Windows 7をインストールする (初心者向け)方法

3 パート:インストールDVDを使ってWindowsをインストールするフラッシュドライブまたは外付けハードドライブを使ってインストールするインストール後

Windows 7のインストールをお考えでしょうか?Windows 7をインストールするのに、専門知識や分厚いマニュアルは必要ありません。以下のステップに従えば、あっという間にWindows 7をお使いのパソコンにインストールすることができます!

パート 1
インストールDVDを使ってWindowsをインストールする

新規インストール

新規インストール(クリーンインストール)とは、お使いのパソコンに新たにWindowsをインストールする作業のことです(ハードディスク内のデータをすべて消去したうえで、Windowsをインストールします)。また、オペレーションシステム(OS)がまだインストールされていないパソコンにも、新規インストールが必要です。

  1. 1
    お使いのパソコンのBIOS設定画面を開きます。Windowsをインストールするために、一旦パソコンの電源を切り、再び電源を入れます。BIOS画面が立ち上がるか、または Del EscF2F10またはF9のいずれかを押してBIOS設定画面に入るように指示が出ます(お使いのパソコンのキーボード設定によってキーの割当ては異なります)。BIOS設定画面を開くキーは、大抵の場合、パソコンの電源を入れた直後にスクリーンに表示されます。
  2. 2
    矢印キーを使ってBIOS設定画面の中からBOOTメニューを選択します。BIOSのBOOTメニューの場所や表示は機種によって異なりますが、BIOS画面の中で「BOOT」または「起動」の文字を注意深く探せばすぐに見つかるはずです。
    • BOOTメニューが見つからない場合は、BIOS画面に表示されているBIOSの種類を書き留めて、オンラインで検索してみましょう。AWORD BIOS(Phoenix BIOS)やAMI BIOSなど、BIOSにはいくつかの種類があります。
  3. 3
    BOOTメニューでCD-ROMを選択し、起動デバイスの優先順位の最上位に設定します。
    • 起動デバイスの優先順位を変更する手順はパソコンによって多少異なりますが、通常はBOOTメニューに取り外し可能なデバイス(外付けのハードドライブやキーボードなど)の機種名が表示され、その中からCD-ROMドライブを選択すれば起動デバイスの最上位に設定できます。また、BOOTメニューには起動デバイスの一覧も表示され、いつでも優先順位を変更することができます。先へ進めない場合は、お使いのパソコンのマニュアルを参照するか、インターネットで調べましょう。
  4. 4
    設定の変更を保存します。画面で指示されたキー(通常はF10)を押すか、矢印キーを使って“SAVE”または「保存」を選択し、 Enterを押します。新たな環境設定が保存されます。
  5. 5
    パソコンの電源を切ります。OS画面上にあるシャットダウンのオプションを選択するか、または電源ボタンを長押ししてパソコンの電源を切ります。
  6. 6
    パソコンの電源を入れてCD/DVDドライブにWindows 7のディスクを挿入します。
  7. 7
    ディスクからパソコンを起動します。光学ドライブにディスクを挿入してパソコンを起動します。電源が入った直後に、いずれかのキーを押してディスクからパソコンを起動するように指示が出ます。いずれかのキーを押せばWindowsのセットアップが立ち上がり、ファイルの読み込みが始まります。
    • ディスクから起動するためのメッセージが表示されない場合は、どこかで設定を間違えた可能性があります。もう一度上記の手順を確認して設定し直しましょう。
  8. 8
    セットアップのオプションを選択します。Windowsのセットアップが立ち上がると、最初に言語の設定画面が現れます。言語、入力方式、時刻と通貨の形式を選択して「次へ」をクリックします。
  9. 9
    「今すぐインストール」をクリックします。
  10. 10
    ライセンス条項を確認します。Microsoftソフトウェアライセンス条項に目を通し、「同意します」のボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックします。
  11. 11
    「新規インストール(カスタム)」を選択します。
  12. 12
    Windowsをインストールしたいハードドライブやパーティションを選択します。パソコンの物理的なデータ格納庫であるハードドライブは、パーティションによっていくつかの領域に分割されています。
    • ハードドライブにデータが残っている場合は、データを削除するか、またはハードドライブを「フォーマット」します。
      • インストール場所のリストの中からWindowsをインストールしたいハードドライブを選択します。
      • 「ドライブオプション(詳細)」をクリックします。
      • ドライブオプションの中にある「フォーマット」をクリックします。
    • まだパーティションの設定をしていない場合は、Windowsのインストール先となるパーティションを作成します。
      • インストール場所のリストの中からハードドライブを選択します。
      • 「ドライブオプション(詳細)」をクリックします。
      • ドライブオプションの中にある「新規」を選択します。
      • サイズを選択して「次へ」をクリックします。
  13. 13
    選択したハードドライブやパーティションにWindowsをインストールします。Windowsをインストールしたい場所が決まったら、ハードドライブを選択して「次へ」をクリックします。Windowsのインストールが始まります。

アップグレード

アップグレード(上書きインストール)は、古いバージョンのWindowsをアップグレードします(Windows VistaからWindows 7にアップグレードする場合など)。

  1. 1
    普段通りにパソコンを起動して現在のOSを立ち上げます。
  2. 2
    お使いのパソコンにWindows 7との互換性があるかをチェックします。Windows 7 Upgrade Advisorを使ってパソコンをスキャンし、Windows 7へのアップグレードが可能かどうかを調べます。Windows 7 Upgrade Adviserはこちらからダウンロードできます。
  3. 3
    Windowsのインストールの準備をします。
    • パソコンをスキャンしてマルウェアを駆除します。マルウェアに感染していると、Windowsを正しくインストールできない場合があります。
    • ウィルス対策プログラムはWindowsのインストールの妨げとなるため、すべて無効にするか、アンインストールしましょう。
    • アップグレードを迅速に行うために、不要なプログラムはすべてアンインストールしましょう。Windows 7へのアップグレードが完了すれば、それらのプログラムはいつでも再インストールできます。
    • Windows Updateを使って重要な更新プログラムをインストールしておきましょう。
    • 作業速度を上げるために、不要なファイルは削除しましょう。
    • インストールの失敗によって、重要なファイルが消去される場合があります。できればハードドライブのバックアップを取っておきましょう。
  4. 4
    パソコンのディスクドライブにWindows 7のインストールディスクを挿入します。
  5. 5
    Windowsのセットアップを開始します。ディスクが読み込まれたら、「スタート」をクリックし、「コンピューター」をクリックします。Windows 7のセットアップを実行しているディスクドライブをダブルクリックしてインストールディスクを開きます。ディスク内の“Setup.exe”をダブルクリックしてセットアップを開始します。
  6. 6
    「今すぐインストール」をクリックします。
  7. 7
    セットアップのための更新プログラムをインストールするかどうかを決めます。更新プログラムは、過去に報告された様々な不具合を修正し、円滑で安定したインストールを行うためのものです。更新を適用する場合は、「インターネットに接続して最新のインストールの更新プログラムを取得する(推奨)」をクリックします。更新を適用しない場合は、「最新のインストールの更新プログラムを取得しない」をクリックします。
  8. 8
    ライセンス条項を確認します。Microsoftソフトウェアライセンス条項に目を通し、「同意します」のボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックします。
  9. 9
    「アップグレード」を選択してインストールを開始します。

パート 2
フラッシュドライブまたは外付けハードドライブを使ってインストールする

Windowsセットアップをフラッシュドライブまたは外付けハードドライブにインストールする

パソコンへのインストールを行う前に、WindowsのセットアップファイルをUSBドライブに展開する必要があります。

  1. 1
    少なくとも4GBの容量のあるUSBドライブをパソコンに接続します。
  2. 2
    USBドライブ内のファイルはバックアップしておきましょう。
  3. 3
    Windows 7のISOをダウンロードします。ISOとは、ディスクイメージファイルのことです。インターネットの接続速度によっては、ダウンロードに相当な時間が掛かります。
    • ISOのダウンロードリンクはこちらからアクセスできます。
    • 上記のウェブサイトにアクセスできない場合は、こちらのウェブサイトからダウンロードリンクのリストを入手できます。
    • 有効なWindows 7プロダクトキーが手元にあれば、Microsoftのダウンロードページから正規のWindows 7 ISOファイルをダウンロードすることができます。
  4. 4
    Windows 7 USB/DVDダウンロードツール(WUDT)をダウンロードしてインストールします。WUDTはこちらからダウンロードできます。
  5. 5
    ISOのダウンロードが完了したら、Windows 7 USB/DVDダウンロードツールを開きます。
  6. 6
    ISOを選択します。Windows 7 USB/DVDダウンロードツールを起動すると、“Step 1 of 4”と表示された画面が現れます。“Browse”ボタンをクリックしてダウンロードしたISOファイルを選択し、“Next”をクリックします。
  7. 7
    “Step 2 of 4”と表示された画面が現れます。画面右下の“USB device”をクリックします。
  8. 8
    “Step 3 of 4”と表示された画面が現れます。ドロップダウンメニューの中から、セットアップファイルを展開したいUSBドライブを選択します。画面右下の“Begin copying”をクリックして書き込みを開始します。
    • “Not Enough Free Space”というエラーメッセージが表示されたら、“Erase USB Device”ボタンをクリックしてUSBドライブ内のすべてのファイルを消去します。
  9. 9
    WUDTによるISOファイルの展開が完了すれば、USBドライブからパソコンにWindowsをインストールすることができます。
    • パソコン内のISOファイルは、もはや用済みのため、削除しても構いません。

新規インストール

新規インストール(またはクリーンインストール)とは、お使いのパソコンに新たにWindowsをインストールする作業のことです(ハードディスク内のデータをすべて消去したうえで、Windowsをインストールします)。また、オペレーションシステム(OS)がまだインストールされていないパソコンにも新規インストールが必要です(古いパソコンでは、USBドライブからの新規インストールができない場合があります)。

  1. 1
    Windows 7のセットアップファイルが展開されたUSBドライブがパソコンに接続されていることを確認しましょう。
  2. 2
    お使いのパソコンのBIOS設定画面を開きます。Windowsをインストールするために、一旦パソコンの電源を切り、再び電源を入れます。BIOS画面が立ち上がるか、または Del EscF2F10またはF9のいずれかを押してBIOS設定に入るように指示が出ます(お使いのパソコンのキーボード設定によってキーの割り当ては異なります)。BIOS設定画面を開くキーは、大抵の場合、パソコンの電源を入れた直後にスクリーンに表示されます。
  3. 3
    矢印キーを使ってBIOS設定画面の中からBOOTメニューを選択します。BIOSのBOOTメニューの場所や表示は機種によって異なりますが、BIOS画面の中で“BOOT”または「起動」の文字を注意深く探せばすぐに見つかるはずです。
    • BOOTメニューが見つからない場合は、BIOS画面に表示されているBIOSの種類を書き留めて、オンラインで検索してみましょう。AWORD BIOS(Phoenix BIOS)やAMI BIOSなど、BIOSにはいくつかの種類があります。
  4. 4
    BOOTメニューでUSBドライブを選択し、起動デバイスの優先順位の最上位に設定します。
    • そのUSBドライブの機種名が起動デバイスの一覧に表示されていなければ、お使いのパソコンはそのUSBドライブをサポートしていません。
    • 起動デバイスの優先順位を変更する手順はパソコンによって多少異なりますが、通常はBOOTメニューに取り外し可能なデバイス(外付けのハードドライブやキーボードなど)の機種名が表示され、その中からUSBドライブを選択すれば起動デバイスの最上位に設定できます。また、BOOTメニューには起動デバイスの一覧も表示され、個別に優先順位を変更することができます。先へ進めない場合は、お使いのパソコンのマニュアルを参照するか、インターネットで調べましょう。
  5. 5
    設定の変更を保存します。画面で指示されたキー(通常はF10)を押すか、矢印キーを使って“SAVE”または「保存」を選択し、 Enterを押します。新たな環境設定が保存されます。
  6. 6
    パソコンの電源を切ります。OS画面上にあるシャットダウンのオプションを選択するか、または電源ボタンを長押ししてパソコンの電源を切ります。
  7. 7
    再びパソコンの電源を入れます。パソコンがWindowsのセットアップを開始します。
    • “Press any key to boot from CD or DVD”というメッセージが表示されたら、3秒以内にいずれかのキーを押してパソコンを起動します。Windowsのセットアップが立ち上がり、ファイルの読み込みが始まります。
    • 「必要なCDまたはDVDドライブのデバイスドライバーがありません」または“CD/DVD device driver missing”というエラーメッセージが表示される場合は、「キャンセル」または“Cancel”をクリックすれば「ようこそ」画面に戻ります。「ようこそ」画面が表示されたら、USBドライブを取り外し、別のUSBポートに接続し直してインストール作業を続行しましょう。
  8. 8
    セットアップのオプションを選択します。Windowsのセットアップが立ち上がると、最初に言語の設定画面が現れます。言語、入力方式、時刻と通貨の形式を選択して「次へ」をクリックします。
  9. 9
    「今すぐインストール」をクリックします。
  10. 10
    ライセンス条項を確認します。Microsoftソフトウェアライセンス条項に目を通し、「同意します」のボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックします。
  11. 11
    「新規インストール(カスタム)」を選択します。
  12. 12
    Windowsをインストールしたいハードドライブやパーティションを選択します。パソコンの物理的なデータ格納庫であるハードドライブは、パーティションによっていくつかの領域に分割されています。
    • ハードドライブにデータが残っている場合は、データを削除するか、またはハードドライブを「フォーマット」します。
      • インストール場所のリストの中からWindowsをインストールしたいハードドライブを選択します。
      • 「ドライブオプション(詳細)」をクリックします。
      • ドライブオプションの中にある「フォーマット」をクリックします。
    • まだパーティションの設定をしていない場合は、Windowsのインストール先となるパーティションを作成します。
      • インストール場所のリストの中からハードドライブを選択します。
      • 「ドライブオプション(詳細)」をクリックします。
      • ドライブオプションの中にある「新規」を選択します。
      • サイズを選択して「次へ」をクリックします。
  13. 13
    選択したハードドライブやパーティションにWindowsをインストールします。Windowsをインストールしたい場所が決まったら、ハードドライブを選択して「次へ」をクリックします。Windowsのインストールが始まります。

アップグレード

アップグレード(上書きインストール)は、古いバージョンのWindowsをアップグレードします(Windows VistaからWindows 7にアップグレードする場合など)

  1. 1
    お使いのパソコンにWindows 7との互換性があるかをチェックします。Windows 7 Upgrade Advisorを使ってパソコンをスキャンし、Windows 7へのアップグレードが可能かどうかを調べます。Windows 7 Upgrade Adviserはこちらからダウンロードできます。
  2. 2
    Windowsのインストールの準備をします。
    • パソコンをスキャンしてマルウェアを駆除します。マルウェアに感染していると、Windowsを正しくインストールできない場合があります。
    • ウィルス対策プログラムを有効にしていると、Windowsのインストールの妨げとなるため、無効にするか、アンインストールしましょう。
    • アップグレードを迅速に行うために、不要なプログラムはすべてアンインストールしましょう。Windows 7へのアップグレードが完了すれば、それらのプログラムはいつでも再インストールできます。
    • Windows Updateを使ってあらかじめ重要な更新プログラムをインストールしておきましょう。
    • 作業速度を上げるために、不要なファイルは削除しましょう。
    • インストールの失敗によって、重要なファイルが消去される場合があります。できればハードドライブのバックアップを取っておきましょう。
  3. 3
    Windowsのセットアップファイルが展開されたUSBドライブがきちんとパソコンに接続されていることを確認しましょう。
  4. 4
    Windowsのセットアップを開始します。「スタート」をクリックし、「コンピューター」をクリックします。Windows 7のセットアップファイルが展開されたUSBドライブをダブルクリックします。USBドライブ内の“Setup.exe”をダブルクリックしてセットアップを開始します。
  5. 5
    「今すぐインストール」をクリックします。
  6. 6
    セットアップのための更新プログラムをインストールするかどうかを決めます。更新プログラムは、過去に報告された様々な不具合を修正し、円滑で安定したインストールを行うためのものです。更新を適用する場合は、「インターネットに接続して最新のインストールの更新プログラムを取得する(推奨)」をクリックします。更新を適用しない場合は、「最新のインストールの更新プログラムを取得しない」をクリックします。
  7. 7
    ライセンス条項を確認します。Microsoftソフトウェアライセンス条項に目を通し、「同意します」のボックスにチェックを入れて「次へ」をクリックします。
  8. 8
    「アップグレード」を選択してインストールを開始します。

パート 3
インストール後

インストールが完了すると、パソコンがWindows 7で再起動します。以下のステップに従って各種設定を行います。

  1. 1
    ユーザー名とコンピューター名を入力して「次へ」をクリックします。
  2. 2
    パスワードを入力して「次へ」をクリックします。パスワードが不要な場合は、テキストボックスを空欄にしたまま「次へ」をクリックします。
  3. 3
    プロダクトキーを入力して「次へ」をクリックします。Windows 7インストールディスクを購入した場合は、ケースにプロダクトキーが記載されています。プロダクトキーを入力せずに「次へ」をクリックすると、そのWindowsは「30日間無料試用版」となり、30日の猶予期間が終わった段階で改めてプロダクトキーを入力しなければなりません。
  4. 4
    Windows Updateの適用方法を選択します。
    • 「推奨設定を使用します」を選択すると、Microsoftによる更新プログラムやセキュリティプログラムがすべて自動的にインストールされます。
    • 「重要なプログラムのみインストールします」を選択すると、必要な更新プログラムのみがパソコンにインストールされます。
    • 「後で確認します」を選択すると、あとで改めて適用方法を選択するまで、セキュリティ設定が無効になります。
  5. 5
    時刻とタイムゾーンを設定します。
  6. 6
    ネットワークの種類を設定します。
    • パソコンを自宅のネットワークに接続する場合は、「ホームネットワーク」を選択します。
    • 職場のネットワークに接続する場合は、「社内ネットワーク」を選択します。
    • レストランやカフェなど、公共の場でネットワークに接続する場合は、「パブリックネットワーク」を選択します。
  7. 7
    以上でパソコンの設定は完了です!
  8. 8
    パソコンの準備が整ったら、USBドライブを初期設定に戻しましょう(USBドライブを使ってWindowsをインストールした場合)。USBドライブの設定を元通りにして、バックアップしておいたファイルを元に戻します。「スタート」ボタンをクリックし、「コンピューター」をクリックします。ドライブの一覧の中から、インストールに使ったUSBドライブを右クリックし、「フォーマット」をクリックします。ダイアログボックスの中の「デバイスの既定値を復元する」をクリックして「開始」をクリックします。これでUSBドライブ内のすべてのデータが消去されます。フォーマットが完了すれば、ファイルを元に戻すことができます。
  9. 9
    アンインストールしたソフトやドライバーを忘れずに再インストールするとともに、セキュリティプログラムを有効にしましょう。パソコンの安全のために、Windows Updateでセキュリティの更新をチェックし、必要なソフトをインストールしましょう。

必要なもの

Windows 7 動作環境

  • 1GHz以上、32ビット(x86)または64ビット(x64)のプロセッサー
  • 1GBのRAM(32ビット版)、2GBのRAM(64ビット版)
  • 16GBのハードディスクの空き領域(32ビット版)、 20GBのハードディスクの空き領域(64ビット版)
  • DirectX 9以上のAPIおよびWDDM1.0以上のグラフィックドライバー

必要な設備

ディスクインストール

  • Windows 7インストールディスク
  • 光学ドライブ
  • 互換性のあるパソコン

USBドライブインストール


新規インストール

  • USBドライブ(4GB以上の容量)
  • インターネット接続(ISOファイルとUSBドライブ用展開ソフトのダウンロードのため)
  • USBドライブにセットアップファイルを展開するためのパソコン
  • USB接続ポート
  • 互換性のあるパソコン

アップグレード(上書きインストール)

  • インストールされた古いWindows(Windows XPまたはWindows Vista推奨)
  • USBドライブ(4GB以上の容量)
  • インターネット接続(ISOファイルとUSBドライブ用展開ソフトのダウンロードのため)
  • USBドライブにセットアップファイルを展開するためのパソコン
  • USB接続ポート
  • 互換性のあるパソコン

記事の情報

カテゴリ: パソコン・エレクトロニクス

他言語版:

English: Install Windows 7 (Beginners), Español: instalar Windows 7 para principiantes, Italiano: Installare Windows 7 per Principianti, Português: Instalar o Windows 7 para Iniciantes, Deutsch: Windows 7 installieren für Anfänger, 中文: 第一次安装 Windows 7, Русский: установить Windows 7 для начинающих, Français: installer Windows 7 pour débutants, Bahasa Indonesia: Memasang Windows 7 (Pemula), Čeština: Jak nainstalovat Windows 7 (pro začátečníky), Nederlands: Windows 7 installeren voor beginners, العربية: تنزيل ويندوز 7 (للمبتدئين), हिन्दी: विंडोज 7 इंस्टॉल करें (नौसिखियों के लिए), ไทย: ติดตั้ง Windows 7 (สำหรับมือใหม่), 한국어: 초보자를 위한 윈도우 설치하는 법, Tiếng Việt: Cài đặt Windows 7 cho người mới

このページは 535 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?