腹痛を治す方法

4 方法:吐き気を治す胃けいれんを治す消化不良を治す将来的な腹痛を防ぐ

腹痛が起きそうな気がすると、そのことばかりが気になって他のことが何もできなくなります。腹痛の原因が何であろうと、とにかく早く治したいものです。お腹の調子が悪い時には、ここでご紹介する方法を試して腹痛を治しましょう。

1
吐き気を治す

  1. 1
    トイレに行く 薬を服用する前に、まずはトイレに行きましょう。吐き気は排泄が必要な時に起こることがあります。便秘の疑いがある場合は、プルーン、プルーンジュース、濃縮果汁を摂取するか、便秘薬を服用しましょう。
  2. 2
    透明な液体を飲む 吐き気には嘔吐が伴うことがありますが、嘔吐により脱水症状が起こる可能性もあります。脱水症状を引き起こすと回復までに時間がかかり、吐き気もいつもよりひどく感じられるでしょう。起きている間は15分ごとに60ml‐90mlの水を飲んで水分補給を怠らないようにしましょう。
    • 電解質を含むスポーツドリンクを飲みましょう。電解質の入ったスポーツドリンクは病気と闘うナトリウムとカリウムを体に補給します。
    • ペパーミントティー、カモミールティー、ジンジャーティーにハチミツを入れて飲みましょう。こうしたハーブには吐き気を鎮める効果があるという研究結果があります。
  3. 3
    刺激の少ない食品を食べる 痛みを治そうとしている時の体はエネルギー源となる栄養素を必要とします。そのため消化の良い食品を食べましょう。辛いものや油っぽい食品を避けて、オートミールやスープ、トースト、クラッカーなどを食べましょう。また、乳製品は天然のバクテリアを含み、お腹との相性が悪いかもしれないため、避けたほうがよいでしょう。[1]
  4. 4
    ライスウォーターは、でんぷん質の残ったお米のゆで汁、またはお米が溶けて糊状になった液体のことです。
  5. 5
    ライスウォーターを作るには、まず、1カップ程度の水でお米を洗って汚れを落とします。次にお米1/2カップをボウルに入れて水に浸します。15分-30分間そのまま水に浸けておきます。
  6. 6
    お米の入った水をかき混ぜます。すぐに水が濁り始めます。[2]
  7. 7
    コーラシロップを試す コーラシロップはみなさんの大好きなコーラのような味がする粘り気のある液体です。このシロップは長い間、吐き気を治すために使われてきました。これはそのまま飲むことも氷で割って飲むこともできます。吐き気を緩和するためには一時間ごとに大さじ1~2杯のシロップを飲みましょう。
  8. 8
    重曹を溶かした水を飲む 重曹は制酸薬の主な原料ですが、大さじ1杯の重曹をそのままコップ1杯のお湯に溶かして飲むこともできます。重曹水はゆっくり飲み、数時間ごとにこれを繰り返します。
  9. 9
    りんご酢を飲む 通常の酢とは違い、りんご酢は胃の中の不要な栄養素を吸収することで吐き気を緩和します。グラス1杯のお湯にリンゴ酢を大さじ2~3杯混ぜ、吐き気が治まるまで数時間ごとに繰り返し飲みましょう。[3]
  10. 10
    ミントティーを飲む ミントティーは吐き気を抑える効果があることで知られています。大さじ1杯程度の乾燥ミントの葉を500mlの熱湯で最長1時間ほど抽出します。茶漉しでこして飲みましょう。ミントティーを飲みながらミントの葉も一緒に食べるとよいでしょう。お湯に浸かったミントの葉にも吐き気を抑える作用があるからです。[4]
  11. 11
    休息をとる 体は胃の中の細菌やウイルスと闘っているため、エネルギーを必要としています。必要なエネルギーを体に供給するために、いつもより長時間の睡眠をとるか横になりましょう。運動や動き回ることは避けましょう。
  12. 12
    必要ならば嘔吐する 嘔吐は最悪な気分になりますが、胃を空にするための最も健康的な方法です。嘔吐は病気の原因となる細菌やウイルスを胃の中から追い出す体の自然な反応です。極めて不快な行動ですが、大抵の人は吐いた後には気分がすっきりすると言っています。
  13. 13
    薬を服用する 吐き気を緩和する市販薬はたくさんあります。ビスマスを含む吐き気用の薬を探しましょう。ビスマスは胃の内膜を覆い、吐き気の不快感を抑えます。腹痛には制酸薬も効きます。
  14. 14
    違法ドラッグやアルコールは摂取しない ドラッグとアルコールは胃を刺激し、早期回復を妨げて吐き気を悪化させます。気分の悪い時はカフェイン(これもドラッグの一種です)とアルコールも避けましょう。[5]

2
胃けいれんを治す

  1. 1
    温湿布を使う お腹に温かい熱を当てると、引きつるような不快感を軽減することができます。ゆたんぽ、または温めたお米を靴下に入れてお腹に当てましょう。横になってお腹に温湿布を当てると最も効果的です。
  2. 2
    お風呂に入る お風呂に入ると血流がよくなり、筋肉をリラックスさせます。これでお腹の痛みを和らげることができます。毎日最低15~20分お風呂でリラックスすると最良の結果が得られるでしょう。
  3. 3
    腹部をマッサージする 胃けいれんは筋肉の収縮が原因で起きている可能性があります。筋肉をほぐすために、軽く圧力をかけてお腹をマッサージしましょう。痛みのある部分を意識しながら、下腹部全体をマッサージします。[6]
  4. 4
    アロエジュースを試す アロエの葉そのものではなくジュースにしましょう。アロエジュースはたいていの健康食品店で入手でき、胃けいれんの痛みを緩和することで知られています。また、アロエジュースは便秘や消化不良にも効果があります。[7]
  5. 5
    ショウガ茶を試す ショウガの薬効作用は消化を助け、腹痛を緩和します。乾燥粉末ショウガより生のショウガのほうが即効性があり、よく効きます。熱いお湯にショウガを数片入れ、しばらく置いてから濾して飲むとリラックスできます。ショウガの辛さが我慢できない場合は、簡単に購入できる市販のショウガ・サプリで代用してもいいでしょう。[8]
  6. 6
    アルコールと炭酸飲料は避ける アルコールも炭酸飲料も消化に時間がかかり、胃けいれんの痛みを悪化させます。代りに、ショウガやミントなどのハーブティーを飲みましょう。ハーブティーはお腹の筋肉の緊張をほぐします。
  7. 7
    脂肪分の多い食品を避ける 胃けいれんの原因が食中毒である場合は、これ以上悪化させないためにも脂肪分の多い食べ物の摂取は避けましょう。お腹が空いたら、トーストやリンゴのすりおろし、クラッカーなどの淡白な食品を食べましょう。
  8. 8
    薬を服用する 胃けいれんが治らない場合は低用量のイブプロフェン、アセトアミノフェン、アスピリン、ナプロキセンなどの鎮痛薬を服用しましょう。ドラッグストアで購入できる市販の鎮痛剤はどれも胃けいれんの痛みを抑える効果があります。腹部の痛みの原因が月経に起因する場合は、それ用の多目的な効能を持つ薬を服用しましょう。[9]

3
消化不良を治す

  1. 1
    食事に気をつける 辛すぎる食品や脂肪分の多い食品は消化不良を起こしやすいため、なるべく避けたほうがよいでしょう。また、食事の仕方にも注意しましょう。急いで食べたり、会話をしながら食事をしたり、一度にたくさん頬張るような食べ方は、普通に食べるよりも消化不良を起こしやすくなります。そのため、食べるものに注意しながらゆっくりと食事をして、口に食べ物を入れたまま会話をすることがないようにしましょう(空気を一緒に飲み込まないためにも)。
  2. 2
    食後に飲み物をのむ 普段から食事中にたくさん飲み物をのむ人は、食事中ではなく食後に飲むようにしましょう。炭酸飲料やコーヒー、アルコールは胃の粘膜を荒らして不快感を助長するため避けたほうがよいでしょう。荒れた胃を鎮めるためにはグラス1杯の牛乳を飲みます。乳製品には胃酸を中和する働きがあります。[10]
  3. 3
    塩酸を含むサプリメントを飲む 消化不良は多くの場合、胃酸過多が原因で起こると考えられていますが、胃酸が少ないためにおきることも少なからずあります。胃酸が少ないことが原因かどうかを探るために、塩酸のサプリメントを飲んでみましょう。特に何の反応も起きないようであれば、お腹に暖かさを感じるようになるまでサプリメントを飲み続けましょう。お腹が暖かくなるのは胃酸過多の証拠です。消化不良を治すためには、それ以下の分量で十分だということになります。
  4. 4
    消化酵素を摂取する これは健康食品店などで購入できるサプリメントです。消化酵素には動物性と植物性のものがあり、多くの場合、植物性のほうが効果が高いようです。摂取量はそれぞれの酵素の使用上の注意に従いましょう。
  5. 5
    腸溶性ペパーミントオイルを試す これは毎日摂取しても構わないジェル状のカプセルです。使用者の75%が長期摂取により消化不良の解消効果を実感しています。サプリメントに付属した使用上の注意をよく読んで、個人の症状に合った用量を摂取しましょう。[11]
  6. 6
    ハーブティーを飲む お腹のトラブルにはペパーミント、ジンジャー、カモミールの3種が魔法のようによく効くハーブです。市販のティーバッグを使用しても、乾燥ハーブをお茶にしてもいいでしょう。砂糖を使わずに、レモンかハチミツで味付けして飲みましょう。
    • シナモンティーを飲んでみましょう。紅茶を淹れて粉末シナモンを加えます。紅茶はティーバッグを2つ使うか相当量の茶葉を使います。シナモンの入った袋を2つ(または相当量)お茶に入れてよくかき混ぜます。これはとてもよく効きます。[12]
    • 温かいカモミールティーは胃痛の緩和に役立ちます。これは絶対に効きます。カモミールは胃のむかつきを抑えるハーブとして知られています。カモミールティーを淹れて休憩をしましょう。時間はかかりません。カモミールティーに含まれるハーブとビタミンが体の痛みを和らげます。お湯にも同様の効果があります。
    • やかんでお湯をわかしましょう。緑茶やハーブティーをお湯に入れて、10分ほど待ちます。リラックスしながらお茶を飲みましょう。不調が和らぐはずです。
  7. 7
    プロバイオティックスを摂取する これはお腹の中に繁殖して消化を助ける善玉菌です。善玉菌が少ないと、胃は食べ物を速く消化することができず、消化不良を引き起こします。プロバイオティックスはたいていの場合、ヨーグルトや発酵乳製品の形で摂取します。
  8. 8
    アーティチョーク葉エキスを試す これは健康食品店などで手に入り、消化器官内での胆汁の流れを改善する作用を持ちます。サプリメントに付属した使用上の注意をよく読んで、正しい用量を摂取しましょう。
  9. 9
    カンゾウ根を摂取する これはDCLと略して呼ばれる場合もありますが、グリチルリチンを含まないカンゾウを乾燥粉末またはカプセル状にしたものです。グリチルリチンは高血圧の原因になることで知られています。カプセルならば2つ、粉末は大さじ1杯を、多めの食事を摂る15分前に服用しましょう。
  10. 10
    食後は休憩する たくさん食べた後にすぐに横になるのはよくないとされていますが、動き回る前には少し休憩しましょう。食後1時間はまっすぐ座るか、ソファーに横になりましょう。また、食事は就寝3時間前までに済ませましょう。
  11. 11
    市販薬を服用する 消化不良を治す市販薬はたくさんあります。ただし、こうした市販薬には胃酸の分泌を抑える働きがあるため、便秘や下痢などの副作用もあります。胃酸がなければ正しい消化は行なえません。これらの市販薬は使いすぎないようにして、他にどのような選択肢があるのかを医師に相談しましょう。[13]

4
将来的な腹痛を防ぐ

  1. 1
    ストレス管理 吐き気や消化不良などの胃の不調はストレスを多く抱えている時に起こりやすくなります。腹痛はストレスがあるときにもよく起こります。必要な時には独りでリラックスできる時間を作り、不安に感じていることを減らす努力をしましょう。
    • 呼吸を意識しながらゆっくりとストレッチ運動をしましょう。このシンプルなリラクゼーション・テクニックを用いると、今後、腹痛に襲われる可能性が少なくなります。[14]
    • 運動と瞑想でストレスを解消しましょう。運動と瞑想はどちらも人を幸せな気持ちにさせる脳内物質であるエンドルフィンの分泌を促します。現在、定期的に運動を行なっていない人は、時間をかけた散歩やヨガ、水泳などの負担の少ない運動から始めましょう。
    • 楽しめることをしましょう。読書、絵画、ゲームなど自分の好きなことをして過ごすとストレス解消になります。さらに付け加えると、腹痛の最中にこうした楽しみを満喫すれば、腹痛や吐き気から気を逸らすことができるでしょう。
  2. 2
    食生活を変える 腹痛の多くは貧食や問題の多い食生活に起因しています。何ヶ月、あるいは何年も胃の不調が続いている場合は、下記の方法で食生活を変えてみましょう。
    • 1回の食事の量を減らし、食事の回数を増やす 1日に多めの食事を3回摂るのは少ない食事を5~7回食べるより吐き気や消化不良を起こしやすくなります。どうしても無理な場合は、一回の食事の量を多少減らして、食事の間におやつや軽食をとるようにしましょう。
    • 腹痛の原因となる食品を避ける 辛い食べ物や脂肪分の多い食品などには手をつけるべきではありません。カフェイン、アルコール、炭酸飲料も胃を荒らす原因になります。
    • 胃の不調がどの食品に起因するものかが判らないときは、普段の食事からひとつずつ食品を抜いてみましょう。例えば、1週間は乳製品を全く摂らずに、腹痛が治まるかどうか様子をみます。乳製品を抜いても腹痛が治まらない時は次の週に別の食材を抜いて、腹痛が治まるまで繰り返し続けます。
    • 食事日記をつけて、食べたもの全てをしばらくの間記録しましょう。腹痛があった日も食事日記に記しましょう。しばらくするとパターンが見えてくるかもしれません。また、避けるべき食品にも気付くでしょう。
  3. 3
    体重を管理する お腹周りに脂肪がついていると、胃が押し上げられて胃酸が食道に上がっていきます。体重を落とすために定期的に運動を行ない、健康的な食事を調理しましょう。

ポイント

  • 横になって、枕を3つ重ねた上に足を載せましょう。足を高く上げると、腹部への圧力が減り、腹痛が和らぎます。
  • おならがしたくなったら、我慢せずに出しましょう。使い捨てカイロなどでお腹を温めて前屈みになると、おならが出やすくなります。
  • 腹痛の原因が便秘である場合は食物繊維を摂取すると効果があります。毎朝、食物繊維を含むシリアルを食べるとお通じがよくなり、便秘に悩まされることも少なくなります。
  • 起立した姿勢から腰を折って爪先に触れてみましょう。お腹にたまったガスを押し出すことができます。
  • 腹痛に対処(ハーブティーを飲む、薬を服用する、など)した後は、胃への血流を促すために快適な姿勢で座るか横になり、音楽を聴きましょう。音楽は痛みを緩和することが立証されています。そのまま消化、または胃痛の緩和を待ちましょう。
  • 休息をとり、リラックスしましょう。腹痛が治まるまでは動き回らずに静かにしていましょう。
  • 吐き気がある時にはなるべく眠りましょう。寝返りは胃けいれんを悪化させるのでうたないように。仰向けに横になり、様子をみるとよいでしょう。
  • 何か他の事に集中すると、一時的に痛みを忘れることができるかもしれません。たとえそれが腹痛の緩和に集中することだったとしてもです。気付いた時には腹痛は治まっているはずです。嘔吐した場合は胸が苦しいかもしれませんが、腹痛自体は治っているでしょう。
  • 呼吸を意識して痛みのことはあまり考えないようにしましょう。鼻から息を吸い、口から吐きます。
  • 腹痛から気を逸らしたいときは読書をして、本の中の世界に浸りましょう。
  • ブルーベリーを食べたり、ミントティーや生姜湯を飲んだりしましょう。
  • 栄養価の高い食品を食べましょう。
  • 眠ってあまり動き回らないようにしましょう。動き回ると症状が悪化するだけです。
  • 床かベッドに横になり、頭とお腹に枕を載せましょう。毛布を使ってもかまいません。
  • なるべくリラックスして、腹筋を収縮させないようにしましょう。腹痛が悪化してしまいます。
  • 昼寝をしましょう。リラックスできて、何より腹痛のことを考えなくて済みます。
  • 学校でお腹が痛くなったら、トイレに行くか、家に電話をします。我慢ができないようなら早退しましょう。
  • 制酸薬を服用しましょう。
  • 油っぽい食品は食べないように。なるべく小食にして、クラッカーを1、2枚食べる程度にしておきましょう。歩いたり走り回ったりせず、座ってリラックスしましょう。
  • 吐き気にはパイナップルを食べると効果があります。
  • お腹に温湿布か温めたタオルを置くと、腹痛の緩和とガスの問題に対処できます。
  • ミントの香りをかぐかミント味のガムを噛むと、お腹の調子がよくなります。
  • クラッカーを食べて、水を飲みましょう。
  • お通じがあるまでしばらくトイレに座ってみましょう。これでお腹がすっきりすることがあります。鎮痛薬を服用し、水分補給をしましょう。温かい飲料ボトルをお腹の上に置いても効果があります。
  • 十分に水を飲みましょう。
  • 服用している薬や抗生物質の副作用を調べて、それが腹痛の原因ではないことを確かめましょう。その疑いがある場合は、医師の診断を受けてください。
  • クランベリージュースは抗酸化物質をふんだんに含んでいます。その効果で腹痛を和らげ、症状の回復を早めます。
  • 横になり、深呼吸をして、枕の上に足を載せましょう。お腹は使い捨てカイロなどを当てて温めましょう。
  • 平らなベッドに横になります。首の下に枕を3つ入れ、足の下には枕をひとつ置きます。さざ波の音のような落ち着いた音楽を聴き、最後に瞑想をしましょう。また、フルーツサラダを食べてゆっくりと呼吸をするといいでしょう。
  • 水は一口ずつゆっくり飲み、決してがぶ飲みしないように。胃がびっくりしてしまいます。炭酸飲料も同様に一口ずつ飲みましょう。
  • お腹の下に枕を入れて横になりましょう。
  • 横になってお腹に温熱パッドを当てましょう。
  • 冷たい飲み物をのむのはやめましょう。腹痛にならないように、必ず常温の飲み物をのむようにしましょう。
  • 炭酸飲料や糖分を多く含む飲料は避けて、水、牛乳、お茶などの飲み物にしましょう。糖分の多い飲料は胃で反応を起こし、腹痛を悪化および長引かせます。
  • ガスが溜まっている場合はなるべく排出しましょう。我慢をすると腹痛が悪化します。

注意事項

  • 肉と魚はしっかりと加熱してから食べましょう。内部にまでしっかりと火が通っていないと、肉や魚の内部に寄生する有害な微生物を完全に殺傷することができません。きちんと加熱されていない食品は厄介な食中毒の原因になります。
  • 動き回らないようにしましょう。動き回ると腹痛が悪化する恐れがあります。静かな場所に横になって休みましょう。
  • 海外旅行に出かけると腹痛を起こす人がたくさんいます。海外では飲み水用と歯磨き用の水はボトル入りミネラルウォーターを使い、氷は汚れた水で作られているかもしれないため避けたほうがよいでしょう。皮を剥いた果物や野菜サラダは人の手に直接触れたものなので、食べるべきではありません。
  • 怪我をした後に腹痛がある場合や胸部に痛みや圧迫感がある場合は、直ちに救急サービスに連絡してください。
  • じっと座っていられないような腹痛や胎児のように丸まらなければいられないような腹痛がある場合は、誰かに救急病院に連れて行ってもらいましょう。腹部が膨れ上がったり敏感になっている、喀血や血便がある、吐き気や嘔吐が数日間治まらないなどの症状がある場合も救急病院に行きましょう。[15]

記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Cure a Stomach Ache, Español: remediar el dolor de estómago, Português: Tratar Dor de Barriga, Deutsch: Bauchschmerzen behandeln, Nederlands: Van buikpijn afkomen, Русский: вылечить боль в животе, 中文: 治疗胃痛, Italiano: Tenere a Bada il Mal di Stomaco, Français: soigner des douleurs d'estomac, Čeština: Jak léčit bolest žaludku, Bahasa Indonesia: Menyembuhkan Sakit Perut, العربية: علاج المغص, हिन्दी: पेट दर्द का इलाज करें, 한국어: 복통 해소법, Tiếng Việt: Chữa Đau Dạ dày, ไทย: รักษาอาการปวดท้อง

このページは 131,717 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?