男の子を産む方法

2 パート:確率を上げる確実な方法

多くの人が、伝統的な産み分け方法を迷信と決め付けています。しかし、こうした方法のいくつかは、現在、合理的かつ科学的に裏づけされており、これまで考えていた以上に産み分けが可能であることを示唆しています。男の子を妊娠する確率を高める方法について、役立つヒントをお読みください。

パート 1
確率を上げる

  1. 1
    仕組みを理解する 女性は常にX染色体を作り出すため、赤ん坊の性別を決めるのは最終的には男です。男性の精子はそれぞれ、X染色体またはY染色体のどちらかを持つため、最初に女性の卵子にたどり着いた精子がもつ染色体によって赤ん坊の性別が決まります (女性はXXで男性はXY)。 そのため、男の子を産むには、Y染色体をもつ精子が卵子に最初にたどり着く可能性を高めることが目標となります。
    • 多くの医療研究者は、Y染色体の精子のほうが移動が早いものの、X染色体の精子のほうが持久力があると考えています。[1][2] 男の子を産む可能性を高めるには、Y染色体の精子が力尽きてしまう前に卵子に到達できるように、できる限り卵子の近くで精子が放出されるようにします。
  2. 2
    体位を考える 男性が女性の中に深く入るほど男の子が生まれる確率が高くなることは周知されています。 これは、Y染色体をもつ精子は、X染色体をもつ精子よりも早く泳ぐことがができる代わりに持久力に欠ける、という説に基づく考えです。深く挿入すると、卵子へ到達するための競争が、マラソンではなく「短距離走」となり、Y染色体をもつ精子を優位に立たせます。
    • 深い挿入を可能にするのは、「バック」(後背位)、 騎上位、女性がひざを曲げて脚を胸に引く正常位です。
  3. 3
    アルカリ性食品を食べる ほうれん草、ブロッコリー、ケール、はつかだいこん、ビーツ、にんにくなどのアルカリ性食品は体内のPHバランスを整えます。また、アルカリ性食品は女性の子宮頸管粘液の酸性度を下げるため、Y染色体をもつ精子が子宮頚管を通過しやすくなります。
    • 男の子を妊娠する確率を高めるため、妊娠の数日から数週間前にこうした食品を摂取しましょう。
  4. 4
    カロリー摂取量を増やす ある研究によると、妊娠前に高カロリーの食事を摂取する女性は、厳しく制限された食事を摂る女性に比べ、男の子を妊娠する確率が著しく高いということです。[3]
    • 普段からカロリーの低い食事を摂るようにしている方も、妊娠の数週間前は、一時的にでも余分にカロリーを取るようにしましょう。いずれにせよ、妊娠中は体重が増えるものです。
  5. 5
    カリウムや塩分を多く摂取する オックスフォード大学の研究によると、妊娠前にカリウムや塩分を多く摂取した女性のほうが、男の子を妊娠する確率が高かったということです。[4]
    • バナナはカリウムの宝庫です。塩分の多い食品には、サラミやその他の塩漬け肉、チーズ、 ピクルス(漬物)、炭酸水、プレッツェルやポテトチップなどの塩味のスナックなどがあります。

パート 2
確実な方法

  1. 1
    IVF (体外受精)を検討する 確実に男の子を産みたいと切実に考えている場合、医師が着床前診断(PGD)とよばれる検査方法を利用して胚のスクリーニングを行う方法があります(日本では禁止されています)。[5] この方法は、女性の体内から卵子を取り出し、男性の精子を培養室で受精させる体外受精を行うため、費用も高く侵襲的な手法です。
    • 着床前診断は本来、鎌状赤血球症や嚢胞性線維症のような染色体異常を調べる目的で生まれたものです。[6] 倫理的問題上、性別やその他身体的特徴を調べるためにスクリーニング検査を行うことを拒否する医師も多くいます。[7]
    • 体外受精は時間もお金もかかる方法で、おおよそ$20,000(日本円で200万前後)ほどかかります。この方法も100%効果があるわけではないことをご留意ください。
  2. 2
    養子縁組を検討する 絶対に男の子が欲しいと思っているのになかなかできない場合、養子縁組が適しているかもしれません。息子ができるという夢が叶うだけでなく、将来、辛くトラウマとなるような経験をするかもしれない見捨てられた子供を救うことができます。

ポイント

  • PGDとは、痛みを伴う致命的となりうる病気のスクリーニング検査のために生まれたものであり、性別は病気ではないということを自覚してほしいと医師は考えています。生まれてくる子供の性別に希望があるのはよくあることですが、いずれにせよあなたの子供なのですから、どういう結果になっても愛することでしょう。
  • 効果を高めるため、セックスの体位や食事の調整など複数の方法を組み合わせてみましょう。

注意事項

  • 長期間塩分を摂りすぎると、高血圧症になったり体液のバランスが崩れたりします。塩分を多めに摂取するのは妊娠前の数日または数週間前に限定し、長期的な習慣とならないように注意しましょう。
  • 海外でも多くの医師は、産み分けのために体外受精を利用することを勧めません。不妊症でなければなおさらです。できれば、自然に妊娠する方法を選びましょう。

記事の情報

カテゴリ: 家族生活

他言語版:

English: Have a Baby Boy, Italiano: Concepire un Maschietto, Português: Engravidar de Menino, Français: avoir un bébé garçon, Español: tener un hijo varón, Русский: запланировать рождение мальчика, Deutsch: Einen Jungen zeugen, Nederlands: Een jongetje verwekken, 中文: 怀上男宝宝, Bahasa Indonesia: Memiliki Anak Laki Laki, Čeština: Jak počít chlapečka, ไทย: ทำอย่างไรจะได้ลูกเพศชาย, हिन्दी: लड़के को जन्म दें, Tiếng Việt: Tăng Khả năng Có Con trai, العربية: إنجاب طفل ذكر

このページは 5,690 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?