炭焼きグリルを使う方法

炭焼きグリルを使えば、楽しみながら食材を美味しく調理できます。しかし、キャンプ場や駐車場でのバーベキューパーティ、あるいは裏庭で簡単に調理する場合でも、正しいやり方を学んだ上で安全に実施する必要があります。以下のステップに従って、食材をムラなく焼ける熱々の炭の焚き方を学びましょう。

ステップ

  1. 1
    作業開始前に、グリルに残っている灰や汚れを取り除く
  2. 2
    網をグリルから取り外す
  3. 3
    グリルの底にある通気孔を開く
  4. 4
    グリル内に炭をピラミッド状に組む グリル網は、食材を焼く準備が整うまで外したままにしておきましょう。
  5. 5
    炭に着火剤をかける くれぐれも、自分に着火剤がかからないように注意しましょう。炭の表面がやや光沢を帯びる程度にかければ十分です。
  6. 6
    炭に着火する 長いマッチまたは長いライターを使って、グリル内の炭に火をつけます。ほとんどの炭が灰に覆われ、赤く輝き出せば準備完了です。通常、炭が十分に熱されるまでには15分ほどかかることを覚えておくと良いでしょう。
  7. 7
    調理する食材に応じて、組んでいた炭を崩す これはどの食材にも言えることですが、均等に加熱するためには、炭の面積が食材の調理面積よりもわずかに広くなければなりません。トングやフライ返しを使って、炭を広げていきましょう。
    • 薄い肉を調理するときは、グリルの底に炭を均等に広げましょう。
    • 厚い肉を調理するときは、どちらか一方の端が高くなるように積みます。焼き始めは炭を高く積んだ側で調理しましょう。肉の外側が好みの具合に焼けたら、炭の少ない側で仕上げをします。
  8. 8
    グリル網を元に戻す グリル用グローブを使い、網を慎重に元の位置に戻しましょう。
  9. 9
    調理する 細かな調理方法は食材によって異なります。
  10. 10
    完成

ポイント

  • 野菜を調理する際は小さめのグリル網を使用し、炭は均等に広げましょう。マッシュポテトやベイクドビーンズなどのサイドメニューを温める場合は、食材をアルミトレイに乗せ、炭を均等に広げて加熱します。
  • 着火剤不要の炭を取り扱っている店もあります。この種の炭は、キャンプ場や着火剤を持ち歩きたくない場所での調理に大変重宝します。
  • 肌寒い日や雨天時には炭を多めに使い、グリルを高温に保ちましょう。
  • 辛抱強く行いましょう!

注意事項

  • 火災防止のために、調理後は必ず炭火が完全に消えていることを確認しましょう。炭全体に水をたっぷりとかけて、触っても熱くないことを確認してから、炭を置いて帰るか処分します。

必要なもの

  • ライターまたはマッチ
  • 炭火グリル
  • 食材
  • グリル網(任意)
  • アルミトレイ (任意)
  • トングまたはフライ返し
  • グリル用グローブ

記事の情報

カテゴリ: 料理・イベント | バーベキュー

他言語版:

English: Light a Charcoal Grill, Español: encender una parrilla de carbón, Português: Acender uma Churrasqueira com Carvão, Italiano: Accendere un Barbecue a Carbonella, Русский: разжечь уголь для гриля, Deutsch: Einen Holzkohlegrill anzünden, Français: allumer un barbecue à charbon, Nederlands: Een houtskoolgrill aansteken, Tiếng Việt: Nhóm lửa bếp than

このページは 172 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?