を強要する詐欺も存在します。
  • オンラインで見つけたカメラマンに写真撮影を依頼する場合は、撮影現場に立会人を連れていくことを強くお薦めします。自分の身を守るためでもありますし、オンラインでは相手の実情がわからないからです!立会人がいない場合は(頼める人が見つからなかった、或いはカメラマンから立会人を連れてくることを禁じられたなどの理由から)、まず第一にカメラマンの素性調査をし(例えば、過去に仕事をした相手は誰かなど)、それから現場に到着時と撮影終了後に誰かに電話を入れることです。
  • スタジオに足を運ぶ際には、たとえ信頼できる企業に見えても騙されないように十分気を付けましょう。大金を請求され詐欺の被害に遭う危険性があります。
  • モデルという仕事はプレッシャーが大きいため、摂食障害などの長期的な精神病を患う人もいます。プレッシャーに押しつぶされる前に、必ず誰かに相談しましょう。プレッシャーに耐えきれないと感じたら、転職を考える時期なのかもしれません。健康より大事な仕事などありません!
  • 前払いを要求する事務所に注意しましょう。ほとんどの事務所は、一つの仕事に対する報酬の対価として一定の割合を得る、つまりコミッションが収入源です。モデルに仕事がなければ、事務所にお金は入りません。事前にモデルからお金を徴収する事務所は、はなから仕事をとってくる気がないととれます。ただし、前金を要求する事務所全てが詐欺だと決めつけるのもよくありません。[18] 事務所によってはブランドのイメージに沿うようにと、モデルにトレーニングを受けさせるところもあります。例えばハイヒールを履いて他のモデル達と一緒に歩くことだけでも、見た目と違いかなり難易度が高いスキルです。さらに事務所によっては、堂々と明確に発言をし、緊張や不安に左右されることなく要望に応じた独創的な発想ができるようなトレーニングをモデルに受けさせるところもあります。事務所に関する疑問があれば、事務所の印象やどのようなトレーニングを受けているかを、所属モデル達に尋ねると良いでしょう。なんの知識や経験も持たずに本気でプロの業界に足を踏み入れようと思いますか?不可能ではありませんが、事前準備なくしての成功は期待できないでしょう。
  • モデルを狙った詐欺は対象者が騙されやすく、実際に良く起こる犯罪です。世間知らずのモデル志望者たちの夢と希望という弱みに付け込みます。信頼できる相手かどうか、慎重に判断しましょう。[19]


記事の情報

カテゴリ: 仕事・職業

他言語版:

English: Become a Model, Español: convertirse en modelo, Italiano: Diventare Modella, Português: Se Tornar uma Modelo, Deutsch: Model werden, Français: devenir mannequin, Русский: стать моделью, 中文: 成为模特, Nederlands: Model worden, Čeština: Jak se stát modelkou, Bahasa Indonesia: Menjadi Model, العربية: أن تصبحي عارضة أزياء, हिन्दी: एक मॉडल बनें, 한국어: 모델이 되는 법, Tiếng Việt: Trở thành Người mẫu

このページは 678 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?