同じ間違いを繰り返さない方法

3 パート:間違いに気づいて理解する変化のための準備をする変化を起こす

誰にでも改めたいと思う以前からの習慣があります。人間の心理として私達は同じ行動を繰り返す傾向があります。[1] こうした以前からの行動を改めることは難しい上に時間もかかります。しかし、適切な計画に沿って、同じ間違いを繰り返さないという目標に向かって前向きに努力を続けるならば、以前からの習慣を改めることは可能です。

パート 1
間違いに気づいて理解する

  1. 1
    失敗を恐れないようにしましょう。間違いは良いことでもあります。間違いを価値のあるものにする鍵は、その間違いから学ぶことです。自分の間違いをよく分析してその原因を探します。そうすれば、間違いが成功への一歩となることもあります。[2]
    • 自信過剰は情報の見逃しや間違いにつながります。
    • 疲労や悪い習慣などの様々な条件や状況が間違いの原因となります。
  2. 2
    間違いを防ぐことはできないという思い込みをなくしましょう。こうした考えは間違いの再発につながり、間違いから教訓を得る妨げになります。脳は私達が間違いを防げるように働きます。研究によると、過去に間違えた事柄に対して脳は0.1秒で反応し、同じ間違いの再発を防ぐために警告信号を発します。[3]
  3. 3
    正しく実行している事に注目しましょう。間違いから学ぶことには価値がありますが、正しく実行した事にも注目すべきです。正しく実行している事に注目すると、能力の向上や間違いの防止に取り組みながら、自分の努力を素晴らしく思えるでしょう。
    • 現在までに克服した事や成功した事を全てリストに書き出しましょう。
    • 自分が高く評価する自己の資質を書き出しましょう。
    • やる気を高めるためや自分の進歩を振り返るために、これらのリストを頻繁に見返しましょう。
  4. 4
    間違いを修正し始めましょう。過去の間違いに気づいた時点で、それらを修正し始める事ができます。間違いの修正方法は修正しようとしている間違いによって違います。参考までに修正方法のアイデアを幾つか挙げておきます。[4]
    • 頻繁に支払いが遅れる場合には、支払日を思い出せるようによく目立つ注意書きなどを作りましょう。
    • 遠慮せずに助けを求めましょう。祖母のスープを自分で作ろうとしても上手くいかない場合には、祖母からアドバイスをもらいましょう。
  5. 5
    常に能力向上に重点を置きましょう。自分の目指すもので1番になろうとして高い目標を設定したくなるかもしれませんが、最終結果よりも着実に向上し続けることを意識する方が成功への近道です。[5]
    • 完璧主義になると目標や進歩に対する不安を引き起こすことがあります。
  6. 6
    毎日練習しましょう。能力を向上させて成功に辿り着き、過去の間違いを繰り返さないためには十分な練習が必要です。技術の向上に努めて、時間がかかっても着実に向上するためには毎日の練習が鍵になります。 例えば、祖母のスープの味に近づきたい場合には、定期的に祖母のスープを作る練習をしましょう。
    • 毎日、練習時間を確保しましょう。
    • 毎日、練習した時間を記録しましょう。
    • 可能であるならば、毎日の練習時間を徐々に増やしましょう。
    • 練習を毎日することができない場合には、イメージトレーニングが役立ちます。例えばギターが手元にない時には、練習中の曲のコードを演奏しているところをイメージします。

パート 2
変化のための準備をする

  1. 1
    変えたいと思う行動を見つけ出します。同じ間違いを防いだり、同じ行動を繰り返さないためには、まず自分が変えたいと思う行動を特定しなくてはなりません。変えたいと思う行動がないか、自分の生活を見直しましょう。[6]
    • 最初に変えるべき最も重要な習慣や以前からの行動を見つけましょう。
    • 一度に多くの習慣や行動を変えようとするのはやめましょう。最も注意を払うべき2、3の事柄に集中して取り組みましょう。
  2. 2
    望まない行動の引き金を発見しましょう。同じ間違いをしたり、望まない行動を繰り返す原因かもしれない状況や出来事を調べましょう。変えたいと思う行動の陰には理由があります。そうした理由を突き止めると、その状況に対して別の対応を取ることができると共に、今後そうした状況を避けることもできます。
    • タバコや体に悪いおやつを欲する原因はストレスかも知れません。
    • 社会的環境の中で不安を感じている場合には、不安があるがゆえに飲酒をするのかも知れません。
  3. 3
    以前からの行動に取って代わる行動を見つけましょう。ある行動を繰り返すのをやめたい場合には、以前からの行動を新しい行動に切り替える必要があります。新しい行動を取り入れない限りは、以前の望まない行動に戻る可能性が高いでしょう。[7][8]
    • 例えば、ポテトチップスを食べる代わりにセロリを使ったおやつを食べるか、または腕立て伏せを10回行います。
    • 怒りやすい人は、怒りで我を失う前に必ず深呼吸することを新しい習慣にします。
  4. 4
    目標を書き出しましょう。やめたい行動とそれに代わる行動について考えた後にそれを書き出すと役に立ちます。これで、やり遂げたいことを思い出せるようになり、常に目標を確認することができます。[9]
    • 書き出した目標は常に見える見やすい場所に貼りましょう。例えば、職場に貼っておく、あるいは携帯電話のリマインダーを使うなどの方法があります。
  5. 5
    焦らないようにしましょう。以前からの習慣を変えるのは困難であり、時間がかかります。これを成功させるためには、以前からの習慣を自分で選んだ新しい習慣に切り替える努力を熱心に続ける必要があります。計画を守って前向きに努力を継続し、目標を達成しましょう。[10]
    • 習慣を変えるには、やる気や代替行動、反復量によって15〜254日程度かかります。[11]
    • やる気を維持するために、達成すべき目標とその結果として得られる利益のことを思い出しましょう。
  6. 6
    後退をしても気にしないようにしましょう。以前の行動を新しい行動に切り替えるという目標に向かって取り組んでいる間は、後退することがあってもやる気を失わないようにします。後退は起こり得ることですが、失敗に終わった訳でも、やめる潮時という訳でもありません。後退から学び、目標に向けて努力を継続しましょう。[12]
    • 後退は以前の習慣に戻る原因となる条件や出来事を知る手がかりとして役に立ちます。

パート 3
変化を起こす

  1. 1
    起こしたい変化について真剣に考えましょう。行動を変えるための第一段階は、起こそうとしている変化について注意深く考えることです。行動の変化によって得られる利益とその際に生じ得る問題について考えましょう。[13]
    • 新しい行動がもたらす利益とプラスの側面についての詳細なリストを作りましょう。
    • 考え付く問題点を注意深くリストアップしましょう。これらは以前の行動に戻ったり、新たな行動習慣を作るのを妨げる原因かもしれません。
    • 例えば、運動量を増やすと今よりも健康になりますが、時間不足が障害になるかもしれません。
  2. 2
    障害に備えましょう。行動を起こして習慣を変える前に、障害に対する準備が必要です。準備段階では目標達成を妨げる可能性のある障害への対処法を考えます。適切に準備をすると起こしたい変化を手にしやすくなります。[14]
    • 準備段階では目標到達までに立ちはだかる障害に対処する準備をします。
    • 例えば、運動量を増やしたいけれども時間不足が問題になりそうな場合には、運動時間を予定に組み込むか、あるいは空き時間に運動をする方法を考えましょう。
  3. 3
    変化を起こし始めましょう。どのような新しい行動に向けて努力をするか、さらにどのように障害を克服するかについて考えた後は、いよいよ行動を起こしましょう。この段階は進捗状況の確認、障害の克服、そして新たな望ましい行動に対して自分にご褒美を与えることに重点を置きます。[15][16]
    • やる気を維持して間違いを発見するために注意深く進捗状況を確認します。
    • 障害を克服するための手段を事前に考えましょう。以前の行動に逆戻りをする原因となる状況や出来事の発生を防ぎましょう。
    • 目標を達成したら自分にご褒美を与えましょう。お気に入りの映画を観るか、あるいはのんびりとお風呂に入ってリラックスしましょう。
  4. 4
    変化を維持しましょう。以前からの望まない行動をやめて自分で決めた新しい行動に切り替えた後は、その新しい行動を継続する必要があります。新たな行動を順調に継続できるように、またこの新しい行動の仕方を引き続き楽しむようにしましょう。 [17][18]
    • 可能であるならば、当初の目標をさらに高い目標に変更しましょう。例えば、運動嫌いをやめてもっと体を動かしたいと思っているのなら、体力目標を徐々に高くします。
    • 面白く取り組みを継続できるようにしましょう。新しい行動を継続する取り組みの間は、これを続けていくために様々な方法を試しましょう。例えば、高カロリーで栄養価の低い食品の代わりに体に良いものを食べるようにしている場合には、常に新しいレシピを覚えましょう。
    • 目標から後退してもやる気を失わずに常に前向きに取り組みましょう。後退してしまったら、後退から学んで目標へ向けて努力を続けましょう。

ポイント

  • 辛抱強く目標に向かって努力しましょう。以前からの行動を変えるのは困難で、かつ時間がかかります。
  • 事前に障害を予想してそれらに対する準備をしましょう。
  • 目標から後退しても、立ち止まらないようにしましょう。後退から学んで成功に役立てましょう。
  • 心と体が鍵になります。自分の経験とそこから学んだことが自分の行動の仕方に影響を与えます。

出典と引用

  1. http://goallab.nl/publications/documents/Aarts,%20Verplanken,%20van%20Knippenberg%20(1998)%20-%20predicting%20behavior%20from%20past%20actions.pdf
  2. https://www.psychologytoday.com/blog/the-science-willpower/201112/how-mistakes-can-make-you-smarter
  3. http://www.sciencedaily.com/releases/2007/07/070702084247.htm
続きを 表示する… (15)

記事の情報

カテゴリ: 自己啓発

他言語版:

English: Avoid Repeating the Old Same Mistakes All over Again, Español: evitar repetir errores del pasado, Русский: избегать повторения своих собственных ошибок, Italiano: Evitare di Ripetere Più Volte gli Stessi Errori, Português: Evitar Repetir os Mesmos Erros Novamente, Français: éviter de refaire toujours les mêmes erreurs, 한국어: 같은 실수 반복하지 않는 법, Tiếng Việt: Tránh Lặp lại Sai lầm Cũ, Bahasa Indonesia: Menghindari Mengulang Kesalahan yang Sama, العربية: تجنب تكرار أخطاء الماضي, Nederlands: Voorkomen dat je dezelfde fouten blijft herhalen, Deutsch: Vermeiden, alte Fehler immer wieder zu wiederholen, ไทย: หลีกเลี่ยงการทำผิดซ้ำสอง, 中文: 避免重蹈覆辙

このページは 547 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?