あひるの雛を育てる方法

共同執筆者 Pippa Elliott, MRCVS

この記事には:巣箱を用意する餌と水を与える雛を健康なあひるに育てる8 出典

孵化したばかりのあひるの雛が強く健康に育つためには、温かく安全な環境が必要です。安全な巣箱を用意して、十分な餌と水を与えましょう。好奇心旺盛で遊び好きなあひるの雛は、あっという間によちよち歩き始め、泳ぎ、すくすく成長するでしょう。雛が安心できる環境を整え、適切な餌を与え、雛を安全に守る方法を説明します。

パート 1
巣箱を用意する

  1. 1
    巣箱を用意します。雛が孵化して24時間経ち、環境に慣れたら巣箱に移します。[1] プラスチック製の収納箱、丈夫な段ボール箱、大きめのガラス製の水槽などを使うことができます。
    • 雛を保温する必要があるので、断熱性の高い巣箱を用意します。側面や底に穴が多い箱は巣箱としては不適切です。
    • 巣箱の底に、木の削りくずや古いタオルを敷きます。新聞紙など滑りやすい素材を使うのは避けましょう。孵化してから数週間は、雛の足元はヨタヨタしているので、ビニールや新聞紙を敷くと滑りやすく、怪我をする危険があります。
  2. 2
    ヒーターランプを取り付けます。孵化して数週間は、卵の外の冷たい空気に慣れるまで、雛を保温する必要があります。ヒーターランプはペットショップやホームセンターで取り扱っています。巣箱の上部にヒーターランプを取り付けましょう。
    • 初めは100ワットの電球を使います。あひるの雛を適切な温度で保温します。
    • 巣箱の一部は電気が当たらないように調節します。必要に応じて、雛が涼める場所を作ります。
    • 雛に近すぎない位置に電球を取り付けましょう。電球があまりに近いと、暑くなりすぎたり、雛が電球に触れて火傷する危険があります。巣箱が浅い場合は、角材など丈夫なものをランプの下に置いて、ランプの位置が高くなるように調整しましょう。
  3. 3
    ヒーターランプの位置を確認します。定期的にランプの位置を確認して、適した温度で雛を保温できているか確認します。
    • 雛の成長にともなって、雛の行動を考慮しながらランプの温度やワット数を調整します。
    • 雛がランプの近くで身を寄せ合っている場合は、寒すぎる可能性があるので、ランプを近づけたり、ワット数の高い電球に替えましょう。
    • 逆に、雛が巣箱に点在して呼吸が荒い場合は、暑すぎる可能性があります。ランプを遠ざけたり、ワット数の低い電球に替えて調節しましょう。雛が温かく落ち着いてれば、適切な温度で保温できています。
  4. 4
    雛の成長にともなって、ヒートランプを調節します。雛が成長すると、高い温度で温める必要がなくなります。雛がランプの下で寝るのをやめたら、ランプを離したりワット数の低い電球に替えましょう。

パート 2
餌と水を与える

  1. 1
    雛にたっぷり水を与えます。浅い水入れに水を入れ、巣箱の中に置きましょう。くちばしが浸り、頭全体が入らない深さの水入れを用意します。[2] あひるは、水を飲む際に鼻孔を水ですすぐので、くちばし全体が浸る水量が必要ですが、深すぎるとよじ登って水に入り、溺れる危険があります。[3]
    • 汚れた水を飲んで病気にならないように、毎日水入れを洗い水を替えましょう。
    • 水入れが深くて心配なら、水入れの底に小石やビー玉を敷くと、安全を確保できます。[4]
  2. 2
    雛用の餌を与えます。雛は卵の黄身から栄養を吸収しているので、孵化後24時間は何も食べません。その後、あひる用の小さなペレット(雛用)を食べるようになります。ペレットはペットショップやインターネットで購入できます。[5] プラスチック製の餌箱にペレットを入れて与えます。
    • 雛が食べる様子がなければ、ペレットに水を少し足すと飲み込みやすくなります。また、最初の2日間、水に砂糖をほんの少し加えて与えると、元気が出て順調に成長するでしょう。
  3. 3
    弱っている雛には、あひるの卵の黄身を与えます。雛が衰弱している場合は、ペレットを始める前に、黄身の栄養素を与えましょう。雛用ペレットが食べられるようになるまで、あひるの卵の黄身をつぶして少量与えます。
  4. 4
    雛がいつでも餌を食べられるようにします。雛が24時間自由に餌を食べられる環境を整えます。この時期のあひるは成長が著しいので、お腹がすいたらいつでも餌を食べられるようにします。また、餌を飲み込むために水が必要なので、水入れには常に水をたっぷり用意しておきましょう。
    • 10日経ったら、中雛用の餌に替えます。雛用の餌と同じものですが、ペレットのサイズが大きくなります。
  5. 5
    成鳥用の餌に替えます。孵化して約16週間経つと、雛は成鳥になります。成鳥用の餌に替えましょう。
  6. 6
    あひる用ではない餌を与えるのは控えましょう。パンなど人間の食べる食品の多くは、あひるに必要な栄養素を含まないうえに、害になる食品もあります。[6]
    • あひるがパンなどを食べたがっても、与えないようにしましょう。
    • ごく薄く切った果物や野菜をおやつとして与えても構いませんが、主食はあひる用のペレットを与えます。
    • あひるの雛に、ひよこの餌を与えのはやめましょう。雛に必要な栄養素が不足します。
    • あひるの雛に薬剤添加飼料を与えてはいけません。臓器を損傷する恐れがあります。

パート 3
雛を健康なあひるに育てる

  1. 1
    雛を泳がせます。あひるは泳ぐのが大好きで、孵化した直後でも泳げます。ただし、雛が泳ぐ際は必ずそばで見守りましょう。雛の羽根は水をはじかず、体が脆すぎてまだしっかり泳げません。[7]
  2. 2
    ペンキ用のローラートレーで小さなプールを作りましょう。ローラートレイは、雛が初めて泳ぐプールに最適です。[8] ローラートレーには傾斜があるので、雛が安全に水に出入りできます。雛が水に入る際は、必ずそばで見守りましょう。
    • 冷えてしまうので、長時間泳がせないように注意します。泳いだ後は軽く拭いて乾かし、巣箱に入れて温めます。
    • 清潔なタオルで包んだヒートパッドの上に雛を置いて、数分間温める方法もあります。
  3. 3
    成鳥になったら、手伝わずに泳がせます。水をはじく成鳥の羽根が生え揃ったら、あひるは自由に泳ぐことができます。あひるの種類にもよりますが、完全に生え揃うのは9~12週目くらいです。
  4. 4
    他のあひるに注意します。雛は、成鳥の羽根が生え揃っておらず、泳ぐ練習をしている状態なので、雛が泳ぐ際は必ず見守りましょう。池などで泳がせる場合は特に注意します。池にいる他のあひるに襲われて、雛がおぼれたり怪我をする危険があります。
  5. 5
    雛を捕食動物から守ります。あひるが特に雛のうちは、捕食動物の格好の餌食になります。成長したあひるでも放し飼いにすると、捕食動物に襲われる危険があります。できる限りの手段を講じて、あひるを捕食動物から守りましょう。
    • 雛をガレージや庭で育てる場合は、他の動物が近寄れない環境を整えます。注意を怠ると、狼、キツネ、捕食性の大きな鳥に雛が襲われる危険があります。
    • 室内で雛を育てる場合は、ペットの犬や猫に気を付けましょう。雛を襲ったり、乱暴にじゃれついて雛が怪我をする危険があります。
    • 雛を巣箱から大きめのケージに移したら、捕食動物などが近寄れない環境を整えます。
  6. 6
    雛と適切な心理的距離を保ちます。ふわふわで愛らしい雛を抱きしめたくなりますが、あまりに密接に過ごすと、雛への刷り込みが強くなりすぎます。雛同士が遊ぶのを、見て楽しむ程度に距離を置き、一緒に遊ぶのはほどほどにします。雛が健康で独立したあひるに成長するために大切なことです。
  7. 7
    あひるを広い場所に移します。雛が成長して巣箱が狭くなったら、掛け金錠を付けられる大きめの犬小屋や犬舎などに移します。成鳥用の餌を与え、池で泳がせたり水浴びをさせましょう。夜は必ず小屋に戻して捕食動物から守ります。

ポイント

  • 雛が病気になったら、直ちに獣医に連絡するか、インターネットで情報収集して手当します。
  • ペットの犬や猫などの大きな動物が、雛に近づけないような環境を整えます。
  • 玉ねぎ、野鳥や鳥の餌、ベリー類、ブドウ、パンを雛に与えるのはやめましょう。与えてよいものは、雛用ペレット、エンドウ豆、トウモロコシ、さやいんげん、ライマメ、茹でたニンジン、固ゆで卵、トマト、コオロギ、ミミズ、餌用小魚、草、牛乳、七面鳥の餌などです。
  • あひるが池などで泳ぐようになったら、水に浮く魚の餌や犬の餌をごく少量与えます。基礎的なペレットをやめて、質の良い薬剤無添加の水鳥用又は家禽用の飼料を与えます。これらのエ餌はペットショップやインターネットで購入できます。
  • 雛の骨はとても脆いので、ごく軽く触れるようになでましょう。
  • 雛があひるに成長して大きくなっても、捕食動物が近づけないような環境を整えあひるを守ります。
  • あひる小屋の中で歩く際は、あひるの足を踏まないように注意します。
  • 孵卵器には25ワットの電球が必要です。
  • どんなに手を出したくなっても、あひるの雛の孵化を手伝っていけません。卵の外で成長するには弱すぎて恐らく死んでしまうでしょう。
  • あひるの雛を飼う際は、雛が生後3日くらいだと世話しやすいでしょう。

注意事項

  • 野生動物に襲われる危険があるので、雛を外に出す際は必ず近くで見守りましょう。
  • あひるは水がないと餌をうまく飲み込めないので、餌箱の近くに清潔な飲み水を必ず用意しておきましょう。
  • 家禽用薬剤添加飼料をあひるの雛に与えるのはやめましょう。
  • 孵化した初日は、雛を見守ります。
  • 雛が泳ぐ際は、必ずそばで見守ります。

必要なもの

  • 巣箱
  • ヒーターランプと100ワットの電球
  • 牧草又は清潔なタオルやくしゃくしゃにした新聞紙などの床材
  • 餌箱と雛用、中雛用の餌、
  • 浅めの水入れ
  • ペンキ用ローラートレイ

記事の情報

この記事はPippa Elliott, MRCVSが共著しています。 獣医であり、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会)のメンバーでもあるエリオット医師は、30年以上にわたり、かかりつけ獣医、そして獣医外科医として獣医療の実践に努めてきました。1987年にグラスゴー大学にて獣医科学と獣医外科学の学位を取得してます。エリオット医師は生まれ故郷の町にある動物診療所に20年以上勤務しています。

カテゴリ:

他言語版:

English: Take Care of Ducklings, Français: prendre soin de canetons, Italiano: Prendersi Cura degli Anatroccoli, Español: cuidar patitos, Deutsch: Entenküken pflegen, Português: Cuidar de Filhotes de Pato, 中文: 照顾小鸭, Русский: ухаживать за утятами, Nederlands: Jonge eendjes verzorgen, Čeština: Jak chovat káčata, Bahasa Indonesia: Merawat Anak Bebek, ไทย: เลี้ยงดูลูกเป็ด, العربية: العناية بصغار البط, Tiếng Việt: Chăm Sóc Vịt Con

このページは 291 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?