PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

あざは 、弱いものから強いものまで体が何らかの衝撃を受けて、皮下の血管が損傷したときに発生します。人前に出る用事があるときは、あざを他人に見られたくないかもしれません。患部を安静にしたり、「冷やす、温める」を繰り返す、あるいは市販薬を利用するなどしてあざを治療しましょう。また、あざが再発しないための対策も必要です。

方法 1 の 2:
あざを治療する

  1. 1
    最初の48時間は冷却する あざは、転倒や打撲によって血管が損傷して、血液が皮膚の表面に集まったときにできます。あざに気づいたらすぐに患部を冷却しましょう。冷却することで、皮下の血管が収縮して、あざが早く治ります。
    • アイスパック、袋入りの冷凍野菜、ビニール袋に入った氷などは、冷湿布として利用できます。これらを利用するときは肌に直接当てずに、布やタオルで包んでから利用しましょう。[1]
    • あざに気づいてから最初の48時間は、毎時間、最低20分間患部を冷やしましょう。[2]
  2. 2
    48時間経過後は患部を温める 48時間経過後は、冷湿布から温湿布へと切り替えます。これにより患部への血流が増加して、皮膚の回復が早まります。タオルにお湯をかけて絞ったものを温湿布として利用できます。1日2~3回、1回につき10分間、患部を温湿布で温めます。[3]
  3. 3
    市販薬を利用する 市販の鎮痛薬はあざの治癒に役立つかもしれません。たいていの鎮痛薬は腫れを抑えるため、あざを目立ちにくくできます。
    • あざにはアセトアミノフェン(タイレノールなど)またはイブプロフェン(イブなど)が最も有効な選択肢です。用法および用量を守って服用しましょう。[4]
    • 市販薬を服用する前には、医師や薬剤師と相談して、現在服用中の薬と併用しても問題がないかを確認しましょう。[5]
  4. 4
    患部を挙上して安静にする 最初の24時間は、時間の許す限り患部を挙上しましょう。この処置は、脚部に大きなあざがある場合に特に重要です。あざが発生した部位を使わないように、安静にすることも心がけましょう。[6]
    広告

方法 2 の 2:
あざを防ぐ

  1. 1
    体を動かしたり、スポーツをするときはプロテクターを装着する 激しい運動やスポーツを行うならば、常にプロテクターを装着しましょう。ショルダーガード、ニーパッド、ヘルメットなどや、その他の適切なプロテクターを購入します。どのプロテクターを買えばよいのかが分からない場合には、地元のスポーツ用品店の店員に相談しましょう。[7]
  2. 2
    床や通路に物を置かない 不意な転倒があざの原因になることがよくあります。転倒によるあざを防ぐために、床や通路を散らかさないようにしましょう。
    • 小さい子供がいる場合には、散らかさずにいるのは難しいかもしれません。子供に自分で後片付けをするように言い聞かせて、早いうちに整理整頓の習慣を身につけさせましょう。また、転倒に伴う危険について子供に説明をします。[8]
  3. 3
    適切な量のビタミンB12、ビタミンC、葉酸をしっかりと摂取する ビタミンB12、ビタミンC、葉酸には、怪我に対する体の自然な免疫反応を高める作用があります。日々の食事から、あざの防止や早期回復に有効なこれらのビタミンとミネラルを必ず十分に摂取しましょう。[9]
    • ビタミンB12は、レバーなどの内臓肉やあさりやはまぐりなどの貝類に含まれています。また、卵、牛乳、乳製品にも豊富に含まれています。ベジタリアンやビーガン(完全菜食主義者)であるならば、ビタミンB12のサプリメントの摂取について医師と相談することを検討しましょう。[10]
    • 多くの果物はビタミンCを含んでいます。特にビタミンCが豊富な果物は、マンゴー、パイナップル、イチゴ、パパイヤ、柑橘類、マスクメロンなどです。野菜では、ブロッコリー、ホウレンソウ、サツマイモ、ジャガイモ、トマト、芽キャベツ、冬カボチャなどがビタミンCを豊富に含みます。[11]
    • 葉酸は柑橘類、緑色野菜、豆類(えんどう豆や乾燥豆など)に含まれています。[12]
  4. 4
    かかりつけ医に薬について相談する 特定の薬を服用するとあざができやすくなります。ラブノックス、ワルファリン、アスピリン、ヘパリンなどのような抗凝血剤は、血液を薄めて、あざをできやすくする恐れがあります。その他に、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)やコルチコステロイドなどの薬だけでなく、魚油やビタミンEなどのサプリメントさえも、あざをできやすくする可能性があります。あざの発生が心配であれば、医師は別の薬に切り替えることができるかもしれません。
    • あざができやすいのは、肝臓疾患、セリアック病に関連するビタミンK欠乏症、慢性膵炎、炎症性腸疾患、アルコール中毒などの潜在的な病気の兆候である可能性もあります。ほんの少しぶつかっただけであざができる、知らないうちにあざができていることがよくある、あざの上に血腫がある、あざの主原因となった怪我をしてから3日後に痛みが出る、あざができやすいまたは出血しやすい家族がいる、最近突然あざができやすくなった、などに当てはまる場合には、医師に相談しましょう。[13]
  5. 5
    シートベルトを着用する 運転中は常にシートベルトを着用しましょう。シートベルトは、運転に起因するあざだけでなく、衝突事故時の致命的な怪我も防ぎます。[14]
    広告

注意事項

  • あざには通常は医学的な心配は伴いません。しかし、怪我に起因しないあざがあり、それが2週間が経過しても自然に消えない場合には、医師に相談をしましょう。[15]
広告

関連記事

一日で体重を2キロ減らす一日で体重を2キロ減らす
2週間で10キロ痩せる2週間で10キロ痩せる
10日間で5kg痩せる10日間で5kg痩せる
一晩で体重を落とす一晩で体重を落とす
低体重の人が体重を増やす低体重の人が体重を増やす
埋没毛を処理する埋没毛を処理する
食欲を増やす食欲を増やす
バレないように家の中でタバコを吸うバレないように家の中でタバコを吸う
白血病の兆候に気づく白血病の兆候に気づく
10日で体重を減らす10日で体重を減らす
自分で抜糸する自分で抜糸する
脳への血流を増やす脳への血流を増やす
消化を早める消化を早める
短期間で減量する(男性向け)短期間で減量する(男性向け)
広告

このwikiHow記事について

Vlad Gendelman, MD
共著者 ::
認定整形外科医
この記事の共著者 : Vlad Gendelman, MD. ヴァラッド・ジェンデルマン医師はカリフォルニア州ロサンゼルス在住の整形外科医です。 米国整形外科委員会の認定医として15年以上にわたり手術を執刀。外傷外科、スポーツによる外傷、人工関節置換術など、一般整形外科手術を専門としています。 南カリフォルニア大学にて生物学の学士号を、カリフォルニア大学アーバイン校にて医学博士号を取得。ニューヨーク州立大学ダウンステート・メディカル・センターにて整形外科医学の臨床研修を修了。ロサンゼルス郡医療協会、カリフォルニア州医療協会、カリフォルニア州整形外科協会の会員で、米国整形外科医学会では名誉会員を務めています。また、整形外科医学に関する論文を数冊の専門誌に執筆しています。 この記事は5,392回アクセスされました。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 5,392 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告