逆境を克服する方法

3 パート:視点を変える行動に移す健康的な生活習慣を身につける

逆境とは、特定の困難や失敗のことではなく、自分の目標達成と幸福への道筋の障害となる不運が連続している状態のことです。社会的な不平等や、病気や身近な人の死去などの個人的な悲しい出来事がその原因かもしれません。このようなことは絶望感やうつ病につながる可能性があります。誰もが人生のどこかの時点で逆境を経験しますが、適切な対応と努力によって克服することができます。

パート 1
視点を変える

  1. 1
    問題を特定し、それに優先順位をつけましょう。逆境にいる間は、小さな失敗や期待外れの出来事にも影響されやすくなります。悪いことが連鎖的に起きやすくなり、うんざりしてしまうことでしょう。こういう時は小さな不都合や失望と、自分の目標を達成する上での真の障害物を区別することが重要です。たとえば、学校に行くための車や自転車がなくなったために、バスに乗らなくてはいけなくなるという状況は不便には違いありませんが、それよりも仕事を失って授業料が払えなくなるという状況の方が大学卒業のためには大きな障害となります。
    • 最も差し迫った問題が何かを特定して理解することで、有効な対策を練ることができます。
  2. 2
    逆境は避けられないということを受け入れましょう。人によって程度の差はあるかもしれませんが、失敗や困難な時期は誰でもが経験するものです。逆境は誰もが経験する人生の一部だと受け入れることで、絶望感や無力感といった感情に苛まれる事が少なくなります[1]
    • 逆境を受け入れるというのは困難な状況を気にしなくなるということではありません。ネガティブな気持ちにひたる自分を許しましょう。ただし、可能なら制限時間を決めて、否定的な気持ちになるのはその間だけにしましょう。たとえば、30分と最初に決めてその間に泣き、痛みを感じましょう。制限時間が終了したら、タスクを行うことに注意を向けましょう。
  3. 3
    自分を信じましょう。困難を経験するのは今回が初めてではないはずです。この事実こそ、困難は乗り越えられるということの証拠です[2]。今日までに経験した様々な困難は全て克服してきました。障害を超える力を過去に発揮できたのですから、今回もできるに違いありません。
    • 過去の逆境とそれを乗り越えた経験を書き出してみましょう。思っていた以上に自分がタフであることに気がつくでしょう。
  4. 4
    良い面を探しましょう。逆境を克服しようとする場合には、良い面に注意を向けることが大切です。現在の状況の肯定的な側面でもかまいませんし、望んでいることを達成した際に得られるポジティブな結果でも良いでしょう。自分の人生における喜ばしいことや楽しみに思えることをリストにして書き出してみましょう。そうすると自分の考えている以上に喜びが多いことに気がつくでしょう[3]
    • 自らが置かれている境遇の肯定的な面を見つけるのが難しい時は、他人の状況と比べると新しい気づきを得られることがあります[4]
  5. 5
    自分が犯した間違いを成長の機会だととらえ直しましょう。間違ったことを失敗だったと思わないようにしましょう。それよりも、自分の誤りを理解して受け入れ、そこから学べることや、次回はどのように行動すべきかを考えるようにしましょう[5]
    • 自分で教訓を導き出すのが難しい時は、誰かにその話を聞かせ、次回に活かせる点を探してもらうようにしましょう。客観的な立場で聞いてもらうために、三人称で話すと良いでしょう。
  6. 6
    未来に目を向けましょう。過去から学べることを学んだら、その教訓を未来に活かすことを考えましょう。過去は変えられないのですから、そのことで思い悩んでいると絶望的な気持ちにつながりかねません。それに引き替え、未来は可能性を示します。
    • 未来に目を向けるために、困難な過去を越えた後こそ未来の成功に一層喜びを感じられることを忘れないようにしましょう。そうすれば逆境を克服することが未来の目標となります[6]

パート 2
行動に移す

  1. 1
    現実的な目標を定めましょう。適切な目標を設定し、それをさらに達成し続けることが可能な小さい目標に分割することで、苛立ちを感じることなくやる気を持続させながら取り組むことができます。大きな目標に向けた小さな目標を達成するたびに自信に弾みがつきます[7]。たとえば、体重を10Kg減らしたいと思うなら、1週間に1Kgずつ減量することを目標にしましょう。10Kg減量するのは時間がかかりますが、小さな週間目標に集中することで継続的に自信を得ることができます。
    • 小さな目標を掲げると、挫折もそこまで気にならなくなります。1Kgの減量に失敗しても、30Kgの減量失敗に比べたら大したことには感じません。
  2. 2
    未来像を視覚化しましょう。目標を目に見える形で表して色々な場所に置いておくと、やる気を保ちながら努力を継続するのに効果的です。目標を思い出させてくれるものを、家、オフィス、ロッカーに置いたり、バッグに入れたりしましょう。
    • 視覚化は非常に単純なものでも、丁寧に作り込んだものでも、自分の好きな方でかまいません。目につく場所に目標のリストを掲げるだけの人もいれば、コラージュを作って楽しむ人もいるかもしれません。
  3. 3
    代替プランを用意しましょう。自分が抱えている問題に対する複数の解決法に目を向け、次善の策も考えておきましょう。代替策があると、最初のプランが挫折したときも希望を失わずに成功への別の道を目指すことができます[8]
    • 抱えている問題を解決しうる方法を全て書き出してみましょう。解決策になりうる方法を書き出すことで、それらをより具体的に扱えるようになります。
  4. 4
    相談できる人を見つけましょう。適切な相談役はあなたを指導し、目標に集中する手助けを行ってくれるでしょう。相談できる相手がいるなら逆境から抜けるためにぜひ活用すべきです。複数の相手に相談することで、いろいろな視点からの考えを聞き、人生の様々な局面での指導を受けることもできるでしょう。
    • 相談相手を見つけることは大変に見えるかも知れませんが、誰でも何人かは素晴らしい相談相手になり得る人を知っていることでしょう。教師や教授、家族、または仕事仲間のことを思い出してみましょう。
  5. 5
    断念するのはやめましょう。あきらめてしまったら問題は一つも解決しません。ほとんどの状況は、いつかは変わる時が来るものです。目標を捨てさえしなければ、新しい手助けや解決法に巡りあうこともあるでしょう。
    • うまくいかない時に休むのは問題ありませんが、気持ちが落ち着いたらなるべく早く目標への集中を取り戻しましょう。

パート 3
健康的な生活習慣を身につける

  1. 1
    健康面に気をつけましょう。習慣的な運動、健康的な食事、良質な睡眠などは全て全体的な幸福感や困難への抵抗力、自信の増大につながります[9]。現在の逆境を乗り越えるためだけでなく今後の逆境への抵抗力をつけるためにも健康的な生活習慣を身につけましょう。
    • 怪我などを防ぐために、まずは医師に相談するようにし、慣れない運動は徐々に量を増やすようにしましょう。
  2. 2
    感謝の気持ちを日記に綴りましょう。ものごとに対する感謝の気持ちを習慣的に確認すると、肯定的な気持ちの促進につながります。前向きな姿勢でいれば、この先抱える問題に対しても有利に取り組むことができ、うんざりすることも減るでしょう[10]
    • 自分が有り難いと思うことについて毎日10分から15分ほど考えてみましょう。
  3. 3
    人の輪を大切にしましょう。逆境の時に頼れる人がいると、安心につながり、大きな助けとなります。実際に助けが必要になる前から人の輪を大切にしておくことで、いざという時に誰かを頼ることが容易になります。友人や家族のことにはよく注意し、人間関係を良好に保ちましょう[11]
    • 人との関係を保ち、強固にするために定期的に電話をしたり会ったりしましょう。

ポイント

  • 健康的な生活習慣は、逆境に対処する能力を向上させます。
  • 社会的な繋がりをなくさないようにしましょう。

注意事項

  • 自分を傷つけてしまうかもしれないと感じたら、すぐに助けを求めましょう。
  • 薬物やお酒に頼るのはやめましょう。ほとんどの場合、絶望感が募るだけです。

記事の情報

カテゴリ: 自己啓発

他言語版:

English: Overcome Adversity, Italiano: Superare le Avversità, Deutsch: Unglück überwinden, Français: surmonter l'adversité, 中文: 克服困境, Português: Superar Adversidades, Русский: преодолеть трудности, Español: superar la adversidad, Bahasa Indonesia: Mengatasi Kesulitan, Nederlands: Tegenspoed overwinnen, Čeština: Jak překonat nepřízeň osudu, العربية: التغلب على المحن, Tiếng Việt: Vượt qua Nghịch cảnh, ไทย: เอาชนะมรสุมชีวิต, 한국어: 역경 극복하는 법

このページは 583 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?