集中して勉強する方法

2 方法:すべきことしてはいけないこと

試験やテストに向けての勉強は大変で精神的にも疲れます。実際、なかなか目標に集中できないと感じる人が多くいます。しかし、勉強に集中して取り組むために今すぐにできる簡単なことがあります。例えば、静かな勉強の場所を見つけて音楽を聴かないこともその一例です。

1
すべきこと

  1. 1
    勉強に適した環境を探しましょう。寝室や教室は必ずしも最適な場所ではありません。リビングのように大きく座り心地の良い椅子のある静かな場所を見つけましょう。できれば、テレビやパソコン、携帯電話は手の届かない場所にあったほうが良いでしょう。
    • 一般的に図書館は静かで勉強に適した場所です。おそらく両親の書斎も静かで、気の散るようなものがほとんどなく、勉強に適した場所のひとつです。
  2. 2
    勉強を始める前に、必要なものを用意しておきましょう。ペン、蛍光ペン、定規などを勉強の最中に探すことがないようにしないと、気が散って勉強の妨げになります。必要なものは、前もって全て用意しておきましょう。
  3. 3
    一緒に勉強する相手を見つけましょう。同じ目標を持ち、しっかりと集中して勉強に取り組んでいる人を選びましょう。必ずしも親友が良いとは限りません。雑談をしてしまい、お互いに勉強に集中できないかもしれません。勉強相手を持つのは、お互いに意見を交換したり、違った角度からの見方ができるという点でたいへん良いアイデアです。
    • 勉強相手は勉強の邪魔になると考える人もいます。周りの人と話をするのが大好きな社交的なタイプは、友だちと一緒に勉強するのは最善の方法ではないでしょう。少し恥ずかしがり屋で一人でいることが多いタイプなら、勉強相手を持つことから良い効果が得られるかもしれません。ただし、相手がとても社交的な人だと、勉強しようとしているのに向こうから話しかけようとしてくるでしょう。
    • 自分より頭の良い人を選びましょう。当たり前のことだと思うかもしれませんが、多くの人がこの点を見落としています。学びたいのであれば、頭が良く、勉強熱心で、人に教えることを厭わない人を相手に選びましょう。相手との勉強時間がずっと実りあるものになります。
  4. 4
    勉強に適したおやつを用意しましょう。栄養ドリンクやコーヒーは避けましょう。カフェインが切れると急に眠気に襲われます。グラノーラバー、果物、水などが適しています。簡単に食べられて糖分の補給にも効果的です。
  5. 5
    短い休憩をとりましょう。45分勉強したら、10分休憩して何か別のことをします。休憩の後は勉強に戻るようにしましょう。休憩時間は20分以内に留めます。
    • アラームをセットして計画的に休憩をとりましょう。あらかじめ休憩時間の予定を決めておけば、取り損なうこともありません。何より、「うっかり」必要以上に休憩をとってしまうことも少なくなります。
    • なぜ休憩をとるのでしょうか。私達の脳は、多くの情報を処理した後に充電のための時間を必要とします。休憩をとり、歩いて身体を動かした方が記憶や簡単なテストの結果が良くなったという研究報告もあります。[1]
  6. 6
    モチベーションを高めましょう。十分に勉強をして試験に備えれば、必ずうまくいきます。当日に楽しんで試験を受けることができるぐらいまで、しっかりと勉強をしましょう。試験を大げさに考えず、これまでの勉強の成果を試す機会だと考えましょう。
    • 目標を設定しましょう。少し高すぎると思う目標でも構いません。自分にできると思う以上のことに挑戦しましょう。ひょっとすると自分でも驚くような結果が出せるかもしれません。
    • ご褒美でモチベーションを高めましょう。これには少し自制心が必要です。必要ならば、監視できる人に力を貸してもらいましょう。しっかり勉強をして、準備万全で臨み、試験好成績が得られたら、自分にご褒美を与えましょう。
    • 勉強が大事である理由を自分に言いかせましょう。理由は人それぞれです。最高点をとリたいという人もいれば、その科目自体に興味がある人もいます。父親と賭けをして、どうしても負けたくないのかもしれません。いずれにせよ、どうして自分が一生懸命勉強しているのかを思い出しましょう。そして、勉強にはそれだけの価値があると自分に言い聞かせましょう。
  7. 7
    勉強を始めましょう。必要なものは全て目の前にあります。先延ばしにするものは何もありません。自分と目の前の課題があるだけです。さぁ、何をためらっているんですか?
    • 暗記カードやメモを上手に使いましょう。暗記カードは重要ポイントを簡潔にまとめてあり、たいへん役に立ちます。自分に向いていると思ったら、暗記カードを使いましょう。時系列で並べたり、組織体系ごとに意味を持たせるように並べてみましょう。
    • 替え歌や語呂合わせを利用しましょう。替え歌や語呂合わせは暗記のツールとして使え、普通に暗記するよりも楽しみながらできます。覚えたいことを面白い歌にしたり、頭文字をつなげて言葉にすると(水金地火木土天冥海、覚えていますか?)暗記に役立ちます。
    • はじめに最重要事項から押さえましょう。それから残りの部分に進みます。まずは重要ポイントをしっかりと理解し、そこから範囲を広げて勉強していきましょう。そうすることで基礎がしっかりと身につきます。

2
してはいけないこと

  1. 1
    慌てないようにしましょう。慌てるとミスをします。終始落ち着いた状態でいることが大切です。十分に計画を練って勉強すれば、試験の時に慌てる必要はありません。深呼吸をして、「できる」と自分に言い聞かせ、落ち着きましょう。
  2. 2
    パソコンの使用は最小限にしましょう。特にインターネットには気をつけましょう。自分の手で書いた方がよく覚えることができます。同じく、携帯電話の使用も控えましょう。メールの返信に忙しくては、勉強に集中するどころではありません。
    • 誘惑に負けそうな時はインターネットの接続を切りましょう。パソコンの電源を切るか、友達に預かってもらうとよいでしょう。要するに、勉強の時間をインターネットで無駄につぶさないようにすることが大切です。
  3. 3
    効率が上がる場合を除いては、音楽を聴くのはやめましょう。音楽を聴きながらの方が勉強がはかどるという人もいますが、勉強中は別のことに気をとられないようにしましょう。たとえそれが静かな音楽だけであっても、脳にとっては別の処理の負担が増え、勉強の妨げになります。
  4. 4
    脱線しないようにしましょう。勉強している内容がつまらない時や、勉強とは関係ないけれどワクワクする情報に出会うと、私たちは皆、脱線してしまいます。何であれ、他の事に手を伸ばすのは勉強を済ませてからにしましょう。
    • 常に自分に問いかけましょう。この内容はどのぐらい試験で出題されそうか、と常に考えます。真剣に分析すれば出題傾向を判断できます。最もよく出る問題に多くの時間を当て、残った時間で出題傾向の低い問題を勉強しましょう。
  5. 5
    やる気を失わないようにしましょう。特に最初は、試験勉強は気が遠くなるほど困難に思えます。無理のない分量に分けて勉強し、最初は完璧にできなくても気にしないようにしましょう。勉強は学ぶためのものであり必ずしも試験で満点を取る必要はありません。理解するのが難しい時は、”全体像” を把握するようにしましょう。細かい点もより理解しやすくなるはずです。

ポイント

  • 友達のことを考えたり、他の人と比べるのはやめましょう。その代わりに、勉強は自由な想像だと捉えて想像力や好奇心をもって学びましょう。
  • 決してパニックに陥らないようにしましょう。目の前のことに集中し、課題をやり遂げます。そして次のステップへ進みましょう。前向きに考え、良い成績をとると心に決めましょう。
  • よく眠り、スケジュールに沿って1日を過ごすようにしましょう。1、2時間勉強をしたら休憩を取れるとわかっていれば、意欲的に勉強を頑張ることができます。集中して勉強すれば、時間は短く感じます。
  • 良い成績をとって両親が喜んでくれるところを想像してみましょう。
  • 悲観的に考えるのはやめましょう。あなたの勉強の成果をみんながどんなに喜ぶかを考えましょう。
  • メモを取りましょう。段落を読み、その通りに書き留めるか、または段落の要点を捉えて書き留めましょう。記憶に残りやすくなります。
  • 心配しすぎないようにしましょう。勉強の最中にパニックを起こしたら、深呼吸をしてメモを読み、順を追って内容を理解するように努めます。
  • いつも静かな部屋で勉強しましょう。
  • 何かの勉強を始める前に、いつも自分自身に3つの質問をしましょう。どうして自分はこれをするのか、結果はどうなるのか、そして望みを達成できるのか。よく考えて、これらの質問に満足のいく答えが見つかったら、先に進みましょう。
  • ひとつの話題を読み終えたら、すぐに簡単な模擬テストを自分でやってみましょう。
  • 勉強の予定表を作り、それぞれの科目ごとに時間帯を割り振りましょう。(例、数学 6:30, 英語 7:30 など)
  • 勉強中にうとうとしたり眠くなったら、仮眠を取りましょう。起きた時には頭がすっきりして勉強に集中できる状態になります。眠い時に勉強しても、集中できるはずがありません。
  • 友達やライバルがどのぐらいあなたより先に進んでいるかを想像してみましょう。再び気を引き締めるのに役に立ちます!
  • 集中力を高める、脳に良い食べ物を摂りましょう。
  • 個室ならば勉強がはかどり、気が散るのを抑えることができます。
  • 音楽を聴くと勉強の効率が上がるという場合は、BGMを聴くようにしましょう。BGMなら歌詞を一緒に口ずさむことなく、お気に入りの曲を聴きながら集中できるでしょう。


注意事項

  • 試験勉強をギリギリまで先延ばしにしないようにしましょう。前もって計画を立てます。早く始めれば始めるほど、ストレスは減ります。学校から帰ったら、毎日コツコツ復習するようにしましょう。


記事の情報

カテゴリ: 学校・大学

他言語版:

English: Focus on Studying, Français: se concentrer sur ses révisions, Español: concentrarse para estudiar, Deutsch: Sich aufs Lernen konzentrieren, Português: Se Concentrar nos Estudos, Italiano: Concentrarsi Durante lo Studio, Nederlands: Je concentreren tijdens het studeren, Русский: сосредоточиться на учебе, 中文: 专注于学习, العربية: التّركيز في دراستك, Čeština: Jak se soustředit na učení, Bahasa Indonesia: Fokus Belajar, हिन्दी: पढ़ाई पर ध्यान केन्द्रित करें, 한국어: 공부 집중도 올리는 법, ไทย: ตั้งใจอ่านหนังสือ, Tiếng Việt: Tập trung vào Học tập

このページは 456 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?