女の子らしい女の子になる方法

3 パート:女の子らしい女の子の外見メンテナンス女の子らしい女の子のように行動する女の子らしい女の子の服装

女の子らしい女の子とは、自分の性格や強さを犠牲にすることなく自分の女性らしさを心底から受け入れる人のことです。自分の行動、スタイル、外見に気を配りながらも、決して自己中心的であったり意地悪になることはありません。他の女の子から尊敬され、友達になりたいと思われる存在です。女の子らしい女の子になりたいかどうかは個人個人が決めることであり、誰かに言われたからという理由ですることではありません。また、なりたくもないのに、そうなる必要もありません。でも、あなたが女の子らしい外見や姿勢を望むのならば、それに相応しい行動や外見について学ぶだけで変わることができます。

パート 1
女の子らしい女の子の外見メンテナンス

  1. 1
    肌のお手入れ 肌に優しい洗顔料で1日2回洗顔し、洗顔後は肌をしっかりと保湿しましょう。就寝前には必ずメイクを落とします。紫外線は曇りの日も雨の日も肌にダメージを与えるので、常に日焼け止めを塗りましょう。しっかりと肌のお手入れをすると、毛穴の詰まりやニキビを防ぎ、きれいな肌を保つことができます。
    • 思春期にニキビに悩まされる女の子はたくさんいますが、女の子らしい女の子も例外ではありません。でも、慌てる必要はありません。ニキビを防ぐ数多くのクリームやジェル、ローションがお近くのドラッグストアで手に入ります。
    • ひどいニキビや痛みを伴うニキビに悩んでいる場合は皮膚科の医師の診察を受けましょう。医師は強力な治療クリームや時には抗生物質のような薬を処方して、ニキビ治療のアドバイスをしてくれます。
  2. 2
    メイクは軽めに ほんの少しメイクをすると自分の一番自信のある顔のパーツを強調して、女性らしさを表に出すことができます。リップグロスとマスカラは毎日つけるのに最適です。パーティーや週末のイベントには、頬にチークやハイライトを軽く塗り、ピンクや紫のような女の子らしい色のアイシャドーをつけてみましょう。ファンデーションは肌をきれいに見せてくれますが、自分の肌トーンに合ったものを使わないと不自然でわざとらしく見えてしまいます。コンシーラーは欠点を隠すのに使います。アイライナーは目を際立たせますが、使いすぎないように気をつけましょう。
    • ファンデーションはメイク用スポンジかブラシを使って塗ると均等に塗ることができます。オイリー肌にはファンデーションの上から同じ色のパウダーをのせると、メイクが崩れにくくなります。
    • 特に学校では厚化粧に注意しましょう。厚化粧は頑張りすぎている印象を与えやすく、外見も軽薄に見えてしまいます。メイクは自然な美を強調するものであり、自信のない部分を隠すためのものではありません。
  3. 3
    シャワーを浴びて香りをよくする 女の子らしい女の子からは常に爽やかな香りがします。そのため、毎日シャワーを浴びるのは必須条件です。髪を洗うときには髪の縮れを抑えて髪に輝きを与えるシャンプーを使いましょう。さらに保湿コンディショナーを使えば、髪のもつれを防ぎ、滑らかでソフトな髪に仕上げることができます。身体は爽やかな香りのボディーソープで洗いましょう。花の香りやフルーツ系の香りは特に効果的です。柑橘系やチェリーの香りが好まれます。
    • シャワーの後には、足、肘、膝、腕、手に保湿ローション(なるべくならボディーソープとマッチする香りのローション)を塗りましょう。これでいつもしっとりしたソフトな肌でいられます。女の子らしい女の子はいつも抱きしめたくなるほどソフトでいなければなりません。
    • 香水をつけるときは量に気をつけましょう。強すぎる香りは周りの人(特に男子)に不快感を与えます。耳の後ろや手首などの脈のある場所に数滴つけるだけで十分です。
  4. 4
    爪のお手入れ かわいい色のマニキュアを塗った爪は女の子らしい女の子の必須アイテムです。時々マニキュアやペディキュアを塗って、間違っても爪を噛んだりほじったりしないように気をつけましょう。爪は意外にも人に注目されやすい場所です。ギザギザになった爪は見栄えがよくありません。爪はネイルサロンでお手入れしてもらいましょう。ネイルサロンに行けないのなら、自分でマニキュアを塗るか、誰かに手伝ってもらいましょう。お姉さんやお母さんなら上手に塗れるかもしれません。ただし、マニキュアの塗りすぎは爪を傷める原因になるので注意しましょう。
    • 女の子らしい女の子に初挑戦という場合は黒や紫などの濃い色のマニキュアは避けましょう。最初はピンクや淡い青色、薄紫のような女の子らしい色を使いましょう。
    • 手をすべすべに保ちましょう。良質なハンドクリームにお金をかけると、爪を強くし、手を柔らかくすべすべに保つことができます。
    • マニキュアは女性らしさと落ち着いた雰囲気を同時に演出でき、色もたくさんあります。服装に合わせてマニキュアの色を選びましょう。
  5. 5
    髪のお手入れ 美しい髪も女の子らしい女の子の特徴です。髪は最低でも一日おきに洗い(髪質にも寄りますが)、外出する前はきちんとスタイリングします。ハーフアップ、ポニーテール、三つ編み、ツインテール、カール、お団子ヘア、ティアラ編みなど、毎日違う髪型に挑戦しましょう。ピクシーカットはどの顔タイプでもかわいく見えます。自分なりに工夫してみましょう。
    • 髪をブラッシングしすぎると、髪のボリュームが失われ、面白みのない髪にまってしまいます。ブラッシングは髪のもつれを直してスタイリングする程度に数回とかすだけで十分に髪をきれいにします。これで、歩いている時に髪がなびくようになります。
    • 髪にボリュームがない場合はヘアスプレーで根元を立ち上げましょう。根元に近い部分にスプレーし、手で髪をかき上げながらスタイリングします。カールした髪はムースでスタイリングしてカールを際立たせましょう。
    • ヘアアイロンで毎日髪をストレートにすると髪が乾燥します。ヘアアイロンを使う前に熱から髪を保護するスプレーを使いましょう。スプレーはシャンプー後のまだ乾いていない髪につけます。たまにはドライヤーやヘアアイロンなどのスタイリング器具を使わずに、髪を自然乾燥させるとよいでしょう。
    • ヘアスプレーをほんの少し使うだけでヘアスタイルが崩れにくくなり、一日中素敵な髪でいられます。
  6. 6
    健康的な食生活と運動 女の子らしい女の子は自分の容姿に自信を持っていなくてはいけません。定期的な運動と健康的な食生活は内面と外面の両方から気持ちを安定させてくれます。
    • 野菜と果物、全粒穀物をたくさん食べて、健康的な分量のタンパク質や乳製品を摂取しましょう。1日3回のバランスの良い食事と体によい間食を取りましょう。
    • 運動に関しては、自分の好きなこと、たとえばランニング、水泳やダンスなどを行なうようにしましょう。女の子らしい女の子がサッカーチームに参加してはいけないという決まりはありません。
    • ヘルシーな食生活とは自分を飢えさせるということではありません。痩せているから美しいということは決してありません。何事もほどほどにして、ジャンクフードは食べ過ぎないようにしましょう。
    • 自分の体重に不満があるのなら、医師や栄養士に相談してみましょう。年齢や体型に適した運動プランや食生活のアドバイスが得られます。
  7. 7
    歯のお手入れ 女の子らしい女の子は笑顔を絶やしてはいけません。そのため、きれいで真っ白な歯を維持することがとても大切です。朝晩2回、必ず歯を磨きましょう。歯磨きは最低でも2分以上行います。好きな曲の鼻歌を歌いながら歯みがきをすると、ちょうどよい時間になります。毎回デンタルフロスを使い、ミント味の洗口剤で口をゆすぎましょう。
    • 歯並びが悪くても気にする必要はありません。完璧な笑顔を作る方法はいくつもあります。歯並びがかなり悪い場合は歯列矯正をためらわないようにしましょう。歯用のジュエリーだと思えばいいのです。
    • 歯のホワイトニングには家庭で行なえる市販品と歯科医院で行なう専門のものがあります。歯科医院でのホワイトニングを受ける際は、美容歯科学の専門家が行うホワイトニング施術を探しましょう。
  8. 8
    美容のための睡眠をしっかり取る 睡眠の効力を侮ってはいけません。睡眠は脳と身体の一日の疲れを回復し、翌日のための準備をします。よく眠れた翌日は外見も健康的で活力に満ち、気分も向上します。一方、睡眠不足は見た目も気分も疲れたままで、イライラしたり、行動が遅くなり、目の下にくまができてしまうこともあります。最低でも8時間の睡眠が必要です。
    • 睡眠の準備段階として、就寝前の一時間はリラックスしましょう。バブルバスを用意して静かな音楽をかけ、キャンドルを灯すなどして入浴しましょう。それからベッドに入るとすぐに寝付けるでしょう。
    • 就寝前にテレビを観たりゲームやパソコンで遊んで刺激を受けるような行動は避けましょう。代わりに雑誌や本を読むとよいでしょう。

パート 2
女の子らしい女の子のように行動する

  1. 1
    上品に振舞う 女の子らしい女の子は常にレディーのように上品であるべきです。そのため、ぎこちなく不器用な行動をとらないように気をつけましょう。
    • 真に女の子らしい女の子はまるで雲の上を歩いているように優雅で流れるような動きをします。姿勢を正す努力をしましょう。肩を後ろに引き、背筋をまっすぐに伸ばして顔を上げます。バレリーナになった自分を想像して、軽やかな足取りで優美に行動しましょう。
    • 胸を張って歩いたり、腰を振り過ぎないように気をつけましょう。これでは頑張りすぎているように見えてしまいます。腕も振り過ぎないようにして、体の横に自然に下げます(ぎこちなくならない程度に)。
    • 椅子に座っている時に猫背にならないように注意しましょう。椅子の背もたれに寄りかかり、足は床につけます。腕を組むと、意図せずに「あっちに行って」と言っているような空気を作ってしまいます。
    • 上品になるとはスポーツを毛嫌いしてつま先で歩くということではありません。自分の体に気を配り、自制心を持ち、自信を体全体で表現できるということです。
  2. 2
    よい性格になる 女の子らしい女の子の多くは明るく生き生きとした性格をしています。友達が多く、いろいろな趣味や興味を持ち、いつも笑顔を絶やさず、面白い話ができます。あまり真面目になり過ぎず、自分自身のことを笑えて楽しい時間が過ごせるようになりましょう。
  3. 3
    親切にする わがままな行動や他者に失礼な態度は上品とは言えません。
    • 女の子らしい女の子は一緒にいて気持ちよく、優しくて控えめで、いつも上機嫌です。まるでディズニーのプリンセスのように。
    • いつも笑顔を絶やさないようにしましょう。人の役に立ち、頼まれた事は快く引き受けましょう。仲間の模範となるようなリーダーになり、他の女の子から慕われるような存在になりましょう。
    • 友達や自分のグループ内にいる人だけでなく、みんなに親切にしましょう。誰もが平等であるべきです。ゲームやギフト交換などから誰かを仲間はずれにしないようにしましょう。約束は必ず守って、噂話をしないように。
  4. 4
    ロマンチストになる 女の子らしい女の子は恋愛と深く結びついています。恋愛小説を読み、詩に深い関心を持ちましょう。
    • iPodをロマンチックな音楽とラブソングでいっぱいにしましょう。友達を集めて女の子だけの究極のお泊り会を開き、『タイタニック』や『きみに読む物語』のような史上最強の恋愛映画を皆で鑑賞しましょう。
    • バレンタインデーに匿名でギフトを送りましょう。1-2個はお返しがあるかもしれません。
  5. 5
    最新の音楽スタイルを知る 今何が流行っていて何が新しいのかを知りましょう。女の子らしい女の子の聴く音楽はバブルガムポップばかりではありません。ポップミュージックが嫌いなら、インディーズやミュージカル、R&Bを聴いてもいいのです。ただし、ポップミュージックが嫌いでも最新の曲はチェックしておきましょう。好きになる必要はありません。ただ知っていればいいのです。
  6. 6
    他の女の子と出かける 女の子らしい女の子はモール、ショッピング、ビューティー関係のすべてが大好きですが、それを他の女の子たちと一緒に行なえば、もっと楽しくなります。
    • 何人もの友達と一緒にショッピングに出かけたり、イメージチェンジやお泊り会、ベークセールなどの女の子らしい活動をしましょう。
    • 友達は人生で最も大切なものです。よい友達はどんなことがあってもあなたのそばにいてくれます。友情を保つ努力を怠らず、友達でいてくれることに日頃から感謝しましょう。
  7. 7
    罵りの言葉を使わない 罵りの言葉を使う女の子やがさつな口調の女の子は魅力に欠け、上品とは言えません。
    • やめるのは難しいかもしれませんが、罵りの言葉は女の子らしくなる上で最も使ってはいけない言葉のひとつです。悪い言葉を何かカワイイ言葉に言い換えることは、悪い言葉を使わないようにするための練習になります。
    • お友達にも罵りの言葉をやめるように説得しましょう。言葉を自分でコントロールできることをお互いに証明し合いましょう。罰ゲームを付け加えると、楽しく行なえます。例えば、次に悪い言葉を使った人は全員にスターバックスをおごるなど。
    • 原則的には汚い言葉ではありませんが、「バカ」や「のろま」という言葉を使うのは避けましょう。誰かを傷つけてしまうばかりか、他人の自分に対するイメージを損ねてしまいます。
  8. 8
    丁寧な話し方を練習する 丁寧な話し方は芸術のようなものであり、聡明で洗練されたイメージを与えます。
    • 正しい発音で分かりやすく明確な声で話しましょう。「うーん」「えっと」「でも」「あー」などの言葉は耳障りなので、使いすぎないように注意しましょう。
    • 中くらいの声で話すようにしましょう。声が大きすぎたり小さすぎたりしないように気をつけましょう。声は相手に聞こえる程度で十分です。半径5km以内にいる人全員に自分の意見を強要するような声のトーンを使うのはやめましょう。逆に、間近に近寄らなければ聞こえないほどの小声でも困ります。
    • 読書で語彙力を高めましょう。新聞や教科書でもかまいませんが、ジェーン・オースティンやシャーロット・ブロンテのような女流作家による古典ロマンスなどを読むともっと喜びが得られるでしょう。
  9. 9
    食べすぎない 口に食べ物をつめこむのは上品さに欠け、決して良いマナーだとは言えません。食事のマナーを学びましょう。
    • 食べ物はしっかりと噛み、飲み込むときに音を立てないようにします。一口で食べる量を加減して、少なめに口に運びましょう。
    • いつも上品に食べているように見せるために、食べ物を口に入れたら、噛みながら頭の中で20秒数えましょう。20を数え終えたら食べ物を飲み込み、次の一口を口に運びます。
    • 食べにくいものやネバネバした食品は、特にデートの時には避けましょう(相手に不快感を与えてしまいます)。
  10. 10
    日記をつける 秘密の日記をつけることは、女の子らしい女の子の究極の活動です。日記には、学校での出来事や週末のプランなどの日常生活と、好きな男の子のことや将来の夢などの私的な内容を書き留めましょう。
    • 気分を落ち込ませていることについて書き留めると、ストレスや怒りを発散することができて、翌日を笑顔で迎えられるでしょう。
    • 秘密の日記は安全な場所に隠すようにしましょう。うっとおしい弟や噂話が好きな友達に知らないうちに見られてしまったら最悪です。
    • できることならば、自分だけが開くことのできる鍵つきの日記を購入しましょう。
  11. 11
    整理整頓 なんでもきちんと整理しておくと、探し物がすぐに見つかり、大切な予定(友達の誕生日など)を忘れることがなく、常に時間通りに行動することができるようになります。
    • 学校に持っていくもの(ノート、ペン、鉛筆、バインダーなど)は前日にきちんと用意して、その週の予定は手帳にしっかりと書き込みましょう。
    • かわいいペンや鉛筆を常に携帯しましょう。誰かが必要なときにいつでも貸してあげられます。
    • 持ち物は常に整理しておきましょう。バインダー、フォルダー、教科書などにはカバーをかけてラベルを貼りましょう。透明なコンタクトペーパーを使ってカバーをかけるときれいに見えます。模様付きのコンタクトペーパーを使うならば、メタリックな赤、銀、青、金色などがよいでしょう。
    • 学校用のバッグを購入する時は、薄い色か中間色で高品質なブランドのものを選びましょう。紺や黒などは女の子らしい女の子には似合わないので、濃い色は避けましょう。
  12. 12
    学校では集中して授業を受ける 学校でしっかりと勉強することは大切です。どの授業も真面目に受けて、宿題は必ず提出しましょう。
    • 授業中は私語を慎みましょう。おしゃべりは後でいくらでもできます。メモを渡すこともやめましょう。見つかったら恥をかき、他の人の迷惑にもなります。授業中の話し合いに参加して、質問をしましょう。
    • 学校での活動に参加しましょう。チアリーディングのチームに入る(非常に女の子らしい活動です)、討論会や生徒会などに参加する、など興味のある分野の活動を行ないましょう。スポーツは健康的な体型を維持することに役立ち、同時に楽しんで行なえます。
    • 学校でしっかりと勉強をすると、両親と教師にも喜んでもらえます。しかし、長期的に考えれば一番得をするのは自分です。好成績を修めてクラブ活動に精を出すことは、優秀な大学への近道となり、将来の職業にもよい影響を与えます。
  13. 13
    人の言いなりにならない 誰かから身体的ないじめや言葉によるいじめを受けたら、我慢する必要はないということを理解しましょう。
    • 女の子だからといって、強くなれないということはありません。あなたを蔑む権利は誰にもありません。なるべくなら、落ち着いた口調で「やめて」「放っておいて」と相手に告げ、自分自身で問題を解決しましょう。
    • 相手に立ち向かうつもりがあるのなら、相手が何か意地悪な言葉をかけてきたときに返す言葉をあらかじめ用意しておきましょう。ただし、どんな意地悪な言葉も個人的に受け留めるべきではありません。相手のレベルに自分を落とす必要はないのですから。
    • 事態が深刻になって助けが必要になった時は、ためらわずに親や信頼できる教師に伝えましょう。たった一人でいじめに立ち向かう必要はありません。
  14. 14
    雑誌を読む 雑誌を読むことはハリウッドやファッション業界の最新ニュースを知るための素晴らしい方法です。
    • 一番人気の高い雑誌はゴシップ誌とファッション誌ですが、自分の好きなものを読めばいいのです。
    • 多くのファッション雑誌にはライフスタイルの便利なヒントがたくさん掲載されています。
    • ゴシップ雑誌からは好きなセレブの身の周りのことについての最新情報が得られます。

パート 3
女の子らしい女の子の服装

  1. 1
    ファッションセンスを磨く おしゃれはとても重要です。これは必ずしも流行の服装をするという意味ではありません。ファッション雑誌を読んで、合う洋服のコーディネートを研究しましょう。まずはティーン向けの雑誌を読み、好みでもう少し大人の女性向けの雑誌に移行しましょう。
    • クローゼットにある服で組み合わせを考えてみましょう。いつもよい結果になるとは限りませんが、新しくてかわいい組み合わせができるかもしれません。女の子らしい洋服が増えれば、違う組み合わせがいろいろとできるようになります。
    • 最新流行のスタイルを追いかけるのではなく、自分らしい明確なスタイルを築いたほうがいいこともあります。新しい洋服を買っても数週間後には流行遅れになってしまうのでは、お金の無駄遣いです。
  2. 2
    女の子らしい服装をする 女の子らしい色といえば通常はピンクですが、黒や青の服を避ける必要はありません。黒や青の服でも十分にかわいいアレンジができます。女の子らしい服装に欠かせないのはスカートです。また、カラフルなタンクトップ、ワンピース、パステルカラーの下着も必須アイテムです。
    • 履き心地のよい靴を最低でも3足はそろえましょう。エクササイズ用のスニーカーを一足と、かわいいハイヒールやモカシン、バレエシューズ、サンダルなどを取り合わせましょう。また、ハイキングブーツを一足持っていると便利です。女の子らしい女の子だってハイキングはできます。ただし、ハイキングにハイヒールを履いて行かないこと。究極論として、女の子らしい女の子が靴を多く持ちすぎるなんてことはありえません。
    • まるで制服であるかのように女の子らしい女の子の服装の決まりに従わなければならないということはありません。自分に合ったスタイルを試して、服装でどんどん自分を表現しましょう。自分らしくないと感じる服装をするのは絶対にやめましょう。自分らしさはとても大切です。
  3. 3
    体型に合った服を着る 洋服を購入する時の最重要事項は、体型に合った服を選ぶことです。体型に合わない服は着心地が悪く、似合っているかどうかが気になって不安な気持ちになります。女の子らしい女の子は常に素敵な気分でいて、自分に自信を持っていなければいけません。小さいサイズの服を着ることや、小さいサイズの服が着られるようになることばかりを心配するのではなく、自分に合ったサイズの服を着て、よい気分で過ごしましょう。
    • 丈が短すぎるミニスカートを履くのはやめましょう。あなたが目指しているのは控えめでかわいいスタイル(と気分)です。
    • シャツ選びも同様です。きつ過ぎずブカブカ過ぎないシャツを選びましょう。ブラ線が見えてしまったり簡単に脱げないシャツはきつ過ぎます。
    • シャツのサイズが小さ過ぎるかどうかを確認するには、腕を上げてみましょう。この時お腹が見えてしまうようなら、このシャツは小さ過ぎます。
  4. 4
    ブランド志向にならない ブランド服は優越感に浸れるように仕向けられたただのステータスシンボルです。そんな考えには捕らわれないようにしましょう。女の子らしい素敵な格好をするのにお金をかける必要はありません。洋服は慎重に選びましょう。
    • ブランド品が手頃な値段で購入できそうなのであれば、買わないほうがいいなんて思う必要はありません。

ポイント

  • 厚化粧にならないように注意しましょう。リップグロスやリップクリーム、マスカラ、アイシャドウ(ただしつけ過ぎは禁物)などの基本メイクに留めておきましょう。ピエロのような顔になってしまったら、それはつけ過ぎということです。
  • 同級生は、どんなに嫌いな相手でも尊重しましょう。人がみな同じではないことを理解して、相手のありのままの姿を受け入れましょう。
  • 問題を引き起こすような行動を取らないように気をつけましょう。重大な規則を破るようなことはせず、次に何が起きるかを常に考えながら行動しなければいけません。気をつけていれば、レディーにあるまじき放課後居残りの罰を避けられるでしょう。
  • 女の子らしい女の子の価値は外見ではなく行動であることを理解しましょう。
  • 一生懸命に勉強をして、興味深い人物になる努力をしましょう。情熱を傾けられることを持つと、周りの人と打ち解けやすくなり、成長の糧となる素晴らしい経験を得ることができます。
  • 自分の気持ちをはっきりと表現できるようになりましょう。自分らしくない人間になりすまそうとしてはいけません。
  • 絵画、ダンス、歌唱、楽器演奏などの才能があるのなら、隠さずに練習しましょう。絵画や楽器の演奏を発表すれば、みんながあなたの才能に気付きます。芝居がうまいのなら、演劇部に入ることを考えてみましょう。
  • 賢くなりましょう。女の子らしい女の子は会話が上手でなければなりません。頭が空っぽではダメなのです。そのため、関心のあることや人生の重要事項についてしっかりと勉強する必要があります。新聞や本を読んで、語彙を増やしましょう。頭がよくて自分に自信を持った人はみんなに好かれます。
  • 人前でおならやげっぷをしたり、鼻をほじったりしてはいけません。これは女の子らしい行動ではありませんし、みんなに嫌われてしまいます。どんな場所でも常に礼儀正しく振舞いましょう。
  • いつもきちんと髪型を整えておきましょう。毎日違うアスタイルに変えて、みんなをあっと言わせましょう。
  • 可能な限り多くの友達を作りましょう。ただし、誰かを仲間はずれにしたり、人を見下したりしてはいけません。女の子らしい女の子になるということは、たとえ相手に失礼な態度をとられても、その人に親切にできるということです。
  • 口紅とリップグロスの両方をつけることもできます。これはステイニングといい、まず口紅でベースコートを塗り、ティッシュでおさえて余分な口紅を取ります。その上にリップグロスかリップクリームをつけて色を密封させます。
  • 男の子の周りでは落ち着いて行動し、恐れずに男の子と会話をしましょう。こうすると、しっかりした人だと思われ、男の子たちの尊敬を得られるでしょう。相手のことを考えずに男の子に気のある素振りをしてはいけません。これは相手に対してとても失礼な行動です。
  • 女の子らしい女の子は礼儀正しい純真さを態度で表します。
  • 学校のロッカーや机の中はきちんと整理しておきましょう。ちょっと手を加えて、飾り付けをするのもいいかもしれません。
  • かわいい花柄のついたピンクのノートを使いましょう。アルファベットの「i」の点をハートに変えるととってもキュートです。花柄のノートが手に入らなければ、手元にあるノートをかわいく使いましょう。
  • あまりシャイにならないように気をつけましょう。女の子らしい女の子はしっかりした性格の持ち主です。その性格を表に出すのは悪いことではありません。
  • 携帯電話を購入するときは、ライムグリーン、ピンク、ベイビーブルーのような女の子らしい色を選びましょう。今持っている携帯電話が女の子らしくない色なら、かわいい色のケースを買いましょう。
  • 女の子らしいスポーツは、水泳、テニス、体操とダンスです。ダンスなら楽しみながら体重を落とすこともできます。それに、バレエ、エアロビクス、ズンバ、ジャズダンスなどのいろんなダンスがあります。女の子らしい女の子はバレエしかしてはいけないということは決してありません。
  • いつもメイクや洋服や自分のことばかり話すのはやめましょう。
  • 女の子らしい部分を表に出して、自分自身を隠さないようにしましょう。自分らしく自信を持った強い女性を目指すべきです。雨に濡れたり、時々チョコレートを食べたっていいのです。自分らしさを表に出しましょう。
  • テキストメッセージやメール、インターネット上の会話や投稿など、文字をタイプしなければならない時には、文法や句読点の打ち方、漢字の間違いなどに注意しましょう。教養のない人だと思われてしまう上に、文法の間違えは相手に不快感を与えます。
  • 感じの悪い人にならないように気をつけましょう。同じことを何度も繰り返して言ったり、不自然な行動やハッピーすぎる素振りをしないこと。
  • 女の子らしい女の子はいつも携帯電話を使っています。そこで、携帯電話には自分らしいスタイルの可愛らしいいケースをつけておきましょう。ただし、携帯電話を使いすぎて失礼や相手を不愉快にさせることがないようにしましょう。携帯ばかりではなく実際に目の前にいる人たちとの会話を楽しむことも忘れずに。
  • 「女の子に似合う色はピンクしかない」と決め付けずに、ピンクに何か濃い色の服を合わせて面白いコントラストを楽しみましょう。
  • 噂話や陰口はやめましょう。女の子らしく噂話をしてみたいと思うかもしれませんが、他の人の信用を失う可能性があります。
  • とにかくピンクの服を着ましょう。明るい女の子のイメージになり、男の子たちに好かれます。

注意事項

  • あなたのことを、鼻が高い、真面目すぎる、などと言って嫌う人がいるかもしれません。相手に対して何も悪いことをしていないのなら、完全に無視しましょう。そういう人たちは自分に自信がないからあなたを落とし入れようとしているだけです。それはあなたの問題ではありません。
  • 学校に通っている間に女の子らしい女の子に変わりたいと考えているのなら、少しずつ変化を加えていきましょう。これまでずっとフードつきトレーナーやスエットパンツを着ていたのに、急にスカートやヒールを履いて登校するようになったら、みんなに怪しまれます。ゆっくりやりましょう。それに、女の子らしい女の子は自分には向いていないと思ったときに、すぐにやめられます。
  • 人間性を高める努力をしましょう。親切になりすぎるということはありません(利用されているのでなければ)。意地悪や非情な人間にはしっぺ返しが待っています。
  • 男の子たちとばかり遊んでいると、自分も男らしくなってしまいます。そうではなく、女の子らしい女の子たちと仲良くして、彼女たちの言葉や食べ物、ヘアスタイルを真似してみましょう。ただし、いろいろなタイプの友達と付き合うことも大切です。
  • 男っぽいタイプの女の子が、好きな男の子にアピールしたい時には、女の子らしい女の子になるのは考え物です。相手の男の子はあなたに女の子らしい女の子になって欲しいとは思っていないはずです。ありのままのあなたを好きになってくれる相手を選ぶべきです。おてんばな女の子が誰かのために自分を変える必要はありません。
  • タトゥーやボディーピアスは考え物です。人は他人を見かけで判断しがちです。また、タトゥーとピアスは個人の表現方法であるとはいえ、永遠に残ります。後で取り除くのが非常に難しい(高額である)ことを覚えておきましょう。本当に欲しいのなら入れても構いませんが、後で後悔する可能性が少しでもあるのなら、美術や詩、その他の方法で自分を表現したほうが賢明です。一方、耳のピアスはいつも女の子らしい女の子の味方です。へそピアスや眉のピアスはバッドガール的で、女の子らしい女の子になりたいあなたには不向きです。

必要なもの

  • きらきらしたリップグロスかリップクリーム
  • 毎日使うマスカラ(黒は普通、茶色や透明も使えます)
  • かわいらしいアクセサリー
  • パウダー、チーク、アイライナー、アイシャドー、コンシーラー(自由)
  • 適切なワンピースとスカート
  • 女の子らしい香りの香水かボディースプレー
  • ヘアアイロン、ホットカーラー、バレルカーラー、リングレットカーラー、クリンパー
  • ガム、ミントタブレット、抗菌ジェルの小型ボトル、旅行用サイズのローション
  • 手鏡
  • 思い通りの髪型にならなかった日用の折りたたみ式ブラシ
  • フェイスパウダー、マスカラ、リップグロス/リップクリームの入った化粧ポーチ
  • 忘れた時やタッチアップが必要な場合に使う旅行用サイズのボディスプレー
  • 女性用品:タンポンや生理用ナプキンなど
  • 友達(心の支え)
  • かわいい運動着
  • メイク落とし(メイク緊急事態用)
  • かわいい靴
  • ヘアスタイリング製品


記事の情報

カテゴリ: 若者

他言語版:

English: Be a Girly Girl, Français: être une fille féminine, Italiano: Essere una Ragazza Girly, Español: ser una chica femenina, Português: Ser uma Garota Feminina, Deutsch: Mädchenhaft sein, Русский: стать женственной девушкой, 中文: 做个淑女, Čeština: Jak si vybudovat "girly girl" styl (pro dívky), Nederlands: Een echt meisje zijn, Bahasa Indonesia: Menjadi Gadis Feminin

このページは 70,776 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?