ISOイメージファイルを開く方法

ISOイメージファイル(拡張子が「.iso」のファイル)は、CDなどの光学ディスクを複製するために用いられるディスクイメージファイルの一種です。ISOファイルは、ディスクに書き込まれる全ての情報を含んでいます。それゆえ、ディスク自体を持っていないとしても、そのISOファイルを使えば、ディスクを複製できます。一般的には、ISOファイルを開いて内容を確認しなくても、ディスクへの書き込みはできるため、ファイルを開く必要はありません。しかし、ISOファイルの開き方を知っていれば、ディスクイメージの問題に対処したり、イメージファイル内の特定のデータを探すことができるようになります。

ステップ

  1. 1
    アーカイブユーティリティをダウンロードしてインストールする ほとんどのOS(オペレーティングシステム)では、初期設定のままでは、ISOファイルを扱うことはできません。そのため、アーカイブユーティリティ(圧縮ソフト)をインストールして、ISOイメージを開けるようにしなければなりません。最も簡単な手段は、シェアウェアのWinRARを利用することです。
    • まずは、WinRARをダウンロードしましょう。このソフトは、メインウェブサイト(www.win-rar.com)を含めて、インターネット上の至る所から入手できます。
    • WinRARのセットアップアイコンをダブルクリックして、インストールを開始します。インストール中に表示されるボックス内に、「WinRARに関連付け」という項目があります。「ISO」のボックスにチェックを入れて、お使いのパソコンで、ISOファイルがWinRARに自動的に関連付けられるようにしましょう。
  2. 2
    パソコン内のISOファイルを探す ブラウザから、ISOイメージを含むフォルダを探しましょう。ISOファイルは、WinRARに関連付けられているため、WinRARロゴ(3冊の積み重なった本)で表示されているはずです。
  3. 3
    ISOファイルを開く ファイルのアイコンをダブルクリックして開きます。ISOファイルの内容が新しいフォルダの中に表示されます。ファイルの内容を変更すると、CDにISOイメージをマッピングできなくなる恐れがあることに注意しましょう。イメージ内のファイルが必要な場合には、それをイメージから移動させるのではなく、コピーして使いましょう。
  4. 4
    終了したら画面を閉じる イメージファイルの内容確認後に、画面を閉じます。WinRARを閉じる必要はありません(利用時にしか動作しないため)。

ポイント

  • ISOイメージのマウント(イメージを光学ディスクに焼き付けること)には別のソフトが必要になることに注意しましょう。イメージがディスクにマウントされたら、ディスクから中身を見ることができるようになりますが、編集はできません。
  • この方法で使えるアーカイブユーティリティは、他にもいくつかあります。ディスクイメージを扱うのに特化したユーティリティもあります。どれを利用してもプロセスは同様です。ユーティリティによっては、「仮想光学ドライブ」からISOファイルにアクセスして、中身を読み込む必要があります。

必要なもの

  • パソコン
  • WinRAR
  • ISOファイル


記事の情報

カテゴリ: パソコン・エレクトロニクス

他言語版:

English: Open ISO Files, Español: abrir archivos ISO, Português: Abrir Arquivo Iso, Italiano: Aprire un File ISO, Русский: открыть файлы ISO, Deutsch: ISO Dateien öffnen, Français: ouvrir des fichiers ISO, Bahasa Indonesia: Membuka Berkas ISO, Tiếng Việt: Mở tập tin ISO, Nederlands: ISO bestanden openen, 中文: 打开ISO文件, العربية: فتح ملفات أيزو, ไทย: เปิดไฟล์ ISO

このページは 693 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?