靴下で人形を作る方法

1 方法:1:早く出来て簡単

靴下を使って楽しく人形を作ることができます。世界に一つしかない個性的でユニークな人形を自分で作成できるのが特に楽しい点です。人形といっても人間である必要はありません。動物や宇宙人などの人形も作れます。


まずは靴が入っていた空箱に材料を集めることから始めましょう。きれいな靴下を少なくとも片足分一枚選びましょう。それと大きな針と丈夫で太い糸が必要です。これが最低限の材料です。もちろんその他には靴下人形を美しく飾るデコレーションも加えましょう。眼鏡、宝石、髪の毛の材料など、靴下人形にオリジナリティーを加える飾りを用意しましょう。学校の先生はボタンやビーズ、毛糸、モール、フエルトなど、靴下人形の飾りになるような材料やハサミやグルーガンなどの工作用の道具を持っているかもしれません。

1:早く出来て簡単

  1. 1
    古くなった清潔な靴下を見つけましょう。自分の好きな色の靴下を選んでかまいませんが、必ず腕を入れるのに十分な長さがある靴下にしましょう。肘まで届く長さが理想的です。*薄すぎる靴下や穴が開いている靴下は使わないようにしましょう。どんな素材の靴下からでも人形を作ることは出来ますが、靴下の一部を切る予定のある人形を作る時は、切ったところがほころびる恐れのある綿のような素材は避けましょう。 靴下人形のキャラクターは選ぶ靴下で決まってくる部分ももちろんあります。例えば 水玉模様の靴下ならひょうやチーター、犬のダルメシアンなどが適しています。縞模様の靴下ならばシマウマやトラや囚人になります。無色の靴下の方が応用が効きますが、色がキャラクター設定の助けになることもあります。白い靴下が白いネズミなら灰色の靴下は象になるなど、靴下を選ぶ時には靴下の特徴も一部取り入れて最終的に自分の靴下人形のキャラクターを選択しましょう。
  2. 2
    糊(グルーガンや加熱して溶かして使うノリを使います)を使うか縫い付けて人形の目(目の数、サイズ、色はお好みでお選びください)を靴下の下の部分、つま先の先端、もしくは自分がつけたいところに取り付けます。糊づけする前に何カ所かに置いて最適な場所を見つけましょう。目が寄っていたり、鼻に近かったり、自分が想像するのとは違う場所に置く方がよく見える場合もあります。オリジナルの靴下人形なので、どこにどの身体の部分をつけるかは自分次第です。どうやったらよいかわからない時は大人に聞いて教えてもらいましょう。瞬間接着剤の使用や裁縫は一人で行うと危険な場合もあります。気軽に大人に手伝いを頼みましょう。
  3. 3
    糊が乾いたら靴下の中に手を入れてみましょう。親指は他の指の下において、手で口の形を作ります。もう一方の手は、口の中を映し出すでこぼこ鏡という設定にしましょう。腕は蛇のように見えているのが正しい状態です。
  4. 4
    その他の基本的な顔の部分はどうしますか?舌をつける場合は靴下とは違う色の小さな楕円を使って舌のように見せることもできますし、実際の舌の形にして口から飛び出させる方法もあります。フエルトで舌を作る時は舌の先が「V」の形になるように切ると、蛇の舌のような仕上がりになります。
    • フエルトで鼻を作ることも出来ます。小さな三角や丸に切り取って、かわいい小さな鼻を作りましょう。その際、口の上に糊づけするか縫い付けましょう。頬ヒゲをつける場合は鼻の下につけましょう。
    • 靴下人形に(動物などの頬)ヒゲをつけたい場合は、紐や縄をヒゲに合う長さに切り、口の真ん中あたりに縫い付けましょう。口ひげに見えないように気をつけましょう。でも靴下人形に口ひげがあってもいいですよね?ダメな理由はないですね。
  5. 5
    同じ紐を髪の毛にも使用できます。紐の束を作って髪の毛に使うか(靴下人形とはほとんど手入れの行き届いていないキャラクターなので)フエルトをとがらせたものを使うか、(真っすぐ糊づけできたら)鱗のような飾りを使いましょう。靴下人形を作るのって楽しいですね!耳はつけますか?フエルトで簡単に耳を作ったら好きなところに縫い付けましょう。
  6. 6
    腕は長いフエルトを丸めて中にモールを入れたら出来上がりです。モールを入れることで靴下人形に動きが出ます。丸めたところを糊で閉じたら、片側を靴下人形とくっつけます。
    • 指を作るなら、丸めたフエルトの先端に2カ所切れ込みを入れましょう。2つ切れ込みを入れるとフエルトの先端が3本指に早変わりし、手のように見えます。端をくるっと丸めると指のように形成できます。に
  7. 7
    最後に色々な飾りを付け加えましょう。まつ毛、輪状のイヤリング、蝶ネクタイ、髪の毛のリボンなどお好みで靴下人形を飾りましょう。洋服を着せることもできます。洋服を作るなら、何枚か作りましょう。

ポイント

  • 動物が苦手なら、人間のキャラクターを作ってみましょう。
  • あごひげや口ひげは毛糸を使って靴下に付けるとうまくできます。
  • バービー人形のイヤリングなどを靴下人形につける方法もあります。

注意事項

  • 子供が自分で靴下を縫う時は必ず保護者の観察の元で行いましょう。裁縫の経験がなかったりほとんど裁縫をしたことのない小さい子供にはしっかりと付き添い、経験のある人や年齢が上の人が手伝いましょう。

必要なもの

方法1:早く出来て簡単

  • 清潔で長い靴下
  • 人形につけるぎょろぎょろした目
  • フエルト
  • グルーガン

方法2:少し時間かかるけどまだ簡単

  • 段ボールを小さく切ったもの
  • 清潔で長い靴下
  • ハサミ
  • フエルト
  • グルーガン
  • 人形につける目、もしくはポンポンと呼ばれるふさふさの工作用の飾り
  • 飾り(お好みで)

方法3:とがった鼻の動物

  • 長い靴下
  • 人形につける目
  • フエルト
  • 針と糸
  • ハサミ
  • 毛糸やリボンなどの飾り(お好みで)

出典と引用

  • How to Operate a Rod Puppet
続きを 表示する… (2)

記事の情報

カテゴリ: 趣味・クラフト

他言語版:

English: Make a Sock Puppet, Español: hacer un títere con un calcetín, Português: Fazer um Fantoche de Meia, Italiano: Realizzare un Pupazzo con un Calzino, Français: fabriquer une marionnette avec une chaussette, Nederlands: Een sokpop maken, Русский: сделать куклу из носка, 中文: 制作袜子玩偶, Deutsch: Eine Sockenpuppe basteln, Čeština: Jak si vyrobit loutku z ponožky, Bahasa Indonesia: Membuat Boneka dari Kaus Kaki, العربية: عمل دمية باستخدام جورب, ไทย: ทำหุ่นเชิดจากถุงเท้า, हिन्दी: मोज़े द्वारा कठपुतली बनाएँ, Tiếng Việt: Làm Con rối bằng Vớ

このページは 3,586 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?