女性の多くは自分の性器の匂いが好きではありません。実際、健康な性器からは異臭はしないものです(いい匂いがするという人もたくさんいます)。他の臓器と同じように、膣の中には多種のバクテリアが存在し、膣内を健康で清潔に保ってくれています。膣から異臭がする場合は感染症にかかっているか膣内のバクテリアのバランスが崩れていることが考えられるので、医師の診察を受ける必要があります。この記事を参考にして性器を清潔に保つとともに、困った時に簡単に匂いを抑える方法を学びましょう。

方法 1 の 3:
清潔に保つ

  1. 1
    日常的に体を洗いましょう。匂いを正常に保つために、日常的にシャワーを浴びて体を洗いましょう。シャワーを浴びるペースは個人個人で異なりますが、最低でも2~3日に一度は体を洗ってください。洗うことで皮膚のバクテリアが活発になり、他の体の部分と同じ匂いがするようになります。
  2. 2
    専用の石けんを使いましょう。性器はとても敏感です。間違ったタイプの石けんを使うことが不快感や臭いの原因になります。香りの強い石けん、化学物質が多く入ったもの、殺菌作用のある石けんは、体のバクテリアのバランスを崩します。こうした石鹸の使用は避けましょう。無香料の天然石けんなどを使うようにしましょう。
  3. 3
    膣内清浄はしないでください。膣内清浄は医師による指示がある場合のみ行ってください。膣内洗浄で内部のバクテリアのバランスが崩れ、大抵の場合は感染症になります。性器の洗浄は石けんを使用して、外側を洗うだけにしてください。[1]
  4. 4
    丁寧に拭き取りましょう。用を足したあとの拭き取り方によっては感染症を引き起こします。前から後ろに正しく丁寧に拭き取るようにしましょう。膣の部分をきちんと拭き取らないと、拭き取り損ねた物質が感染症やバクテリアの発生原因となることもあります。[2]
  5. 5
    使うものに気をつけましょう。性器の周りで使うものに気をつけましょう。水溶性ではなかったり、シリコンで出来ていない潤滑剤などは感染症の原因になる場合があります。また、使用したあとは潤滑剤をきれいに洗い流しましょう。香りの強いものは感染症を起こしやすいため、性器が花の匂いになるような製品を使うことは避けましょう。ローションも同様です。
  6. 6
    清潔できちんと体にあう下着を付けましょう。これは性器を清潔で健康に保つ上で一番重要です。同じ下着を24時間以上付けていると、バクテリアのバランスが崩れます。また、体にきちんと合った下着を身につけてください。湿度が高くなるとバクテリアが増えるため、適度に通気性のよい下着をつけましょう。通気性が最も良いのは綿の下着です。
    広告

方法 2 の 3:
簡単な解決法

  1. 1
    香水を使いましょう。性器に直接香水を振りかけるのはよくありませんが、太ももの内側、外陰部から15cmほど離れた場所に香水をつけると、あなたの太もも近辺に相手が顔を近づけたときにとてもいい匂いがします。
    • 体がもともと持っているムスクの香りはセックスを連想させるため、サンダルウッドとバニラのようなムスク系のセクシーな香りの香水をつけましょう。
  2. 2
    食事に気をつけましょう。口にしたものは直接的に匂いと味に影響します。特定の食品は体内の糖分、バクテリア、化学物質のバランスを一変させ、体に影響を及ぼします。例えば、ニンニクをたくさん食べたら、肌からニンニクの臭いが数日出続けてしまうことがあるように、性器の臭いに影響のない食事を摂りましょう。
    • 糖分を控えましょう。血糖値が高くなるとカンジタ症を起こし、臭いの原因となります。
    • パイナップルを食べましょう。科学的根拠はないものの、パイナップルを食べると男女関係なく体臭が減るという噂があります。
    • ヨーグルトは女性器を健康に保つと考えられています。女性器を健康に保つ天然のバクテリアがヨーグルトにも含まれているからです。
  3. 3
    陰毛の手入れをしましょう。陰毛が臭いの原因になることはありませんが、清潔に洗われていない場合には細菌が繁殖する原因になることもあります。陰毛を剃る、切るなどして対応しましょう。短く切る方法が簡単ですが、肌荒れの原因となり、感染症を引き起こす可能性もあります。また、かゆみが出たりなど、不快感を覚えることもあります。[3]
  4. 4
    ウェットティッシュを使いましょう。乾いたトイレットペーパーではきちんと拭き取れていない気がすることがありませんか。トイレットペーパーからの雑菌や拭き取り残しなどからバクテリアが繁殖することもあります。きちんと拭き取れているか心配なときは、ウェットティッシュや赤ちゃん用のお尻ふきなどで外陰部を清潔にすることも考えましょう。
    • 無香料のウェットティッシュを使いましょう。無香料のウェットティッシュは化学成分が普通より少なくなっています。
    • 外陰部のみを拭き取るようにしてください。ウェットティッシュや体を洗う布、洗剤などを膣内に入れないでください。
    広告

方法 3 の 3:
原因を理解する

  1. 1
    感染症などに気をつけましょう。性器の臭いは性病や感染症が一番の原因です。こうした感染症の例として、カンジタ症や細菌感染症、性感染症、ヘルペスなどが挙げられます。ガンや内部の裂傷などの深刻な病状も性器の臭いの原因となることがあります。他の病状が出ていないか、自分の体調を良く観察し、性器の臭いが通常と違う場合は医師に相談しましょう。[4]
    • おりものがひとつの目安となります。茶色や緑がかったものや白い塊のあるおりものが出ている場合は感染症の可能性があります。直ちに医師に相談しましょう。健康な体から出るおりものは厭な臭いはしません。
  2. 2
    性交の方法が臭いの原因になることもあります。外部から侵入したバクテリアにより膣内のバクテリアのバランスが崩るために性交後に臭いがすることがあります。アナルセックス後に膣に挿入したり、オーラルセックスや、性玩具、食品を使う性交などは、バクテリアのバランスが崩れる原因になります。
    • このような性交を行う場合はコンドームなどを使い、その都度新しいものを使用しましょう。
  3. 3
    膣内に異物が入っていないか確認しましょう。膣内に異物が入ったままになっていると、体の免疫反応が働き、異物を攻撃します。その際に強い臭いが発生します。長時間入ったままになっていて出し忘れたタンポンや、破れてしまったコンドーム、性交時に使ったものなどが代表的な臭いの原因です。
  4. 4
    衛生方法に気をつけましょう。清潔方法を間違えると、逆に膣と外陰部のバクテリアを増やすことにつながります。その結果、臭いが強くなり、感染症にかかる可能性も高まります。体と下着を清潔に保って臭いを抑えましょう。
  5. 5
    熱いシャワーや湯船に浸かることを避けましょう。熱すぎるお湯で性器を洗うと、もともと体の中にちょうどよいバランスで存在しているバクテリアを殺傷してしまいます。いつも熱いお風呂に長時間浸かるのはやめましょう。
    広告

ポイント

  • 自分の性器の臭いが気になるとしても、男性や一部の女性はその臭いを好むことがあります。臭いからあなたとセックスをすることを想像して興奮します。したがって、花のような匂いである必要はありません。

広告

注意事項

  • 人は時として自分の要望を通すために嘘をつくことがあります。たとえば、もし彼があなたの臭いが気になると言ったとしても、彼はただオーラルセックスを避けようとしているだけかもしれません。清潔にしていて感染症にかかっていなければ臭うはずはないので、彼が嘘をついているか、または彼が臭いにとても敏感であるかのどちらかです。臭いを消そうと他の方法を試みる前に、この可能性も考えてみてください。
  • 膣内洗浄は絶対にしないでください。石けんを使ったり、膣内を水で洗うだけで感染症を引き起こします。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

ペニスを洗う

How to

爪を噛むのをやめる

How to

全身をマッサージする

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

デリケートゾーンの匂いを消す
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む57人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は33,954回アクセスされました。
このページは 33,954 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告