「頭がいいね」と言われるのは素晴らしい褒め言葉です。あなたの天才ぶりが認められたわけですが、気取らずに返答するにはどうしたらよいのでしょうか。最も適切な返し方は、「ありがとう!」という感謝の気持ちを伝えると同時に、自然に思いついた言葉を伝えることです。何も思い浮かばないときもあるかもしれませんが、心配はいりません。この記事では、「頭がいいね」と言われたのがどのような状況であっても、うまく返せる方法を紹介します。あなたは素晴らしい人なのですから、深呼吸をして褒め言葉を受け入れましょう。

1
「ありがとう!そんなふうに言ってくれるなんて、優しいね」

  1. このように丁寧に返答し、感謝の気持ちを伝えましょう。相手に「頭がいい」と言われたのあれば、それは恐らく褒め言葉なのです。面識のない人や親友に対しては、フレンドリーかつ暖かみのある返答をするのが得策です。相手に気分を高めてもらったお返しに、今度は相手の気分を盛り上げましょう。褒められたときの気持ちを率直に伝え、感謝の言葉を伝えるようにします。[1]
    • 「ありがとうございます、すごく嬉しいです」
    • 「すごく優しいね!ありがとう!」
    広告

2
「ありがとうございます、本当に嬉しいです」

  1. このような返答をして褒め言葉を快く受け入れましょう。上司、先生、親から不意に「天才」などと言われて驚いたことがあるかもしれません。普段はこのように褒められる機会がない場合には、非常に意味のある褒め言葉になります。自分がしたことに対して相手は確実に感銘を受けているため、褒めてもらえたときには、心からの感謝の気持ちを伝えましょう。[2]
    • 「○○さん(相手)から褒められるなんて、本当に嬉しいです」
    • 「褒められるのがどれほど嬉しいか、言葉になりません。ありがとうございます」
    • 「ありがとうございます。言葉にならないほど嬉しいです」

3
「ありがとう!○○さんもね!」

  1. 親切な言葉をかけられたら、そのまま相手に返しましょう。次に何を言えばよいのかわからないときは、似たような褒め言葉を返せば間違いありません!友人、片思いの人、家族など、誰に褒められたとしても、「頭がいい」と言われたのであれば、きっとあなたのことを素晴らしいと思っているのです。このように褒められた場合には、相手に感謝すると同時に褒め言葉を返して、謙虚な姿勢を保つようにします。相手のおかげでよい気分を味わえたわけですから、お返しに相手の気持ちも盛り上げましょう。
    • 「ありがとうございます。○○さんもですね!」
    • 「○○さんと話すと楽しいですね!」
    • 「○○さんほどじゃありませんよ。○○さんこそ頭がいいですね!」
    広告

4
「すごく努力したんです。気付いてくれてありがとうございます」

  1. 仕事や勉強に対する意欲を、人生の師匠と共にわかちあいましょう。上司、先生、親が努力を認めてくれたのであれば、素直に認めましょう!仮に、何ヶ月もかけて大規模なプロジェクトを終わらせたところだとします。褒められた事柄に対して、今まで多くの労力を費やしてきたわけですから、仕事に対する意欲に誇りをもって謙虚に感謝の言葉を伝えましょう。[3]
    • 「本当にありがとうございます!すごく時間をかけて考えたんです」
    • 「夢中で取り組んだプロジェクトだったんです。そう言ってもらえて嬉しいです。ありがとうございます」
    • 「すごく努力したつもりです。ありがとうとございます」

5
「ありがとうございます、努力した甲斐がありました」

  1. このように返答して、注意を逸らしましょう。特に褒められるほどではないと思っているときに褒められるのは気まずいものです。とはいえ、誰かに「頭が切れる」と言われたということは、功績を認められたわけです!他に何と言ったらよいのかわからない場合は、「聡明さ」を褒めてもらうよりも「仕事ぶり」や「運のよさ」を強調しましょう。こうすると、謙虚に感謝の気持ちが伝えられると同時に、目標達成のために役に立った事柄などをアピールすることができます。[4]
    • 「ありがとうございます。割と記憶力がいいのかもしれません」
    • 「ありがとうございます!長時間勉強した甲斐がありました」
    • 「ありがとうございます。でも全てが自分の手柄というわけではありませんよ」
    広告

6
「普段は頭がいいなんて褒められないから、ありがとう」

  1. 嫌味のこもった褒め言葉に対しては、このように機転を利かせて返答するのが得策です。仮に、質問に対するあなたの答えにクラスメートが苛立っていたり、あなたが何かに挑戦したときに兄弟があきれた表情を見せていたりしたとします。その際に、「あぁ、ほんとに天才だね」というような雰囲気で褒められた場合には、このように返してみます。相手が嫌味な言い方をしてくる場合は冷静さを保ち、とりあえずは褒めてくれた事実に素直に感謝し、気持ちを切り替えましょう。[5]
    • 「ありがとう。たまにそう言われるかな」
    • 「ありがとう。気付いてもらえて嬉しい」

7
「本当?君ってすごく優しいね」

  1. 片思いの人に対しては、少々はにかみながらこのように返答しましょう。あなたの聡明さが、片思いの相手を惹きつけたのです。例えば、「本当に頭がいいね」または「知り合いの中で一番頭がいいと思う」と、思わせぶりに褒められた場合には、恐れずに気のある素振りをみせながら返答してみます。少々恥ずかしそうに髪を耳にかけたり、笑いながら目を逸らしたりしながら、このように返してみましょう。
    • 「本当に?君のほうこそ頭がいいよ」
    • 「本当?ありがとう」
    広告

8
「そんなこと、言ってくれなくてもいいよ」

  1. 片思いの相手に褒められた場合には、控えめにはにかみましょう。赤面しても恥ずかしがる必要はありません。相手に「天才」と言われたわけですから、嬉しくなるのは当然です。緊張ぎみに笑ったり照れたりしながら、その場を取り繕うようにします。既に聡明さを認められているわけですから、それに加えてかわいらしさもアピールしてみましょう。
    • 「そう言われるとそうかもしれないね」
    • 「『頭がいい』なんて、ちょっと言ってみただけでしょう?」

9
「ふふふ。がんばってるの、私」

  1. 片思いの人や親友に褒められた場合には、ユーモアを交えましょう。「頭がいい」と言われると恥ずかしくなってしまうこともあるため、笑ったり冗談を言ってごまかしましょう。例えば相手は、チームで取り組んだプロジェクトでのあなたの仕事ぶりを褒めてくれたり、あなたのくだらない冗談にツッコミを入れてくれているのかもしれません。いずれにしても、お互いが笑顔になれるような返答をして、会話を楽しみましょう。[6]
    • 「それほどでもないよ。まだまだだよ」
    • 「たまたま調子がよかっただけ」
    • 「しーっ!誰にも言わないでね」
    広告

10
「ちょっと聞き逃しちゃった。もう一回言ってくれる?」

  1. 遊び心を見せながらこのように返答し、自分の賢さを証明しましょう。仮に、あなたが正しかったことをやっと恋人が認めてくれたり、兄弟が遂にあなたの聡明さ認めてくれたりしたとします。このように返答すると、少々楽しい雰囲気が演出できる上に、相手が普段あまり褒めてくれない場合でも、もう一度褒めてもらえるかもしれません。
    • 「ごめん、聞こえなかった。何て言ったの?」
    • 「え?何だって?」

11
「そうでしょ、私?」

  1. 親友に「頭がいいね」と言われたら、このように生意気な感じで返してみましょう。例えば、相手は皮肉をこめて「あ~超頭がいいよね」または「天才だよね」などと言ってふざける場合もあるかもしれません。いずれにせよ、お茶目な笑みを浮かべながら、あきれた顔を見せてみます。自分の賢さに自信を持ち、少々楽しんでみましょう。
    • 「天才って呼んでもいいよ」
    • 「あなたと私なら、絶対私のほうが頭がいいよね」
    • 「あなたといるときには頭が冴えるのよね」
    広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 677 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告