犬の熱中症治療方法

犬は体温を逃がさずに熱を体内に貯める性質になっているので、人間よりも熱を逃がすのが苦手で体温が上がりやすくなっています。[1] そのため、犬の熱中症は症状が急に悪化するまで気づかないことがあります。犬の熱中症は深刻で、急に発病し、数分で緊急状態になることもあります。犬の熱中症の対処の仕方を知ることは、犬の命を救う重要なカギになります。

ステップ

  1. 1
    犬の熱中症の症状を見分ける 犬が脱水症状を起こしている、もしくは下記の症状が見られる場合は、直ちに対処してください。
    • 呼吸がおかしい、早く、大きな音がする
    • 肛門で測る体温の上昇 (測り方は下記を参照)
    • かなり喉が渇いている
    • 弱っている、疲れている
    • 頻繁な嘔吐
    • 方向障害
    • 真っ赤な舌と青白い歯ぐき
    • 口回りや首の皮をつまんでもすぐに戻らない
    • 呼吸困難
    • 倒れる、昏睡状態
    • 濃い唾液
    • 動悸の上昇
  2. 2
    もし犬が過熱状態にあるようなら、直ちに日陰や涼しい屋内に連れて行く 熱の原因を取り除くことが応急処置の中で最も大切です。可能ならば冷房の入った建物の中に連れて行くのが最良の方法です。冷房がなければ扇風機でもよいでしょう。
  3. 3
    犬を涼ませる 自分の周りにある物で、できるだけ早く犬を涼ませてください。こちらの方法を参考にしてください。[2]
    • 熱の大半は犬の足の裏から出て行くので、もしあればアルコールを足につける。
    • 低温の水を犬の頭や顔にかける。
    • 濡らしたタオルを犬の上にかける。毛が湿ってしまうので、あまり長時間放置しないでください。
    • スプレー状か、ほんの少量滴る程度の、勢いの弱いホースの水を犬にかける。 (絶対に勢いの強い水をかけないでください)
    • もし可能であれば、水槽やバスタブ等に低温の水(冷水はダメ)を張り、犬を浸ける。
    • 絶対に氷水や氷を使わないこと。冷たい水は犬の毛穴を閉めてしまい、肌の表面にある血管が縮み、熱中症を悪化させます。また、ショック状態や、低体温症を引き起こす可能性もあります。[3][2]
  4. 4
    犬を扇ぎながら、指で毛を広げる 水で犬を濡らしながら、指で毛を持ち上げ、空気を通らせることで、犬の熱を下げることができます。犬の毛は、熱を内へ貯める毛布の様な役割をするので、その毛を広げ、下の肌を露出させることによって、犬の熱を素早く下げられます。
  5. 5
    犬の熱を測る 熱中症にかかっている犬は、39.5ºCか、それ以上の熱があります。最もよい方法は、熱の原因を取り除いて、犬を涼ませてから熱を測ることです。また、犬が嫌がるようなら無理に測らないでください。犬の熱を測る時は肛門用体温計を使ってください。
    • 水銀入りの体温計は、軽く振って、34.4ºC程度まで下げてください。
    • ローション等で体温計の先を滑らかにします。
    • 誰かに、犬の頭と体の前の部分を抑えてもらいましょう。
    • しっぽを持ち上げ、肛門を出します。
    • 体温計を2.5cm程、そっと挿入する。 絶対に 手放さないこと。
    • 水銀の体温計なら2分、デジタルなら音がするまで待ちます。そして、そっと抜き、体温を確認します。
    • 通常の体温は大体38.6ºCから38.9ºC程度です。これより高い場合は熱中症の恐れがあります。
    • 症状の回復に伴って何度か熱を測る 正常体温(39.5ºC)に戻るようなら、もう体温を下げる処置をやめてもかまいませんが、引き続き犬を涼しい場所に置き、水を与えてください。体温が正常に戻れば、涼しい場所にいる限り、犬は自然と涼んでいきます。
  6. 6
    犬が歩けるようになったら、少量の水を与える。犬が飲みたいだけ小児用の経口補水液を飲ませてもよいでしょう。[2]
  7. 7
    救急の動物病院に連絡をする 犬を涼ませながら、救急の動物病院に連絡をし、犬の熱中症の対処方法のアドバイス等を受けましょう。犬の体温が多少下がってきたら、(救急)動物病院へ連れて行きましょう。たとえ犬が苦しんでいるように見えなくても、内臓のダメージがあるかもしれません。獣医さんに見てもらい、しっかり確認しましょう。

ポイント

  • 熱中症の予防対策は、犬の熱中症対策の方法を読んでください。
  • 犬を落ち着かせるには、まず自分が落ち着くことが大切です。自分がパニックになってしまうと、犬までパニックに陥り、症状を悪化させることになりかねません。できるだけ冷静に、順序に従い、なるべく早く動物病院に連れて行けるように熱を下げる処置を施しましょう。犬の命を救うことに集中します。
  • 涼しいタイルの床に犬を横たわらせましょう。
  • 犬の熱中症の原因を突き止めましょう。ありがちな原因を次に挙げました。
    • 窓を開けるか否かに関わらず、夏でも、そうでなくても、車の中に犬を残す 曇りの日でも、車に残された犬は熱中症になる可能性が十分にあります。窓を開けていても夏場の車内は66ºCにまでなり、数分で熱中症になってしまいます。[1] 注意: 下記のウエブサイトは、どの州(アメリカ)が、車にペットを残してはいけない法律があるかの情報が記されています: http://www.animallaw.info/articles/qvuspetsincars.htm
    • 水や日陰のない屋外に放置する。
    • イングリッシュブルドッグや、パグ等の鼻の低い犬。
    • 肥満を含む呼吸系の問題のある犬。
    • アラスカンマラミュート等の、元々寒い地方の犬で、毛並みの厚い犬。
    • 暖かい、もしくは暑い場所での過度な運動。
  • 犬は汗をかくことができません。[1] 人間のように汗をかくことで体温を下げることができないので、犬はハアハアと呼吸をすることで熱を逃がしています。そのため、暖かい季節の一番暑い日中に犬を外へ出さずに、過度な運動をさせないことが大切です。

必要なもの

  • 涼しい場所
  • 低温の水
  • タオル
  • 水や、経口補水液等、水分補給に必要なもの
  • 救急動物病院の連絡先

出典と引用


  1. 1.01.11.2Merck and Merial, The Merck/Merial Manual for Pet Health, p. 3, (2007), ISBN 978-0-911910-99-5
  2. 2.02.12.2Margaret H Bonham, Dogs Make Great Pets, p. 134, (2005), ISBN 978-0-7645-8831-0
  3. Miriam Fields-Babineau, Mixed Breeds for Dummies, p. 205, (2007), ISBN 978-0-470-12087-3
続きを 表示する… (3)

記事の情報

カテゴリ: ペット・動物

他言語版:

English: Treat Heat Stroke in Dogs, Español: tratar el golpe de calor en perros, Italiano: Trattare il Colpo di Calore nei Cani, Português: Tratar a Hipertermia em Cães, Русский: действовать при тепловом ударе у собак, Deutsch: Hitzschlag bei Hunden behandeln, Français: traiter une insolation chez un chien, Bahasa Indonesia: Mengatasi Serangan Panas pada Anjing, Nederlands: Behandel een hitteberoerte bij honden, ไทย: รักษาโรคลมแดดในสุนัข, العربية: علاج ضربة الحر عند الكلاب, Tiếng Việt: Điều trị say nóng ở chó

このページは 5,407 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?