視力を改善する方法

1 方法:栄養

目はとても繊細な部分ですが、酷使されている部分でもあります。目の疲れや目の健康に注意を怠ると、視力は簡単に落ちてしまいます。この記事では、視力の維持や改善に役立つ方法をいくつかご紹介しています。

ステップ

  1. 1
    視覚の働きについて学びましょう。目の仕組みを知れば、視力を鍛え直す際に、実際、何をしているのかが分かります 。視力を改善するということは、ものを見たり、目を使ったりする時のくせを変えるということです。
  2. 2
    視力検査表を用意しましょう。壁に貼っておけば、視力の回復度合いが分かります。検査表は通常、インターネットで見つかります。
  3. 3
    リラックス運動をしましょう。手のひらを素早くこすり合わせて温め、それを目の上に置いて目をリラックスさせます。そうしながら、くつろげる場所を思い浮かべましょう。その際、光が入らないようにしてください。日中、時間のある時、特にパソコンの前に座っている時は、この運動をしてください。
    • 毎日、温湿布と冷湿布を交互に使って、目をリラックスさせましょう。
  4. 4
    目の潤いを保ちましょう。目の健康を維持するために最も重要なことのひとつに、目の自然な水分バランスを保つことがあげられます。目が乾燥すると、かゆみや赤み、時には痛みが出ることもあります。テレビを見たり、パソコンで作業をしたりしている時でも、なるべく瞬きをするようにしましょう。
  5. 5
    目を鍛えましょう。筋肉の仕組みを考えれば、運動しなければ筋肉の機能が低下するということは理解できるでしょう。それは目も同様です。特別な訓練方法がありますので、視力向上に役立ててください。
    • 20/20/20運動をしましょう。20分おきに、6メートル以上離れた場所にあるものに、20秒間、焦点を合わせます。驚くほど目がすっきりします。
    • 親指を顔から12cmほど離して焦点を合わせ、5秒たったら、その向こうにあるものに焦点を合わせます。時間がある時に、これを10回ほど繰り返します。
  6. 6
    目の柔軟性を高めましょう。運動プログラムやスポーツの経験のある人なら、柔軟性が大事であることはご存知でしょう。ストレッチをしなかったり、対立筋を動かさないで同じ筋肉ばかり何度も使っていると、体が硬くなります。パソコンの前に何時間も座っているような仕事をしている人は、スクリーン以外のものを定期的に見るようにしましょう。長時間、同じ場所ばかり見ないように心がけてください。
  7. 7
    パソコン画面の明るさを下げましょう。パソコンのモニターの明るさを下げれば、目の緊張がほぐれます 。ただし、画面が見えにくくなるほど暗くしないようにしましょう。また、光を反射しないようにモニターの角度を調整しましょう。
  8. 8
    定期的に目を休ませましょう。長時間、ひとつのものを眺めていなければならない時は、定期的に休憩してください。1時間おきに10分間目を休ませれば、目の疲れ予防や目の疲労回復に効果があります。
  9. 9
    目の負担を軽減しましょう。ストレスに対する体の反応は人それぞれです。目は常に緊張し、負担がかかっています。テレビを見る時間やパソコンの画面を眺める時間、スマートフォンでゲームをする時間が長くなるほど、目にかかる負担も大きくなります。なるべく自然光を利用し、テレビ、パソコン、携帯電話といった電子機器の使用時間を減らしましょう。驚くほど視力が改善され、頭もすっきりするでしょう。
  10. 10
    睡眠をとりましょう。もうお気づきかもしれませんが、睡眠不足の状態で長時間何かをしようとすると、体がだるくなったり頭痛がしたりします。また、視界がぼやけた、目を開けることすら辛くなった、という経験をした人もいるかもしれません。睡眠は体のすべての機能に重要で、睡眠中は酷使された目の筋肉を完全に緊張からほぐすことができるため、適度な睡眠により視力の改善が見られることもあります。
  11. 11
    紫外線から目を守りましょう。紫外線保護機能のついた高品質のサングラスをかけることで、目を守ることができます。驚くほど視野が改善され、しかもかっこ良くなります!

栄養

  1. 1
    目に「栄養」を与えましょう。目も体のその他の部分と同様に、正常に機能するためには栄養が必要です。人参、ケール、ブルーベリーやアンズ、その他ベータカロチンを豊富に含むものはすべて目に良い食品です。ジャンクフードの摂取は控えましょう。[1]
  2. 2
    まめに水分を補給しましょう。通常、人間の体の60%、時にはそれ以上が水でできています。目が乾く、疲れる、ぼやける、といった症状が頻繁に現れるようであれば、水をもっと飲むよう心がけましょう。水をたくさん飲むことは、体全体にとっても重要です。
  3. 3
    ビタミンを摂取して視界をクリアにしましょう。ルテインやゼアキサンチンだけでなく、ビタミンAおよびCを豊富に摂取して、目の働きをサポートしましょう。
    • オメガ3も忘れずに摂取しましょう。オメガ3脂肪酸は必須栄養素で、健康を最大限に引き出してくれます。心臓に良いことは知られていますが、網膜の健康維持や老化によって引き起こされる視力の低下防止に効果があることはあまり知られていません。
  4. 4
    アミノ酸を摂取しましょう。アミノ酸、特にタウリンは目の健康に必要不可欠です。アミノ酸は、長い時間をかけて損傷を与えるフリーラジカルから目を守ってくれます。アミノ酸には眼組織の健康を維持し、視力の低下を防ぐ効果があります。

ポイント

  • 暗いところでテレビを見たり、パソコンを使ったりしないようにしましょう。
  • 徹夜をした後に目に違和感を覚えたら、ひと休みしましょう。キュウリの薄切りを目の上にのせてください。
  • 視界が良くない時は、自分の体調にも目を向けましょう。ストレスは視力にも影響することがあります。
  • 視力は急激には良くなりません。時間はかかりますが、視力は着実に改善されます。
  • ものを見るときの目の使い方を、時間をかけてゆっくり意識しましょう。
  • 1日3〜4回、水で目を洗いましょう。
  • 視力が改善されない場合には、眼科医にご相談ください。日常生活に支障を来たすほど視力が低下している場合は、眼鏡をご購入ください。

注意事項

  • 視力回復に役立つ栄養製品をしっかり調べて、体全体の健康を強化しましょう。


記事の情報

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Improve Your Eyesight, Italiano: Migliorare la Vista, Español: mejorar la vista, Français: améliorer votre vue, Deutsch: Die Sehkraft verbressern, Português: Melhorar Sua Visão, Русский: улучшить зрение, 中文: 改善视力, Nederlands: Zo kun je je zicht verbeteren, Bahasa Indonesia: Memperbaiki Pengelihatan, Čeština: Jak si zlepšit zrak

このページは 1,742 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?