月曜日が近づくと、定番の「週末はどうだった?」というメッセージが届くかもしれません。しかし、雑談が苦手な場合や特に何もしていなかった場合は、どのように返信したら良いでしょう?ここでは、友達、同僚、オンラインでメッセージのやり取りをしている素敵な人などからの「週末はどうだった?」というメッセージに返信する方法を紹介します。この記事を参考にして雑談のスキルを磨き、素敵な週末を過ごしたことを伝えるメッセージを書く方法を学びましょう。

方法 1
方法 1 の 12:
「ありがとうございます。良い週末でした」

  1. 1
    失礼がないように、シンプルなメッセージを送ります。これは、仕事関係の人やあまりよく知らない人からメッセージを受け取って、雑談を避けたいときに最適な返信です。[1] メッセージを送ってくれたことに感謝して、会話を続けるか話題を変えましょう。
    • 「ありがとうございます。のんびりしました」
    • 「ありがとうございます。楽しい週末でした」
    広告

方法 2
方法 2 の 12:
「雨に降られましたが、楽しく過ごしました」

  1. 1
    雑談の古典的なテクニックを使って天気の話をします。個人的な話をしたくなければ、話題を変えて天気の話をしましょう。ただし、これは、自分を印象付けたい人ではなく、同僚やあまり知らない人への返信に適しています。天気の話では、自分の性格や生活は伝わらないでしょう。
    • 「長距離のサイクリングを予定していましたが、暑すぎて諦めました。そちらはいかがでしたか?」
    • 「こちらでは、週末に雪が降りました。そちらはいかがでしたか?」

方法 3
方法 3 の 12:
「ゆっくり休みました。月曜日に向けて準備万端です」

  1. 1
    仕事関係の人からのメッセージには、このように返信しましょう。誰もが休息を必要としており、共感を呼ぶメッセージです。週末にリラックスしたことと、週明けに向けての意気込みを短くまとめましょう。リフレッシュして、月曜日から力を発揮できることを伝えます。
    • 「週末はのんびり過ごしました。月曜日からは仕事に全力で取り組めそうです」
    • 「とてもリラックスできました。リフレッシュして元気が出ました」
    広告

方法 4
方法 4 の 12:
「特に何もなかった。あなたはどう?」

  1. 1
    特別なことがなければ、正直に伝えても良いでしょう。特に何もしていなかったり週末の出来事を話したくなかったりすることもありますが、それでも問題ありません。相手の週末について聞けば、楽しい会話になるでしょう。良い雑談とは、相手の興味を引き付け、相手の言うことに反応することです。[2]
    • 「週末はのんびりしていました。そちらは何か楽しいことがありましたか?」
    • 「いつも通りの週末。あなたは何か予定があるって言ってたよね。どうだった?」

方法 5
方法 5 の 12:
「楽しかった。ちょっと変な話を小耳にはさんだよ」

  1. 1
    週末に経験したちょっとしたことについて話しましょう。散歩やドライブに行った場合は、きれいな夕日やかわいい犬などの外出先で見たものについて話します。楽しい会話をするために、ドラマチックな週末を過ごす必要はありません。人生のささやかなことを楽しんで、のんびり暮らしていることが伝わるメッセージを送りましょう。
    • 「楽しい週末だったよ。そっちはどうだったかわからないけど、こっちは日曜日の朝に霧がかかっていてきれいだった」
    • 「とても楽しかったよ!土曜日のランニング中に路上ライブを見て、楽しい1日になった」
    広告

方法 6
方法 6 の 12:
「1人の時間を楽しんだよ」

  1. 1
    家でのんびり過ごした場合は、「1人の時間を楽しんだ」というフレーズを使いましょう。週末をどう過ごしたか聞かれると、おもしろい話をしなくてはならないというプレッシャーを感じるかもしれませんが、のんびりと過ごしても、楽しくて有意義な週末になります。[3] 自分自身のために週末を有効活用したことと、楽しく過ごしたことを伝えましょう。
    • 「ごろごろしてた。🛀🍷📚こんな週末も必要なの」
    • 「1週間の疲れを癒してた。のんびりできて最高の週末だったよ!」

方法 7
方法 7 の 12:
「食料品の買い出しに行って、友達と遊んだ。あなたはどうだった?」

  1. 1
    週末の出来事をいくつか伝えて、会話を続けようとしていることを示しましょう。週末にしたことを伝えると、相手はそのことについて返信することができます。最後に相手の週末についても尋ね、話を聞きましょう。[4]
    • 「実家に戻って犬を公園に連れて行ったよ。あなたは何をしていたの?」
    • 「いろいろと用事があってバタバタしていた。そっちはどう?」
    広告

方法 8
方法 8 の 12:
「ワールドカップを見たよ。見た?」

  1. 1
    週末のイベントを取り上げて、会話を盛り上げましょう。週末のニュースで見た出来事や流行りのテレビ番組を見たことなどを話題にします。よく知られていることを取り上げると相手も会話に参加することができて、盛り上がるでしょう。[5]
    • 「イカゲームを観たよ。みんなが話していたことがやっとわかった」
    • 「赤ちゃんパンダのニュースを見たよ!週末は動物園のライブ配信をずっと見てた」

方法 9
方法 9 の 12:
「週末は、家族と楽しい時間を過ごしました」

  1. 1
    週末に会った人について話しましょう。大切な人と過ごしたことは週末の特別な出来事であり、人に伝える価値があります。さらに、友人や家族の話をすると、周囲の人々を大切に思っていることが伝わるでしょう。
    • 「友達と代官山に行ってカフェで話をしたよ」
    • 「この週末は家族で旅行に行ったの。近場だけど子供たちが楽しそうで良かった」
    広告

方法 10
方法 10 の 12:
「すごい楽しかったよ!映画を観て、オープンしたばかりのカフェに行ったの!」

  1. 1
    週末にしたことの中から、自分の好きなことに関連するものをいくつか取り上げましょう。TinderやBumbleなどの出会い系アプリで「週末はどうだった?」というメッセージを受け取ったら、自分の性格や興味をアピールする機会として返信を活用しましょう。相手が質問したくなるような話題を提供します。[6] たとえば、次のように返信しましょう。
    • 「サーフィンをしたあと、友達とファーマーズマーケットに行ったの」
    • 「友達が飼い始めたゴールデンレトリバーの子犬と遊んだよ。理想的な週末😍」
    • 「恥ずかしいんだけど、パジャマのまま大好きな本の続編を読んでいた」

方法 11
方法 11 の 12:
「最高の週末だった!昔の友達が遠くから会いに来てくれたんだ」

  1. 1
    普段より楽しい週末を過ごした場合は、楽しかった出来事を取り上げましょう。週末に起こったいつもと違う出来事や楽しかったことについて話します。興奮した気持ちを伝えて、会話を楽しく盛り上げましょう。[7]
    • 「最高の週末だったよ。子供たちと海水浴に行ったの。下の子は初めての海水浴!🌊」
    • 「日曜日は、とても楽しい1日だった。彼氏がプラチナチケットを用意してくれていたの!」
    広告

方法 12
方法 12 の 12:
「悪者をやっつけて世界を救ったよ」

  1. 1
    特に言うほどのことがなくても面白いメッセージを返したければ、冗談を言いましょう。週末の退屈な出来事を面白く脚色するか、奇抜な作り話をします。冗談だとわかってもらえないのが心配なら、メッセージの最後に笑顔の絵文字をつけましょう。
    • 「いつもと同じ。洗濯機から洗濯物を救い出して、離れ離れになった靴下たちを再会させたの🦸🧦😂」
    • 「これといって特に何もなかったよ。大統領選出馬の準備をして、会社を立ちあげたくらいかな」

関連記事

確率の計算確率の計算
化学反応のエンタルピーを計算する化学反応のエンタルピーを計算する
調子を聞かれた時に正しく答える調子を聞かれた時に正しく答える
フリーメイソンに入会するフリーメイソンに入会する
陽子、中性子、電子の数を求める陽子、中性子、電子の数を求める
銀が本物かどうか調べる銀が本物かどうか調べる
英語の論文・レポートで引用をする英語の論文・レポートで引用をする
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
円の面積を求める円の面積を求める
価電子数を求める価電子数を求める
二進法を十進法に変換する二進法を十進法に変換する
右利きが左手で文字を書く右利きが左手で文字を書く
ペーパーバックとハードカバーのどっちにするか決めるペーパーバックとハードカバーのどっちにするか決める
化学反応式に係数をつける化学反応式に係数をつける
広告

このwikiHow記事について

John Keegan
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : John Keegan. ジョン・キーガンはニューヨーク市に住むデートコーチで、「The Awakened Lifestyle」を経営しています。人をやる気にさせる演説術と社会動学に関する専門知識を駆使して、デートの方法、相手を魅了する方法、相談者が交際相手を見つけるためのサポートを行っています。ロサンゼルスからロンドン、そしてリオデジャネイロからプラハと、世界の各地にてデート講座を開催しており、その業績はニューヨークタイムズ、Humans of New York、そしてメンズヘルスで取り上げられています。
このページは 104 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告