釣り用ラインをスプールに巻く方法

3 方法:スピニングリールベイトキャスティング リールクローズドフェイス リール

オフシーズンの間ずっと収納されていたラインは時間が経つにつれて消耗し、リールに巻かれた形を記憶してしまいます。その結果、キャスティングがしづらく、ラインが絡みやすくなってしまいます。最高の釣りを楽しむためには、少なくとも1シーズンに1度はラインを交換しましょう。ここではその正しい方法を紹介します。

1
スピニングリール

  1. 1
    スピニングリールの補充 スピニングリールはロッドの下についているパーツのことです。
    • ベールの回転方向を確認します。メーカーによって、時計回りと反時計回りがあります。新しく付けるスプールを見て、ラインがスプールから緩む方向を確認してください。
    • ベール回転とスプールの巻く方向がそれぞれに揃っていることを確認します。ベールの回転が時計回りである場合はラインの緩む方向も時計回りになります。こうすると、ラインのねじれを最小限に抑えることができます。
    • スプールの緩む方向がベールの回転に合っていない場合は、スプールを裏返して取り付けます。
  2. 2
    リールに新しいラインを結びつける ベールアームを上げ、ロッドガイドを通して新しいラインをリールまで通します。以下の手順を参考にしてください。
    • ラインをリールに巻きます。
    • 新しいラインの端を元のラインに止め結びます。
    • 新しいラインのもう片方の端に2つ目の止め結びをします。
    • 結び目をリールのそばで締め、余ったラインを慎重に切ります。
    • 極細のラインを使っていて、結び目を大きくしたくない場合は、絶縁テープを使ってラインをリールに固定します。
    • ベールを戻します。
  3. 3
    リールで巻き取る時に、ラインが張った状態を保つために数十センチほどラインを指で押さえます。
  4. 4
    巻くのを止めて、地面に置く ロッドを短くします。ラインの巻きがリールと同じ方向に巻かれているのを確認します。同じであれば最後まで巻きます。そうでなければ、手順を戻して、再度ラインのスプールからの巻きとリールの回転方向が同じであることを確認します。
    • スピニングリールでラインを上手く巻くには、目元付近でラインを柔らかい綿の布などで抑えるとよいでしょう。ラインの巻が緩んでしまわないように、適度な張力で抑えるとうまく巻き取れます。
  5. 5
    ラインの端が残り数センチくらいのところまで巻き取る 

2
ベイトキャスティング リール

  1. 1
    新しいスプールの穴に鉛筆を通す これを誰かに持ってもらいます。または、釣具屋などで買えるリール充填機器でラインを巻き取ります。
  2. 2
    絡まないように適度に引っ張りながら外縁から1cm弱のところまで満たします。

3
クローズドフェイス リール

  1. 1
    フェイスを取り外す ラインを巻く前に、リールに結びつけます。
  2. 2
    ベールの回転方向を確認する メーカーによって、時計回りと反時計回りがあります。新しく付けるスプールを見て、ラインが緩む方向を確認します。
    • それぞれのリールで、ベールとスプールの巻き方向が揃っていることを確認します。 ベールの回転が時計回りの場合はラインが緩む方向も時計回りになります。こうすると、ラインのねじれを最小限に抑えることができます。
    • スプールの緩む方向がベールの回転に合っていない場合は、スプールを裏返して取り付けます。
  3. 3
    フェイスの前面の穴にラインを通す 新しくつけるラインを、リールに取り付けます。ベールアームを上げ、ロッドガイドを通して新しいラインをリールまで通します。以下の手順を参考にしてください。
    • ラインをリールに巻きます。
    • 新しいラインの端を元のラインに止め結びます。
    • 新しいラインのもう片方の端に2つ目の止め結びをします。
    • 結び目をリールのそばで締め、余ったラインを慎重に切ります。
    • 極細のラインを使っていて、結び目を大きくしたくない場合は、絶縁テープを使ってラインをリールに固定します。
  4. 4
    フェイスをリールに取り付ける 
  5. 5
    リールで巻き取る時に、ラインがピンと張った状態を保つために数十センチほどラインを指で持ちます。
  6. 6
    巻くのを止めて、地面でロッドをスプールの方向に沈めて短くする ラインの巻がリールと同じ方向に巻かれているのを確認します。問題がなければ最後まで巻きます。そうでなければ、手順を戻して、再度、ラインのスプールからの巻きとリールの回転方向が同じ方向であることを確認します。
    • ラインをうまくスプールに巻くには、目元付近でラインを柔らかい綿の布などで押さえるとよいでしょう。ラインが緩んで巻かれてしまわないように、適度な張力で押さえるとうまく巻き取れます。

ポイント

  • クローズドフェイスリールはあまり長くラインを巻きつけておくことができないので、初めにどのくらいラインが残っているかを確認してください。
  • スプールにラインを取り付けるには、本結びで結びつけて構いませんが、滑らないように結び目をスプールにぴったりフィットさせます。絶縁テープが滑り止めにとても役に立ちます。
  • 両手を空けるためと適度な張りを保つために、古い電話帳にラインを挟んでラインを通します。(これは特にブレーデッドラインに適しています)
  • ラインのねじれがひどい場合は、ルアーを取りはずし、ラインをボートの後ろに目一杯に伸ばして船を進めます。これでねじれは取れます。
  • 古くなったラインは釣具屋などにあるライン用リサイクルのゴミ箱に捨てましょう。
  • ブレーデッドラインを使用の場合は、最初に布テープか通常のラインの層を作りましょう。そうしないとブレーデッドラインはスプールの回りを滑って、フックを取り付けられません。
  • 釣りをする時にループを避けるためには、リールを巻いている時に張りを保ちます。必要であれば、リールの前でラインを親指と人差し指で押さえます。
  • ラインを最も有効に使いたい場合、他のリールに使っているラインを巻き取り、もう一度使っているリールに巻き直します。こうするとラインの使用済みの部分はライン全体の後方に行き、ラインの未使用の部分を再度使うことができます。
  • ボートを持っていない場合は、ルアーを外してラインを何か結びつけられるところに結びます。ラインを伸ばしながら歩いて離れます。ラインを誰かに切ってもらい、適度に引っ張りながらリールに巻きつけます。
  • リールにラインを巻いて充填する前にラインコンディショナーを使ってケアすると、ねじれを少なく巻きつけることができます。釣りをする前後に定期的に良質のコンディショナーでケアをすることで、ラインを消耗からの保護して長持ちさせることができ、正確に遠くへキャストすることができます。

注意事項

  • ラインは、絡まるのを避けるために、常にタイトに保ちましょう。
  • 歯が欠けたり、折れたりする場合があるので、ラインを噛むのはやめましょう。
  • 自然の魚類、鳥類が使用済みのラインに絡まって死ぬ恐れがあるので、絶対にポイ捨てしないでください。


記事の情報

他言語版:

English: Spool New Fishing Line Onto a Reel, Español: poner un hilo nuevo en el carrete de la caña de pesca, Italiano: Avvolgere un Nuovo Filo in un Mulinello, Русский: наматывать леску на катушку спиннинга, Português: Enrolar a Linha Nova no Molinete, Bahasa Indonesia: Memasang Senar Pancing Baru ke Reel

このページは 1,427 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?