別人になる方法

3 パート:別人について調べる別人になる別人として生きる

誰でも時々、自分が別人になったらどんな気分がするだろうと考えます。自分自身であることに幸せを感じていない人や、今の自分の人生に不満がある人は特にそうです。私たちは、仕事、サッカーの試合、友人との外出、家族での活動など、個々の状況に合わせて異なる仮面を着けて、特定の振る舞いをします。[1]少しの間、別の人生を垣間見て自分自身の人生から逃れるために、テレビを見たり、ゲームや読書をしたりします。多くの人にとっては、時々自分自身から逃れるだけで十分です。しかし、本当に別人になりたいと思う人もいるかもしれません。この記事では別人になる方法をご紹介します。

パート 1
別人について調べる

  1. 1
    なぜ別人になりたいのかを分析しましょう。変わりたいと望む理由を自分自身に尋ねてみましょう。そうすれば、自分の問題の根本原因が分かります。別人になりたいという望みの出どころが分かれば、問題の原因を解消できます。
    • いくつかの個別の出来事に基づいて別人になる必要性を決めないようにしましょう。困難や望ましくない状況は、誰にでも時々訪れます。誰でも定期的に失敗をして、そこから教訓を得ようとします。
    • 自分の経験や人間関係に改善点を示唆する明確なパターンが繰り返し見られる場合は、その情報を活用しましょう。人間関係がどのように破綻したか、あるいはどのような点について批判されたかを思い出してみましょう。
  2. 2
    何を変えたいのかを自分に尋ねましょう。[2]先ほど、別人になりたいと思わせる自分の身の回りの出来事を振り返りました。今度は、自分の個人的な感情についても考慮する必要があります。特定のことが気にかかる場合は、それが何なのか、どのような改善策があるのかを考えましょう。
    • 自分自身に不満があるのはなぜなのかを探りましょう。太っているからでしょうか?神経質な性格だからでしょうか?それとも、整理整頓が苦手だからでしょうか?
    • 単に物事に退屈しており変化がほしい場合は、具体的にどのような点に不満があるのかを振り返ってみましょう。人間関係、仕事、家や車、それとも天候でしょうか?変えたいと思う分野に集中しましょう。
  3. 3
    改善方法に集中しましょう。なりたい人になるために何を変える必要があるのかが分かったら、今度は問題を解決・緩和するための方法を考えましょう。
    • 健康的で幸せになるために体重を減らす必要があるならば、それに集中しましょう。ジムに通い始めて、脂肪や炭水化物の摂取量を減らして、ダイエットを支援するグループに参加すると良いでしょう。
    • 不安に悩まされている場合は、専門家の助けを求めて、瞑想を実践して、自己主張の練習をする機会を利用しましょう。
    • つまらない人だと言われることにうんざりしているならば、スカイダイビング、登山、セーリング、飛行機の操縦方法を学ぶなどの大胆な活動に挑戦すると良いでしょう。
    • 恋愛相手に不満がある場合は、一緒に新しいことに取り組む、つながりを深めてお互いに感謝するための方法を見つける、カウンセリングに通う、別れを検討するなどの方法があります。
    • 仕事に不満がある場合は、別の仕事に就くか、将来理想の仕事に就いて満足な生活が送れるように学校で新たなスキルを身に着けましょう。雨が多い、あるいは寒すぎるなどの理由で自分が住む場所に不満がある場合は、引っ越しをすると良いでしょう。
  4. 4
    手本となる人を見つけましょう。[3]手本にしたくない人については、考えるまでもなく分かるはずです。今度は、どのような人生を送りたいか、どのような人になりたいかについて考えます。自分が敬服する人の行いや思想、価値観を振り返り、人生のあらゆる領域で成功するための方法を学びましょう。
    • 映画や本の登場人物、有名人、スポーツ選手、家族、ノーベル賞受賞者など、誰かしら敬服する人物がいるはずです。お気に入りのテレビ番組の登場人物のようになりたいですか?それとも、自分の彼女や彼氏のようになりたいですか?自分の手本となる人を絞り込んだら、自己改善のためにその手本に基づく性格的特徴を育みます。
    • 自分の人生に悪影響を及ぼす性格的特徴ではなく、人生を改善するために役立つ優れた性格的特徴を選びましょう。刑務所に入ったり、自分の人生から大切な人々が離れていくことになったりすれば、気分が良くなるはずはありません。優れた性格的特徴の例として、興味深い、思いやりがある、魅力的であるなどが挙げられます。
  5. 5
    育みたい性格的特徴が持続可能なものかどうかを確かめましょう。[4]優れた性格的特徴が自分の一部となるまで、長期間にわたってそれを維持できなくてはなりません。自分の能力や本来の姿を偽っても、他人に真実を知られてしまえば上手く行かないでしょう。真実は遅かれ早かれ明らかになります。
    • 手持ちのお金がほとんどなく、ハワイ旅行どころか2人分の食事代さえも払えないのであれば、裕福なふりをしないようにしましょう。
    • 交際相手が欲しいからといって、車に詳しいふりをしないようにしましょう。パンクしたタイヤの交換方法が分からずに、道端で途方に暮れるような事態になりかねません。
    • 同様に、自分の専門的知識で他人を感心させようとするならば、まずは楽器の演奏や料理を学んで知識を身に着けましょう。
  6. 6
    自分が敬服する人物についてあらゆることを調べましょう。今の自分以外の人間になるには、知識や献身、実践が求められます。手本となる人がいれば、これらの取り組みがはるかに容易になります。手本に近づくための手がかりを得るためには重点的なリサーチが必要です。
    • 自分が敬服する人物に関する伝記、物語、記事、あるいは本人が書いた自伝を読みましょう。また、ファンや本人のウェブサイトも調べましょう。
    • 手本となる人が登場する映像を観て、外見やスタイル、他人との交流や意思疎通の仕方、ストレスを感じているときの振る舞い方、自分の見せ方など、取り入れたいと思う特徴に注意を払いましょう。自信に満ちている、丁重、友好的、前向き、思いやりがある、力強いなどの特徴が見られますか?
    • 自分にインスピレーションを与えてくれる人に会ってみましょう。イベントや会議などの場で、手本となる人と直接話ができれば尚のこと良いでしょう。その人物が本当はどのような人間なのか、いかにして現在の地位を築いたか、助言はあるかなどを聞いてみましょう。

パート 2
別人になる

  1. 1
    目標を設定しましょう。自分が求めるものと、それを手に入れる方法を知る必要があります。今の自分とは違う人間になるために変化を起こしましょう。[5]
    • 目標を立てるには、自分が具体的に何を手に入れようとしているのか、そして最終結果はどのようなものであるべきかをまず把握する必要があります。たとえば、お気に入りのスポーツ選手のようにもっと自信をつけることもしれません。テニスやバスケットボール、サッカーなどが上手になること、あるいは、オリンピックに出場することかもしれません。[6]
    • 目標とは単なる願望ではなく、努力をして実現したいと思えることです。最終目標に向かって努力ができるかどうかを自分に尋ねる必要があります。毎日トレーニングをして筋肉をつけて、スポーツを練習したいと思いますか?この問いによって、目標に対する決意を測ることができます。[7]
    • 自分で失敗のお膳立てをしないようにしましょう。意欲を高めるための本や支援グループなど役に立つものはたくさんありますが、自分を変えられるのは自分だけです。魔法の薬はありません。目標を達成するには努力と献身が必要です。[8]
  2. 2
    一番簡単な変化から取り組みましょう。[9]別人になるというのは大きな変化です。大きな目標に圧倒されないように、最初は少しの努力で変えられる特徴や振る舞いに集中すると良いでしょう。新しい特徴に馴染んできたら、多くの時間とエネルギーを必要とするさらに難しい変化に取り組むことができます。
    • 外見を変えることは、長年の習慣を変えることよりもはるかに容易です。また、外見の変化は自分が変わったという実感をもたらし、他の要素を変えるための意欲をかきたてます。
    • 比較的自然な変化は、他の変化を起こすよりも容易です。たとえば、いつも礼儀正しい人がさらに礼儀正しくなることを目標とするならば、それほど大きな努力は必要ありません。笑顔や笑いを好む人は、毎日できる限りたくさん笑うようにするという目標をかなり簡単に達成できるでしょう。
    • 困難を受け入れましょう。克服するのが非常に難いこともあります。たとえば、引っ込み思案で内気な人は、見知らぬ人に手を振って「こんにちは」ということに慣れるまでに時間がかかるかもしれません。
    • 一つの困難を受け入れて克服するたびに自分がなりたい人間に一歩近づくということを覚えておきましょう。
  3. 3
    スタイルを変えましょう。自分をどう見せるかによって、第一印象だけではなく、他人の自分に対する見方や態度も決まる傾向があります。[10]目立ちたいならば、個性的な洋服や色、髪型を取り入れましょう。
    • 裕福な人、あるいは専門家らしく見られたいなど、他人に特定の見方をしてほしいならば、それにふさわしい装いをしましょう。おおらかで気取りのない人だと思われたいならば、カジュアルな装いをすると良いでしょう。
    • いつも眼鏡をかけており、黒髪のロングヘアで化粧をしない人であれば、外見を新しくするための方法を考えましょう。活発な印象を与えるショートヘアにして、赤や紫、ブロンドなどの明るい色に染めてみてはどうでしょうか。コンタクトレンズにするか、洗練されたフレームの眼鏡に変えても良いでしょう。
    • 創造的な方法で化粧をしたり、今とは違う外見を取り入れたりする方法を調べましょう。
    • 新しい服を買いましょう。自分がなりたい人物がどのような服を着るか考えてみましょう。見栄えのする、着ていて気分が良い服を選ぶ必要があります。自分が取り組んでいる新しい特徴に合った外見が理想的です。
  4. 4
    自分の見せ方に注意を払いましょう。[11]他人に与える印象を決定するのは、洋服や髪型だけではありません。私たちは、他人の動作や身振り、表情を見て、それに基づいて意見を形成します。
    • 動作に気をつけましょう。動作は他人への印象に大きな影響を及ぼします。自信をもって冷静に動きましょう。
    • 人前で着用する服と靴を身につけましょう。新しい外見の一部としてハイヒールを取り入れるならば、それを履いて歩く練習をしましょう。鏡の前で自分の腕やお尻の振り方を確認しましょう。
    • 鏡で表情を確認しましょう。微笑みや笑顔、興味を持って相手の話を聞いている表情などを練習しましょう。新しい自分と会話を続けられるでしょうか?
    • 自分の様子を録画してビデオで観るのも良いでしょう。自分のコミュニケーションスキルや身振りについて改善できる点を確認します。たとえば、髪をいじる癖があるとしたら、新しい人物像にとってそれがふさわしいかどうかを考えましょう。ふさわしくないならば、癖を断ち切るために努力をしましょう。
  5. 5
    役割を変えましょう。これまでに学んだ別人になるための方法をすべて活用します。新しい人間になるという目標に近づくための選択をしましょう。
    • 敬服する人物のさまざまな性質を取り入れてみましょう。たとえば、店に出かけて、見知らぬ人に興味を持って冗談を言うエネルギーに溢れた社交的な人物になりきります。あるいは、あらゆる障害を克服できる英雄になりきります。成功するまで何度でも挑戦しましょう。
    • 将来性のない仕事に縛られているならば、もっと楽しめる全く別の仕事を見つけるか、過去の経験を生かして別の企業で今より上の役職に就きましょう。自分のビジネスを立ち上げる、あるいは医師や弁護士になるためにしばらくの間学校で勉強をするなどの方法もあります。スキルを活かせる機会が多い都市に移動するのも一つの方法です。
    • 人間関係でひどい扱いを受けることが多いならば、関係において自分が望むことと望まないことをまず理解しましょう。信頼関係やお互いに対する尊敬の念を育み、自分を対等に扱ってくれるように求める必要があります。自分に悪影響を及ぼす人々や物事から離れる方法を学びましょう。

パート 3
別人として生きる

  1. 1
    練習を続けましょう。[12]一部の性質・変化・方法は、自然に実践できるようになるまでに時間がかかります。一晩で別人になることは不可能だという事実を忘れないようにしましょう。自分が求めるものやそれを手に入れる方法を見つけて、成功するまで取り組み続ける必要があります。
    • 特徴を定着させることに集中しましょう。外見や振る舞い、行動を新しい自分のアイデンティティの一部として定着させる必要があります。複数の状況・役割・人間関係において定期的に練習をしましょう。次第に自分のアイデンティティに溶け込み、意識をしなくてもできるようになります。
    • できれば自分の安全領域の外で新しい活動や趣味に定期的に取り組みましょう。それにより視野が広がり、新たな状況や経験に適応する方法を短期間で学ぶことができます。
    • 自分の限界を知りましょう。変えることで危険が生じる特徴や変えるべきでない特徴もあります。たとえば、体型、身長、足のサイズ、指の長さ、肌の色などが挙げられます。変えられない特徴は受け入れて、変えられる特徴への取り組みにエネルギーを注ぎましょう。
  2. 2
    決めつけをやめましょう。[13]他人の目が気になる要素は、自分が他人について嫌ったり、批判や決めつけをしたりする要素と同じである場合が多々あります。一方的に決めつけないように心がけて、自分や他人を重荷から解放しましょう。他人の成功を常に妬んでいると、その人たちから学び人間として成長することは困難です。
    • 他人や自分に対して批判をしたいという衝動を堪えて、客観的な観察者になりましょう。他人が失敗や困難にどのように対処するかを観察して、彼らの優れた性質を自分の性格改善のために取り入れましょう。
    • 物事を上手にやり遂げたとき、社会的な状況に適切に対処したとき、人々に良い影響を及ぼしたときには、それを自覚しましょう。どのようにそれを実行したか、どのような行動が役に立ち、あるいは役に立たなかったかを特定しましょう。
  3. 3
    適応しましょう。多くの場合は、取り入れた性質やスタイル、役割を自分に合うように調整する必要があります。取り入れても上手くいかない場合も時にはあるでしょうが、気にすることはありません。自分の変身に役立たないものは捨てて、役立つものに集中しましょう。
    • 黒髪のロングヘアの人が金髪のロングヘアに変えようとするならば、染めるたびに髪が傷むということを知っておきましょう。枝毛やぼさつきを避けるためには、ショートヘアにした方がよいかもしれません。一部だけに美しいハイライトを入れれば、元の暗い髪色に映えます。
    • 身長が150cmでぽっちゃりした体型の人は、実現できる可能性がゼロではないとしても、スーパーモデルや有名なバスケットボール選手になろうとして多くのエネルギーを費やさない方が賢明かもしれません。代わりに、顔専門のモデル、キックボクサー、騎手などを目指しましょう。問題を解決して、自分が求める性質を制約に合わせて調整することが鍵です。
  4. 4
    楽しみましょう。物事を個人的に受け止めないようにしましょう。自分の取り組みやその理由を理解しない人たちにからかわれることがあるかもしれません。そのような時には、これまでに自分が達成したことと新しい自分を受け入れましょう。近いうちに昔の自分は忘れ去られて、新しい自分が本当の自分になります。
    • からかいに対処する際は、自分が敬服する人物ならどのように反応・対応するかを想像してみましょう。状況に適切に対処するための手がかりが得られるかもしれません。
    • 他人の目を常に気にしているようでは、楽しむことは難しいでしょう。多くの社会的交流には厳格な規則があるわけではなく、変わったことをしたからといって常に人々のからかいの対象になるわけではありません。会話の流れに身を任せて、考える時間が必要なときは少し間をとってから話しましょう。

ポイント

  • 自分の性質やスキルを強化する方が、別人の性質やスキルを身に着けるよりも簡単です。誰しも特別な人間であり、できる限り最高の「自分」になる権利があります。別人になろうとする前に理想の自分になるための努力をしましょう。ひょっとしたら、自分自身のままで幸せに暮らせるかもしれません。
  • 自分にとっての英雄や自分が敬服する人物も人間であり、完璧ではないということを覚えておきましょう。あなたと同様に、彼らにも問題や不安、失敗があります。
  • 特定の性質を過度に推し進めて好ましくない性質にならないように気を付けましょう。たとえば、自信を通り越して尊大になったり、強さを通り越して攻撃的で過度に男性的になったりする危険性があります。[14]

注意事項

  • 別人を完全に真似ようとする際は気をつけましょう。真似をすることで、自分が敬服する人物に不快感を与えてしまうかもしれません。また、他人から個性的な人間として尊敬されなくなるかもしれません。他人を真似るよりも自分の特徴を伸ばす方が理想的です。
  • 自分が敬服する人物が予想と違っていたり期待はずれだったりしても、がっかりしないようにしましょう。優れた人物であっても自分の問題のすべてを解決できるわけではありません。このことを忘れずに、自分に対して寛容になりましょう。
  • 別人のことで頭がいっぱいになるのは健康的ではありません。特定の別人のことばかりを考えて、その人を実際には知りもしないのに特別なつながりがあるかのように信じ込み、何としてでもその人になりたいと思うようであれば、専門家の助けを求める必要があります。

記事の情報

カテゴリ: 社交

他言語版:

English: Be Someone Else, Bahasa Indonesia: Menjadi Orang Lain, Español: convertirse en otra persona, Tiếng Việt: Trở thành một Người khác, Français: être quelqu'un d'autre, العربية: التحول لتصبح شخصاً آخر, ไทย: เป็นคนอื่น, Čeština: Jak být někým jiným, Русский: стать другим человеком, Deutsch: Ein anderer Mensch werden, 한국어: 다른 사람이 되는 법

このページは 1,355 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?