猫にトイレのしつけをする方法

3 方法:トイレ用品を購入する子猫に猫用トイレを教える子猫に常に安心感を与える

子猫は生まれつき土や砂のある場所で排泄をしたがります。猫用トイレを置いてあげると子猫はカーペットの上にではなく、喜んで猫用トイレで排泄をするでしょう。子猫を飼い始めてすぐにトイレのしつけを始めると、子猫はたちまちそのトイレを定期的に使用するようになります。子猫に合ったトイレを見つけて子猫がそれを使用するように促すことが大切ですが、犬にトイレのしつけをするのと同様のやり方をする必要はありません。一般的に、猫はトイレの使い方を教わらなくても本能でそれを理解します。必要なのは猫に合った利用しやすいトイレを用意することです。[1]

1
トイレ用品を購入する

  1. 1
    猫用トイレは大型のものを選びましょう。子猫が小さいうちは小型トイレも利用できますが、子猫はすぐに成長するので小型トイレを用意してもすぐに交換しなくてはなりません。トイレを交換すると再びトイレのしつけをしなくてはならないので、最初から長期間使用できる大型トイレを選ぶ方が良いでしょう。
    • 子猫が中に入れるように入り口が低くなっていれば、子猫は問題なく大型トイレを使用します。大型トイレを見つけたものの子猫が中に入れるかわからない場合には、ベニヤの木片か滑りにくい平らな材料を使って小さな傾斜路を作りましょう。粘着テープで傾斜路を猫用トイレの側面に固定します。子猫が成長して傾斜路を使わずにトイレの中に入れるようになったら傾斜路を取り除きます。
  2. 2
    ドーム型トイレの購入を検討しましょう。ハーフドームやドームの付いた猫用トイレがあります。ドーム型トイレの利点は、勢いよく砂をかくネコの場合であっても砂が外に飛び散らないこと、そして狭いリビングルームに猫用トイレを置いている場合には臭いを抑える効果が期待出来ることです。覆いがあると安心するネコもいます。[2]
    • 必ず大型のドーム型トイレを選びましょう。猫がトイレの中で自由に体の向きを変えられるスペースが必要です。猫は糞の臭いを嗅いでから砂に埋める習性があるためにトイレには十分な空間が必要です。[3]
    • 最初はドーム型トイレを好まない猫もいます。猫がドーム型トイレに慣れるまで開閉式の入り口を取り外しておくと、ドーム型トイレへ移行しやすくなります。
  3. 3
    猫砂を買いましょう。様々な種類の猫砂が販売されていて、ほとんどの子猫や成猫にはどのタイプの猫砂を使っても構いません。猫は砂埃を吸い込むと肺に炎症を起こすことがあるため、出来る限り砂埃が舞いにくい猫砂を選びましょう。[4] 猫砂を選ぶ際には次の点に留意すると良いでしょう。
    • 可能であれば、無臭の猫砂を使いましょう。芳香タイプの猫砂を好まない子猫や成猫もいます。香りが強いと他の場所で排泄をするかもしれません。[5] また、香りの種類によっては猫の目や鼻に炎症を引き起こしたり、呼吸器疾患にかかりやすい猫の場合には病気などの原因になることもあります。
    • 固まるタイプの猫砂の使用を検討しましょう。固まるタイプの猫砂は排泄物の処理が非常に簡単なために人気が広まってきました。猫が固まるタイプの猫砂を食べて病気になるという懸念が一部ありますが、それを裏付ける証拠はほとんどないことを合わせて理解しておきましょう。[6][7]
    • 広く普及している猫砂を選びましょう。特定の猫砂に慣れた猫は、受け皿にいつもの砂が入っていないとトイレだと認識しないかもしれません。
  4. 4
    猫のトイレ用スコップと床に敷く布を購入しましょう。子猫にトイレのしつけをする準備として最後に必要なのは、トイレの中から排泄物をすくうためのスコップと飛び散った砂で部屋が汚れるのを防ぐためにトイレの箱の下に敷く布です。

2
子猫に猫用トイレを教える

  1. 1
    静かで落ち着く場所にトイレを設置しましょう。キッチンや玄関などの人が頻繁に出入りする場所にはトイレを置かないようにします。理想的なトイレの場所は、子猫が利用しやすくて人目につかない場所、かつ突然の音に子猫が怖がる心配のない場所です。[8]
    • 洗濯室は他の場所に比べて人の出入りが少ないために、トイレの設置場所によく選ばれますが、洗濯機や乾燥機が切り替わる時の突然の音に子猫が驚いてトイレを使うのを怖がるようになることがあります。[9]
    • 子猫が普段よく過ごす場所にトイレを置きましょう。子猫がトイレに行きたくなった時にすぐに使えるように、トイレは子猫のよく目につく場所に置きます。
    • 子猫や成猫はあまり人目につかない場所を好みます。そうした場所にトイレがないとソファーの陰や人目に付かない片隅で排泄をするかもしれません。[10]
    • 子猫にトイレのしつけを始めた後にトイレの場所を移動することになった時には、徐々に場所を移動します(数日おきに1回1m程度)。1日で違う部屋にトイレを移動すると、子猫は戸惑って家のあちらこちらに粗相をするかもしれません。猫は食事をする場所で排泄をするのを嫌がるために、トイレがあった場所に猫の餌入れを置くのも効果があります。
  2. 2
    猫砂を入れたトイレに子猫を入れましょう。子猫を家に連れて来たらすぐに猫用トイレの中に子猫を入れて、猫砂の臭いと感触に慣れさせます。この時に子猫が用を足さなくても、2、3分トイレの中で過ごさせます。その後も食後や目を覚ました後、あるいは子猫がトイレに行きたそうな時には子猫をトイレの中に入れてやります。また、子猫がトイレ以外の場所でしゃがみこんだ時には直ちに子猫をトイレの中に入れます。
    • すぐにトイレの意味を理解して、トイレのしつけがそれ以上必要のない子猫もいれば、トイレの意味を理解するまでに1日に10回もトイレに入れてやる必要のある子猫もいます。
    • 子猫が怖がるため、猫が排泄物を埋める時の砂をかく動作を子猫に教えようとするのは避けましょう。子猫がトイレの意味を理解するまで、子猫の足をとって砂掻きを手伝うのは我慢しましょう。[11]
  3. 3
    子猫を叱らずに褒めましょう。子猫がトイレに慣れて排泄をし始めたら、子猫がトイレに行くたびに撫でたり優しく声をかけて子猫を褒めましょう。子猫がトイレの中にいる間は叱らないようにします。そうしないと、子猫はトイレの中にいると叱られると考えるようになります。[12]
    • 子猫はトイレ以外の場所に自分がした排泄物に鼻先を押し付けられてもあまりよく反応しません。子猫が粗相をした場合には、排泄物の臭いを嗅がせた後に優しく子猫を抱き上げてトイレの中に入れましょう。これで、子猫は今度はどこへ行くべきかを理解します。
    • 決して子猫のお尻を叩いたり、怒鳴って叱らないようにしましょう。叱られた子猫は飼い主を怖がるだけです。
  4. 4
    十分な数のトイレを用意しましょう。できるならば、飼っている猫それぞれに1つずつとさらに1つトイレを用意します。
    • 例えば、子猫が1匹の場合にはトイレを2つ用意するのが理想です。猫を3匹を飼っている場合にはトイレを4つ用意しましょう。
  5. 5
    子猫の活動区域を短期間制限することを検討しましょう。初めて子猫を家に連れて来た時には、最初の2、3週間、子猫を狭い場所に閉じ込める方法もあります。これには、子猫が新しい環境に徐々に慣れることができる、トイレが近くて利用しやすい、粗相をする場所を最小限にできる、といった利点があります。[13]
    • 粗相をした場合に掃除がしやすいように絨毯のない場所に子猫を閉じ込める方法もあります。
    • 子猫のトイレと餌入れ及び寝床は、制限区域内のそれぞれ反対側に置きます。[14]

3
子猫に常に安心感を与える

  1. 1
    猫砂は毎日清潔にしましょう。子猫は不潔な場所に排泄するのを嫌います。猫砂を交換しないと子猫は絨毯などの清潔な場所を見つけて排泄するかもしれません。
    • 猫用トイレをきれいにするには、トイレ用のスコップで受け皿から排泄物をすくって小さな袋に入れて捨てます。
    • 最初の2、3週間はトイレの中に少量の糞(頻繁に交換します)を残す方法もあります。こうすると、子猫がその箱の意味を理解しやすくなります。
  2. 2
    頻繁にトイレを掃除しましょう。週に1回程度、トイレの受け皿の中身を全て捨てて隅々まできれいに洗う必要があります。受け皿を空の状態にして無害の洗剤(またはぬるめの石鹸水)で洗います。受け皿をすすいで乾燥させた後に清潔な猫砂を入れます。[15]
    • 排泄物を簡単に処理できる固まるタイプの猫砂を使用していると、1週間以上使用したくなるかもしれませんが、固まるタイプの猫砂であっても頻繁に全部交換する必要があります。
  3. 3
    粗相をした場所は完全にきれいにしましょう。猫がトイレ以外の場所で粗相をした時には、糞尿の形跡を全て取り除いてその場所を完全にきれいにします。これは猫が同じ場所で粗相を繰り返すのを抑える効果があります。[16]
  4. 4
    大きな鉢植えを家の中から片付けることを検討しましょう。子猫が鉢植えの土で排泄しているのを見つけた場合には、トイレのしつけ期間中、鉢植えを片付けるか鉢植えの土をアルミホイルで覆う必要があるかもしれません。猫用トイレが家の中で子猫が用を足したい唯一の場所になるようにします。
  5. 5
    決まった時間に子猫に餌をやりましょう。こうすると、子猫がいつトイレを使用するのかを予測できます。一般的に子猫は食後20分程度で便意を催します。子猫のトイレサインを見つけた時には、トイレに連れて行って中に入れてやりましょう。

ポイント

  • 子猫が成長するに従って、受け皿に猫砂を多く入れる必要があります。子猫が生後6か月になる頃には、砂を受け皿に5〜7.5cm程度入れましょう。
  • 比較的広い家やアパートに住んでいる場合には、複数トイレの設置を検討しましょう。トイレが複数あると、子猫が慌ててトイレに行きたくなった時に他の場所で粗相をせずに猫用トイレを使います。子猫がトイレを使う習慣ができてきたら、徐々にトイレの数を減らしていきます。
  • 子猫がトイレに行きたがらない場合には、トイレを利用しやすい場所に置くか、違うタイプの猫砂に変更しましょう(特に芳香タイプの猫砂を使用している場合)。
  • 猫砂は徐々に変更しましょう。猫砂を変更したい場合には、約2週間かけて徐々に量を増やす形で新しい砂を従来の砂に混ぜて移行します。
  • タイル張りかフローリングの床の家は猫の尿をモップで拭くことができるために猫を飼うには最適です。
  • 猫を褒めてやりましょう。褒めてやると猫は望ましい行動を繰り返すようになります。

注意事項

  • 最初に獣医師に子猫を診てもらって子猫が健康であることを確かめましょう。病気が原因で猫がトイレに関して通常と違う行動をとることがあります。
  • 子猫専用の猫缶(ウエットフード)を与えましょう。子猫は成猫に比べて脱水症状になりやすいため、トイレの回数が増えて体調を崩すことがあります。
  • 子猫がトイレ以外の場所で排泄をする一般的な理由は、粗相をして飼い主にひどく叱られたことがあるためです。子猫は叱られることを怖れて(特に人目のある場所で)トイレに行くことに不安を感じ、人目を避けるようになるかもしれません。この点を考慮に入れて、子猫が違う場所で粗相をしても決してきつく叱らないようにしましょう。それは逆効果になるだけです。[17]

記事の情報

カテゴリ: ペット・動物 |

他言語版:

English: Litter Train a Kitten, Français: apprendre à un chaton à utiliser la litière, Italiano: Abituare un Gatto a Usare la Lettiera, Español: entrenar a un gatito para que use su caja de arena, Deutsch: Ein Kätzchen trainieren, stubenrein zu werden, Português: Treinar seu Gatinho para Usar a Caixa de Areia, Русский: приучить котенка к лотку, 中文: 训练小猫使用猫砂, Nederlands: Een kitten zindelijk maken, Bahasa Indonesia: Melatih Anak Kucing untuk Buang Air di Tempatnya, Čeština: Jak naučit kotě používat kočičí záchod, Tiếng Việt: Huấn luyện Mèo con Đi vệ sinh, ไทย: ฝึกลูกแมวให้ขับถ่ายในกระบะทราย, العربية: تدريب الهررة على استخدام صندوق الفضلات, 한국어: 고양이 화장실 사용 훈련법

このページは 763 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?