犬の無駄吠えを止めさせる方法

5 方法:要求吠えをコントロールする分離不安を鎮める警戒吠えを止めさせる衝動・退屈吠えを防ぐ全般的な無駄吠えを減らす対策

犬は素晴らしい仲間にも理想的なペットにもなりますが、どんなに優秀な犬でも絶え間なく吠えることがあります。犬が吠えるのには数多くの理由があり、犬の無駄吠えは迷惑であるばかりか、地域によっては騒音が違法になることもあります。飼い犬の無駄吠えを止めさせるための第一歩は無駄吠えの理由を探ることです。その理由が判ると、飼い犬に無駄吠えを止めさせる対策を講じることができます。犬の無駄吠え防止策を知っていれば、ご近所の平穏を保ち、騒音問題を未然に防ぐことができます。

1
要求吠えをコントロールする

  1. 1
    犬の要求に応じない 要求吠えは「構って吠え」とも言い、犬の飼い主が抱えるよくある問題です。要求吠えを止めさせるには、まず、飼い犬が吠えた時に犬が欲している物を与えるのを止めます。この訓練の成果が出るまでには通常でも時間がかかりますが、長年吠えることによって要求を満たされていた犬の場合は尚更です。[1]
    • トイレに行きたい時に吠える(これは吠えて当然です)場合と、ソファーに上りたい、構ってほしい、といった些細なことを求めて吠える場合の違いをしっかりと区別しましょう。[2]
    • 飼い犬がどんなに吠えても、それに屈してはいけません。要求吠えにほんの少しでも応えると、これまでの成果がすべて無駄になります。[3]
  2. 2
    無駄吠えを無視する みなさんの飼い犬は、構って吠え、要求吠え以外の方法を知らないのかもしれません。犬の要求に応じるのをやめた後も、飼い犬がこの習慣を振り払うまでにはしばらく時間がかかるでしょう。それまでの間は、この「構って吠え」を罰するのではなく、無視するのが賢明です。[4]
    • 犬の気持ちとしては、「やめなさい!」と叱られることも、注目してもらえたのと同じです。犬は飼い主の反応(悪い反応でも)を期待するように条件付けされているために、飼い主が我慢できずに犬を叱ると、次回はもっと長く吠え続けるでしょう。[5]
    • 飼い犬が吠えた時には、叱ることも、撫でることも、欲しがっている物を与えることもしてはいけません。犬を見ることさえも避けるべきです。飼い主は、本や新聞を読むなどして犬から気を逸らし、犬が落ち着くか吠え疲れて諦めるまで待つのが最善策です。[6]
  3. 3
    よい行動をほめる 飼い犬がようやく無駄吠えを止めたら、大人しくなったことを必ず褒めてご褒美を与えましょう。やがて犬は、無駄吠えをしないで飼い主の言うことを聞いていれば、興奮して無駄吠えをする時よりもよい結果が待っていることを学びます。[7]
    • 犬が無駄吠えを止める時用におやつを手元に用意しておきましょう。 犬を最も効果的にしつけるためには、犬が好ましい行動をとった直後にご褒美を与える必要があります。[8]
    • 犬が無駄吠えを止めたら、声に出して犬を褒めましょう。「いい子ね!」と呼びかけて、ご褒美を与えます。 [9]
    • 大人しくしているとご褒美がもらえて、吠えると無視されることを犬が学ぶにしたがって、静かにしている時間を少しずつ延ばしてからご褒美を与えましょう。無駄吠えを止めるとご褒美がもらえることを犬が覚えたら、ご褒美を与える時間を一日ごとに数秒ずつ遅らせて、最終的には1-2分間待てるようにします。[10]
    • おやつをもらえるまでに待つ時間を毎回変えると、最高の結果が得られます。犬はご褒美がもらえるタイミングをつかむことができず、ご褒美への期待感が犬を大人しくさせます。 最初の訓練を2週間続けた後は、ご褒美を与える時間を、無駄吠えを止めてから20秒後、1分後、30-40秒後などと、その時々で変えましょう。[11]
  4. 4
    無駄吠えに代わる行動を探す 動物の好ましくない行動を正す最も効果的な方法のひとつに代替え行動があります。この方法を用いると、飼い主が犬の要求を満たしてあげられないことを心配することなく、犬は他のもっと望ましい行動で欲しいものを手に入れることができると気づきます。[12]
    • 代替え行動を犬に教えるのには時間がかかりますが、結果的に、これは犬に望ましい行動を教える最善の方法です。例えば、犬が「遊んで」と吠える要求に反応するのではなく、おもちゃを持ってきて床に置くように教えます。[13]
    • 望ましくない行動が起こりやすい状況を作らないことも一手です。ボールがソファーの下に転がってしまった時に犬が吠えるのだとしたら、ソファーの下に物を置いてボールが入り込まないように工夫するなどしましょう。[14]
  5. 5
    訓練を続ける 「構って吠え」を止めさせる訓練を途中で投げ出さないようにしましょう。最終的にすべての要求/構って吠えに対処する訓練を行います。みなさんの飼い犬はいずれ、遊び、食事、ペットの受け入れなどの全てにおいて、辛抱強く待つことができるようになります。[15]

2
分離不安を鎮める

  1. 1
    分離不安を知る 犬の分離不安には様々な形態がありますが、特によくある兆候は家屋損壊と絶え間ない無駄吠えです。こうした行動は一般的に飼い主の出勤中や外出中だけに起こります。犬が物を壊さない場合には、飼い主が犬の分離不安に気づかないことさえあります。[16]犬の分離不安のよくある症状は以下の通りです。
    • 飼い主がたとえ短時間でも部屋を離れると、ずっと後を追う[17]
    • 飼い主が出勤しようとすると、震えたり、息を荒げたり、鳴いたりする[18]
    • 飼い主の外出中に家の中で粗相をする[19]
    • 飼い主の外出中に家の中にあるものを噛む[20]
    • 独りにさせられると床や壁やドアを引っかいたり掘ったりする[21]
    • 飼い犬を独りにさせると、近隣住民から無駄吠えに対する苦情がある[22]
  2. 2
    反対条件付けを試す 反対条件付けは、犬が怖がるものをご褒美に関連付けさせて訓練を行う一般的な対処法です。分離不安を覚える犬は、物や人を恐れるのではなく、ひとりぼっちにさせられることを恐れます。分離不安の反対条件付けには、犬が喜ぶもの(おやつなど)とひとりぼっちになることを関連付ける訓練を行う必要があります。[23]
    • 飼い主が外出する前に、エサやおやつを詰めた開けにくいおもちゃを犬に与えます。空の容器におやつやチーズや低脂肪ピーナッツバターなどを入れて犬に与えれば、最低20-30分はそれに夢中になるでしょう。置いていかれることを恐れていたのを忘れるには十分な時間です。[24]
    • 飼い主が帰宅したら、犬に与えたおもちゃを取り上げるかどこかに隠します。こうすると、飼い主が外出するときだけにそのおもちゃを貰えることを犬が覚えます。 [25]
    • 一般的に反対条件付けが最も効果を発揮するのは軽いケースの分離不安を示す犬に対してであることに注意しましょう。症状の重い犬も与えられたおもちゃで喜んで遊びますが、中度から重度の分離不安を抱えた犬にはそれ以上に強力な方法が必要です。[26]
  3. 3
    孤独に慣れさせる 中度から重度の分離不安を示す犬は、一晩で症状が改善することはまずないでしょう。犬を孤独に慣れさせる最善の方法は、独りになることに対する過敏さを徐々に緩めていき、飼い主が外出するからといって見捨てられるわけではないことを確信させることです。これを実現するには数週間の一徹した訓練が必要となりますが、長期的な効果が期待できます。[27]
    • コートを着る、鍵を手にする、鍵を振るといった姿を外出の合図として飼い犬に見せて、外出前の犬の不安を取り除きます。一日の中で実際に外出をしない時にもこうした合図を送ってみましょう。[28]
    • 犬が安心して独りで過ごせるように、飼い主の姿が見えなくてもじっとしている訓練をしましょう。犬に「おすわり」や「伏せ」を命じてから部屋を出て姿を消します。[29]
    • 飼い主の姿が見えなくても犬が安心していられるようになったら、ドアを閉めて飼い主に近寄れないようにします。訓練を重ねるたびに、部屋のドアを閉める時間を徐々に延長します。[30]
    • この訓練はまずトイレのドアや寝室のドアなどを使って始めましょう。飼い主がいきなり玄関のドアの外に出てしまうと犬は警戒するかもしれません。[31]
    • 数週間の訓練の後に家の外に出るドアを使います。その際にも可能ならば最初は玄関ではなく勝手口などから外に出ましょう。 [32]
    • 犬の前から姿を消す時間やドアを閉める時間を延ばしていくにつれて、飼い犬の気を逸らすためのおもちゃなどを使った反対条件付けの方法を取り入れましょう。 ドアを閉めたり裏口から出る時間が一回当たり10-20秒以上になったら、反対条件付けを取り入れます。[33]
  4. 4
    根気よく待つ 犬が飼い主から長時間離れることに慣れるまでには、長期訓練と辛抱強さが求められます。不安を抱えた犬の好ましくない行動のほとんどは飼い主の外出から40分以内に起こりますが、問題なく40分間外出できるようになるまでには相当な数の訓練を行う必要があります。[34]
    • 飼い主から離れる時間の延長は毎回2秒以内に留めます。 それ以上時間を延ばすと、犬が動揺してパニック反応を起こしかねません。[35]
    • 犬が90分以上独りでいられるようになったら、おそらく4-8時間の留守番が可能です。ただし、初期の段階では(可能ならば)いきなり全出勤時間を独りにさせるのではなく、4時間から始めて様子を見るのが賢明です。 [36]
    • 週末には一徹した訓練を一日に4,5回行い、平日にも最低2回(出勤前と帰宅後など)訓練を行えば、一か月以内に長期的に有効な成果が得られるかもしれません。[37] そうは言っても、犬にも個性があり、通常より長い期間や多い回数の訓練を必要とする犬もいます。
    • 辛抱強く待ちましょう。犬が好ましくない行動をとるのは、飼い主を慕っていて、見捨てられるのを恐れているからです。[38]
  5. 5
    代替え案を検討する 訓練の成果が出ずに、飼い犬がどうしても落ち着かない場合や、大家さんやご近所の住人が犬の訓練の必要性を理解してくれない場合には、他の方法を考えるべきかもしれません。[39]
    • (職場環境によっては) 犬を伴っての出勤を考慮しましょう。理想的な案ではありませんが、状況を話せばわかってくれる職場もあるかもしれません。[40]
    • 留守の間に友だちや家族に犬の世話を頼みましょう。たいていの犬は独りにならなければ分離不安を感じることはありません。つまり、他の人が近くにいれば問題はないということです。[41]
    • ケージトレーニングを検討しましょう。ケージトレーニングが成功するかどうかは犬によって異なります。ケージの中に入れられたままになるのを怖がる犬もいれば、ケージを自分だけの安全な場所ととらえて、誰かが必ずケージを開けてくれると信じる犬もいます。[42]
    • 上記のどの方法もうまくいかなかったら、認定証を持つドッグトレーナーの助けを借りましょう。ドッグトレーナーは個々の犬に最も適した方法で訓練を行います。お住まいの地域のドッグトレーナーをインターネットで探すか、獣医師にお勧めのドッグトレーナーを教えてもらいましょう。[43]

3
警戒吠えを止めさせる

  1. 1
    警戒吠えを知る 警戒吠えは犬が不審者に対して吠えることを言います。犬が本当の意味での不審者に吠えるのは意味がある上に人命救助の役割を果たすこともあります。しかし、郵便や宅配の配達者が来たとき、あるいはご近所さんが家の前を通りかかった時に、その人を不審者とみなして吠えるようなことがあると、相手に迷惑をかけるだけでなく、トラブルに発展することもあります。[44]
    • 犬が警戒吠えをするのは、実際に不審者の姿が見えたときだけではありません。屋外で自動車のドアが閉まる音がしたり、歩道を歩いている人たちの話し声が聞こえただけでも警戒吠えをする犬がいます。[45]
    • 犬が警戒吠えをする時には、吠えながら体を前に突き出したり(3-5㎝程度)、突進しそうな体勢をとることがあります。[46]
  2. 2
    「静かに!」の号令を教える 「静かに!」という号令を犬に教えるのが警戒吠えを止めさせる最も効果的な方法です。他の訓練と同様に、これも根気と一貫性を必要とする長期間の訓練になるでしょう。しかし、時間と努力を惜しまずに訓練を続ければ、どんなに縄張り意識の強い犬でも好ましい行動を学びます。[47]
    • 犬が警戒吠えを始めたら、3-4回吠えたところでおやつを掲げます。これで犬の意識がおやつに向かい、不審者から気を逸らすことができます。[48]
    • 警戒吠えが止まるのを待ちましょう。辛抱強く待ちながら、おやつを掲げ続けます。[49]
    • 犬が警戒吠えをやめたら、 落ち着いた態度かつ厳しい口調で「静かに!」と言い、犬におやつを与えます。[50]
    • 犬が「静かに!」という号令と吠えないことを関連付けられるようになるまで、上記の工程を繰り返します。この訓練が10回以上成功したら、おやつ抜きで「静かに!」の号令をかけ始めましょう。おやつ抜きの号令で静かにできた時には、最後におやつを与え、できなかった時にはおやつを見せてから号令をかける訓練を5,6回繰り返します。[51]
    • 最終的に犬はおやつをもらえなくても「静かに」という号令に従えるようになります。そのレベルに達したとしても、警戒吠えを止めた時には言葉でほめてあげましょう。[52]
  3. 3
    「静かに!」の号令を実際に使う 犬が訓練で「静かに!」の号令を覚えたら、実際にその号令を使わなければなりません。そうするためには、誰かに、家の前に停めた車のドアを思いっきり閉める、郵便受けを激しく揺する、玄関に近づく、などしてもらいましょう。[53]
    • 誰かに玄関に近づいてもらう時には、事前に犬用のおやつを用意しておきましょう。おやつを与えなくても犬が号令に従えるようになっていても、実際に人(不審者)を交えた訓練を行う時にはおやつが必要になるかもしれません。[54]
    • 誰かが郵便配達人のふりをして玄関に近づくときには、犬が警戒吠えをやめるまで玄関前に留まることが極めて重要です。警戒吠えの最中にその人物が遠ざかると、犬は自分の警戒吠えが不審者を追いやったと思い込んでしまいます。[55]

4
衝動・退屈吠えを防ぐ

  1. 1
    衝動・退屈吠えを知る 飼い犬が理由もなく衝動的に吠える、または独りにされる(庭に出されるなど)と吠えやすい、といった場合には退屈が理由で吠えている可能性があります。独りにされた犬が吠えるのは分離不安が原因かもしれませんが、その場合には破壊行動、トイレの問題、飼い主に付きまとうなどの行動が伴います。衝動吠え、退屈吠えのサインは以下の通りです。
    • 同じパターンを繰り返して過剰に吠える[56]
    • 同じ場所を行ったり来たりする(通常は吠えながら、または吠える直前直後に)[57]
    • 独りにさせられるといつも吠える(分離不安の兆候はない)[58]
    • 飼い主に注目されていないと吠える[59]
  2. 2
    運動量を増やす 運動と遊びは衝動・退屈吠えの特効薬です。もちろん、犬の散歩は運動量の確保に欠かせませんが(フェンスのある庭で遊ばせたとしても)、それだけでは不十分な場合があります。人と人との間を10-20分間走って往復させる、ボールやおもちゃを投げて取ってこさせる、出勤前に犬とジョギングに出かけるなどを試してみましょう。[60]
    • 1日20分間の激しい運動は飼い犬の心と体の健康維持にたいへん重要で、退屈吠えのような問題行動の改善にも効果があります。[61]
    • また、飼い主が犬と遊ぶ時間を毎日作ることも大切です。かくれんぼやボール投げなどで遊ぶとよいでしょう。[62]
  3. 3
    芸を教える 犬に芸を教えるのは、犬の退屈吠えを防いで衝動的な行動を抑えさせるためのたいへん優れた方法です。芸を覚えるためには、集中力、注意力、訓練に対する持続力が必要となり、心と体の両方がそれに掛かりきりになります。[63]
    • 犬が芸をいくつか覚えたら、毎日その芸をさせましょう。これで覚えた芸を忘れない上に、芸に専念して従事するようになります。[64]
  4. 4
    犬の気を逸らすものを使う 運動に加えて、犬の気を逸らすものを家中に置くのも、退屈吠えのような問題行動を抑える優れた方法です。おやつを詰めた開けにくいおもちゃを使うか、一掴みのおやつをそのまま部屋の数か所に置くなどしましょう。また、ラジオやテレビを点けたままにして、その音で犬の気を逸らすという手もあります。[65]

5
全般的な無駄吠えを減らす対策

  1. 1
    飼い犬のニーズを満たす 空腹な犬や一日中外に出されている犬はおそらく吠えるでしょう。どんなに訓練を重ねても、どんなに素晴らしいテクニックを使っても、犬の食欲と快適さへの要求を抑えることはできません。飼い犬がいつでも飲めるように、清潔で冷えた飲み水を十分に与えましょう。また、栄養バランスの良い食事を一日に2、3回与え、いつでも家の中に入れる状態にしておきます。
  2. 2
    健康問題を調べる 時に、無駄吠えは犬が怪我や病気を飼い主に伝える手段となることがあります。飼い犬がなんらかの怪我や病気を患っている可能性がある場合は、早急に獣医師の診察を受けさせましょう。[66]
  3. 3
    訓練方法を使う 犬に「静かに!」の号令を教えるのは素晴らしい訓練テクニックです。この号令はどんな無駄吠えにも役立ちますが、縄張りを主張する警戒吠えにはこの方法以外は効果がないかもしれません。[67]
    • 犬が無駄吠えを始めたら、おやつを犬に見せて、不審者から 犬の気を逸らします。[68]
    • 犬の無駄吠えが止んでから「静かに!」と号令をかけて、おやつを与えます。[69] 
    • 無駄吠えが止まってからおやつを与えるまでの時間を徐々に延ばしていきます。最終的には、おやつを与えなくても「静かに!」という号令だけで犬は無駄吠えを止めるようになります。[70]
  4. 4
    運動量を増やす 運動は無駄吠えのような問題行動を抑える優れた方法です。犬の無駄吠えの原因が不安、縄張り意識、退屈のいずれであったとしても、十分な運動量を確保すれば、おそらく無駄吠えの程度と頻度を下げることができるでしょう。[71]
    • 飼い犬の年齢と運動能力次第で、様々な運動を取り入れることができます。高齢の犬には長い散歩が適していますが、若い犬ならば飼い主とのジョギング、ボール投げ、綱引き、飼い主と一緒に遊べる様々なおもちゃを使った遊びが向いています。[72]
  5. 5
    犬が嫌がる物を取り除く 外の何かが見えたり聞こえたりするときに犬が吠えるという場合には、その引き金となる対象物が見えない(聞こえない)ようにするのが最も簡単な対策かもしれません。窓辺で犬が吠えるのならば、カーテンやブラインドを閉めて外の人物や動物の姿を遮ります。外の音で犬が吠え始める時は、一日中ラジオを点けたままにして外の音から犬の気を逸らすと共に、ラジオで外の音を打ち消しましょう。[73]
  6. 6
    専門家に相談する 犬の行動に関する専門家は様々な分野に属しており、それぞれに独自の資格を持っています。どのタイプの専門家を選ぶにしても、必ず資格を確認して、ウェブ上で評価やお勧めポイントなどを調べましょう。インターネットで専門家が見つからない場合には、獣医師に飼い犬のニーズに見合った専門家を教えてもらうとよいでしょう。[74]
    • ドッグトレーナーの中には資格を持つ人もいますが、全員がそうであるとは限りません。また、トレーナーには「行動カウンセラー」や「ペットセラピスト」、「犬の心理士」などの肩書きを使う人もいます。 [75]
    • 認定ドッグトレーナーは独立機関(日本では日本ドッグトレーナー協会や日本ペットドッグトレーナー協会など) により認定を受けます。例えば、世界基準のドッグトレーナー資格であるCertified Professional Dog Trainers (CPDT) を取得するには、厳しい実地トレーニングを完了し、推薦状を提出して、筆記試験に合格しなければなりません。[76]
    • 犬の行動主義心理学者には様々な肩書きがありますが、基本的にどの行動主義心理学者も動物行動学の修士課程または博士課程を修了する必要があります。[77]
  7. 7
    無駄吠え防止用品を使う 無駄吠え防止用の首輪などは犬に不快感を与えるため、他の方法ではどうしても無駄吠えを止めないといった場合の最終手段として用いるべきです。無駄吠え防止用首輪の使用に反対する人たちの多くは、こうした首輪は犬に罰を与えるための道具だととらえています。トレーニングのほうが罰を与えるよりずっと効果があり、問題行動への長期的な解決にもつながりますが、トレーニングの効果が得られず、大家さんから立ち退きや警察への通報といった警告を受けるような場合には、無駄吠え防止用首輪を使わざるを得ないこともあるでしょう。[78]
    • シトロネラ付き首輪は、犬が吠えるたびにシトロネラが噴出する仕組みになっています。このタイプの首輪は最低でも電気ショック首輪と同程度の効果があることが判っていますが、電気ショック首輪とは違って、犬に痛みや不快感を与える心配がありません。[79]
    • 無駄吠え防止用超音波首輪は犬だけに聞こえる超音波を放出します。犬にとっては不快な音ですが、身体的な苦痛を与えることはありません。[80]
    • 電気ショック首輪はシトロネラ首輪や超音波首輪に似た働きをしますが、犬の首にわずかな電気ショックを与えます。このタイプの首輪には通常、電気ショックの強弱を調節する設定が あります。この首輪を使うと決めたら、最も弱い電流に設定して、犬の怪我を防ぐことが大切です。繰り返しますが、こうした首輪は最終手段として使いましょう。[81]

ポイント

  • 犬の好ましくない行動は訓練と運動によって正すのが最善策です。

出典と引用

  1. https://www.mspca.org/pet_resources/barking-basics/
  2. https://www.aspca.org/pet-care/dog-care/common-dog-behavior-issues/barking
  3. https://www.mspca.org/pet_resources/barking-basics/
続きを 表示する… (78)

記事の情報

カテゴリ:

他言語版:

English: Get Dogs to Stop Barking, Español: lograr que los perros dejen de ladrar, Deutsch: Einem Hund das Bellen abgewöhnen, Русский: добиться, чтобы собака перестала лаять, 中文: 让狗停止吠叫, Nederlands: Zo leer je honden minder te blaffen, Čeština: Jak utišit štěkající psy, Bahasa Indonesia: Menenangkan Anjing Menggonggong, Italiano: Calmare un Cane che Abbaia, Português: Acalmar um Cão que não para de Latir, Français: faire taire un chien qui aboie, Tiếng Việt: Dạy Chó Ngừng Sủa, ไทย: ทำให้สุนัขหยุดเห่า, العربية: جعل الكلاب تتوقف عن النباح

このページは 30,746 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?