顔のシミを消す方法

4 パート:原因をさぐる効果が証明されている治療法天然療法シミを防ぐ

皮膚の色素を生成する物質はメラニンといい、メラニンが一箇所に集中するとシミ、そばかす、肝斑、ほくろなどの斑点になります。顔にできるこうしたシミは色素沈着とも呼ばれ、過剰な日光への露出やホルモン分泌の変化、薬品の副作用などが原因でできます。シミは深刻な医療問題ではありませんが、顔にシミができてしまったら真っ白い肌に憧れることでしょう。シミの対処法には、ケミカルピーリングやその他の治療法を用いて潜在する問題を解決する方法や天然療法での美白などがあります。シミの原因を探り、顔にできてしまったシミを消す方法をステップ1から学んでいきましょう。

パート 1
原因をさぐる

  1. 1
    シミのタイプを知る シミには様々な原因があります。そのため、シミのタイプを知っておくとシミに対処する際に役立ちます。色素沈着には3つのタイプがあります。[1]
    • 色素班 このタイプのシミは太陽からの紫外線によって起こります。60歳以上の9割にはこのタイプのシミがありますが、比較的若い人にも男女を問わず日光に起因するシミがあります。このシミは特定の場所にできるのではなく、顔全体に散らばっています。
    • 肝斑 このタイプのシミはホルモン分泌の変化によってできます。女性の場合、ホルモンバランスが絶えず変化しているとき、たとえば妊娠中や更年期にこうしたシミが頬に現れます。このシミは経口避妊薬やホルモン治療の副作用が原因でできる場合もあります。また、甲状腺機能の異常が原因で起こることもあります。
    • 炎症後の色素沈着(PIH) このシミは乾癬 、火傷、にきびや肌にあわない療法による肌へのトラウマが原因でできます。
  2. 2
    シミの原因を調べる 自分のシミのタイプがわかったら、治療法を選び、今後のシミ予防のために生活習慣を変えましょう。以下の事柄を考慮して、シミの原因を探ってみます。
    • 日焼けサロンに通ったり、日光に当たってよく日焼けをしますか?日焼け止めを塗らずに日光に当たることが多い場合のシミは色素斑かもしれません。このタイプの色素沈着には外用薬の塗布と日光を避けることが何よりの対処法です。
    • 持病があって薬を服用していますか?あるいは、妊娠中、経口避妊薬を服用中、ホルモン治療中のいずれかに該当しますか?そうであればあなたのシミは黒色腫である可能性があります。黒色腫は治療の難しい病気ですが、症状を改善する方法はあります。
    • ひどいニキビ、整形手術、長期にわたる肌の問題を経験したことがありますか?こうした場合のシミはPIHかもしれません。これは塗り薬で治療することが可能です。
  3. 3
    皮膚科の診察を受ける 皮膚科の医師は特別な拡大鏡つきのライトでしっかりと肌を見て、シミの症状を診断します。また、身体的な検査だけでなく、生活習慣についても尋ね、肌への影響を探ります。皮膚科医は現在あるシミの治療法と今後のシミの予防法について詳しく教えてくれます。
    • 色素沈着は多くの人が治療を行なう一般的な症状であるため、素早くシミをなくすと謳った治療や製品はたくさんあります。皮膚科医に相談すると、効果のあるものとそうでないものの見分け方を教えてもらえるでしょう。[2]
    • シミによく効く治療はたいてい処方箋薬によるものです。このことからも、皮膚科医に診てもらうべきだと言えるでしょう。
    • 最後に、自分のシミの原因が黒色腫またはその他の皮膚がんではないことを確かめましょう。1年に1回の定期的な全身検査は、皮膚がんが進行する前の早期発見のために非常に重要です。[3]

パート 2
効果が証明されている治療法

  1. 1
    まずは機械を使わない角質除去から始めます。シミができてからまだ1、2ヶ月しかたっていないのであれば、シミはまだ皮膚の最上層までしか浸透していない可能性があります。それならば、顔の表面の角質除去をするだけでシミをなくすことができるかもしれません。角質除去は皮膚の最上層を剥ぎ取り、新しい皮膚を表面に押し出します。
    • 細かい粒子が皮膚の最上層を優しく剥ぎ取るスクラブ洗顔料を使いましょう。細かく刻んだアーモンドとオートミールを通常の洗顔料に混ぜて、自家製のスクラブを作ることもできます。シミの上にスクラブを丸く円を描くような動きですりこみます。
    • クラリソニックのような電子角質除去器は通常の角質除去洗顔剤よりも肌の深い部分に働きかけ、やさしく角質を除去します。電子角質除去器はオンラインショップやドラッグストア等で購入できます。
  2. 2
    酸を用いた治療の塗り薬を試してみましょう。こうした治療薬は処方箋、市販のどちらもあり、アルファハイドロキシ酸、ベータハイドロキシ酸、あるいはレチノイドを含んでいます。これらの酸は皮膚の最上層から古くなった角質を拭い去り、新しい皮膚細胞の生成を促します。この治療法は、どのタイプの色素沈着にも効果があります。
    • アルファハイドロキシ酸 には、グリコール酸、マンデル酸、クエン酸、乳酸等があり、果物や野菜、その他の食品から抽出されます。この酸はしっかりと皮膚の角質を除去しますが、敏感肌にも使えるほどやさしい製品です。アルファハイドロキシ酸はセラム、クリーム、モイスチャライザー、ピーリングの形式で販売されています。ベータハイドロキシ酸はサリチル酸とも呼ばれ、市販のニキビ薬や皮膚の治療薬に使われています。[4] サリチル酸はクリーム、セラム、クレンザー、ピーリングとして使用されるのが一般的です。
    • レチノイン酸はトレチノイン、またはレチンAとして知られています。レチノイン酸はビタミンAの一種で、ニキビとシミには非常に効果があります。クリームとジェルで手に入り、米国では処方箋薬のみとなっています。
    • 市販の製品をお探しの場合は、次の原料を含んだ製品を選びましょう:ハイドロキノン、きゅうり、大豆、コウジ酸、カルシウム、アゼライン酸またはアルブチン[5]
  3. 3
    ケミカルピーリングを検討しましょう。皮膚の表面の治療でシミをしっかりと消せなかった場合は、ケミカルピーリングを考えてもいいでしょう。ケミカルピーリングは、その名の通り、皮膚の最上層を剥ぎ落とします。ケミカルピーリングの原料には前記の酸が高濃度で入っています。強度は軽度、中度、重度の3段階に分かれています。[6]
    • 軽度のケミカルピーリングはアルファハイドロキシ酸を用いて行われます。また、グリコール酸と乳酸が原料に含まれていることもあります。シミに最も効果があるのはこのピーリングです。
    • 中度のピーリングにはトリクロロ酢酸(TCA)を使います。このピーリングは日光に当たることでできたシミの治療に推奨されています。特に優れた効果を期待する場合は、シミが完全に消えるまで2週間毎にこのプロセスを繰り返します。このピーリングは肌が回復したあとにさらにシミを作ってしまうので、肌の色が濃い人には一般的にすすめられません。
    • 重度のケミカルピーリングは有効成分としてフェノールもしくは石炭酸を含みます。一般的には深いシワの治療に使われますが、日光よる極度のダメージにも効果があります。フェノールを用いたピーリングは非常に強力で、処置を始める前に麻酔をかけます。肌が元通りに回復して結果が見えるようになるまでには数ヶ月ほどかかります。
  4. 4
    マイクロクリスタルピーリングをしましょう。マイクロクリスタルピーリングはクリスタルの微粒子で肌からシミを砂吹きする方法です。[7]古い皮膚を取り除いた後に、新しい皮膚の層が形成されます。この治療は一ヶ月に一度の処置を数ヶ月にわたって行います。
    • 経験のある施術者を選びましょう。皮膚の層を摺り落とすと、炎症が起きてシミを悪化させることがあります。施術者が間違った方法で処置を行うと、満足のいかない結果になる恐れがあります。
    • マイクロクリスタルピーリングは施術の間に肌の回復を待つ必要があるため、頻繁に施術を受けるべきではありません。
  5. 5
    レーザー治療を検討してみましょう。レーザー治療、別名超短パルス光(IPL)セラピーは、シミの原因となるメラニンを光の敏速な振動で破壊します。色素沈着した箇所が光を吸収し、シミを粉砕または気化します。皮膚はそれを治そうとしてかさぶたを作り、その下から新たに白い皮膚が生まれます。[8]レーザー治療は非常に効果のある治療法ですが、高額であり、痛みを伴う場合があります。
    • レーザー治療はできてから長い時間がたってしまったシミに最も適した治療法です。現れてから一年以上経つシミは、肌の奥まで浸透しており、塗り薬の効き目が届かなくなっています。
    • 非常に色白な人の場合は、シミが完全に消えるまでレーザー治療を4,5回行う必要があるかもしれません。[9]

パート 3
天然療法

  1. 1
    かんきつ類で肌をこする かんきつ類の果物にはビタミンC(別名:アスコルビン酸)が豊富に含まれています。ビタミンCは皮膚の最上層を傷つけることなく剥がれ落とします。下記が使用例です。
    • 果汁をしぼって、肌に軽くたたくように塗ります。女性は何世紀もの間、レモン果汁を使って肌を美白してきましたが、オレンジ、グレープフルーツ、またはお好みでライムなどを使うこともできます。半分に切った果物を搾って、容器に果汁を入れます。コットンなどでこの果汁をシミに軽く塗ります。20分間そのままにした後、水で洗い流します。これを一日二回繰り返しましょう。
    • レモンとハチミツのパック レモン汁半個分とハチミツ小さじ2杯を混ぜます。しっかりと混ぜて、肌に塗ります。30分間そのままにしてから、洗い流します。
    • かんきつ類と脱脂粉乳のスクラブ 水、脱脂粉乳、好みのかんきつ類の果汁を混ぜます。柔らかいペースト状になったら肌に塗ってマッサージしましょう。その後、しっかりと洗い流します。
  2. 2
    ビタミンE 強力な抗酸化物質であるビタミンEはダメージを受けた組織を回復させ、新しい肌を強化します。ビタミンEは塗り薬を使う方法もあります。また、ビタミンEを多く含む食品を積極的に摂取して効果を得ましょう。
    • 塗り薬:純度の高いビタミンEオイルを直接シミにつけます。毎日行なうとシミが消えます。
    • 食事:次の食品を積極的に食べて、ビタミンEの効果を得ましょう。ナッツ類(アーモンド、ピーナツ、松の実など)、ひまわりの種、小麦胚芽油や乾燥アンズなどを食事に加えるとよいでしょう。
  3. 3
    パパイヤ パパイヤはパパインと呼ばれる酵素を持っています。パパインは肌の角質除去を助け、新しい細胞の生成を促します。パパイヤにはビタミンCとビタミンEも多く含まれ、シミ消しのスーパースターだと言ってよいでしょう。パパイヤはまだ青い時分に出荷されますが、熟した果実にも同様の効果があります。パパイヤの皮をむいて種を取り除き、下記の治療を試してみましょう。
    • スライス:パパイヤをスライスして、消したいシミの上に置きます。そのまま20~30分待ちます。最大の効果を得るためには、これを1日2回行ないましょう。
    • パパイヤのパック:パパイヤを角切りにしたら、ミキサーかフードプロセッサーで滑らかなペースト状になるまで攪拌します。顔と首にこのペーストを塗り、30分程度そのままにした後、洗い流します。
  4. 4
    アロエ アロエには数多くの健康効果があります。アロエは素晴らしい保湿剤にもなり、日焼け後の肌の回復にも効果的です。また、シミを薄くする効果もあります。アロエを家で栽培しているのなら、葉を取って果肉を剥き、直接シミに塗りましょう。市販のアロエジェルを購入することもできます。アロエの葉が最も効果的なのは言うまでもありませんが、市販品を購入する場合は純度の高い製品であることを確認しましょう。
  5. 5
    紫たまねぎ タマネギにはシミを薄くする効果のある酸が含まれています。レモンが手元にない時にはとても重宝します。コットンにタマネギの絞り汁を軽くつけてシミに塗り、15分ほど置いて洗い流します。[10]

パート 4
シミを防ぐ

  1. 1
    日光に当たる時間を制限する 紫外線への露出はシミの大きな原因のひとつです。どんなシミができていても、有害な紫外線から肌を保護することは最も賢い行動です。紫外線を避けて安全に過ごす方法は以下を参考にしてください。
    • 日焼け止めを塗る 冬の間でも最低SPF15の日焼け止めを顔に塗ること
    • 強い直射日光に当たる時は、帽子をかぶりサングラスをかける その他の顔の部分も強力な日焼け止めでカバーする
    • 日焼けサロンに行かない 紫外線への直接の露出は肌(と内臓)に害をもたらす
    • 日光浴をしない 日焼けが治まった後にはシミが残る
  2. 2
    薬を変更する 服用している薬が原因で肝斑を起こしているのであれば、他の薬品に換えてシミを除去しましょう。医師に相談して、副作用のない他の薬品と変更できるか聞いてみましょう。
  3. 3
    専門家による肌の治療に注意しましょう。色素沈着はしっかりと行なわれなかった治療が原因であることもあります。整形手術や重度のケミカルピーリングは後にシミを残しやすい治療法です。肌の治療を検討する際には、施術者や医師がその分野での経験と実績を十分に持っていることを確認しましょう。

ポイント

  • 忍耐強く待ちましょう!シミは時に頑固で、消えるまでに時間がかかることがあります。自分で選んだ治療方法は根気強く一貫性を持って続けましょう。
  • 水分不足になると、皮膚細胞の新陳代謝が悪くなります。シミ治療を促進させるために、十分な水を飲みましょう。

注意事項

  • 肌を明るくする製品を使う場合は、しっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。
  • シミの治療を家庭で行なう場合は、説明書をしっかり読みましょう。
  • ハイドロキノンは美白製品として知られていますが、長い間、ガンや色素組織のダメージ、皮膚炎、その他の皮膚の問題と関係があるとされてきました。たいていの皮膚専門家は、他の方法で効果が見られない場合でない限り、ハイドロキノンは薦めません。
  • 妊婦、授乳中の女性はサリチル酸を使わないようにしましょう。
  • シミ取りをする医師やエステシャンにかかるのでしたら、彼らの言う施術後の指示にはしっかり従いましょう
  • アスピリンにアレルギー反応を起こす人はサリチル酸を含む製品を使ってはいけません。
  • かんきつ類の絞り汁を顔につけたまま日光に当たるとピリピリするので注意しましょう。

記事の情報

カテゴリ: パーソナルケア・スタイル

他言語版:

English: Get Rid of Dark Spots on Your Face, Deutsch: Dunkle Flecken im Gesicht loswerden, Italiano: Eliminare le Macchie Scure del Viso, Español: eliminar las manchas oscuras del rostro, Português: se Livrar de Manchas Escuras no Rosto, 中文: 去除脸上的黑斑, Русский: избавиться от пигментных пятен на лице, Français: vous débarrasser des taches foncées sur votre visage, Čeština: Jak se zbavit tmavých skvrn na obličeji, Bahasa Indonesia: Menghilangkan Bintik Hitam Pada Wajah, Nederlands: Van donkere vlekken in je gezicht afkomen, हिन्दी: चेहरे पर काले धब्बों से मुक्ति पायें, العربية: التخلّص من البُقع الداكنة في الوجه, Tiếng Việt: Loại bỏ Vết thâm trên Mặt, 한국어: 기미와 잡티 없애는 법, ไทย: กำจัดรอยด่างดำบนใบหน้า

このページは 26,850 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?