恋人と別れるべきか知る方法

4 パート:自分の気持ちを受け止める交際相手のことを考える交際関係を考える行動を起こす

この記事にたどり着いたのは、もしかしたら現在の恋愛関係に何か疑問を抱えているからではないでしょうか。どのカップルにおいても、疑ったり、反省したりすることはあるものです。しかし、心の中にあるそのもやもやした感情が相手と別れるべきだと告げているのだと、どうしたら分かるのでしょうか。恋愛を終わらせるのは決して簡単ではありません。それが正しいことだとわかっていたとしても。それでも、まず最初に別れるべき理由があるかどうかを確かめて、これが正しい選択であることを確認する必要があります。ステップ1から始めましょう。

4のパート1:自分の気持ちを受け止める

  1. 1
    相手の受け入れられない部分を考える 交際相手に変えて欲しいと思う一面はありますか?もしそうだとしたら、相手もあなたに対して同じように思っていることがあったとしてもおかしくはないことを考えましょう。あるいは、あなたが相手に変えてほしいと思っていることが何であれ、そっくり受け入れてしまうことです。声に出して言ってみましょう。「あの人はとてもだらしがないけれど、受け入れよう」そして、自問してみましょう。「それを受け入れてまで、この関係を続けることに意味があるのだろうか」と。「ある」という答えが出たのならば、相手を変えようとするのではなく、ありのままの相手を受け入れて、交際を続けましょう。
    • どうしても相手を受け入れられず、それがあなたにとって重要な問題であるにも関わらず、相手が変わってくれないのであれば、それは関係を終わらせる潮時なのかもしれません。
    • もしかしたら、お互いに異なる宗教背景で育ったのかもしれません。双方ともに自分の信仰を重要なものと考えていて、お互いに相手の宗教に改宗することができないのであれば、それは十分に別れる理由になります。
  2. 2
    自分自身の問題について考える もしかすると、あなたは自分自身の抱えている問題、例えば相手に捨てられるかもしれないという不安感に向き合いたくなくて、別れようとしているのかもしれません。しかし、こうした不安感は現在の交際に限ったことではありません。例えば、以前付き合っていた彼に浮気をされたことがあったために、現在の彼を心底好きになってしまったらまた自分が傷つくのではないかと恐れて、別れてしまおうと考えているのだとしたら、それは別れる理由にはなりません。自己の問題から逃れようとする前に、まずはその問題に対処することが大事です。
    • 自分の抱えている問題が二人の間でも問題になっていると思うのなら、相手と話し合って、一緒にその問題に取り組むべきでしょう。
  3. 3
    相手を傷つけたくないという理由で交際を続けていないか考える いつもみんなに優しく世話好きなあなたは、別れるべきだと分かってはいても、別れ話を切り出して相手を傷つけたくないと思っているのかもしれません。しかし、同情だけで交際を続けているのは、相手にとって少しも良いことではありません。八方美人は誰のためにもなりません。
    • この交際が先の見えないものだとわかっているのならば、早いうちに終わらせるのが相手のためにも一番よい手段です。そうすれば相手は早く失恋から立ち直り、本当に相応しい相手を探すことができるからです。
    • できれば何も行事のない平穏な時期に別れるのが理想的ですが、誕生日や、結婚式、バレンタインデー、クリスマス、他にも数えきれないほどある理由のために、別れを先延ばしにするのはやめましょう。そんなことをしていたら、いつまでたっても関係を断ち切ることはできません。別れに完璧なタイミングなんてありません(もちろん多少の差はありますが)。
  4. 4
    別れられないのは独りになるのが怖いから 独りになるのが不安ですか?別れられないよくある理由のひとつに、独りになるのが不安だからということがあります。交際している理由が、ただ誰かと一緒にいたいだけというのは、相手に対してフェアではありません。また、自分のためにもなりません。大人として成長するチャンスと自分に本当に相応しい相手を見つけるチャンスを逃しているからです。
  5. 5
    相手にもう関心がないことを認める もしかしたら、相手もあなたのことをそれほど好きではないのかもしれません。人を好きになる理由なんて、誰にもわからないものです。時にはなんとなく気持ちが離れてしまったり、一方だけが相手に強く惹かれていて、もう片方はそれほどでもないということもあります。こうしたケースはよくあります。それに心も痛みます。でも、これは誰のせいでもありません。愛情や相手を大切に思う気持ちは無理に生み出すものではありません。相手に夢中になっていた時期があったかもしれませんが、それはどのくらい前のことだったでしょうか。自分の本当の気持ちに早く気付けば、それだけ早く自分の気持ちに対応できるということです。
  6. 6
    瞑想する 独りになって、目を閉じて座り、呼吸に集中します。瞑想で現在の恋愛関係についてよい閃きがわくというわけではないかもしれませんが、自分の気持ちに集中することはできるでしょう。これまでは、落ち着いて自分の体と心が語りかけていることに耳を傾ける時間がなくて、パニックを起こしていたのかもしれません。
  7. 7
    交際相手と一緒にいるのが恥かしい これは重要なポイントです。仕事仲間や友人たちと会う時に、交際相手を自慢したくて、周りに紹介するために連れていきたいと思いますか?それとも、こうした集まりで相手を紹介したくなくて、言い訳を考えて連れて行かないことにしますか?
    • 確かに、恥ずかしがりな人はいますし、ときには、彼や彼女なしの方が楽しめるという状況もあるでしょう。ただ、お付き合いしている相手のことは誇らしく思い、友達に自慢したいと思うのが普通です。交際相手と一緒にいるところを他の人に見られたくないと思うのなら、その人と交際していて幸せを感じますか?

4のパート2:交際相手のことを考える

  1. 1
    交際相手が自分を操ったりコントロールしている こうした関係は不健全です。恋愛関係を続けていきたいのならば、相手は行動を大きく変える必要があります。それができないのであれば、なるべく早く別れるべきです。交際相手があなたを言いなりにさせようとしたり、したいことをさせてくれないということであれば、これは深刻な問題です。
    • 相手があなたを操ろうとしたり自由を与えてくれないのならば、これは例外ケースで、一対一で別れ話をしてはいけません。別れ話をしたら相手が暴力をふるうかもしれないという不安がある場合は、友達に手助けをしてもらって間接的に別れましょう。
  2. 2
    相手があなたを大切にしてくれているかを考える 相手があなたのことを大切に思ってくれているのなら、何の理由もなくあなたの品位を落としたり、批判をしたりはしないでしょう。あなたに対して建設的な意見を述べてくれて、あなたが人間として成長できるのであれば、それはいいことです。でも、わざと傷つけるようなことを言うのは別問題です。例えば、あなたが何かを落として壊してしまった時に、相手が「バカだなぁ。自分のすることにもっと集中しろよ」と言うようなことがあれば、それはもう十分に別れる理由です。その相手とは別れて、あなたをもっと大切にしてくれる人を探しましょう。
    • 相手の不遜な態度はもう少し微妙なものかもしれません。あなたの容姿をからかったり、仕事に口出しをしたり、あなたの不得意なことを強調したりするのは、極めて失礼な態度です。
  3. 3
    相手がいつもあなたを非難する ときどきケンカをすることは誰にでもあります。それに、たまにケンカをしても、お互いの不満を建設的に話し合えるのなら、ケンカも二人の関係にとってはよいことかもしれません。ただし、交際相手が理由もなく大声を上げてあなたを非難したり、蔑称で呼んだり、残酷なことを言うのだとしたら、これは別れたほうがよいというサインです。
  4. 4
    交際相手があなたとの関係を恥かしいと思っているかどうかを考える もしそうだとしたら、これは大きな赤信号です。交際相手があなたと一緒にいるところを見られたくない、あるいはあなたと付き合っていることを人に知られたくないと思っているようなら、これは大問題です。交際相手のことを隠したいと思う正当な理由などほとんどありません。あったとしても、交際相手が自分よりずっと若い、または厳しい両親に知られたくないということぐらいでしょう。交際相手が友達や知人にあなたと付き合っていることを知られたくないと思っていたり、公の場で手をつないだり、デートをしたくないようなら、別れる時が近付いていると考えましょう。あなたに必要なのは、あなたと一緒にいることを恥かしがらず、誇りに思ってくれる人です。あなたにはその価値があるのですから。
  5. 5
    親密になりたいと思っているのはあなただけかどうかを考える いちゃいちゃし始めるのはいつもあなたのほうからですか?そうだとしたら、問題があります。挨拶のキスをするときにも、いつもあなたが求めなければならないのなら、二人の関係には問題があるのかもしれません。二人で話し合うことをためらわないようにしましょう。もしかしたら、相手は触れ合うことに不安があるのかもしれません。または、あなたの浮気が許せないということもあります。相手の問題が何であれ、問題を解決する努力をするか、早期に別れたほうがいいでしょう。どちらにしても現状のままでいるわけにはいきません。
  6. 6
    相手はあなたがしたくないことを強要するかどうかを考える 相手はあなたに飲みたくないアルコールを強制的に飲ませようとしたり、心の準備ができていないのにセックスを強要したりしますか?または運転中のスピード違反や他人への嫌がらせなど、あなたを怖がらせるようなことをするのであれば、別れるべきです。この交際相手はあなたの希望や要望を大切だとは考えていません。あなたをもっと大切にしてくれる人を見つけるべきです。
    • 本当はしたくないことを相手のためにしていると、自分ではなかなか気付かないことがあります。それに慣れてしまうからです。

4のパート3:交際関係を考える

  1. 1
    交際を始める前に相手について他の人から忠告をうけたことがある 親友が「もっといい人がいるんじゃない?」と言っているからといって、交際をやめる必要はありませんが、友達や家族を含めた周りの人みんなが今すぐに別れたほうがいいとわざわざ言ってくれるのなら、恋愛関係を見直したほうがいいでしょう。周りの人が、たとえば、本当はあなたのことを好きじゃない、あなたをボロ布のように扱う、などの正当な理由があってそう忠告してくれるのなら、別れることを考えたほうがよいでしょう。
    • もちろん、他の人たちにはあなたと相手との関係がどのようなものかなど分からないかもしれません。それに、周りの人が二人の関係をどう思っているかで二人の関係を測ることもできません。しかし、誰かに別れたほうがよいと忠告されたら、少なくとも正当な理由があるのかどうかぐらいは考えましょう。
  2. 2
    二人の関係が早く進み過ぎている 交際は独自のペースをしっかりと守り、時間をかけて相手のことをきちんと知ることが大切です。2ヶ月前に知り合ったばかりなのに、一緒に住むことや結婚まで話し合っているようならば、それはお互いに対する気持ちではなく、約束に心が動かされているのです。相手のことをよく知らないうちに二人の関係がどんどん先に進んでしまっているのなら、ペースを落とすか終りにする必要があります。
  3. 3
    将来について話し合ったことがない 15歳同士の恋愛ならば、結婚や同棲、仕事、子どものことを話し合わなくても、まったく問題はありません。しかし、25歳や35歳、または長年付き合っているのであれば、将来の話はそのうち自然に出てくるはずです。長く付き合っているのに、二人の間に一ヶ月以上先の話が出ないのは、お互いに二人の将来がまったく見えていないからでしょう。これが当てはまる場合は、この関係をこの先も続けるべきかどうかを考える必要があります。
  4. 4
    二人の関係に深刻な問題がある 大した問題ではないことが別れの兆候になることもありますが、必ずと言っていいほど別れるか大きな変化を必要とする兆候もいくつかあります。以下の兆候に心当たりがあれば、別れたほうが良いかもしれません。
    • 身体的または心理的な虐待を受けていますか?金銭的に利用されている、または性的な虐待を受けていますか?過去において、健康もしくは安全に被害を及ぼすほどの暴力行為を受けたことはありますか?
    • したくない事を強要されることはありますか?例えば、危険な行為や犯罪行為に加担させられたり、大声で怒鳴られたり脅かされたりすることはありますか?これらはすべて危険な関係に発展する可能性のある兆候です。「僕を本当に愛しているのなら、やってくれるだろう…」という言葉の罠にはまらないでください。
    • けんかや失望が絶えず、会話、セックス、経済的サポート、感情的サポートといった恋愛関係の重要な部分に支障をきたしていませんか?
    • 嫉妬も大きな問題です。交際相手があなたの交友関係(いつ、どこで、誰と)に口出しをするようになったら、それはもう不健全な関係です。あなたの社交生活を決めるのは、交際相手ではなく、あなただけです。
    • 交際相手の長期にわたるアルコール依存症や麻薬中毒のせいで、あなたとあなたの子供たちの生活が脅かされていますか?
    • あるいは、あなたが長い間アルコール依存症や麻薬中毒から立ち直れなくなっているのでしょうか。それならば、この交際を続けても誰のためにもなりません。
    • 付き合っている理由がパーティ好き、共通の趣味、愛情のないセックスのような表面的な理由しかないのなら、早めに別れて次に進みましょう。
    • 交際相手があなたの外見や服装をコントロールしようとしますか?あなたの体、顔、髪、洋服はあなただけのものです。外見や服装は自分で決めましょう。
  5. 5
    同じ人と別れたり、よりを戻したりという関係が続いている 本当に愛し合っているカップルというのは、どんな状況になっても、常に愛し合っているものです。別れたり、またよりを戻したりという交際が続いているのは、何かがうまく行っていないからです。一度別れたら、よりを戻すようなことはするべきではありません。そうまでして、悩んだり、心を痛ませる必要はないからです。それに、あなたに相応しい人が必ずいるはずです。その人を探しましょう。
  6. 6
    人生の目標が合わない あなたが世界中を旅する海洋生物学者で、交際相手は田舎の実家の近くで教師をしてずっと暮らしたいと思っているとしたら、これは問題です。あなたは子どもを欲しくないと思っているのに、相手は7人の子どもが欲しくて、今すぐにでも子作りを始めたいと思っているとしたら、これも問題です。お互いの夢や将来についての見通しが合わないのであれば、今後の交際の行方を考えなければなりません。今が別れる時なのかもしれません。
    • 十代のうちはまだ人生の目標が定まっていないかもしれませんし、これからよく考える必要があるでしょう。しかし、現在、今後の将来について計画を立てなければいけない立場にあって、交際相手と意見が一致しないのであれば、二人の関係についてもう一度よく考えてみるべきでしょう。
  7. 7
    二人のうちのどちらかが、不誠実な行動を繰り返す 過去に浮気をしたことがあるにしても、現在の交際に満足していなくて浮気をしているにしても、浮気は決してよい兆候ではありません。相手を許すことを学ぶこともできますが、どちらかがすでに何度も浮気を繰り返しているのならば、二人の関係は修復できないところまで来ているのかもしれません。浮気は、二人の関係が十分ではない証拠です。
  8. 8
    心が離れてしまった これは難しい問題です。高校時代や大学時代には本当に相手を好きだったのかもしれませんが、今はお互いに違う友達や興味、関心を持つようになっているかもしれません。お互いの共通点は過去の思い出だけというのは、交際を続ける上で十分ではありません。こうなったら次のステップに進まなければなりません。これは最もつらい別れの理由です。誰のせいでもないからです。お互いにまだ相手への想いが残っているかもしれませんが、成長して昔とは違う人になってしまったことを考えたら、交際を続けるべきではありません。
  9. 9
    お互いに秘密を持っている 浮気とまではいかなくても、相手をだます噓や秘密は、相手に対して信用や敬意を持たないという危険信号です。交際相手にはサプライズパーティー以上の秘密を持つべきではありません。だからといって、仕事の不満を相手に長々と話したほうがよいと言っているわけではありません。そんな話は相手がうんざりするだけです。ただし、まだ結果がわからないからといって、遠方地域の仕事の面接を受けたことを黙っているのどうでしょう。
  10. 10
    どちらも関係を修復しようと努力しない 以前はよくピクニックやハイキングにでかけたり、素敵なデートの計画を立てたり、病気の時に看病をしてくれたりしたのに、今ではあなたからの電話やテキストメッセージに返事もしなくなってしまったというのであれば、二人の関係を修復するための努力をするか、関係を断ち切るべきでしょう。どちらも努力する気がないのなら、その関係は二人にとってもはや価値のあるものではないのでしょう。
  11. 11
    お互いに別々の時間を過ごしている 面倒な別れのプロセスを経なくても、これはもう別れているといっていい状態でしょう。たいていの週末は二人で一緒に行動するのではなく、自分だけの友達と出かけたり、家族と一緒に過ごしたり、家にいても自分だけの趣味を楽しんでいるのでは、まるで別々の部屋でテレビを観ているようなものです。これでは、別れ話をするまでもなく、心はすでに離れてしまっているのかもしれません。こうした状況ならば、別れたほうがよいでしょう。

4のパート4:行動を起こす

  1. 1
    別れるときには感情的にならない 関係を修復することができないことは、お互いに落ち着いているときのほうがよく理解できるでしょう。それに、感情的になって別れ話を切り出すと、終わらせるのが難しくなります。話を切り出す前によく考える時間を作り、冷静な対応をしましょう。
  2. 2
    考える時間が必要なときは相手から離れてみる 1、2週間は会わない約束をしましょう。ただし、この期間にもまだ二人の交際が続いていることを明白にする必要があります。この期間中は一緒に行動をすることも、電話やメールで連絡を取ることもしません。二人の間に距離を置くことで、あなたがこの交際をどれほど大切に思っているか、あるいは思っていないのかが判るでしょう。最初はつらいかもしれませんが、離れている間に、相手が自分の生活の中にいなくても大丈夫だと思うようなら、別れたほうがよいのかもしれません。
    • 離れている間、最初の数日間は相手がいなくても問題はなかったのに、その後、相手がいないことを寂しく思い、自分の生活に何かが欠けていると感じるようであれば、関係を修復すべきかもしれません。
  3. 3
    関係を修復したほうがよいかどうかを考える ここまでは交際相手との関係を終らせるべきかどうかを考えてきましたが、その逆に、ここからは交際を続けたほうがよい兆候があるかどうかを考えてみましょう。たとえ自分が変わらなくてはいけないとしても、以下の兆候が当てはまる場合は、関係を続ける努力をしましょう。
    • 特に信念やモラルに対する考えにおいて、お互いに共通の価値観がある
    • お互いに相手を信用している 交際相手はいつもあなたの味方になり、家庭を円満に保つために協力してくれていますか?
    • 突然、困難に見舞われて、自分自身を見失っている 健康上の問題、トラウマ、経済的な問題、依存症の進行やうつ病などは突発的に起こることがあり、そうなると先が見えなくなります。時間をかけて心の中のもやもやを取り除き、問題を乗り越えるまでお互いを支え合いましょう。
    • 批判的な考えや行動がさらに批判的な対応を呼ぶ負のサイクルにはまってしまっている 批判的な考えや行動を抑えて悪循環から抜け出し、和解を申し入れましょう。相手にも考える時間が必要です。
    • 結婚の話が出そうになると、逃げ出す癖がある 落ち着く時間を作って、友達に戻ることから始めましょう。まずは友情を大切にします。相手のどんなところが好きだったのかを思い出し、大切に思っていることを示しましょう。結果はどうであれ、自分がこの問題から逃げないでいられるかどうかを試すよいチャンスです。
    • 少しずつ心が離れていき、気付いたら見知らぬ人と住んでいた これは通常、お互いへの関心が薄れた時に起こります。なるべく会話を持つ、相手の話を聞く、一緒に時間を過ごすなどの努力が必要です。こうして愛情を取り戻しましょう。

ポイント

  • 親しい友人や家族に、この交際についてどう思うかを尋ねてみましょう。ただし、最後に決断を下すのは自分です。
  • 交際を続ける良い点と悪い点を書き出してみましょう。悪い点のほうが良い点より多い場合は、別れたほうがよいでしょう。
  • 別れ話を切り出すのがあなたであっても相手であっても、別れましょう。あなたが望み通りの相手ではなかったから別れるというのなら、相手の思い通りになろうとして後を追うのではなく、もう終わりにしましょう。相手ではなく自分のことを考えるべきだったことに気付かせてくれた相手に感謝して、批判は前向きに受け取り、よい思い出と共に前進しましょう。


記事の情報

カテゴリ: 対人関係

他言語版:

English: Know When to Break Up, Français: savoir quand rompre, Español: saber cuándo terminar una relación, Deutsch: Eine Beziehung gut beenden, Italiano: Sapere Quando Chiudere una Relazione, Português: Saber Quando Terminar, Русский: понять, что пора расставаться, 中文: 知道何时应该分手, Nederlands: Beslissen of je het uit moet maken, Čeština: Jak poznat, kdy je čas na rozchod, Bahasa Indonesia: Mengetahui Kapan Harus Mengakhiri Hubungan, العربية: معرفة الوقت المناسب لإنهاء العلاقة العاطفية, हिन्दी: जानेें, कि कब ब्रेक अप करें, Tiếng Việt: Nhận ra Thời điểm Chia tay, ไทย: รู้ว่าเมื่อไหร่ที่คุณต้องบอกเลิก, 한국어: 헤어질 때를 아는 법

このページは 154,002 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?