自分を美しくする方法

2 パート:姿の美しさ内面を磨く

あなたがどこでどのような経験をした誰であったとしても、内面の美しさを周りに解き放つことに年齢の早い遅いなどありません。見かけがベストであることが自分の美しさを感じることではありますが、あなたが内面から美しいと感じるときには、誰もそれにうち勝つことはできません。自分自身の美しさを感じる方法を探求しましょう。

パート 1
姿の美しさ

  1. 1
    美しい体形を保つ。毎日10マイル走ったりケールのグリーンスムージーを飲む必要はありません。美しい体を持つということは、自分の体に気をつかうことなのです。
    • 運動をしましょう。たった30分のエクササイズをするだけで、体は変わります。ヨガや散歩、プールに行くだけで自分の体がものすごく気持ちよくなることに気づくでしょう。
      • エクササイズのクラスを取ると新しい友人も増えますし、散歩やプールで新しい発見があるかもしれません。
      • 運動をすることで肌にも張りが戻り、活気のある肌になります。
      • 適度な運動をすることで幸せ感が得られ、エネルギーが満ち溢れます。
    • 食生活もヘルシーなものにしましょう。ときには自分の好きなものをがっつり食べることも必要ですが、外見にも影響する体の内面を磨くためにはヘルシーな食生活を続けるのが重要です。
      • 毎日3食バランスよく食べましょう。多くの人がダイエットの目的で食事をとらなかったりしますが、これは自分の機嫌を悪くし、疲れやすくします。
      • フルーツと野菜を毎日食べましょう。毎日何回かフルーツの間食を採るようにし、できるだけ野菜も採るようにしましょう。
      • 消化システムを傷つける原因となりますので、プロセス食品、もしくは脂分の多い食品を避けましょう。
    • 自分の体に耳を傾けましょう。食生活や運動に関して、やりすぎないことが美しい体を得ることの条件です。
      • もし非常に疲れていたり風邪をこじらせたなと思ったら、予定の運動をキャンセルしてもOKです。もっと悪くなる前に休息を取るのが無難ですし、長期間運動を続けられることになります。
      • もしアイスクリームやサンデーを食べたいと思ったら、食べてもいいのです。冷蔵庫の中のすべてのものに手をつけるよりかは、何か自分の食べたいものをしっかり食べるほうがいいのです。食べたいものは食べましょう。しかしそれもほどほどに。
  2. 2
    お肌のケアは美容に不可欠です。自分の肌がいつもヘルシーでクリーンならば、気持ちがいいでしょう。ベストな肌へ導くために、毎日の洗顔と自分の肌にあった乳液やモイスチャライザーが必要です。
    • 肌の色にかかわらず、太陽にあたりすぎないように。もし太陽にあたりすぎるかなと思ったら、最低SPF15の日焼け止めを塗るようにしましょう。
      • 曇った日でも紫外線は肌に到達しますので、鏡を見たり肌の状態をさわってみたりしながら自分が日焼けをしていないか気にしましょう。
    • 水分をしっかり採りましょう。水を採ることによって、肌がピーリング、乾燥することを防ぎます。毎日最低グラス8杯の水を摂取することが推奨されています。
    • 朝と晩に顔を洗いましょう。もしオイリー肌なのでしたら、にきび専用の洗顔料を使うようにしましょう。もしドライ肌なのでしたら肌にやさしめの洗顔料を使い、洗顔後は乳液をしっかりつけましょう。
    • 唇にも注意しましょう。特に冬の間はリップクリームを塗りましょう。少し唇に色をつけたい場合は、色つきのリップクリームにしましょう。
    • もし時間に余裕があって自分をいい気分にさせてくれるのでしたら、化粧をしましょう。もし化粧をするのでしたら、毎日の終わりにしっかり洗い流すことを忘れずに。
  3. 3
    体を清潔に保ちましょう。美しい体を手にいれるために、清潔な体は絶対必要です。すがすがしい気分で清潔にしていれば、第一印象はいいものになります。
    • 毎日シャワーを浴びましょう。いつもいい香りでフレッシュなルックスでありましょう。
    • 脂っこくみえないように、必要に応じて髪を洗いましょう。
    • 体臭を防ぐためデオドラントをつけましょう。
  4. 4
    足もとを美しく。足は毎日の生活において、かなりの打撃を受ける部分です。足がしっとりみずみずしく、爪が綺麗にケアされている状態にしましょう。
    • 自分の家やサロンなどで、マニキュア、ペディキュアを施す時間を作りましょう。
  5. 5
    歯をしっかり保護しましょう。歯は素敵な笑顔に不可欠なのに加え、どんな年齢になってもしっかりと好きなものを食べられることを可能にします。毎日朝、晩、食事の後、できるかぎり歯を磨くようにしましょう。
    • 歯磨きとデンタルフロスの他、歯医者には年2回通うようにしましょう。これは歯の健康には不可欠なことです。
    • もし望むなら、歯のホワイトニングも試してみましょう。
  6. 6
    自分に似合うヘアスタイル。髪の毛は女性がつける冠です。好みの髪型が決まったら、自分の顔に合ったスタイルと色を好みで調整してみましょう。
    • 髪の薄い方は、髪を短くしたり帽子をかぶって自分のスタイルの自己主張をしてみましょう。
    • 毎日ブラッシングをして、2ヶ月に一回は美容院に行き、髪の健康を保ちましょう。髪を美しく保つための長期的なベネフィットです。
  7. 7
    素敵な服を選びましょう。美しくなるためには、値段の高い服でなくてもいいのです。自分の体形とスタイルをうまく表現するものであることが大切です。数多く服を持つのではなく、クオリティ重視が大切です。
    • ドライクリーニングのいらない生地で、自分に似合った色を選びましょう。チープなシャツを2枚購入するよりかは、しっかりと仕立てがされ何シーズンか着れるようなシャツを買うためにお金を貯めましょう。
    • スリフトやリサイクルショップにて、ブランドものや個性的な服を見つけることも可能です。
  8. 8
    年をとってもあなたの美しさは変わりません。美しさを保持する方法は年と共に変化しますが、あなたはあなたのままなのです。美しくなるのに、自分が25歳のときの格好をする必要はないのです。ただ自分にもっと気を遣い、毎日前進する心持ちでいるべきなのです。

パート 2
内面を磨く

  1. 1
    新しい知識を得る。内面の知恵を養い、賢い原則をつかって自分の人生を生きる女性は、自分の周辺にいる人たちにも幸福を美を放ちます。知恵というのは絶対に攻略できるものではなく、人は学び続け、いつも何か他に学ぶべきことがそこにあるのです。
    • 瞑想、もしくは熟考をしましょう。瞑想、日記をつける、公園の美しい景色を眺めるだけなど、ただ考える時間があるだけでいろんなことが学べます。
    • 賢者の書を読みましょう。小説家、詩人、歴史学者などからいろんなことが学べます。読書をすることで知識が得られ、自分のアイデアを視野に入れられます。
    • 自分が本当に尊敬する人の言葉をしっかりと聞きましょう。自分と同じ分野や境遇にいる人、たとえば健全な恋愛関係であったり、人生経験の豊富な人の言葉を聞くことで毎日の生活にアドバイスが得られるでしょう。
    • 異文化を取り入れましょう。外国映画を観たり、新しい言語を学ぶ、一ヶ月に一度は美術館にいくなどして、どれだけ世界が広いのかを感謝し、その心があなたを賢い人間にします。
  2. 2
    気前良くなりましょう。気前よくするには自分が大金持ちである必要はありません。そんなに額が大きくなくても、チャリティーに定期的に募金したりすることでいいのです。
    • もし自分の金銭や物品を寄付できないのなら、時間を寄付しましょう。自分の家に友達を招いて、食事、お茶、ワインなどをふるまってみましょう。
    • クリスマスやお正月などホリデーシーズンは、そういった寄付の機会が増えます。近所のお年寄りの家に遊びに行ってみたり、家族に会いに行ったり、貧しい人にギフトを渡したり、独り身の人にホリデーミールを作ってあげたりしてみましょう。
  3. 3
    スピリチュアルを探求しましょう。宗教を信仰する必要はありません。神のような特別な存在を信じる必要はありませんが、大自然の中で時間をつぶしたり、絵を描いたりすることはできます。もしルールや定説を気にしすぎる、またはスピリチュアリティよりもサイエンスに固執してしまってはスピリチュアルの探求はできません。
    • 心を大きく持ちましょう。そうすることで他の人間に対する思いやりの気持が持てます。
    • 新しい土地を訪れる、景色を楽しむなどするとスピリチュアルになれます。
  4. 4
    悪い気分を吹き飛ばす。自分の正直な気持ちは、自分が何を好んで何を好まないかを教えてくれるので重要です。しかし悪い気分を長い間持ち続けていると、自分の精神に害をおよぼしてしまいます。
    • 感情をコントロールしましょう。もし誰かに怒っているのでしたら、辛さや憤りを毎日の生活に持ち込まないようにしましょう。裏庭にまわって叫ぶとか、友達に息抜きになってもらうとか、キックボクシングのクラスで運動するなどしましょう。そしてその相手を許すようにし、大きな器の人間になり、次はスマートな選択ができるようにしましょう。
    • 終止符を打てるようにしましょう。これはもしそれが本当に必要なのであればです。もし自分のなかでの葛藤を終えられると思うのなら、自分を傷つけた相手に自分の気持ちを伝えましょう。しかし、ただその人を怒鳴り散らすとか、自分のフラストレーション解消のためだけに行なうのならそれはやめて、自分の感情を紙に書き出すことをしましょう。終わりがなく一方的な口論は、自分のネガティブな感情をさらに引き起こしてしまいます。
  5. 5
    リアルな人間になりましょう。正直な気持ちを語りましょう。自分の価値観にあった生き方をしましょう。自分の意見は礼儀正しく語りましょう。自分ではない誰か他の人のために、自分を誰か別人に変えるのはやめましょう。この世界はあなたをあなた自身として必要としているのです。
    • リアルな人間になるには注意が必要です。美しい人間であるためには、ときには口をつつしむことも必要です。下記は自分が本当に思っていることを発言するべきでないシチュエーションです。
      • 恋愛の相手が最悪な一日を送っている。この時いくら欠点を見つけたとしても、それをその場で口に出して言うべきではありません。もし自分の意見をシェアしたいと思うのなら、タイミングがすべてです。
      • もし誰かが公共の場で無礼になっていて、言い返す理由がないとき。それよりかは、器の大きな人間になり、ただその人はその日嫌なことでもあったのだと思ってあげる。
    • 自分をさらに良くしたいという気持ちを持つ。本当の自分を持つのも重要ですが、自分にはまだ欠点があって、いつも自分の生活を改善し続けたいという気持ちを持つのも大切です。自分の欠点に気づき、前向きな批判を受け入れましょう。
  6. 6
    感謝の気持ちを示しましょう。神に、自分の家族に、友達に、またはスーパーで親切にしてくれた店員に感謝したい時は、すぐ時間をとって「ありがとう」ということを忘れずに。自分が持っていないものではなく、自分が今持つものにフォーカスするために「感謝日記」をつける人は多くいます。下記が感謝の意を表する方法です。
    • 親友に相手がどれだけ自分にとって大切な存在かというカードを送る。バースデーやホリデーカードを送るついでにできることですが、何の理由もないときのほうが自分の気持ちをうまく伝えられます。
    • 何かの意味を示す小さなギフトを渡す。あまりお金を割けなかったとしても、友達が話題にしていたポエムの本や、自分の好きな景色の油絵を描いて贈ったりするだけで感謝の気持ちを表せます。
    • 自分のパートナーに、自分の気持ちを率直に伝える。配偶者、親友や家族のメンバーに、自分がどれだけ彼らのことを感謝しているか率直にできるかぎり何度も伝える。
  7. 7
    自分の周りを美しくする。高級住宅や、田園などなくてもいいのです。自分の周りはの環境は、自分の内面を反映します。
    • 物を持ちすぎない。所持品のなかから、自分のいらないものを処理します。壁を塗り替えたり、部屋に新しい観葉植物を置いてみたりします。
    • 部屋のメンテナンスをしましょう。ずっとしないといけないと延期していたメンテナンスを今行ないましょう。どこにいたとしても、そのスペースを自分のものにできます。
    • 植物を育てましょう。もしバルコニーがあれば観葉植物はそこに置くと素晴らしいオーナメントになりますし、ハーブ類なども食事の際に便利です。
    • 自分が一番好きなものをいつも目の前に置いておきましょう。好きな人の写真や、自分の行きたい場所の風景などを飾ってみましょう。その人の傍にいなくても、そこにいると近くにいれるような気がします。
  8. 8
    健全な人間関係を築きましょう。何百人と友達を持つ必要はありませんが、美しい人間になるには、強いサポートシステムが鍵となります。自分を人間としていい風に導いてくれる人間関係が必要なのです。
    • 昔からの友達との時間を作る。昔からあなたのことを知る友達は、自分のルーツ、そしてどうやってここまでたどり着いたのかを再確認させてくれます。
    • 新しい友人を作りましょう。自分がどれだけ仕事に家族にいそがしくとも、新しい友達を作るのに年齢は関係ありません。新しい友達からは新しい知識を得られ、自分が人間として成長できる上、新しい人間を知るという楽しい時間が過ごせます。
    • 家族と連絡を取り続ける。できるかぎり家族には会いに行くように。もし遠くに住んでいるのでしたら、電話、Eメールなどをかかさないように。
    • 健全でない友情は捨てましょう。友情は大切です。しかしもし一方通行で自分のことを悪く思わせるような友情なのでしたら、すべての友情はキープする必要はないということを理解しましょう。
  9. 9
    コミュニティー活動をしましょう。この世界をもっと素晴らしい世界にしたいと強く思ったりしませんか?ならば、なにか小さいことからでもいいですので、何かできることから始めましょう。下記がお勧めの方法です。
    • 地元のアニマルシェルターのために募金をつのる。
    • 地元の商店で買い物をする。そこのコミュニティー活性化につながります。
    • 町や市のフェスティバルに訪れる。そこで地元の人間と会うことができますので、自分の地元についてもっと知る機会となります。
    • ご近所さんを誘って外でパーティーを開く。
    • コミュニティー読書会を開く。
    • 地元の図書館やコミュニティセンターにて、読書チューターのボランティアとして働く。本の読めない子どもたちを助けてあげることで、その子どもたちの一生を変えることができます。
    • 世界があなたに求めることが絶対何かあるということを覚えておきましょう。内面の美しさを持つ人はそれを隠したりしません。他の人とシェアをするのが上手です。

ポイント

  • 内面だけでなく外面を綺麗にすることは、薄っぺらいことではありません。片方のために片方ができないということは避けましょう。
  • 美しさを見る目がない人も多く、あなたを傷つけるようなことを言うかもしれませんが、彼らの無知であなたの幸せを壊さないようにしましょう。気にする人は気にするべきではなく、気にしてくれる人は気にしないのです。
  • 毎日美しく進化するよう、努力し続けましょう。
  • 睡眠はしっかりとるように。とらないと目の下に大きなクマができますよ。

注意事項

  • 美しさは行動です。他人を傷つけたりすると、自分の外面の美しさの意味がなくなります。
  • もし自分の見かけや行動でいじめられているのなら、すぐに誰かに相談しましょう。あなたを愛してくれる人は絶対にいますし、物事は絶対改善します。












記事の情報

カテゴリ: パーソナルケア・スタイル

他言語版:

English: Be Beautiful, Italiano: Essere Belli, Español: ser hermosa, Português: Ficar Bonita, Français: être belle, Deutsch: Schön sein, Nederlands: Mooi zijn, 中文: 变得美丽, Русский: стать прекрасным человеком, Čeština: Jak se stát krásným, Bahasa Indonesia: Menjadi Cantik, हिन्दी: खूबसूरत बनें, Tiếng Việt: Trở thành Người Đẹp, ไทย: เป็นคนสวย

このページは 2,067 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?