Siri(シリ)を使いこなす方法

2 パート:連絡先に登録されている人達にSiriを通じて連絡する方法Siriの様々な機能を活用する方法

Siri(シリ)とはiPhoneやiPadに搭載された音声認識機能です。ユーザーの命令を解釈して答える人工知能パーソナルアシスタントで、日常生活における様々な用途に使用することができます。予約を取る、リマインダー(予定を事前に通知する)設定をする、電話をかける、テキストを送るなどの用件を数秒で行います。この記事ではSiriの使い方をご紹介しています。Siriを有効化して活用したい方に役立つ記事です。

ステップ

  1. 1
    ホームボタンを押します。Siriを使用するときは電話の電源を入れる必要がありますが、ロック解除の必要はありません。
  2. 2
    紫の光が出るのを待ちます。ビート音が2回聞こえた後、紫のマイクロフォンが光ります。Siriが表示され、「ご用件は何でしょう?」とユーザーに質問します。
  3. 3
    Siriに使うコマンド(命令)例一覧が表示されますので、コマンドを一つ選んでタップします。次回からは口頭及び通常の入力でだけでSiriがコマンドに対応します。
  4. 4
    Siriの活用方法と有効活用の秘訣
    • 個人的な人間関係を覚えさせる <連絡先に入力されている名前> は <「私の母親」「妻」(など自分との関係)>です、と言うと、あなたとの関係性をSiriが記憶します。次回は「妻に電話」「親友にテキストを送る」と言えば、連絡先の誰に連絡を取るのかを理解します。連絡先内の電話番号であれば、同じ作業を(「<名称> は私のお気に入りのレストラン」 ) 組織名を使用して行い、連絡先の詳細を電話番号と一緒に保存します。
    • 発音が難しい名前の対処方法 Siriが認識しにくい名前が連絡先に含まれている場合は、ニックネームとして音声認識可能な綴りを加えます。「編集」から名前を探し、「フィールドを追加」からニックネームを選択すると、名前の下にニックネームを記入する項目が表示されます。この項目に音声認識可能な綴りで名前を入力し、Siriが名前を認識できるように設定します。(例えば Cloeという名前は音声認識上Chloeと綴ります)
    • Siriの間違いを訂正する方法 Siriに何かを言った際にSiriがクエリの認識間違いをしたら、表示されているクエリテキストボックスをタップし、キーボードを使って訂正します。キーボード入力という余分な手間がかかりますが、Siriには間違いを学習する機能があるので次回からの認識レベルが向上します。長期的に見ると、ここで手間をかけておく価値は十分にあります。
    • Siriの初期設定検索エンジン SiriはSafariと連動し、世界中の様々な事柄に関する質問からレストランで割り勘するときの数学的な処理まで、ユーザーの検索クエリに対応します。Siriに初期設定されている検索エンジンを変更する場合は、設定>> サファリ >> 検索エンジンと選択し、初期設定のGoogleからその他の検索エンジンに変更します。
    • コマンドをキャンセルする方法 Siriに行ったコマンドを取り消す場合は「キャンセル(取り消し)」か「グッバイ(さようなら)」と言えばSiriは自動的に終了します。その後、ホームボタンを押してSiriを再起動させます。
    • Siriと楽しい時間を過ごす方法 Siriに歌を歌うように頼む、「ノックノックジョーク」を言う、セクシーだね、などと言うと、とても楽しい時間が過ごせます。ぜひお試しください。その他にも「ユアハイネス(高貴な方への敬称)」などの名称で自分を呼ぶようにSiriに命令したり、Siri自身についての質問をすると、楽しい結果が待っています。

パート 1
連絡先に登録されている人達にSiriを通じて連絡する方法

  1. 1
    連絡先に登録されている人への連絡をSiriに命令する方法。連絡先に登録されている人に電話、と簡潔に伝えます。例えば「エイミーに電話」と言うだけでいいのです。正しく音声が認識しされた場合は、電話をかける直前に「エイミーに電話します」と音声で応えます。電話をかけると同時に電話の音が鳴りますので、音が聞こえるまで待ちましょう。
  2. 2
    連絡先に登録してある人へのテキスト送信をSiriに命令する方法。テキストを送る場合は、送信先の名前とメッセージの後に「伝えて」と簡潔に言います。例えば「ケリーにすぐ行きます、と伝えて」と言うと、Siriはあなたからのメッセージを表示し、このメッセージを送信してよいかどうかの確認を求めます 。
  3. 3
    メールの送信をSiriに命令する方法。 「ジョンに旅行についてのメールを送る」と言うと、「旅行」を件名にしたメールアドレスの作成を開始します。その後「内容はどうなさいますか?」と言うので、メールに記入する内容を言います。メール作成が完了したら、この内容で送信していいか、確認のメッセージが表示されます。
  4. 4
    住所の検索をSiriで行う方法。「ダニーの住所は?」というと、連絡先に登録されている住所ならばすぐに表示されます。

パート 2
Siriの様々な機能を活用する方法

  1. 1
    Siriを使ってインターネット検索を行う方法。「ガーデニングに関するアドバイスをウェブで検索」 と言うと、この内容に関する検索を行い、クエリに関連するサイト一覧が表示されます。
  2. 2
    会議の設定をSiriに依頼する方法。「明日の正午に会議を設定」と言うと、「はい、会議を明日に設定します。スケジュールに追加してもよろしいですか?」という返答と同時に、設定通りの日付と時間が記入されたカレンダーが表示されます。同じ時間にすでに別の会議の予定がある場合は、Siriがそう伝えます。
  3. 3
    Siriにリマインド通知を頼む方法。「アシュリーに電話するのをリマインドして」というと「いつリマインドしましょうか?」と質問が返ってきます。「明日の午前10時」などの正確な時間を伝えます。"
  4. 4
    天気について尋ねる方法。「今日の天気は?」と聞くと地元の天気が表示されます。
  5. 5
    Siriにアラーム設定をさせます。「明日の朝7時に起こして」と言うと、アラームがご希望の時間に設定されました、という音声と共に確認画面が表示されます。
  6. 6
    Siriにメモ書きをさせる方法。「今日は10時間働いたとメモする」というと、そのメモが書かれたメッセージが表示されます。
  7. 7
    色々な情報をSiriに質問する方法。「ガロンはカップに換算すると何カップ?」などと尋ねると、質問を検証した結果を表示します。
  8. 8
    Siriに音楽を流すよう頼む方法。iTunesミュージックライブラリにダウンロードしてある音楽をかけるように頼むときは「 『The Weight』を流して」というと音楽が始まります。

ポイント

  • Siriが表示されるまでホームボタンを押し続けます。
  • 連絡先内に下の名前が同じ人がいる場合、Siriはどちらの人物のことを言っているのか尋ねます。これに関しては、苗字と名前の両方を連絡先に入力するのが適切な対処方法です。

必要なもの

  • iPhone 4Sもしくはそれ以降の機種


記事の情報

カテゴリ: パソコン・エレクトロニクス

他言語版:

English: Use Siri on an iPhone, Italiano: Usare Siri, Deutsch: Siri verwenden, Português: Usar o Siri, Français: utiliser Siri, Русский: пользоваться Siri, 中文: 使用手机应用Siri, Español: usar Siri, Bahasa Indonesia: Menggunakan Siri, Nederlands: Siri gebruiken, العربية: استخدام تطبيق Siri, हिन्दी: सिरी का उपयोग करें, Čeština: Jak na Siri, ไทย: ใช้ Siri, Tiếng Việt: Sử dụng Siri

このページは 8,155 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?