片思いの相手やパートナーから「会いたいよ」というメッセージが届くと、様々な感情が沸き起こるかもしれません。「自分も会いたいと思っていることを早く伝えたい」「相手との関係が少々複雑なものになってしまい、相手を恋しく思っている」「相手を恋しく思う気持ちは全くないけれど、それをどう伝えたらよいか分からない」などといった色々な状況が挙げられます。この記事では、相手があなたを想っている(あなたが好む好まざるとにかかわらず)ことを示すメッセージが届いた際に、どう返信すべきかを詳細にまとめました。

方法 1
方法 1 の 15:
「なんて偶然!私も会いたいよ!」

方法 2
方法 2 の 15:
「どんな一日を過ごしたのか教えて?」

  1. 1
    お互いに忙しくても、相手を想っていることが伝わります。大切な人との連絡が途絶えてしまうことも時にはあるでしょう。しかし、相手との前回のやり取りから続けるようにすれば、相手との関係、つながり、会話のスタイルについてさらに理解を深めることができるでしょう。[2]
    • 初めはぎこちない感じがしても、ゆっくり時間をかけましょう。前回のやり取りから時間が経っている場合は特に、最初からスムーズに会話を進めるのは難しいかもしれません。

方法 3
方法 3 の 15:
「知ってる😊」

  1. 1
    親密さを示す内容を送ってみましょう。[3] 最近相手と会い、最高の時間を過ごしたのであれば 、いちゃついた雰囲気を出すとよいでしょう。相手があなたを恋しがらないわけがありません![4]
    • 既読スルーされてしまっても、心配いりません。相手は恥ずかしがっているのかもしれません。怯まずに、何か質問をしたり、次のデートの誘いを持ちかけたりするとよいでしょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 15:
「あなたがここにいてくれたらいいのに」

  1. 1
    離れている時間が2人の愛情を深めるかもしれませんが、それでも辛いでしょう。普段行うようなアクティビティをバーチャル上で再現するなどして、同じ空間にいるかのように感じられる方法を見つけてみましょう。[5]
    • Zoomを利用して一緒に食事を楽しむ時間や、Netflixや他のストリーミングサービスを利用してお気に入りの映画を一緒に観る時間を設けるとよいでしょう。

方法 5
方法 5 の 15:
「ちょうど今、この前撮った私たちの写真を見ていたの」

  1. 1
    少々思い出にふけってみましょう。相手と最後に会ってから、しばらく時間が経過しているのであれば、一緒にいる時にどんな気持ちになるかを思い出させてあげましょう。相手は、あなたに会えるまでの日数を指折り数えて待つことでしょう。[6]
    • こうすることで、再会する日を計画するきっかけが生まれます。恐れずに、早く会いたいと思っていることを伝えましょう。
    広告

方法 6
方法 6 の 15:
「また会える日まで待ちきれない!」

  1. 1
    最後に会ったのがいつであるかにかかわらず、最適な返事だと言えます。会ったのが昨日ならば、可愛らしい印象を与えるでしょう。数か月前であれば、お互いにワクワクするでしょう!1年間も会っていない場合、「十分待ったよね!」という気持ちが伝わるはずです。[7]
    • 「会いたいよ」というメッセージのやり取りは、退屈になってしまうことがありますが、「次に会えるまで待ちきれない」というメッセージを送ることで、お互いに楽しみにしていることがあるのだと忘れずにいられるでしょう。

方法 7
方法 7 の 15:
「私も!〇〇(相手との素敵な思い出を入力)の時のこと覚えてる?」

  1. 1
    ノスタルジックな感情を伝えましょう。例えば、最近コンサートに行き、「〇〇君も一緒に来られたらよかったのに」と思ったり、映画館で映画を観て「〇〇さん、絶対この映画好きだろうな」などと感じたかもしれません。[8]
    • このような感情を伝えると、たとえなかなか会えなくても、相手はあなたとつながっているのだと感じることができます。
    広告

方法 8
方法 8 の 15:
「ついこの間、あなたのことを考えていたの。連絡してくれて嬉しい」

  1. 1
    真っすぐに気持ちを伝えるのが最適な場合もあります。率直に気持ちを伝えてみましょう!頭の中で自分の感情を表現するのは簡単ですが、自分が相手から「あなたのことを考えていたから、連絡してくれて嬉しい」と言われたら、どのような気持ちになるか考えてみましょう。和やかな気持ちになりませんか?[9]
    • たいていの場合、行動で示すよりも言葉で示すほうが簡単ですが、あまり考えすぎずに、自分の直感に従えばよいのです!

方法 9
方法 9 の 15:
「今夜一緒に何かしよう!」

  1. 1
    デートの計画を立てましょう!ディナーを食べに行ったり、飲みに行ったりするとよいでしょう。急な誘いでも大丈夫なように、気楽で簡単にできるデートプランを立てましょう。[10]
    • その日は相手の都合が悪いのであれば、いつなら会えるか聞いてみましょう。
    • オンライン上でしか会えない場合、創造力を働かせましょう。ワインを飲みながらお互いの似顔絵を描いたり、美術館のバーチャルツアーを楽しむこともできます。相手が興味のあることを聞き出し、想像力に富んだアイディアを出しましょう。
    広告

方法 10
方法 10 の 15:
「長い間会っていなかったね。今週のどこかでビデオ通話できるかな?」

  1. 1
    話す日を決めましょう。今週は無理なのであれば、来週、または来週末にするとよいでしょう。相手の都合を尋ねます。[11]
    • 「近いうちにね」と言うのでは、素っ気なく曖昧な印象を与えてしまいます。「仕方なく会ってくれようとしているのかも」と相手に思われたくはないでしょう。相手に会って近況を聞くのを楽しみにしていることを伝えましょう。

方法 11
方法 11 の 15:
「そんなふうに言ってくれるなんて優しいね。ありがとう」

  1. 1
    相手の意図を疑う場合、このように返事をするとよいでしょう。「行動は言葉よりも雄弁だ」ということわざがあるように、相手の行動が、突然送られてきた「会いたいよ」というメッセージと食い違っている場合、このような返事をすれば、相手は自分の間違いに気付くでしょう。また、あなたからも「会いたいよ!」という返事が来るものだと思い込んでいたことを恥ずかしく思うかもしれません。 [12]
    • 1日(あるいは2、3日)待ってから返信しても構いません。
    広告

方法 12
方法 12 の 15:
「そう言ってくれるのは嬉しいけど、私は同じ気持ちではないの」

  1. 1
    境界線を引くのは悪いことではありません。相手との関係が有害なものになってしまった場合は特に、境界線を引くことは自分自身のためになるのです。[13]
    • たとえ相手がメッセージを送り続けてきても、そこで会話を終わらせて問題ありません。自分の幸福を第一に考え、必要であれば相手の番号をブロックしましょう。
    • 有害な関係ではないけれど、恋愛関係でもない場合、友達でいたいと思っていることを伝えましょう。ただし、本当にそう思っている場合に限ります。相手との関係自体を終わらせたいと思っていても、それはそれで問題ありません。

方法 13
方法 13 の 15:
「以前の私たちの関係が恋しい」

  1. 1
    前に進むのが困難な場合もあるでしょう。相手と疎遠になってしまった、不健全な関係に変わってしまったなど、どのような状況にあるとしても、前に進むには別々に行動するしかない場合もあります。[14]
    • 以前の関係を恋しがるのは構いませんが、関係を修復するためにできることは限られています。「もしも時間が戻せたら、全てが解決するのに」と思うかもしれませんが、過去に戻ることなどできないのです。
    • 相手と離ればなれになった理由と、そのままの状態が続いた理由を思い出しましょう。そうすれば、再び傷つくような関係を始めずに済むでしょう。
    広告

方法 14
方法 14 の 15:
「ずっとあなたに会いたかったけど、避けられている気がした」

  1. 1
    「会いたいよ」という言葉は誰でも言えますが、本当に相手を必要としている時に、相手はあなたのそばにいてくれますか? あなたを大切に想っていることを相手はどう示してくれますか?相手よりも自分のほうが常に努力していると感じることはありませんか?[15]
    • このようなメッセージを送ると、上手くいっていなかった関係に戻ってしまう可能性があります。しかし、この関係を救いたいと思っているのであれば、関係修復に向けての会話を始めるきっかけとなるかもしれません。

方法 15
方法 15 の 15:
「会いたいと言うけれど、私を大切に想っていることを態度で示してはくれないね」

  1. 1
    かつては良好な関係だったものの、今はそうではない場合もあるでしょう。人や人間関係とは変わるものであり、その変化を嘆き悲しむのは普通のことです。しかし、自分が幸せになれない関係を続けると、精神的に消耗してしまうでしょう。[16]
    • このメッセージに相手がどう返信してくるかは分かりません。結局のところ、自分がコントロールできるのは、自分の態度や行動だけなのです。ただし、敬意をもって接すれば、相手も同じように接してくれるだろうと望むことはできるでしょう。
    広告

このwikiHow記事について

John Keegan
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : John Keegan. ジョン・キーガンはニューヨーク市に住むデートコーチで、「The Awakened Lifestyle」を経営しています。人をやる気にさせる演説術と社会動学に関する専門知識を駆使して、デートの方法、相手を魅了する方法、相談者が交際相手を見つけるためのサポートを行っています。ロサンゼルスからロンドン、そしてリオデジャネイロからプラハと、世界の各地にてデート講座を開催しており、その業績はニューヨークタイムズ、Humans of New York、そしてメンズヘルスで取り上げられています。
このページは 361 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告