犬の過剰な抜け毛を減らす方法

2 方法:栄養状態を改善して抜け毛を減らすブラッシングで抜け毛を減らす

基本的に、犬は時折被毛が抜け落ちる動物です。ジャーマンシェパードなどの抜け毛の多い犬は一年を通して毛が抜けますが、プードルなどの抜け毛の頻度が低い犬種でも、全く毛が抜けないわけではありません。犬の抜け毛の量は天候や季節の影響を大きく受けますが、実際には、犬の全体的な健康状態も最大要因の一つです。そのため、普段よりも愛犬の抜け毛が多い場合は、疾病の可能性があるかもしれません。抜け毛を完全に防止することはできませんが、愛犬の健康を保ち、毛並みの手入れを丁寧にすることで抜け毛を減らすことができます。

1
栄養状態を改善して抜け毛を減らす

  1. 1
    高品質のえさを与えましょう。犬の過剰な抜け毛を減らすには、まず食生活を整えることが最善の方法です。安価なドッグフードは、原料の大半が犬には消化が困難なトウモロコシやグルテンなどの増量剤です。主原料に肉類と記載されているドッグフードを選びましょう。[1] 確かに、高品質のドッグフードは少々値が張ります。しかし、愛犬のために高品質のフードを選ぶべき理由は数多くあります。肉類が豊富に含まれるドッグフードは消化が良く、栄養分がしっかりと吸収されるため、犬の健康状態を向上させ、抜け毛や皮膚の乾燥を防ぎます。[2] ただし、栄養状態の改善によって抜け毛を減らすことは可能ですが、完全に防ぐことはできません。
    • 食物アレルギーや過敏症の犬は、食品が原因の抜け毛が特に多い傾向にあります。愛犬に最適なドッグフードを選ぶには、数種類の製品を試してみる必要があります。かかりつけの獣医師に相談して、フードの選び方や推奨できる製品を教えてもらうのも良いでしょう。[3]
    • 獣医師から指示された場合以外は、ビタミンのサプリメントを犬に与えてはいけません。ビタミンの過剰投与による「ビタミン過剰症」やビタミン中毒は、深刻な健康問題を引き起こすことがあります。[4]
  2. 2
    オリーブオイルやアマニ油をドッグフードに加えましょう。犬の体重4.5 kgに対して小さじ1杯 (5 mL) から始めると良いでしょう。[5] オリーブオイルやアマニ油などのオメガ3脂肪酸を含む油脂には、皮膚の炎症を抑え、ふけを減らし、全体的な毛質を改善する働きがあります。
    • 大抵のペットショップでオメガ3脂肪酸のサプリメント (カプセル入り、もしくは粉末状のもの) が市販されています。獣医師に相談して愛犬に最適なものを選びましょう。
    • また、鮭、マグロなどのオメガ3脂肪酸が豊富な魚類を犬に与えることで、その摂取量の増加が望めます。[6] 魚の皮を与えるのも良い方法ですが、魚の骨を与えてはいけません。骨の破片が犬の喉に詰まり、窒息に至る危険性があります。[7]
  3. 3
    時々、「人間用」のおやつを与えましょう。薄く切ったリンゴ (種は有害物質シアン化物を微量に含むため不可。シアン化物は体内に蓄積します)、バナナ、きゅうり、火を通した肉 (脂身や骨のないもの) などは水分が豊富で、犬の水分補給に役立ちます。また、こういった食物は栄養が豊富なため、犬の被毛を滑らかでつややかに保ち、抜け毛を減らします。ただし、高品質のドッグフードを基本的な食事として与え、おやつは一日の食物摂取量の5-10%に留める必要があります。[8]
    • 人間の食物は大半が犬にとっても好ましく、ドッグフードより健康に良いものもあります。しかし、絶対に犬に与えてはいけない食物もあります。米国動物虐待防止協会が公表している「犬に与えてはいけない食物リスト」にはアボカド、チョコレート、ブドウ、乳製品、玉ねぎ、そして意外なことに生肉も記載されています。[9]
  4. 4
    清潔で新鮮な水をいつでも飲めるようにしましょう。脱水症状は肌の乾燥を招き、過剰な抜け毛や病気を引き起こすことがあります。犬が飲みたい時に飲めるように、十分な量の清潔で新鮮な水を常時用意しておきましょう。[10]
    • 犬の食事に水分の豊富な食物を取り入れることで水分の摂取量の増加が見込めます。ドライフードの水分量は10%程度ですが、缶詰やパウチタイプのウェットフードは最大78%の水分を含みます。犬に十分な水分を摂取させるために、ウエットタイプのフードを与えるのも良い方法です。[11]

2
ブラッシングで抜け毛を減らす

  1. 1
    定期的に被毛のブラッシングをしましょう。ブラッシングによって余分な毛や抜け毛を取り除き、皮脂を被毛に行き渡らせて抜け毛を防ぎます。[12] 愛犬の被毛の種類に合わせて、獣毛ブラシ、スリッカーブラシ、「ファーミネーター」などの中から最適なものを選びましょう。[13]
    • 獣毛ブラシは人が髪の手入れに使うブラシによく似ています。テリア、パグ、グレイハウンドなどの短く滑らかな毛並みの手入れに最適です。
    • スリッカーブラシは短く細いピンがぎっしりと並んだタイプです。これはレトリバー、コッカースパニエル、セントバーナードなどの中毛種やカールした毛質の犬種に適しています。
    • 熊手型の「ファーミネーター」は長毛種や下毛の厚い犬種 (コリー、ジャーマンシェパード、チャウチャウなど) に適しています。不要な下毛を確実に取り除くために、櫛の歯が愛犬の毛とほぼ同じ長さのものを選びましょう。
  2. 2
    抜け毛が多い時は犬用ブラシを使いましょう。犬の冬毛が抜け始める春の直前と、冬毛が生え始める秋に犬用ブラシでブラッシングをします。ただし、室内犬は一年中毛が抜けます。[14]
    • 短毛種の犬にはゴムやシリコン製のラバーブラシが適しています。長毛種やダブルコートの犬には、下毛をごっそりと除去する「ファーミネーター」やのこぎり型のシェーディングブレードが良いでしょう。[15]
  3. 3
    愛犬を定期的に入浴させましょう。定期的な入浴で不要な毛を落とし、室内に毛が落ちるのを防止します。しかし、入浴のさせ過ぎは肌の乾燥のもととなり、抜け毛の原因になります。愛犬の犬種にはどの程度の頻度の入浴が必要かを調べたり、獣医師に相談したりしましょう。
    • 長毛種の犬は、入浴後にドライヤーで被毛を乾かすと良いでしょう。温度設定は最低温 (あれば涼風) にします。まずタオルで水分をよくふき取り、それからドライヤーをかけて余分な毛を除去します。[16]
  4. 4
    ノミ対策をしましょう。ノミがいると犬は絶え間なく体を掻き、それが抜け毛の原因となります。ノミ対策をきちんとすると、皮膚の炎症やふけ、過剰な抜け毛を予防することができます。[17]

ポイント

  • 色々な対策を施しても愛犬の抜け毛が減らない場合は、動物病院を受診させましょう。もしかしたらアレルギー、感染症、寄生虫といった病気が原因かもしれません。[18]

注意事項

  • 足や顔を頻繁に舐める、あるいは舐め続ける行動は抜け毛を増やすだけでなく、深刻な病気の兆候の可能性があります。直ちに動物病院を受診させましょう。
  • 脱毛部位がある、皮膚に傷や潰瘍がある、被毛が乾燥している、毛づやが悪いといった場合にも疾病の可能性があるため、なるべく早く受診させましょう。

記事の情報

カテゴリ:

他言語版:

English: Reduce Excessive Shedding in Dogs, Español: reducir la caída de pelo en los perros, Português: Diminuir a Queda de Pelos em Cães, Italiano: Ridurre l'Eccessiva Caduta del Pelo dei Cani, Deutsch: Übermäßiges Haaren bei Hunden reduzieren, Русский: сократить избыточную линьку у собак, Nederlands: Overmatig verharen bij honden verminderen, Français: réduire la perte de poils excessive chez les chiens, Bahasa Indonesia: Mengurangi Kerontokan Bulu pada Anjing, 中文: 避免狗狗过度脱毛, Čeština: Jak u psů zmírnit línání, ไทย: แก้อาการขนร่วงในสุนัข

このページは 281 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?