PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

「良い市民」とは、地域社会に積極的に参加し、他の市民に良い影響を与える人のことです。また、自分たちが住んでいる地域に誇りを持ち、より良くしようと努力します。少しの意志と努力によって、誰もが目指す「良い市民」になれるでしょう。

パート 1
パート 1 の 3:
地域社会に貢献する

  1. 1
    きちんとした教育を受ける 地域社会に貢献するためには、きちんと教育を受けることが大切です。教育を受け、より良い仕事に就くことができれば、経済に貢献することができるでしょう。また、投票やその他の市民活動に参加する際にも、正確な情報を基に、より良い選択ができるはずです。学校でしっかり勉強して良い成績を取り、大学に進みましょう。[1]
  2. 2
    一生懸命働く どんな仕事であれ、一生懸命働くことは良い市民として大切なことです。一生懸命働くことで、他の人にサービスを提供し、お金を稼ぐことができます。それがすべて、地域の経済を活性化することにつながるのです。
    • 失業した場合は、地元の公共職業安定所(ハローワーク)で新しい仕事を探しましょう。「ハローワーク」と地域名をGoogleで検索すれば、地元のハローワークについての情報が出てくるはずです。
  3. 3
    最新のニュースを知る ニュースの記事を読んで、自分や住んでいる地域、そして国などに影響のある問題について十分に理解しておきましょう。「十分に」というのがポイントです。両サイドの公式見解を聞き、公平な立場で考えましょう。ほとんどの問題は非常に複雑で、政党間で白黒はっきり答えを出せるものではありません。
    • あらゆる事柄について、計画段階から参加するようにしましょう。住んでいる地域に、新しいスーパーマーケットや道路沿いの大型店舗、住宅団地などができるという計画が持ち上がったら、それについて意見を述べます。地域社会に(経済的な利益以外の)環境、社会、健康面でどのようなメリットがあるのかを確認し、代議士に意見を伝えたり、市議会で考えを話したりしてみましょう。
  4. 4
    幸運を分かち合う 余分な時間・お金・物などがある場合は、その幸運を地域社会に還元しましょう。地域社会に貢献する方法はたくさんあります。
    • ボランティアをする:活動内容に賛同できるような団体の地方支部で、ボランティアをしましょう。[2] 恵まれない人々のために家を建てる「ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン」や、何らかのリスクを抱えた青少年をサポートする「日本BBS連盟」など、さまざまな団体がボランティアを募集しています。
    • ホームレスのサポートをする:地元の炊き出しやシェルターでボランティアをして、ホームレスの人たちが安全で健康的な生活を送れるようにサポートしましょう。
    • 寄付をする:地元・国内・海外の団体にお金を寄付しましょう。ただし、どこに寄付をする場合でも、そのお金を本来の目的に使うきちんとした組織かどうか確認するようにしましょう。寄付したお金が、運営側の懐に入るだけという慈善団体もたくさんあります。慈善団体の評価機関である「チャリティーナビゲーター(海外)」や「BBBワイズ・ギビング・アライアンス(海外)」の情報を活用し、支援したい団体が本当にきちんとした組織かどうか確かめておきましょう。日本の団体の場合は「非営利組織評価センター」などで確認できます。
  5. 5
    献血や血漿成分献血をする 血液や血漿は、日々無数の人の命を救うために必要となる大切な体液です。不足することも多いので、可能であれば献血をするのもよいでしょう。希少な血液型の人の場合は、本当に、地域の誰かの命を救うことになるかもしれません。
    • 大きな災害や事故などが発生したときには、特に血液や血漿の提供が必要となります。大量の負傷者が出ると、深刻な血液不足に陥るためです。
  6. 6
    緊急時の訓練を受ける[3]  心肺蘇生法や応急処置の訓練だけでなく、防災訓練などの緊急時の訓練を受けて、いざという時に他の住民を助けられるようにしておきましょう。[4] すでにこうした訓練を受けたことがある人も、訓練で習った内容を忘れないように、数年に一度は訓練を受けるようにするとよいでしょう。緊急時など、プレッシャーにさらされているときには、訓練で習ったことを忘れてしまいがちです!
  7. 7
    仕事を生み出す 誰かのために仕事の機会を作りましょう。芝生を刈ってくれる人や、家のペンキ塗りをしてくれる人を雇って対価を支払います。数ヶ月単位で家政婦を雇ってもよいでしょう。これは経済への貢献になるだけでなく、本当に仕事を必要としている人にその機会を与えることにもなります。
    • 地元のホームレスシェルターに問い合わせて、働いてくれる人を探してもよいでしょう。ホームレスの人たちの多くは、苦境に立たされているだけの普通の人たちです。わずかな金額でもその仕事でお金を稼ぐことは、彼らが自らの力で立ち直っていくための助けになるでしょう。
  8. 8
    健康を維持する 自分の体を大切にし、できるだけ健康でいましょう。病気になることで周囲にいる人の感染等のリスクも高まり、クリニックや病院の貴重な病床などを奪うことにもつながります。運動をし、規則正しい食事を心がけ、必要な予防接種はすべて受けておきましょう。[5]
    • 運動をする、または健康的な食生活を送る上でわからないことがあれば、wikiHowで調べましょう。
    • ワクチンで予防可能な小児疾患が増えています。大人が再び予防接種を受けておくことで、大人自身ではなく、周りにいる予防接種を受けていない子どもたちへの感染リスクを軽減できるでしょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
市民としての役割を果たす

  1. 1
    投票に行く 投票は市民としてできることの中でも最も重要なことです。投票に行くのを忘れてしまったり、選挙に無関心だったり、大きな選挙の時だけ投票したりということはありがちですが、選挙権のあるすべての選挙でできる限り投票に行きましょう。どの政党に政権を任せるかを選ぶということだけが、国を動かすということではありません。国を変えていく上で重要な役割を担えるような、自分の直接の代弁者となる人に投票しましょう。
    • 地方選挙で投票に行くことも大切なことです。都道府県や市町村レベルでは、通勤に影響を与える交通政策など、住んでいる地域に関わる重要な法律や対策について投票で決まることが多いでしょう。
  2. 2
    裁判員としての義務を果たす 裁判員は楽しい役目ではありませんが、司法制度の機能を維持する上でも不可欠なものです(少なくともアメリカの陪審員制度には、その役割があります)。[6] 善良な市民が裁判員の義務を放棄すれば、不純な動機で裁判員を引き受ける人や、本気で取り組む意思がなく、裁判に関心のない人が代わりにその役目を担うことになります。裁判員に選ばれたら、思い切って引き受け、自分なりの方法で国に貢献しましょう。
  3. 3
    問題があれば代議士に伝える 何か重大な問題がある場合は、地元の代議士に連絡して、自分の考えを伝えましょう。あなたに選挙権がない、またはその議員に投票していないという場合でも、地元の代議士が地域の代表であることに変わりありません。彼らは市民が本当に望んでいることを、知っておかなければいけない立場にあるのです。
    • 代議士への連絡方法や地元の代議士が誰なのかわからないという場合は、インターネットで調べましょう。
  4. 4
    選挙の際にボランティアをする 選挙の際には、すべての票をきちんと集計するために、助けが必要になることがあります。選挙事務所や支持する政党のサポート、投票所の手伝い、票の集計などのボランティアをしましょう。[7]
  5. 5
    他の人の市民活動への参加を促す 自分の支持する政党や選挙事務所でボランティアをする、投票に行くよう呼びかける、人々の意見や要望を募るなどの市民活動を通して、他の人が市民活動に参加できるよう促しましょう。友人や家族にこれらの活動に参加するように勧めたり、人を募るために組織の一員として戸別訪問を行ったりします。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
住んでいる街の未来を守る

  1. 1
    資源をリサイクルする 市町村のルールに従って、紙やプラスチックをリサイクルしましょう。リサイクルできる資源は、大抵ゴミとして収集されますが、分別して捨てることで一般のゴミとは分けることができます。日本で採用されているリサイクルマークを目印に、リサイクル可能なものを見分けましょう。一般的に、食品が付着しておらず、ワックスでコーティングされていない紙製品やプラスチック製品のほとんどはリサイクル可能です。[8]
    • リサイクルすることによって、埋め立て地に埋めるゴミの量を減らすことができます。
  2. 2
    堆肥を作る 食べ残しや有機物を堆肥にすることで、ゴミをさらに減らすことができます。堆肥にするために生ごみなどを集めている市町村もありますが、そうでない場合は、自宅の庭などで堆肥を作りましょう。[9]
    • 堆肥にできるものとして、食べ残しや食材の余った部分(ニンジンの葉など)、無漂白紙などがあります。
    • 屋外に設置した大きな箱に、食べ残しなどを入れて堆肥にします。全体が混ざって均一な状態になるまで、数週間ごとに土を加えてかき混ぜましょう。大抵の場合、完成まで数ヶ月はかかるでしょう。
    • 堆肥ができたら、それを売るか、自分の庭で肥料として使いましょう。
  3. 3
    ゴミを拾う ゴミが落ちているのに、見て見ぬふりで通り過ぎるのはやめましょう。月に一度は時間を作って近所を回り、目についたゴミをすべて拾っていきます。ただし、危険なものを手で触ってケガをしないよう、ゴミ拾いの際にはトングを利用するか、ガーデニング用の手袋をするようにしましょう。
    • 市内のゴミの多い地域でゴミ拾いをするグループの活動に、参加するのもよいでしょう。市役所などに問い合わせて、住んでいる市町村でそうした活動をしているグループを探してみましょう。
  4. 4
    洗車の場所と方法を考える 洗車用の洗剤には、環境によくない成分も含まれています(飲料水が汚染される恐れもあります!)。まずは洗車の頻度を減らし、車は自分で洗うようにしましょう。その際には環境にやさしい製品を使うようにします。[10]
    • 車を洗うときは、芝生の上などに移動させるようにしましょう。化学物質が飲料水に混ざるのを防ぐことができます。
    • 水を使わずに、ガラスクリーナーや万能クリーナーを使って、車を磨いてもよいでしょう。
  5. 5
    地元産の食材を買う 食材はできるだけ地元の農家や生産者から購入するようにしましょう。長距離輸送による環境への影響を最小限に抑えられる上、危険な化学物質や害虫がついていない安全な食品が手に入ります。また、地域経済への貢献にもなるでしょう。[11]
    • ほとんどの食品には生産地が表示されています。できるだけ生産地が住んでいる地域に近い、オーガニックな食材を購入するようにしましょう。
  6. 6
    水を大切に使う 今後、深刻な水不足に見舞われる恐れが高まっています。きれいな水をできるだけ節約して使いましょう。地球は水で覆われた惑星ですが、飲めるのはそのうちのほんの少しだけです。その貴重な水の多くを、植物に水をやったり、長時間シャワーを浴びたりして無駄にしてしまっています。[12]
    • 芝生に水をやる場合は、雑排水(食事の準備やシャワー時に出た廃水)を使いましょう。
    • シャワーは10分以内にし、洗髪は1日おきにするようにします。
    • 自宅用のプールなど、水道から出るきれいな水を大量に必要とし、その水を飲料水として使うこともできないようなものは利用しないようにしましょう。
  7. 7
    電気の無駄遣いをやめる 現在、家庭内や各種の機器などで使用している電気の多くは、環境に悪影響のある方法で発電されています。ソーラーパネルを設置するなど、クリーンなエネルギーを使うようにし、電気の無駄遣いをしないよう心がけましょう。
    • 誰もいない部屋の電気は消しましょう。
    • パソコンを利用する時間を減らし、本を読む時間を増やしましょう。
  8. 8
    公共交通機関を利用する 自家用車ではなく、バスを利用しましょう。排気ガスによる汚染を軽減するだけでなく、(車を所有していないことが多い)低所得世帯にとって大切な公共交通機関を、財政的に支援することにもつながります。[13]
    広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
学校を楽しむ学校を楽しむ
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
ありのままの自分に満足するありのままの自分に満足する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む68人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン
このページは 541 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告