自分に自信を持つ方法

3 パート:自信を持っているように振る舞う自信を持った考え方を持つ自信を持つ練習をする

自分に自信を持つことは微妙に難しいことです。自分のことをよく思うのにあたり、他の人の意見がすぐそれに関係してしまいます。自分自身のことですので、自分が行動を起こせば自分で解決するのです。

パート 1
自信を持っているように振る舞う

  1. 1
    「最初はうそでもうまくできるふりをやってみなさい。そのうち本当にうまくいきます(Fake it till you make it)」ということわざが昔からあるように、自分に自信のあるようなルックスにしていると、可能な人ならば自分の中身にも自信がでてきます。自分に自信が持てる服装をしましょう。自信を表現する服という意味ではありません。自信を持つためにこれらの方法を試してみてください。
    • 身なりをきちんとするよう、毎日清潔にするように時間を少しでも注ぐ。毎日シャワー、歯磨き、デンタルフロス、髪と肌のお手入れをする。
    • 自信を導くような服装をする。新しい服を買って自信をつけるということではありません。ただ、清潔で楽な服を着て自信をつけるのです。ピザのデリバリーの仕事をしているのなら、タキシードを着る必要はないのです。もし自分が素敵なルックスを持つと思うのなら、多分本当にそうであることが多いです。やりすぎないように気をつけましょう(たとえば、厚化粧とか肌を見せすぎる服とか)。シチュエーションにあった服を着ることで、心配事がひとつ減ります。
  2. 2
    姿勢を正しく。他人とのコミュニケーションの場は自分をプレゼンする場所ですので、自分にしっかりと自信を持って任されているのだと示すようにします。肩を後ろにそり、背骨をまっすぐ、顎をあげましょう。足を引きずって歩かず、まっすぐと座りましょう。外見が自信のあるように見えると、それだけで他人はそういう人間だという風に扱ってくれるはずです。
    • 他人にそう思わせてしまうだけでなないのです。自分にもそう思わせてしまうのです。最近の研究によると、自分の姿勢は自分の気持を示すことと深いつながりがあるそうです。なので、自分の気持ちを正すためには、姿勢を正しましょう。そして、自信のあるボディランゲージは、ストレスの低さとの関連性もあるそうです。[1]
  3. 3
    笑顔で。すぐに笑える人になりましょう。社交の場で、ただのスマイルがどれだけ人に安心をあたえるか驚くことでしょう。しかめ面しているひとに近づきたいなんて思いますか?ノーサンキュー。
    • もし自分の笑顔がフェイクなのではないのかと考えるのなら、小さく微笑みましょう。作られた笑顔は遠くからもすぐわかってしまいます。その代わり、ほんとうに誰かに会えてうれしいと感じるのなら、綺麗な歯をみせて素敵な笑顔で自信をみせましょう。
  4. 4
    アイコンタクトを取る。些細なことですが、他人のあなたの見る目がこれですごく変わります。誰かの見つめることを恐れずにしましょう。そうすることで、あなたは相手とコミュニケーションをしたいということを伝えられますし、尊敬の意、彼らがそこにいることを認識し、会話に興味があるということを示します。無礼にはなりたくないです。
    • 目は人間のようなものなのです。目は口ほどに物を言うといういいますし、自分の気になることや気持ちを相手に伝えます。アイコンタクトを取ることによってもっと自信を持ったコミュニケーションを取ることができます。実際、信頼できて物事を打ち解けられるような人は、あなたのことを近づきやすい人だと感じるでしょう。[2]自分自身のためにできないというのなら、相手のためを思って行ないましょう。
  5. 5
    近づきやすいようなボディランゲージを使う。もし部屋の隅で携帯ゲームに没頭しているような人間を見たとき、その人に挨拶をしたいと思いますか?そうではないと思います。もし人に近づいてきて欲しいと思うのでしたら、近づきやすい雰囲気になりましょう。
    • 体をオープンにしましょう。もし腕や足をクロスしていると、それは周りの世界にあなたは近づかないでほしいというサインを発しているのです。顔と手も一緒です。(携帯など)何かに没頭していると、相手はああそうなのかというヒントを得ます。
  6. 6
    目を見つめる。アイコンタクトをすることができたら、これを練習しましょう。大抵の人はアイコンタクトについて少しシャイなのを知っていましたか?これを試してみましょう。誰かと目を合わせて、どちらが長く見つめられるのか試してみましょう。相手が先に目をそらしましたか?彼らだって恥かしいのです。
    • wikiHowは、あなたに誰かをじっと見つめるということを言っているのではありません。見つめることで相手をぎこちなく怖がらせることがゴールではないのです。ここでのゴールは、他の人だってアイコンタクトをするのが恥かしいということを理解することなのです。もし気づかれたら、笑顔で返しましょう。それで窮地を逃れましょう。

パート 2
自信を持った考え方を持つ

  1. 1
    自分の才能を知り、それら自分の長所を書き留めましょう。どんなに気落ちしていても、自分がよくできることに関して少し自分で褒めてみましょう。自分の長所にフォーカスすることによって、欠点から目をそらし、価値観を後押ししてくれます。外見のいいところ、友情関係、才能ともちろん性格などです。
    • 他人から頂いた褒め言葉を思い返して見ましょう。自分が思ってもいなかったことを褒められたりしませんでしたか?それはあなたの素敵な笑顔のことだったかもしれませんし、ストレスの多い状況でも冷静で落ち着いたに対応できるというようなことかもしれません。
    • 過去の成績について思い出しましょう。クラスで一位になったことや、自分しか知らないこと、誰かに内緒で援助をしていることなどです。自分がどれだけ素晴らしい人間なのかを認識しましょう。自分最高!
    • 自分が今から持とうとしている長所について考えてみましょう。完璧な人間なんて誰もいませんが、できる限り良心的でいい人間になり、その努力を自分で褒めましょう。自分がよりよい人間になると考えていることは、あなたが控えめで親切で、前向きな姿勢を持っているということです。
    • 自分から自信をなくしているのは何かと考えてみる。一枚の紙に、何があなたから自信をなくしてしまっているのかを書き出しましょう。
  2. 2
    たとえば、悪い成績、ひきこもり、友達の少なさなのです。そして自分自身に質問をしてみましょう。それって正当か道理にかなったもの?それとも自分が想像しているだけなのか。しかしながら、答えはイエスかノーしかありません。ひとつのことで自分の自信が決められるわけではないのです。
    • 例:もし先月の学校の成績が悪かったとします。その結果次のテストに対する自信がなくなりました。そのとき自分にこう質問してみてください:もし自分ががんばって勉強して、先生に質問して、次のテストに向けてがんばって勉強したら自分はうまくやれるか?もちろん。それはただ一回のできごとであって、自分自身のことすべてではないのです。自信をなくす理由などひとつもありません。
  3. 3
    皆自信をなくすことがあるのです。それを隠すのが上手な人はいますが、だれもが皆自信をなくすことがあるのです。あなただけではないのです。いつも自信満々の人のことを考えても、彼らにだって自信をなくすシチュエーションがあるのです。自信は一般観念ではないのです。
    • これが知っておくべき真実です。ほとんどの人は、自分が他人にどう思われているかばかり考えています。自分にほとんど関係のないことばかり話している人たちをよく見ませんか?99%の人たちは内面にばかりフォーカスしているのです。いつもパーフェクトにならなくてもいいので、安心してください。
    • 自分を他人と比べない。すべてが競争ではなく、もしいつもそのように人生を見てしまうとかなりくたびれてしまいます。幸せになるために、一番賢くて、かわいくて、人気者である必要はないのです。もし自分に闘志がいつも流れてそれを無視できないような性格なのでしたら、自分自身と戦うことにして、自分をもっとよくしていきましょう。
  4. 4
    自信というのは、ひとつのゴールではなく、それにたどり着くまでのプロセスと見ましょう。自信を持つというフィニッシュラインに一度たどり着くのではなく、プロセスも前進のみというわけではありません。スタートラインからやり直さないといけないような気持ちになることだってあるのです。深く深呼吸し、自分が今越えたハードルのことを考えて、次に進みましょう。大変なときには、自分が何もしていなくとも、自分の肩をやさしくポンと叩いてあげましょう。
    • おそらく自分に自信が付くまでそれには気づかないでしょう。自分が頭がよくて、おもしろくて、知識があって、きちょうめんだなと感じた日はありますか?多分ないと思います。自分の変化にすぐに気づかなかったとしても、それは灯台下暗しということなのです。木々を分け歩いているときに、自分が森全体を見えないのと同じです。
  5. 5
    自分は自信を持ちそなえて生まれてきているのです。メイベリンのコマーシャルではありません(笑)。あなたがお母さんの子宮から出てきたとき、誰があなたの泣き声を聞いたとかあなたの頭頂部がどれだけ柔らかかったのかなんて気にならなかったと思います。後の社会があなたを自意識過剰にするのです。それは後から学ぶことなのです。学習をしたことについてどう言われているか知っていますか?それらは無学にできるのです。
    • 自分が生まれもってきた自信を探してみましょう。それはしっかりそこにあり、今までの褒められたこと、脅し、認識された判断などの間に埋もれています。その時他人のことは考えないように。彼らはここでは関係ありません。「あなた」はいい人間なのです。「あなた」が他人が下した判断とは別物として存在しているのです。
  6. 6
    自分の頭から離れましょう。自分に自信がないということは、外部の世界とはまったく関係のないことなので、考えないようにしましょう。もし自分との対話を自分の中でしているような葛藤があれば、今すぐそれを止めましょう。世界はあなたの周りを回っているので、それに乗っかりましょう。この瞬間は今しかないのですから。それの一部になりたいと思いませんか?
    • なたの頭の外には膨大な世界が広がっています。随時自分がどのように感じてどのようなルックスであるのか考えていると、今自分が生きる瞬間について考えられなくなります。過去や未来をあまり考えない練習をしましょう。今何が目の前にあるのかに集中しましょう。多分そこには素晴らしいことがあるはずです。

パート 3
自信を持つ練習をする

  1. 1
    趣味をエンジョイします。自分がうまくなりたい趣味やスポーツなどを始めるなら、今でしょ!上達することによって自分に才能があり、それが自信へとつながります。 楽器や外国語を習い始めたり、油絵のようなアート系のことを始めたり、何か作ることなど、自分が興味のあることなら何でもいいのです。
    • もしすぐ上達しなくても、落ち込まないで。学習はプロセスであり、小さな勝利とリラックスできるレクリエーションの時間のためにやっているのです。自分がその趣味においてベストになることを理由に行なっているわけではありません。
    • グループでできる趣味を探しましょう。同じような考えの人たちと趣味の時間をすごすことは、友達を作るのに最適ですし、それらは自分の自信につながります。コミュニティーグループや同じ趣味の友達のサークル関係などを調べてみましょう
  2. 2
    赤の他人に話しかけてみましょう。これは実に簡単なことで、自信というのは心の状態以上のものであり、癖にすることで可能になるのです。それが人間というものなのです。自信を持たせるには、自信を持たせられるようなことをしないといけないのです。その中で他人に話しかけるということがあります。始めは恐ろしいことに思えるかと思いますが、やればそのつど自分がもっと楽になっていくのがわかると思います。
    • あなたが体臭を放って凶暴そうなノートルダムのせむし男か、KKKのメンバーのような容姿でないかぎり、誰もあなたのことを気持ち悪いなんて思いません。もし誰かスターバックスで「ヘイ!」なんて笑顔であなたに話かけてくると、どんな気持ちになりますか?多分いい気持ちだと思います。皆ヒーローになりたいわけで、他の人と話しかけたり、おおらかでいたいのです。[3] 相手のつまらない一日に刺激を与えていい気分にしてあげているわけですよ。
    • そいうったチャンスがない?では、コーヒー屋の店員などはどうでしょうか?スーパーのレジの女性は?出会いなんてどこにでも転がっているのです。
  3. 3
    謝り過ぎないように。ごめんなさいといえることは素晴らしいことです(多くの人はそれすらできません)。しかし、必要なときにだけ言うようにしましょう。だれかが非常に礼儀正しいときに屈辱を感じたり、迷惑なとき、何も悪いことをしていない時に自分が謝ることで自分が下位に置かれたと思うことがいいのかもしれません。しかしその言葉が出てしまう前に、そのシチュエーションがあなたが本当に謝らないといけないものなのか少し立ち止まって考えてみましょう。
    • 回避できる言葉をつかいましょう。謝ることなく、同情や後悔を表現することは可能です。たとえば、誰かにとって自分が不都合なのでは考えるのなら、自動的に「申し訳ないです」と言うより、「あなたにとってそれが不都合ではないといいのですが」といいましょう。
    • いつも謝っていると、自分を自信のない人間だと周りに見せてしまいます。それはあなたが劣っているのではないので、相手にまったく違った印象を残してしまいます。何もしていないのになぜ謝るのですか?本当に悪いと思っているのですか?もしいつも謝っているのなら、謝ることに価値をなくしてしまっています。すべてのことに対してあなたの謝りの言葉には、何の意味もなくなります。アイムソーリーは、アイラブユーと同じだと考えてみましょう。自分で本当にそう思ったときのみ使用すべき言葉なのです。
  4. 4
    褒められたら正直に礼を言いましょう。恥しがって否定したりしないで、その言葉を受け止めましょう。それは真実なのですから。アイコンタクトを使い、笑顔で「ありがとう」と言いましょう。誰かがあなたのことを褒めていて、それを良く受け止めることは、あなたの謙虚さを妥協したりしません。あなたが礼儀正しい人間で、自分への価値を持つ人間だということです。
    • 褒められたら褒め返しましょう。もしまだ褒められることが苦手ならば、褒められた後に反対に相手を褒め返すことをしましょう。これでお互いのスコアが同点だと感じ、うぬぼれているような感覚はなくなります。
  5. 5
    他人を助けることで自信を持ちましょう。誰かを褒めてあげる、または何かいいことで驚かせてあげるなど。それをすることで相手に一日を素晴らしいものにしてあげられますし、自分も気持がいいです。もし自分がポジティブな存在になれば、他人はあなたと一緒にいたいと思い、良い雰囲気を作り上げるでしょう。
    • 褒められるのが得意でない人もいます。もし誰かを褒めれば、それはあなたに返ってきます。自分の言葉に正直にならないと、相手はそれが本当のことなのか疑惑を持ってしまいます。「素敵なシャツを着てますね、それってメイドインチャイナですか?」なんて言わないように。
  6. 6
    あなたの自信をなくすようなことを言う人の前から去りましょう。あなたのことをいつも審査しているようなグループに属しているときに自信を持とうとするのは大変なことです。しっかり意見が言えて自信を持った人であっても、そんな環境にいると愛されていない子犬のようになってしまうのです。そんな人たちの傍にはいない癖をつけましょう。
    • 今のあなたが自分のベストなバージョンだと思わせてくれるような人たちを周りにおきましょう。自分が成長したいと思うののなら、そういう環境をつくることが大切です。
  7. 7
    ゆっくり。人が多く集まるところが苦手な人は多いです。人前で話すとなると、もっと苦手な人は多いでしょう。もしそのような場面に出くわすことがあれば、スローダウンすることが大切です。緊張しているとき、とにかく終わらせたい一瞬で物事をスピードアップさせてしまいます。それはしないように。物事を急いでしまうと、自分をナーバスに見せてしまいます。それは自分自身にも緊張感を与えてしまいます。
    • ここでの重要点ナンバー1は、呼吸をするということです。短くシャープな息をすることで、自分は戦うか逃げることしかチョイスがないと思わせます。それはやめて、少し落ち着きましょう。人間はロケットサイエンスではないのです。
    • 重要度ナンバー2は、動きをゆっくりにすることです。砂糖を採り過ぎた6歳児を想像してみましょう。それが今のあなたです。深呼吸して、平穏になるまでどんと構えましょう。
  8. 8
    成功することを予期しましょう。多くの場合、自分で先のことを予言してしまいます。もし失敗すると思うのなら、本気でうまくやろうとしなくなってしまうでしょう。もし成功すると思うのなら、まずとりあえずは立ち上がりましょう。悲観的になってしまうと、自分の能力を台無ししてしまうのです。[4]
    • 今「未来が分かるわけでもないし、成功を期待するなんて道理にかなわない理論が素晴らしいとちょっと前に言ってたじゃん」なんて思ってるでしょ。そうです。しかし「多くの場合失敗を想像してしまいますが、それがそうなら成功を想像してしまえばいいのでは」と考えましょう。これら二つとも可能なシナリオですし、どちらかが勝ってるということではないのですから。
  9. 9
    リスクを負いましょう。時には、とにかくその場から抜け出すことが方法であったりします。人生を生きるにあたって、学習をせざるをえない状況は何回かあったと思います。初めから何でもできるという人はいません。いつもと同じことをしていたのでは、何も学べないのです。成長するにはリスクを負わなければいけないのです。
    • 失敗は起きます。失敗はいつもおきます。しかし、それは関係ないのです。大切なことはひとつ、平常心に戻ってこれるということです。皆沈みこむことはありますが、そのまま沈んだままの人もいます。浮き上がるという行為が自分の自信を作るのであって、一度落ちないと経験できないのです

ポイント

  • 朝起きて、自分が人生でこんなところまで来たということを自分に伝え、他の誰からもそれを奪うことができないと自分に伝えましょう。
  • あなたに嫉妬心を持つ人は、あなたにひどいことを言うことだってあります。しかし短い人生なので、笑顔で楽しむことにしましょう。
  • ポジティブな話し方をしましょう。誰かがあなたについてネガティブな発言を行なっているのを聞くと、すぐにそれをポジティブなものとすり替えましょう。
  • 鏡の前や自分の姿が写ってみえるとき、心のなかで自分のことをほめてみましょう。それが本当に自分に対する褒め言葉だというのが心から信じられるまでやり続けましょう。
  • これが最後だという気持ちで毎日を生きましょう。いつ死ぬかわからないのです。自分がポジティブで気持ちのいい気分なら、他の人がどう考えているかなんて関係ないのです。誰が上位に立ってるのか見せ付けましょう。前進するときに、笑顔で笑っていられるということが一番ベストな方法なのです。
  • 自信を持った態度を示しましょう。歩くとき、どこへ歩いているのかに焦点を置きましょう。座っているときも背骨をのばしましょう。
  • 自分が持っているものに感謝をしましょう。多くの場合、自分が何かを持っていないという気持ちが自信をなくしてしまっています。それは感情かもしれませんし、幸運、金銭問題かもしれません。しかし今自分が持っているものに焦点をあてることによって、自分の不完全で不満足な気持ちに立ち向かうことができます。自分に自信にとって、心の平穏は重要なことです。
  • 自分を一番知っているのは自分です。自分と他人を愛することで自信がつきます。
  • 完璧主義者にならないこと。完璧な人やパーフェクトなものなんてないのです。高いスタンダードを持つことはいいことですが、もし物事がうまくいかなかったときにトラブルとなります。失敗を受け入れて、それを経験だと思い前進しましょう。
  • 自分の心の中の声を持ち続けるしましょう。自分に自信がないなというシチュエーションでは、自分の心の声がネガティブな発言をしているのです。自分の心の声を持ち続け、いつもポジティブであるようにしましょう。
  • 自分にゴールをつくりましょう。期待ではありません。
  • 毎朝自分に「わぁ、かっこいい」なんて褒め言葉をかけましょう。
  • 毎日自分の長所をリストアップしましょう。リストを書いているときには、静かに自分の頭のなかでサンキューをいいましょう。
  • 自分がウィットに富んだりやリーダーシップが取れるなど、自信のある行動をしていることを想像してみましょう。変なことだと思うかもしれませんが、それを想像するだけでそれが難しくなくなり、本当にできるようになります。
  • リーダーシップについての授業を取るようにしてみましょう。自分で物事をコントロールすることを学びましょう。もし学生なのでしたら、自分のクラブの会長になるなどの社会的ポジションを買って出てみましょう。他人をリードできる、そして自分のリーダーシップの下、他人の行動に反応できるということは自分への自信へとつながります。

注意事項

  • うぬぼれるということと自信を持つということはまったく違うことです。うぬぼれはよくなく、自信を持つことはいいことです。違いを知りましょう。
  • 自分に自信をつけることだけに時間をかけるのをやめましょう。他に自分を幸せにしてくれることもするべきです。幸せになれば、自信がでます。


記事の情報

カテゴリ: パーソナルケア・スタイル

他言語版:

English: Be Confident, Italiano: Credere in se stessi, Español: tener confianza en uno mismo, Deutsch: Selbstsicher werden, Português: Ser Confiante, Nederlands: Zelfverzekerd zijn, Français: avoir de l'assurance, Русский: быть уверенным в себе, 中文: 变得自信, Bahasa Indonesia: Menjadi Percaya Diri, Čeština: Jak být sebevědomý, العربية: أن تكون واثقًا, हिन्दी: आत्मविश्वासी बनें, Tiếng Việt: Trở nên Tự tin, 한국어: 자신감을 가지는 법, ไทย: มั่นใจในตัวเอง

このページは 12,722 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?