笑顔を作る方法

3 方法:笑顔の見栄えをよくする正しい理由で笑顔になる笑顔を自分の生活の一部にする

笑顔で部屋に入るとその場がパッと明るくなるような、そんな人物になりたいと思いませんか?もともと笑顔になるのが得意な人もいますが、他の習慣と同様に、笑顔も少し練習をするだけで簡単にできるようになります。笑顔は自分の気持ちを向上させ、他の人を楽しい気分にさせるとても効果的な表情です。以下の通りに、笑顔の作り方を学びましょう。

1
笑顔の見栄えをよくする

  1. 1
    何度も笑顔の練習をする 「穏やかな微笑み」という表現を聞いたことがありますか?これができる人は自然に白い歯を見せて笑い、周りにいる人の気持ちを和ませます。笑顔は練習を重ねると楽にできるようになり、少しずつわざとらしさが無くなっていきます。自分が一番魅力的に見える笑顔を練習しましょう。そうすると、すぐに自分の笑顔に自信が持てるようになり、無意識に笑顔が出てくるようになります。
    • 幾つかの違う微笑み方をしている自分の写真を見てみましょう。口を閉じているときと開いている時ではどちらの笑顔が素敵に見えますか?さらに、違う角度からも見てみましょう。どんな笑顔やポーズがあなたを最も明るくみせてくれますか?どの笑顔が顔の各パーツを引き立てていますか?最も自分らしく自然な笑顔はどれですか?自分のお気に入りの笑顔を探し出し、それを習得できるまで鏡の前で練習しましょう。その際、鏡を見なくてもできるように、その笑顔になった時の感覚をしっかりと覚えておきましょう。
    • 見知らぬ人に笑顔を送って練習しましょう。その人のほうをちらっと見て、微笑むだけのことです。この時、何か楽しいことを考えます。会う人すべてが笑顔を返してくれるとは限りませんが、笑顔が返ってきたときの素敵な気持ちを覚えておきましょう。
  2. 2
    目で微笑む 心からの笑顔は目に表れます。この自然な笑顔は「デュシェンヌ・スマイル(本物の笑顔)」と呼ばれ、偽装できるものではありません。写真撮影などで無理やり笑顔を作ると、目は笑っていません。デュシェンヌ・スマイルは本当に笑いたいと思った時にしか出ないのです。正直で温かい笑顔には目が大きな役割を果たします。
    • 目で微笑む感覚をつかむには、目に集中しながら微笑む練習を鏡の前で繰り返します。この時、紙などを使って顔の下半分を隠すとよいでしょう。いろいろと試してみると、口元だけで笑う方法や目だけで笑う方法などが分かるようになります。
    • 目で笑えるようになったら、どの筋肉がどう動いているかなどの感覚をしっかりと覚えておきましょう。練習を重ねるうちに、感覚と筋肉の記憶だけを頼りに、思いのままに目で微笑むことができるようになります。
  3. 3
    口腔衛生に気をつける 笑顔になることをためらう理由には、歯の間に何かが詰まっていないか、口臭があるのではないか、という不安があります。口の中を清潔に保つことで、こうした心配事をなくしましょう。
    • 定期的に歯と舌を磨きましょう。出かけるときには必ずデンタルフロスを携帯し、食事の後に使用します。またブレスミント(天然のものでも市販品でも)を常に持ち歩く習慣をつけましょう。
    • 歯科医での定期健診と歯垢除去を受け、歯列矯正や他に必要な治療について医師と相談しましょう。笑顔を向けられると人の目はどうしても口元に行きます。そのため、こうしたことを検討するのは他者によい印象を与える第一歩です。さらに、口腔衛生に気をつけていると、自分の笑顔に自信が持てるようになります。
    • 歯が黄色や茶色に変色している場合はその変色の原因となる生活習慣を振り返ってみる必要があります。喫煙や赤ワイン、コーヒー、炭酸飲料などの飲み物の過剰摂取は最小限に抑えましょう。また、歯のホワイトニング処置で笑顔に自信が持てるようになるのなら、試してみる価値はあります。
    • 唇のひび割れに注意して、お手入れをしましょう。
    • 口臭を予防しましょう。多少の口臭ならば、歯垢除去やブレスミントで対応できます。それで効果がない場合は別の健康上の問題が隠れている可能性があります。医師に相談してみましょう。

2
正しい理由で笑顔になる

  1. 1
    心の底から笑顔になる 落ち込んでいる時や腹が立っている時、不愉快な気分の時、悪巧みをしている時などにも笑顔になることはできますが、こうした状況での笑顔は周りの人に警戒心を抱かせます。正直な笑顔は作ろうとして作れるものではありません。心からの笑顔は自然に顔を輝かせて、目尻にはシワが寄り、下瞼が引き締まります。周りの人はそれに気付き、その表情を見て安心します。心からの笑顔を作る方法は以下の通りです。
    • 笑顔でいたくないときは無理に笑顔を作らないようにしましょう。そうでないと周りの人からの信頼が得られません。一日中、笑顔でいる必要はありません。
    • 正直な笑顔の感覚を覚えておきましょう。笑顔になるときは常にその感覚を思い出すようにします。
  2. 2
    楽しい気分の時に微笑む 人は嬉しい時、前向きな時、心の底から喜びが湧き上がってくる時に正直な笑顔を見せます。会話をしている相手の人生がうまく行っている時、面白い冗談を聞いた時、お天気がよい時、美味しい食事をする時などにはそれを心から喜びましょう。世の中には嬉しいことや笑顔になる理由がたくさんあります。
    • 特に楽しい気分でなくても、笑顔になる理由は見つかります。自分の現在の人生の中でうまく行っている出来事について考えてみましょう。そうすると気分が高まり、簡単に笑顔になれるでしょう。
    • 自分とは意見の合わない人や状況に遭遇して、厳しい顔をするべきか笑顔になるべきかで迷ったら、運に任せて笑ってみましょう。その人や状況の良い点をひとつだけ思い浮かべて、笑顔を作ります。
  3. 3
    愛情から笑顔になる 大切な人(それは今あなたの目の前に立って、あなたがまさに微笑みかけようとしている人かもしれません)のことや、心の底から好きなことを思い出してみましょう。本当に好きなことや好きな人に愛情を感じるとき、または人類愛を感じるときには親しみ深い自然な笑顔がこぼれるものです。自分の回りにあるものすべてに感謝する気持ちを持つと、自然に笑顔が出てくるようになります。
  4. 4
    遊び心を持って微笑む 大変な出来事があると、私たちはそれを真剣に受け止めすぎてしまうことがあります。そんな時は人生を冒険に例えて、肩の力を抜き、自分の中の遊び心を引き出しましょう。少しふざけるだけで笑顔が簡単に出るようになります。

3
笑顔を自分の生活の一部にする

  1. 1
    いつもは笑わない場面で笑顔になる 他人がどう思うかが気になって笑うのをやめたことはありませんか?笑顔は他人に注目されますが、これはいい意味で注意を引くということです。毎日の生活のなかで、笑顔が自分の人生をよい方向に押し進める方法を考えましょう。
    • 職場や仕事上の立場で笑顔を見せても、プロフェッショナルではないと思われることはありません。実際はそれとは逆で、笑顔はあなたを人情味溢れる人に見せ、親しみやすさを感じさせます。あなたが微笑むと、同僚は仕事の成果をあなたが認めてくれたと喜ぶでしょう。
    • 笑顔はあなたを「本物」に見せてくれます。笑顔は自分を弱々しく見せるようでイヤだと思う人は、笑顔が見せる弱さ自体が笑顔の最大の力なのだということを理解しましょう。笑顔で他者に心を開くと、真面目で表情を見せない顔つきでいるより、周りの人はよい反応を見せます。また、笑顔と共にはっきりと物を言うと、「人にいい顔をしていると利用されてしまう」という心配を払拭してくれます。
  2. 2
    微笑むことが難しい状況があることを理解する 笑顔になるように頼まれた時はなかなか微笑むことができないこともあります。例えば、写真撮影で笑うように言われたり、嫌いな親戚が泊まりに来る時に母親の顔を立てて愛想よくしなければいけない時など・・・。これは、あなたが自意識過剰になっているからか、笑顔になりたい正当な理由がないからです。こうした場合には過去の上手な笑顔を思い出したり、頭の中で冗談や可笑しなことをつぶやく必要があります。
    • 写真撮影の時には、自分で十分だと思うより20%ほど大きな笑顔を作りましょう。[1]
    • 上の歯がしっかり見えるように幅広い笑顔を見せましょう。目で笑うことも忘れずに。
  3. 3
    笑顔の効果を満喫する 笑顔になりたいと思うためには、笑顔にどんな効果があるのかを知ることが大切です。一日中笑顔でいたいと思うようになる笑顔の効果は次の通りです。
    • 笑顔はあなたの見た目をよくします。チャールズ・ゴーディは「笑顔はお金をかけずに見た目を変えられる方法だ」という言葉を残しています。しかめっ面の人と笑顔の人を比べてみれば一目瞭然です。どちらが魅力的だと思いますか?
    • 笑顔は物事を修正し、言葉では言い表せないことを伝えます。失敗した時、不適切なことを言ってしまった時、孤独を感じる時、落ち込んでいる時、笑顔は心のバランスを取り戻します。笑顔はあなたが心を開く準備があることや必要ならば埋め合わせをしたいと思っていることを相手に伝えます。
    • 笑顔は信頼と心のつながりを築きます。それが一対一の付き合いでも、グループの面前でプレゼンを行なう時でも、皆が同じレベルに立っているという共通の思いを持つために笑顔はとても有効です。笑顔は「私は大丈夫。あなたも大丈夫。だから皆でお互いの存在を楽しみましょう」と伝えます。
    • 笑顔になると、気分が向上します。少し気分が滅入っているときでも、楽しいことを想い描いて笑顔になりましょう。エンドルフィンの分泌で気分がよくなったと脳が勘違いし、身体的、または精神的なストレスが軽減されます。[2]
    • 笑顔は他者の気分も向上させます。口を大きく開けた笑顔は渋面よりも遠くからよく見分けられるので、周りの人はあなたを親しみやすい人だと感じるでしょう。遠くからでも近くからでも、人は笑顔を見ると気分がよくなります。[3]
    • 笑い皺は眉間に寄せた皺よりずっとよいものです。マーク・トウェインはこう言いました。「しわは単に笑顔の軌跡だ」 そう考えると、笑顔はあなたの性格を表しているということです。そしてそれは(皺と同様に)年をとれば取るほどはっきりしてきます。
    • 笑顔は長期にわたる幸せな生活を暗示します。笑顔は健康、幸せ、交友関係、成功、長寿と深い関係があります。

ポイント

  • 笑顔はとても有効な防衛機制です。誰かに気分を害されそうになったら、笑顔になって相手からの悪いエネルギーを跳ね返しましょう。
  • 笑顔になると、あなたが親しみやすく前向きな性格で、話しかけやすい人であることが周りの人に伝わります。意識的に笑顔を作るのではなく、常に心から笑顔になりましょう。
  • 何かを目にして、笑い転げたことはありませんか?それを思い出してちょっと笑ってみましょう。それがあなたの自然な笑顔です。
  • 完璧な笑顔に完璧な歯は必要ありません。誰もが完璧な歯並びを持つわけではないので、それはそれでいいのです。歯並びがよいのは素晴らしいことですが、笑顔の善し悪しは歯並びで決まるわけではありません。しかし、自分の歯並びに自信がない人は笑顔になることをためらうことがあるかもしれません。それはよくないことです。そうした場合には自分の個性を受け入れるか、審美歯科に通ってみましょう。その他には、口を開かずに笑顔になることも可能です。
  • 笑顔になる理由はどこにでもあります。それを最大限に活用しましょう。
  • 軽い笑顔を作ってみましょう。その際、大笑いしている時のように歯を見せてはいけません。軽い笑顔は異性を魅了するのに最適な笑顔です。
  • 写真を撮る時は声を出して笑ってみて、自然な笑顔を作りましょう。
  • 研究によると、人間の脳は偽の笑顔と本当の笑顔を区別できないそうです。ですから、辛い時でも笑顔を忘れずに。
  • 笑顔になる時に下唇を噛むと、男性から可愛いと思われるかもしれません。
  • 男性の中には面識のない人、特に他の男性に笑顔を見せるのが苦手な人がたくさんいます。そんな時には気軽に「どうも」「やあ」「元気?」などと声をかけましょう。

注意事項

  • 笑顔を見せるときには歯の間にホウレン草か何かが詰まっていないことを確かめましょう。相手に悪い印象を与えてしまいます。食事の後は化粧室で素早く身だしなみを整えましょう。歯に物が詰まりやすい人や歯列矯正中の人は特に気をつけましょう。
  • 練習で完璧な笑顔を手に入れたとしても、心にもない笑顔を見せるのはやめましょう。

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Smile, Français: sourire, Español: sonreír, Português: Sorrir, Deutsch: Lächeln, Nederlands: Glimlachen, Русский: улыбаться, 中文: 微笑, Italiano: Fare un Bel Sorriso, Čeština: Jak se usmívat, Bahasa Indonesia: Tersenyum, 한국어: 미소 짓는 법, Tiếng Việt: Mỉm cười, العربية: الابتسام, ไทย: ยิ้ม

このページは 15,206 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?