死者と会話をする方法

3 パート:死者と直接会話をする専門家の手を借りる祈り、その他の方法

すでに他界した愛する人や遠い昔のご先祖様と話をしてみたいと思ったことはありませんか?自宅を徘徊する死者の霊と話し合いの場を持ちたいなんてことは?人類は何千年も前から様々な方法で死者と会話を続けてきました。一人で、または外部から手を借りて、目に見えない霊と会話する方法を学びましょう。

パート 1
死者と直接会話をする

  1. 1
    第六感を磨くための集中[1]亡くなった相手の姿を思い浮かべるだけでは死者とつながることができない場合は、もう少し具体的な方法で集中力を高めましょう。
    • 今、自分の存在をどう感じているのかを意識的に考えるようにしましょう。自分のいる場所、時間、自分の気持ちを憶えておきます。そうしないと、現実に気持ちを戻すのが困難になります。
    • 自分の感覚をゆっくりと「ソフトフォーカス」に持っていきます。ソフトフォーカスとは、自分の周りの細かいことに気をとられなくなる精神状態です。
    • 肉体的な感覚が鈍くなってきたら、自分を取り巻く室内のエネルギーに気持ちを集中させます。目に見えない力を自分から探しにいくのではなく、ただ受け入れましょう。もし何かの存在を感じたら、質問を投げかけてみましょう。言葉で返事がかえってくるとは限りません。返事は映像や感情であることもあります。[2]
  2. 2
    精神力で話しかける 霊能者の中には、この能力はプロに特化したものではなく、霊感があれば誰でも死者と会話ができると考える人もいます。亡くなった家族と実際に話ができるようになるまでには時間と訓練を必要としますが、この説によると不可能ではないということになります。
  3. 3
    頭が空になったら、死者をイメージします。故人とあなたの関係を象徴するようなイメージを浮かべましょう。はっきりしたイメージであればあるほど、死者と容易につながることができます。
    • 故人のイメージを数秒間思い浮かべたら、相手に質問をしてみましょう。返答を待つ間も故人のイメージを心にずっと持ち続けます。ここで返事を勝手に想像してはいけません。自分が勝手に作り出した返事ではないと確信できる答えが返ってくるまで忍耐強く待ちましょう。
  4. 4
    簡単な質問をする この方法は故人と接触するというよりは、心霊研究家が心霊スポットなどで霊とコミュニケーションを図ろうとする場合に使われます。心霊現象が起こるといわれる部屋で簡単な「はい、いいえ」の質問をし、一定の方法で答えてくれるように霊に頼みます。よくある方法はノックと懐中電灯による二通りの返事です。
    • ノックの場合、一回のノックが「はい」、ノック二回が「いいえ」であることを室内の霊に伝えます。
    • 懐中電灯を使う場合はボタン式など簡単にスイッチが入れられるものを選びます。懐中電灯を点けて、懐中電灯の先の部分をゆるめて電球が消えるか消えないかという状態にします。懐中電灯が転がらないように平面に置きます。そして部屋の中の霊に「はい」ならボタンを1度、「いいえ」なら2度押すように伝えます。

パート 2
専門家の手を借りる

  1. 1
    霊媒師の力を借りる[3] 霊媒師は死者との会話を司る専門家です。インターネットや電話帳で霊媒師を探してみましょう。故人と話したいことを説明すると、霊媒師が自宅に出張してくれるか、霊媒師のオフィスに出向くようにと指示があるでしょう。
    • 自宅で霊と会話したいのなら霊媒師の出張サービスを利用する必要があります。たいていの霊媒師は出張サービスを主体としています。
    • 霊媒師の選び方に注意しましょう。霊と話すという行為を信じている人でも、霊媒師が偽者かどうかということに関してはかなり慎重になります。どの世界にも詐欺師はいるものです。霊媒師のサービスに予約を入れる前に、その霊媒師が本物かどうかをしっかりと調べましょう。霊媒師と会う時には、霊が本当にその質問をしているのか、霊媒師が自分で考えた質問ではないのかということをきちんと見極めて、メモに書き記しておきましょう。
  2. 2
    EVPやEMPなどの技術を使用する[4] EVP(電子音声現象)は人間の耳には聞こえない音が録音される現象です。EMP(電磁パルス)は専用の測定器により記録されます。こうした方法を用いるには、霊的エネルギーがあると言われる部屋で質問を投じてみます。
    • EVP(電子音声現象)を期待する場合はどのような質問をしても構いません。この方法は霊の名前や情報を知るときに一般的に使われます。質問をした後は、しばらく霊の返事を待ちます。録音を再生して、ボソボソした声や何か普通でない音を聞き取り、それらを答えとして判別します。

    • EMP(電磁パルス)は通常は「はい、いいえ」の質問にのみ使います。一般的なEMP測定器は発光装置で、電磁波が高くなると点灯します。室内の霊に質問をして、一回の点灯は「はい」、二回の点灯は「いいえ」であることを伝えます。
  3. 3
    交霊会を開く 交霊会とは、参加者全員の力を集めて死者の魂と接触を図る方法です。それにはこの体験を信じている最低3人の参加が必要です。この方法では亡くなった知人や浮遊霊と話すことができます。どのような霊と会話することも可能なので、悪霊が出てくる可能性に注意しましょう。

パート 3
祈り、その他の方法

  1. 1
    祈りを唱える すべての宗教が霊に祈りを捧げるわけではありませんが、そうする宗教もあります。これらは自然な中立的な行動で、2つの方法があります。
    • 霊に話しかけるのではなく、霊に死後の世界で安らぎと喜びが与えられるように祈りを捧げます。霊があなたの祈りを聞いてくれていると思いながら行います。
    • 次に、霊に向けて祈りの言葉をかけます。霊に救済を求めているわけではなく、ただ、あの世からあなたのために祈りや仲裁をして欲しいと願います。霊的領域の一環として、この世で信仰深かった人はあの世であなたのことについて神に熱心に祈りを捧げてくれると信じている人もいます。
  2. 2
    鏡を見つめる 鏡を見つめながら故人と会話をする人もいます。これは精神力で霊と接触することに似ていますが、鏡を使うとより明確に故人と触れ合えます。
    • 心を落ち着かせます。静かな部屋で鏡の前に立ち、目を閉じて、心配事や激しい感情やどうでもいいことを考えないようにします。
    • 話をしたい相手のことを強く考えます。心の中にその人のイメージを浮かべます。相手の顔の部分部分がはっきり見えるほど鮮明に想い描きます。
    • 目を開けて鏡を見ます。自分の心の中のイメージが鏡に写ることを想像します。そのイメージはブレていたり、自分の姿に重なって見えたりするかもしれませんが、故人の姿を鏡の中に見ることができるでしょう。
    • 質問をします。返答を強要せず、心を開きましょう。返答は言葉ではなく、感情や映像で伝えられることもあります。
  3. 3
    所持品を使ってコミュニケーションを図る 故人の所持品を通じてコミュニケーションを図る人もいます。持ち物には持ち主の魂をあなたのもとに呼び寄せる力があるのでコミュニケーションができるようになります。故人と話したいのならば、服や本などその人が生前に使用していたものを探しましょう。それを故人が生活していた場所に持っていき、故人の所有物を手にとって会話を始めます。
  4. 4
    返答を求めずに一方的に話す 霊的、超自然的な方法で故人と話すのに抵抗がある人は、故人からの返答を求めずに一方的に話しかけるという方法もあります。[5]霊の存在を信じる人は、霊が生きている私たちを見守ってくれていると考えることがあります。霊とはどこでも話すことができるので、お墓や思い出の場所など特別な意味を持つ場所に行って話してもいいでしょう。相手に自分が思っていることを話してみましょう。質問をしてもかまいませんが、最初から答えは期待していないのだから、質問にこだわる必要はありません。

ポイント

  • 故人の死を悲しんだまま霊とコンタクトを取ると悪霊に取り付かれやすくなるので、細心の注意を払いましょう。少しでも霊と会話ができることを信じるのなら、悪霊の存在も絶対に知っておくべきです。悪霊は呪いをかけることもできますが、呪いをかけられても気づかないというパターンもあります。死者と会話をした後には、車の運転や銃の扱いなどは控えたほうが無難です。
  • 猜疑心と信じる心のどちらもバランスよく持ちましょう。信じる心を持たなければ死者との会話はできません。その半面、どうしても死者と会話を持ちたいと強く望みすぎると、我を忘れて勝手に返事を作り出したりすることにもなります。
  • 故人と会話をする時には、昔故人が所持していたものや形見の品などを手に持って行いましょう。
  • 睡眠中に死者と会話をしてみましょう。就寝前に死者に質問をします。強く返答を望めば、夢の中に返事や何かしらのヒントが現れます。ただし、毎回成功するとは限りません。
  • 死者と会話をしたい理由を自問してみましょう。ただの興味本位でやってみたいと考えているのなら考え直したほうが身のためです。死者との会話は軽率に行うべきものではなく、会話をしたいという強い思いがあるときのみ行うべきです。
  • 死者との会話の方法が正しいかどうかを考えましょう。宗教によっては死者との会話を禁ずるものもあり、それには正当な理由があります。信奉する宗教、個人の信念、所属団体などがこうした行動を許しているかを確認しましょう。

注意事項

  • 死者との会話には危険が伴います。死者と話す際に死者の魂を呼び出す行動を行ないますが、そうすることで何か邪悪で危険なものを呼び出してしまう可能性もあります。死者との会話が可能だと信じている人の中には、悪霊が人に取り付き、祟りや呪いをかけると信じる人もいます。

必要なもの

  • 懐中電灯
  • キャンドル

記事の情報

カテゴリ: 哲学・宗教 | 壊れたファイルへのリンクがあるページ

他言語版:

English: Talk to the Dead, Italiano: Entrare in Contatto con i Defunti, Deutsch: Mit den Toten reden, Español: hablar con los muertos, Português: Falar com Mortos, Français: communiquer avec les morts, 中文: 与死者对话, Nederlands: Met de doden praten, Русский: разговаривать с мертвыми, Čeština: Jak komunikovat s mrtvými, Bahasa Indonesia: Berkomunikasi dengan Arwah, Tiếng Việt: Trò chuyện với Người Cõi âm, हिन्दी: किसी मृत व्यक्ति से बात करें

このページは 45,086 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?