自己啓発の計画を立てる方法

3 方法:目標を明確にする自分を信じる整理する

誰でも人生のある時点で生活を改善したり変えたいと思う時があるものです。自己啓発計画は今までに夢見てきた目標達成の大きな手助けになります。新しい事への挑戦、仕事の能率向上、不健康な生活の改善といったどんな目標も、計画的な自己啓発によって達成が可能になります。

1
目標を明確にする

  1. 1
    変えたいことを決める[1] 新しい紙を一枚、もしくは新しい日記帳を用意しましょう。生活の中で上手く行っていないことをすべて書き出します。一度に一つの目標に集中するべきだと言う専門家もいますが、達成したい目標がいくつもある人もいるでしょう。何か月、あるいは何年も悩みを抱えている特定分野に的を絞ります。例えば、たばこを吸う人は、今が禁煙を始めるよいきっかけになるかもしれません。以下を考慮しましょう。
    • 健康とフィットネス
    • 人間関係
    • キャリア
    • 経済的なやり繰り
    • 生活習慣
    • 教育
  2. 2
    目標を書き出す 達成したい目標を紙に書き出しましょう。目標を書き出すと、そうしないよりも目標に向かって努力するという研究結果があります。[2]まずは見出しに4つの項目を設けます。最初の見出しは「目標分野」として、次に「1ヶ月」、「6ヶ月」、「1年」、「5年」と続けます。場合によっては「10年」以降まで続けても構いません。目標分野の下に変えたいことを書き出します。例えば「キャリア」や「経済的なやり繰り」がそれに該当します。時間軸の見出しの下には、その時までに達成したい内容を明記します。
    • 目標は前向きに記しましょう。例えば、「〜する予定」や「〜できればよい」の代わりに「〜する」のように自信に満ちた表現を使うと、目標達成へのやる気が生まれます。
    • 目標は明確に書きましょう。「体重を減らす」ではなく、「運動量を増やすと共にカロリー摂取量を抑えて2㎏痩せる」と書きます。
    • ページの一番下に「行動ステップ」と題したセクションを設けて、目標達成に必要な行動のすべてを書き出します。例えば、「毎日1.5km歩く」もしくは「毎日生野菜のサラダを食べる」などと書き込みましょう。
  3. 3
    達成可能な目標を立てる[3] 目標を達成するために必要なスキル、知識、ツール、リソースを備えていますか?夜間講習の受講やエクササイズマシンの購入、コーチの依頼などを考慮する必要があるかもしれません。万全の準備をして臨めば、そこから刺激を受けて、心の準備も整うでしょう。
  4. 4
    相談相手を探す 成功したビジネスマンの多くは、成功までの過程で素晴らしい相談相手と出会っています。自分が尊敬する成功したビジネスマン、アスリート、著名人を見つけましょう。その人と面識があるのであれば、相談相手になってくれるか掛け合ってみましょう。面識がない相手の場合はその人たちがどのように成功を手にしたのかを調べます。「私が1億円を手に入れた方法」といったサクセスストーリーを語ったブログや記事があるはずです。どのような取り組みをしたのかを調べて、こうした成功者がモチベーションとしていたことからアイデアを見出しましょう。[4]

2
自分を信じる

  1. 1
    自分とこれから行う努力の両方を信じる 自分は必ず成功すると信じることが目標設定の第一歩です。生活習慣を変えて目標を達成できると信じることができないのならば、目標設定など忘れて他のことに取り組んだ方がましです。目標達成に不安があるのなら、周りを見回してみましょう。「自分は本当にできるのだろうか」といったマイナス思考は捨てましょう。できるはずです。[5]
  2. 2
    一心に取り組む[6] 気持ちが揺らいでいるように感じる時には、目標を書いたページを開いて、もう一度目標を読み返してみましょう。さらに、その目標にどのくらい取り組んでいて、なぜその目標が自分にとって大切なのか、その目標にどんな意味があるのか、なぜその目標を達成しなければならないのか、目標達成のために自分は何をしなければいけないのかをすべて書き出します。強い志がなければ、目標はおそらく達成できません。目標に向かって進む途中で、自分がどれだけ真剣に取り組んでいるかを確認しましょう。
    • 最大限の努力をしているかどうかを自問する
    • それぞれの目標に向かって最後までやり通しているかを確認する
    • つまずいたら、真剣に向き合って先に進むつもりがあるかどうかを確かめる
    • 勝敗にかかわらず、経験から学ぶ[7]
  3. 3
    結果をイメージする 毎日数分間、自分の目標をイメージすると、目標達成の度合いに大きな違いが生まれると考える専門家もいます。一部の例では、精神的な訓練は肉体的な訓練に匹敵するという研究結果もあります。毎晩就寝前に目を閉じて自分の成功を頭の中でイメージしましょう。[8]
  4. 4
    目標を友達に伝える[9] 家族や友達のようにサポートしてくれる人達に自分の目標を伝えると、それが目標達成への動機付けとなり、成功への取り組みを一層強化することができます。友達や家族から進捗状況を聞かれることで、目標達成への取り組みに集中することができるでしょう。目標を誰にも伝えないままでいると、簡単に諦めて、失敗に対する罪悪感を覚えることもありません。
  5. 5
    前向きに取り組む 不可能だと思われていた夢を追っていた偉大な成功者たちは、難題に屈することなく、前進することを考えました。考え方は前進への大きな壁となることがあります。そのため、常に前向きな考えを持つことが大切です。車の運転中や自宅ではモチベーションを高める音楽を聴き、目標への軌道から逸れないように気持ちを整理します。現状を正しく把握することを忘れないようにしましょう。
    • 些細なことを大げさに考えない
    • 物怖じして尻込みしない
    • 悲観的な状況の時こそ楽観的な見方をする
    • できる限り前向きな環境を作り出す
    • 誰かの人生に価値と前向きな姿勢をもたらす

3
整理する

  1. 1
    リソースのリストを作成する 伸ばしたいと思う分野についてより多くの知識を得るためにはいくつかの方法があります。その分野に関する最新情報を得ることで、興味とインスピレーションを保つことができます。
    • 地元紙で地域の教育プログラムをチェックする
    • 地元の図書館で関連書を読む
    • 他者の経験や知識から学び、インスピレーションを得られるオンライン講座やセミナーに参加する
    • その分野で成功している友人に、活用しているリソースを聞く
  2. 2
    メモを取る メモ取りは能動的なプロセスで、自ら進んで学ぼうという気持ちがそこから生まれます。セミナーの受講中や自己啓発CDを聞いている時に、学んだことをメモしていきましょう。それが目標達成とどういう関係があるのかというと、メモを取ることで、学んだ内容が鮮明に記憶され、目標への進捗状況を測かることができるようになります。
  3. 3
    目標を毎週見直す 正直なところ、目標について考えることがなければ、それを達成することはできません。目標に向けて何も取り組みをしなければ、それはただの望みでしかありません。月曜の朝などと時間を決めて、前週の進捗状況を確認し、最終的な目標を達成するのに必要な翌週のステップを設定します。毎週目標を確認すると、その重要性を再確認でき、人生で本当に求めている事が明確になります。[10]
    • 期日に向けて順調に進んでいるかを確認します。場合によっては目標達成にむけて少しペースを上げる必要があるかもしれません。
    • 目標が容易過ぎないかどうかを確かめましょう。目標が簡単すぎるようならば、何か新しい要素を追加して目標をより挑戦的なものにする必要があるかもしれません。例えば、「毎日1km走る」ではなく、「毎日1.5km走る」などとします。
    • 自分の目標にインスピレーションを感じるかを確認します。そうでなければ、より熱意を感じる目標に切り替える必要があります。

ポイント

  • あまりにも長い時間がかかりすぎて嫌になってしまわないように、短期間で達成できるものから取り組みましょう。
  • 焦らないで取り組みましょう。前向きな結果を出すには一度に一ステップずつ取り組むことが大切です。
  • 目標を達成したら、その成功を祝いましょう。
  • 情報収集に適切な書籍、CD、トレーニングコースを選びましょう。例えば、借金を返済したいのならば、金銭管理についての本を探しましょう。
  • 途中で諦めてしまわないように、見守ってくれるパートナーを持ちましょう。

注意事項

  • 目標達成には時間がかかることを覚えておきましょう。着実な努力が堅実な成功につながります。

記事の情報

カテゴリ: 自己啓発

他言語版:

English: Start a Personal Development Plan, Español: empezar un Plan de Desarrollo Personal, Русский: составить план личного развития, Português: Iniciar um Plano de Desenvolvimento Pessoal, Deutsch: Mit einem Plan für die Persönlichkeitsentwicklung beginnen, Français: faire un plan de développement personnel, Nederlands: Een persoonlijk ontwikkelingsplan opstellen, Bahasa Indonesia: Membuat Rencana Pengembangan Diri, ไทย: เริ่มวางแผนพัฒนาตนเอง, 한국어: 자기계발 계획을 시작하는 방법, العربية: إعداد خطة تنمية ذاتية, Tiếng Việt: Bắt đầu Kế hoạch Phát triển Bản thân, 中文: 制定个人成长计划

このページは 337 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?