Windowsのアップグレードや再インストールをする場合に、古いファイルがCドライブのWindows.oldというフォルダに保存される場合があります。古いファイルを取り戻すには便利かもしれませんが、このフォルダがパソコンの容量をたくさん消費してしまう場合があります。このフォルダは通常のフォルダと同じ方法では削除できませんが、Windowsに搭載されているユーティリティを使用することで削除できます。

ステップ

  1. 1
    Windows.oldフォルダの削除前に、必要なファイルをすべてコピーする Windows.oldフォルダには、以前のWindowsのファイルや設定が入っています。このフォルダを削除する前に、必要なファイルをすべて現在のユーザーフォルダにコピーしましょう。
    • スタートメニューからアクセスできる「コンピューター」または「PC」画面を開きます。Windows 8では、 Win+Eを押して開くこともできます。
    • Windowsが入っているドライブをダブルクリックします。通常、WindowsはC:ドライブに入っています。
    • Windows.oldフォルダをダブルクリックします。
    • ユーザーフォルダをダブルクリックし、ファイルを取り戻したいユーザーアカウントのフォルダを開きます。
    • 残しておきたいファイルをすべて、現在のユーザーフォルダ(ドキュメント、ピクチャ、ビデオなど)にコピーしましょう。あるいは、ファイルをデスクトップに移動してもよいでしょう。
  2. 2
    「ディスクのクリーンアップ」ユーティリティを開く 「ディスクのクリーンアップ」ユーティリティは、Windows.oldフォルダを自動的に削除するのに役立ちます。このユーティリティはいくつかの方法で開くことができます。
    • Win+Rを押してcleanmgrと入力し、 Enterキーを押します。
    • 「コントロールパネル」を開いて「システムとセキュリティ」を選択し、「管理ツール」を選択します。表示されるリストから「ディスククリーンアップ」を開きます。
  3. 3
    Windows.oldフォルダが入っているドライブを選択する Windows.oldフォルダは、通常C:ドライブにあります。
  4. 4
    「ディスククリーンアップ」がドライブをスキャンするのを待つ スキャンには数分間程度かかるかもしれません。
  5. 5
    システムファイルのクリーンアップボタンをクリックする 管理者パスワードを要求される場合があります。
  6. 6
    要求された場合は再びドライブを選択する 「ディスククリーンアップ」が再びドライブをスキャンします。
  7. 7
    「以前のWindowsのインストール」ボックスをクリックする リストにある削除したい他の種類のファイルのボックスにチェックを入れることもできます。
  8. 8
    OKをクリックしてWindows.oldフォルダを削除する ファイルの削除をクリックし、ファイルの削除を確定しましょう。[1]
    広告

トラブルシューティング

  1. 1
    Windows.oldをゴミ箱にドラッグしても削除できません」 Windows.oldフォルダは保護されているため、ゴミ箱にドラッグしようとしたり、あるいは右クリックして削除しようとしたりしても、エラーが発生する場合があります。このフォルダを完全に削除するには、上記のステップにしたがって削除しましょう。
  2. 2
    「ディスククリーンアップがWindows.oldフォルダを削除しません」 この問題は、Windows.old.000フォルダなどのようにWindows.oldが複数ある場合に発生する可能性があります。
    • 管理者として「コマンドプロンプト」を開きます。「コマンドプロンプト」を開くには、「スタートメニュー」をクリックして「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。Windows 8を使用している場合は、Windowsボタンを右クリックして「コマンドプロンプト(管理者)」を選択しましょう。[2]
    • RD /S /Q %SystemDrive%\windows.oldと入力して Enterを押します。これにより、Windows.oldフォルダが直ちに削除されます。
    • 他にもWindows.oldフォルダがある場合は、この手順を繰り返します。例えば、Windows.old.000を削除するには、RD /S /Q %SystemDrive%\windows.old.000と入力して Enterを押します。
    • 「コマンドプロンプト」を閉じます。
    広告

ポイント

  • Windows 8では、Windows.oldは28日経過後に自動的に削除されます。[3]
広告

関連記事

BIOSを初期化するBIOSを初期化する
Windowsで画面を拡大する
DLLファイルを開くDLLファイルを開く
ファンクションキーを解除するファンクションキーを解除する
Windows 10でFnキーを押さずにファンクションキーを使用するWindows 10でFnキーを押さずにファンクションキーを使用する
Windows10でCDトレイを開くWindows10でCDトレイを開く
EXEファイルを開くEXEファイルを開く
Windows10で管理者(Administrator)としてログインするWindows10で管理者(Administrator)としてログインする
BIOSを起動するBIOSを起動する
Windows 8のプロダクトキーを確認するWindows 8のプロダクトキーを確認する
コマンドプロンプトでプログラムを実行するコマンドプロンプトでプログラムを実行する
macOSをWindowsパソコンにインストールするmacOSをWindowsパソコンにインストールする
Word文書をJPEGに変換するWord文書をJPEGに変換する
EXEファイルを作成するEXEファイルを作成する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む9人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: PC/Windowsシステム
このページは 502 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告