ユーモアのセンスをもつ方法

3 パート:ユーモアを理解する冗談を身につける人生の明るい面に目を向ける

人生における最も貴重な財産はユーモアのセンスかもしれません。ユーモアのセンスは、他人との付き合いを潤滑にして、健康状態を改善するために役立ち、困難な状況を切り抜けるためにも有効な場合があります。誤解されがちですが、ひょうきんな人にならなくても、ユーモアのセンスをもつことは可能です。ユーモアのセンスをもつには、物事の明るい面に目を向ける術を学ぶだけで十分です。

パート 1
ユーモアを理解する

  1. 1
    ユーモアの利点を確認しましょう。ユーモアのセンスをもつと、状況の良し悪しを問わず、おかしみを見出すことができます。また、ストレスや不安を軽減し、対処能力や自尊心を向上させるためにも役立つ場合があります。[1]
    • ユーモアには、身体的、認知的、感情的、社会的な利点があります。利点の例として、痛みやストレスの緩和、気分と創造力の向上、親しみやすさの向上、周囲の人々との関係の改善などが挙げられます。 [2]
  2. 2
    ひょうきんな人とユーモアのセンスがある人の違いを理解しましょう。ひょうきんな人は、おかしみを表現する能力をもっています。たとえば、笑いを誘う話をしたり、機知に富んだしゃれや時宜を得た冗談を口にしたりする能力です。他方、ユーモアのセンスをもつ人は、あらゆる物事を深刻に受け止めすぎることなく受け流す能力や、人生の滑稽さを笑い飛ばす、あるいは、少なくともそれを意識する能力をもっています。[3]
    • ひょうきんな人や冗談を連発する人にならなくても、ユーモアのセンスをもつことはできます。
  3. 3
    自分の笑いのツボを見つけましょう。どのような状況で自分が大笑いするか、あるいは気分が明るくなり笑顔になるかを考えてみましょう。自分の笑いのツボを見つけることは、ユーモアのセンスを育むための一つの方法です。[4]ユーモアにはさまざまな種類があります。たとえば、仲間を結びつけるユーモアや人生を笑い飛ばすユーモアなどです。[5]
  4. 4
    他人を観察して、そこから学びましょう。笑うための方法や、ユーモアのセンスをもって物事に接する方法がわからなければ、他人を観察しましょう。友人や家族は、身の回りの状況と自分に降りかかる物事をどのようにして笑い飛ばしているでしょうか?
    • さまざまな種類のユーモアを含む映画を観てみましょう。たとえば、ビル・マーレイ、エディー・マーフィー、アダム・サンドラー、クリステン・ウィグ、スティーヴ・マーティン、チェビー・チェイスらが出演する映画などです。「ミート・ザ・ペアレンツ」「ヤング・フランケンシュタイン」「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」、「ブレージングサドル」「大逆転」「ファインディング・ニモ」「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」など、コメディーの名作を観るのもよいでしょう。
    • 他人を注意深く観察しつつも、単にその人たちのユーモアを真似しないようにしましょう。真のユーモアとは、偽りがなく、自分の性格を反映したものです。[6]
  5. 5
    ひょうきんな人になることよりも、楽しむことに専念しましょう。ユーモアのセンスをもつと、人生のどんな局面でも楽しみやすくなります。つまり、人生を笑い飛ばし、その時々の状況からおかしみを引き出せるようになります。常に楽しむことに集中するように心がけましょう。

パート 2
冗談を身につける

  1. 1
    冗談を身につけましょう。ユーモアを他人と共有することは、他人と関係を築くための素晴らしい方法です。社交の場にユーモアを持ち込みたいならば、簡単な冗談をいくつか身につけましょう。笑いを誘う写真、機知に富んだコメント、インターネット上で流行している冗談などを他人と共有するのもよいでしょう。自分のユーモアのスタイルにあった冗談を探しましょう。[7]
  2. 2
    ありふれたことの中におかしみを見出しましょう。人には、自分の状況や住む場所、あるいは自分の考えに関連した冗談を好む傾向があります。[8]天気や自分たちが住む街について軽い冗談を言って、場を和ませましょう。同じ職業の人には、その職業に関する冗談を言いましょう。
    • 言うことが見つからないときには、天気に関する冗談を言いましょう。たとえば、「雪が止まなかったら、職場にスキーで出勤しないと」などの冗談を言いましょう。
  3. 3
    ひょうきんな人たちと付き合いましょう。ひょうきんな友人について考えてみましょう。その人は、どのようにして会話にユーモアを取り入れているでしょうか?どのような種類の冗談を言うでしょうか?
    • お笑い芸人のライブやインターネット上のお笑いの動画を観ましょう。話し方や話題、日常的な状況を面白おかしく語る方法などに注目しましょう。
    • 身の回りの面白い人を観察し、その人のユーモアのどのような点が好きで、自分のユーモアに取り入れたいかを考えましょう。
  4. 4
    冗談を言う練習をしましょう。さらに上手に、かつ自然に冗談が言えるように、練習をしましょう。まずは、信頼できる家族や友人を相手に冗談の練習をしましょう。自分の目標を相手に伝えて、正直に感想を聞かせてくれるように頼みましょう。冗談をもっと磨いたほうがよいと言われたら、その助言を受け止めましょう。気負わずに冗談を言えるようになったら、身近な人以外との会話にも冗談を取り入れてみましょう。
  5. 5
    他人の気持ちを害さないように気をつけましょう。ユーモアのセンスを育みつつ、冗談の背景についても考えましょう。他人に冗談を言われると、すぐに気分を害していませんか?自分が冗談を言うときでも、他人の冗談に笑うときでも、誰かの気持ちを害さないように気をつけましょう。ユーモアのセンスをもつということは、暖かい態度で人生に向き合うことです。誰かを利用して笑いをとろうとしたり、そのような冗談に笑ったりしないようにしましょう。[9]
    • 冗談を言うときは、背景を考慮しましょう。職場やデートの相手、あるいはその場にいる人たちにとって適切な冗談でしょうか?誰かの気分を害さないでしょうか?
    • 強者を叩く冗談と弱者を叩く冗談を区別しましょう。強者を叩く冗談は、権力集団を茶化すことによって体制に揺さぶりをかけます。弱者を叩く冗談は、弱者や虐げられた人々を茶化すことで体制を強化します。
    • 人種差別的、性差別的、あるいは下品なユーモアは、他人に非常に不快な思いをさせる場合があります。誰かの宗教、政治的信条、あるいはその他の信念体系に関する冗談も、不快なものになりかねません。悪趣味で不快な冗談は自分の頭の中や「何をしても許される」友人との間にとどめましょう。
    • 人をこき下ろす冗談や攻撃的なユーモアは、からかいや皮肉、嘲りによって、他人を批判して操るために使われます。[10]公人を対象にしたものであれば面白く聞こえる場合もありますが、友人に対してそのような冗談やユーモアを使うと相手をひどく傷つけてしまい、人間関係にひびが入る可能性があります。[11]

パート 3
人生の明るい面に目を向ける

  1. 1
    笑う術を身につけましょう。笑いはユーモアのセンスの鍵を握ります。毎日もっとたくさん笑うように努めましょう。自分自身を笑い飛ばしても構いません。些細なことを楽しみ、日常的な状況や人生の逆境の中にユーモアを見出しましょう。できる限りたくさん微笑みましょう。また、他人を笑わせるように努めましょう。自分の笑いと他人の笑いを、最優先課題として位置付けましょう。[12]
  2. 2
    状況に反応する代わりに笑いましょう。緊張した状況に置かれたときは、一歩下がってその状況を笑い飛ばしましょう。怒りは強力な感情ですが、笑いもまた心身に対して大きな影響力をもちます。ちょっとした冗談を言ったり、状況を笑い飛ばしたり、ユーモアを使うなどして、緊張した状況を和らげましょう。[13]ストレスや頭痛の予防に役立つかもしれません。
    • 緊張した状況や不快な状況に笑いを持ち込むと、場の雰囲気が和らぐ場合があります。冗談によって緊張感を緩和し、その場にいる人たちを安心させることができます。
    • 誰かに怒りをぶつけそうになったら、冗談を言いましょう。兄弟姉妹と喧嘩になったときは、「同じことでもう10年間も喧嘩しているじゃないか!どうやら、僕らはいつまでも10代のままみたいだね」などと冗談を言いましょう。
    • 古い車をもっていて、その車を誰かにからかわれたら、「君だって15年前と比べたら見劣りするだろう!」などと返しましょう。[14]
  3. 3
    自己防衛的な反応を手放しましょう。即座に自己防衛をしたくなるような状況に、反応しないようにしましょう。批判や決めつけ、自己不信を忘れましょう。代わりに、ユーモアのセンスをもって受け流しましょう。周りの人々全員が、あなたを批判したり、あなたをやっつけようとしたりしているわけではありません。自己防衛ではなく、微笑みや笑いでかわしましょう。[15]
  4. 4
    自分自身を受け入れましょう。自分を軽く受け止めることは、ユーモアのセンスを保つための方法の一つです。自分を笑い飛ばす術を身に助けましょう。誰しも、時には自分を深刻に受け止めることが必要ですが、自分を笑い飛ばすことは自己受容の方法の一つです。この世に完璧な人間は存在しません。誰でも、過ちを犯します。自分を過度に深刻に受け止めずに、常にユーモアをもって自分の人生を眺めましょう。
    • 年齢や外見など、自分ではどうしようもないことを笑い飛ばしましょう。鼻が大きいなら、悩む代わりにそれを冗談の種にしましょう。高齢に差し掛かっているなら、還暦祝いのメッセージカードを笑い飛ばしましょう。自分自身をからかうのはきまりが悪くても、特に自分ではどうしようもないことは、笑い飛ばすようにしましょう。
    • ちょっとした恥や失敗を笑い飛ばしましょう。自分の人間らしさの中におかしみを見出すと上手くいきます。
    • これまでの人生で恥ずかしい思いをしたときのことを思い出しましょう。そのときの体験を、屈辱的な話としてではなく、面白おかしく語る方法を見つけましょう。自分をからかうとともに、場合によってはその出来事を強調したり劇的に表現したりする必要もあるかもしれません。
  5. 5
    他人に対して寛容になりましょう。ユーモアのセンスをもつためには、他人にそのセンスを与えることも必要です。自分自身を過度に深刻に受け止めないだけでなく、他人に対しても同様の態度をとりましょう。他人が失敗をしたときは寛容な気持ちで受け止め、状況の良い面に目を向けるようにしましょう。自分の失敗と同様に、他人の失敗も気楽に笑い飛ばしましょう。そうすれば、自分の気分がよくなる上に、相手に安心感を与えて、お互いの関係によい影響を及ぼすこともできるかもしれません。[16]
    • 部下がいつも会議に遅れるからといって腹をたてるのではなく、「君が飛行機のパイロットでなくてよかったよ」などと冗談にしましょう。
    • 同僚が悪趣味で不快な冗談を言ったからといって、必ずしも動揺する必要はありません。ユーモアのセンスをもつとは、物事を受け流し、何に対して動揺するかを自分で決めるということです。
  6. 6
    自発的になりましょう。多くの人は、失敗や間抜けに見えることを恐れるためにいろいろなことを行動に移せません。自分自身に対してユーモアのセンスをもつと、行動の妨げとなる恐れを乗り越えられる場合があります。行動の結果が上手くいくかどうかは別としても、ユーモアのセンスは、ためらいを振りはらい抑制を解き放つことによって、人生を満喫するための役に立ちます。[17]
    • ユーモアのセンスをもつと、間抜けに見えても構わないということに気がつきます。間抜けに見えても、ただ自分を笑い飛ばすだけです。そして、自分の安全地帯の外に足を踏み出して新しいことに挑戦したという満足感を感じながら、微笑みましょう。また、相手の性格を把握しましょう。相手の好みを知ると、その人にも微笑みをもたらせるかもしれません。

ポイント

  • 自分に笑いや微笑みをもたらす物事を楽しみましょう。これが、ユーモアのセンスを育むための最良の方法です。
  • 根気よく続けましょう!ユーモアは人生の重要な一部です。
  • 適切なタイミングで面白いことをしましょう。人を笑わせるためには、タイミングが重要です。ユーモアが求められない状況もあります。
  • ユーモアのセンスをもつと、友達がたくさんできます。ひょうきんな人は常に人に囲まれています!
  • さびしくなったときや気が滅入ったときは、過去に大笑いしたことを思い出したり、面白かった映画を観たりしましょう。すぐに気分がよくなります。

記事の情報

カテゴリ: 自己啓発

他言語版:

English: Have a Sense of Humor, Italiano: Avere Senso dell'Umorismo, Español: tener sentido del humor, Deutsch: Einen guten Humor entwickeln, Português: Ter Senso de Humor, Русский: обладать чувством юмора, Français: avoir le sens de l'humour, Nederlands: Gevoel voor humor hebben, Čeština: Jak mít smysl pro humor, Bahasa Indonesia: Memiliki Selera Humor, العربية: تطوير حس الفكاهة, Tiếng Việt: Sở hữu Khiếu hài hước, 한국어: 유머 감각을 키우는 법, ไทย: มีอารมณ์ขัน

このページは 1,399 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?