USBメモリをフォーマットする方法

2 方法:WindowsMac OS X

USBメモリとは、ユニバーサルシリアルバス(通称USB)と呼ばれる規格によって他のデバイスに接続してデータの読み書きを行う、フラッシュメモリを用いた小型で持ち運び可能な記憶装置です。USBメモリをフォーマット、つまり初期化すると、保存されていたすべてのデータが消去されてメモリが空になります。また、フォーマットすることでUSBメモリのファイル記憶システムと他のデバイスのOS(システム全体を管理するソフトウェア)との間に互換性を持たせることができます。

1
Windows

  1. 1
    USBメモリをパソコンに接続します。USBメモリはUSBポートに挿しこみますが、このときUSBハブを用いずにパソコンに直接接続すると、フォーマットと読み書きの処理速度が向上します。
  2. 2
    パソコンがUSBメモリを認識するのを待ちましょう。USBメモリが正常にインストールされて使用可能となったことを示すポップアップが、画面右下のタスクバーに表示されます。
  3. 3
    スタートメニューまたは「Windowsキー + E」のショートカットから「コンピュータ/マイコンピュータ/このPC」の順にフォルダを開くと、現在パソコンに接続されているすべてのデバイスが表示されます。
    • Windows 8.1をご使用の場合は、スタートボタンをクリック、またはWindowsキーを押して、this pcと書き込み、Enterキーを押します。
  4. 4
    パソコンに接続したUSBメモリを右クリックで選択します。このときUSBメモリは「リムーバブル記憶域があるデバイス」のリストの中にあります。
  5. 5
    ポップアップメニューの「フォーマット」をクリックすると、フォーマットするドライブ(補助記憶装置)を示すウィンドウとともにフォーマットウィンドウが表示されます。
    • パソコンが自動でUSBメモリの容量を検出しますが、これは放置しましょう。
    • 短時間でフォーマットしたい場合には「クイックフォーマット」にチェックマークをつけましょう。フォーマット後も空き領域へのアクセスが可能ですが、保存されていたデータは完全に削除されるとは限りません。つまり、削除したデータの復元が可能な場合があります。[1]
    • ドライブの割り当ては初期状態のままにしましょう。
  6. 6
    USBメモリに設定するファイルシステムを選択しましょう。以下は主なファイルシステムの特徴です。目的にあったファイルシステムを選択しましょう。
    • 「FAT」はファイルの並び替えにおいて最も基本的なシステムです。ときどき動作が遅いことがありますが、簡素なシステムであるため互換性の問題が少ないのが特徴です。
    • 「FAT32」はドライブの空き領域を最大化するシステムです。WindowsとMac OS Xの両方から読み書きをする場合に理想的です。4GB以上のファイルと32GB以上のドライブの使用はできません。
    • 「exFAT」は4GB以上のファイルを保存でき、WindowsとMac OS X 10.6.5以降のOSで読み書きが可能です。古いシステムやデバイスでは使用することができない場合があります。
    • 「NTFS」は処理速度が速く、素早くファイルにアクセスできます。処理速度の遅いソフトウェアからアクセスするのに最適です。Windowsからは読み書きできますが、OS Xからはデータを読み取ることのみが可能であり、書き込むことはできません。
  7. 7
    フォーマットを始めましょう。ファイルシステムを選択したら、フォーマットウィンドウの下部にあるスタートを押します。ポップアップウィンドウに表示される「OK」をクリックしてフォーマットの開始を承認します。USBメモリのすべてのデータが消去され、選択したファイルシステムに則ってフォーマットされます。

2
Mac OS X

  1. 1
    USBメモリをパソコンに接続します。すでにフォーマットされているかどうかによりUSBメモリがデスクトップに表示されることがありますが、とりあえず無視しましょう。
  2. 2
    ユーティリティフォルダを開きます。古いバージョンのOS Xを使用している場合、「ユーティリティ」は「アプリケーション」フォルダの中にあります。
    • ファインダーで「Shift + Command + U」のショートカットを使ってユーティリティフォルダを開くこともできます。
  3. 3
    ディスクユーティリティを開きます。ディスクユーティリティはMacでUSBメモリをフォーマットするツールです。
  4. 4
    USBメモリを選択すると、パソコンに接続されたドライブのリストが左枠に表示されます。
  5. 5
    「削除」のタブをクリックします。フォーマットのオプションを設定できます。
  6. 6
    USBメモリに名前をつけましょう。「名前」の欄から入力することができますが、これは任意です。
  7. 7
    ファイルシステムを選択します。ファイルシステムはUSBメモリの用途に従って選択しましょう。
    • 「Mac OS X Extended (Journaled)」は、USBをOS Xのみで使用する場合に最適なフォーマットです。OS Xでの読み書きにおいては最高のパフォーマンスが期待できます。USBメモリをタイムマシンに使用する場合にはこのフォーマットが必要です。[2]
    • 「exFAT (FAT64)」は4GB以上のファイルを保存することができ、WindowsとOS X 10.6.5以降のバージョンで読み書きが可能です。古いシステムやデバイスでは使用できない場合があります。
    • 「Windows NT File System (NTFS)」は処理速度が速く、素早くファイルにアクセスできます。これは処理速度の遅いソフトウェアからアクセスするのに最適です。Windowsからは読み書きできますが、OS Xからはデータを読み取ることのみが可能であり、書き込むことはできません。
    • 「MS-DOS (FAT)」はファイルの並び替えにおいて最も基本的なシステムです。ときどき動作が遅いことがありますが、簡素なシステムであるため互換性の問題が最も少ないのが特徴です。最近はデフォルトでFATを使用するシステムやデバイスは多くありません。
  8. 8
    フォーマットを始めましょう。ファイルシステムとUSBの名前を決めたら、「削除…」ボタンをクリックします。表示されるウィンドウ内の「削除」をクリックして承認します。
    • フォーマットが完了するとUSBメモリが使用できるようになります。
    • フォーマット完了後はUSBメモリに現在保存されているすべてのデータが消去されます。

ポイント

  • USBメモリの処理速度とUSBポート(USBメモリの接続口)の処理速度を比べてみましょう。処理速度の速いUSBメモリが欲しくなったり、処理速度の速いUSBポートをインストールしたくなったりするかもしれません。

注意事項

  • USBメモリをフォーマットする前に、正しいドライブレター(識別のために各ドライブに割り当てられたアルファベットのこと)を選択しているかを確認しましょう。誤ったドライブレターを選択すると誤ったUSBメモリをフォーマットすることとなり、思わぬデータが削除されてしまう恐れがあります。

記事の情報

カテゴリ: パソコン・エレクトロニクス

他言語版:

English: Format a Flash Drive, Español: formatear una USB, Português: Formatar um Pendrive, Français: formater un disque flash, Italiano: Formattare un Dispositivo di Memorizzazione USB, Deutsch: Ein Flash Laufwerk formatieren, Русский: отформатировать флешку, 中文: 格式化闪存盘, Nederlands: Een USB stick formatteren, Čeština: Jak naformátovat flash disk, Bahasa Indonesia: Memformat Flash Disk, العربية: تهيئة ذاكرة تخزين فلاشية, Tiếng Việt: Định dạng Ổ đĩa Flash, ไทย: ฟอร์แมตแฟลชไดรฟ์, हिन्दी: फ़्लैश ड्राइव को फॉरमेट करें, 한국어: USB 드라이브 포맷하는 법

このページは 479 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?