たとえどんなに素晴らしい人であっても、いい彼氏でいることは、そう簡単なことではありません。いい彼氏でいるには、話すべき時、聞くべき時、アドバイスをすべき時、共感すべき時、しっかり注意を向けるべき時、そっとしておいてあげるべき時など、いつ何をしたらよいかを理解していなくてはなりません。信頼と尊敬に値し、さらにはパートナーから「私ももっと良きパートナーになれるよう頑張ろう」と思われるような人になりましょう。[1] いい彼氏と呼ばれるような人は、どんな状況にも適応することができ、「いい彼氏」でいるためにできることは無限にあるということを知っているのです。[2]

方法 1 の 2:
感情を表し分かち合う

  1. 1
    誠実でいる どんな関係においても、非常に稀な場合を除いては、誠実さを持つことは最も重要であると言えるでしょう。付き合い始めた時から誠実でいれば、問題に直面する可能性は低いでしょう。[3]
    • パートナーが知っておくべきであろうことを伝える時は、ありのままの真実を言って驚かせないよう、上手に伝えましょう。例えば、過去の真剣な恋愛経験について話すにしても、元恋人について事細かに話す必要はありません。
    • 正直にものを言う際は、優しさを添えて言葉に柔らかさを持たせるとよいでしょう。何もかも褒め言葉に聞こえるように返事をしなければいけない訳ではありません。少し言い方を変えてみればよいのです。例えば、パートナーが試着しているものを好きかどうか聞かれたら、「それも良いけど、今のところ青色のが一番好きだな。君の目の美しさや個性を良く引き出してると思う」などと伝えてみるとよいでしょう。
    • 抵抗を感じずに正直でいることだけでなく、相手の正直さも受け入れることが大切です。いい彼氏になりたいのであれば、真実を受け止めることも必要です。
  2. 2
    相手を信用する パートナーのことを信頼すると同時に、パートナーからも信頼されるようになりましょう。お互いを信頼し合うことは、恋愛関係の土台作りに欠かせません。相手とよりオープンな関係を築けるようになり、相手は何を欲し、感じ、必要としているのかも理解できるようになるでしょう。[4]
    • 他の人はあまり知らない、あなたのことについてパートナーに話すことで、相手に対する信頼感を表しましょう。
    • パートナーのことを大切に思っていることや、そのパートナーにとって個人的に大切な話はあなたにとっても大切であることを伝え、信頼を得ましょう。
  3. 3
    会話のバランスを保つ 話をする時は、会話の流れのバランスを保つようにしましょう。無口過ぎては、「私には興味がないのかもしれない」とパートナーに思われてしまうかもしれませんし、話し過ぎても、「この人は自分のことばかり」「失礼な人だ」などと思われてしまう可能性があります。[5]
    • 会話をする際はギブアンドテイクの精神が大切ですが、恋愛関係においても同じことが言えます。一方的な関係は決して上手くいかないのです。
    • もちろん、たくさん話をする場合もあれば(嬉しい出来事や大切な事が起こった時など)、少し控えめになる(何か悪い出来事があった時など)こともあるでしょう。全体的に見てバランスの取れた会話をするよう心がけるとよいでしょう。
  4. 4
    話をしっかりと聞く 次に何を言おうか考えたり、何か他の事について考えるのではなく、相手の話を聞くことに集中しましょう。相手が言っている事について考え、興味を持ってしっかりと話を聞いている姿勢を見せましょう。[6]
    • パートナーと会話をする際には、ただ話を聞くだけではなく、話の内容を覚えておくことも大切であるということを頭に入れておきましょう。パートナーが重要な事を話していたら、頭の中でメモを取り、覚えておくようにしましょう。
    • 前に2度も同じ話をされたのにもかかわらず、話をしっかりと聞いていなかったため、話の内容がさっぱり分からないようでは、相手は自分の話を聞いてくれていなかったのだと気付き、良い気持ちはしないでしょう。
    • 「無言の会話」にも注意を払いましょう。パートナーが何も言っていなくても、何かに悩んでいる時など、察することができるようになりましょう。顔の表情やボディーランゲージ、髪をいじる様子から、相手は何を言おうとしているか分かりますか?
  5. 5
    妥協する コミュニケーションを成功させるためには、妥協することが重要な要素の1つと言えます。意見が食い違うと必ず大喧嘩に発展してしまったり、どちらかが相手の要望にすぐに屈してしまうような関係であると、それは問題があると言えるでしょう。上手く妥協するには、パートナーの言い分を無視するのではなく、しっかりと話を聞きつつ、自分の要求や欲求を伝えるとよいでしょう。[7]
    • お互いの考えを伝え、パートナーと話し合いが済んだら、良い点と悪い点をリストにするなどして、お互いにとって何がベストであるのかを決めるとよいでしょう。
    • 時には、お互いに譲り合うことも必要です。順番に譲り合いができていれば、問題ないでしょう。デートの夜に見る映画をパートナーが選んだのであれば、ディナーのレストランとそのあとデザートを食べるお店は、あなたが決めるとよいでしょう。
    • 意見が食い違ってしまった時は、落ち着いた声で話すことも、穏やかに問題を解決する1つの方法です。どれほど腹を立てていようと、絶対に怒鳴ったり、暴言を吐いたり、(いかなる状況であれ)暴力を振るってはいけません。必要であれば、一旦その場から去り、再び理性的に話をできるようになったら、戻りましょう。[8]
  6. 6
    支える 会う時間を設けたり、注意深く話をきいたり、相手が言う事に対して興味を示すことで、パートナーを支えましょう。一緒に時間を過ごす時は、相手の話に耳を傾け、要求にしっかりと目を向ける努力をしましょう。相手を支えることで、2人の関係において安心感とお互いを思いやる気持ちが強まるでしょう。パートナーの目標や夢を応援すれば、あなたの夢も応援してくれるでしょう。[9]
    • パートナーが大事な試験勉強をしなければならない時や、大学の出願書類をまとめなければならない時、将来に関わる事で悩んでいる時は、傍にいてあげましょう。
    • パートナーが忙しそうにしている週や月は、昼食を買って届けてあげる、学校へ送って行くなど、身近な手助けをして少しでも楽をさせてあげましょう。
  7. 7
    思いやりの気持ちを持つ 相手にとって大事なことは、あなたにとっても大事であるべきです。パートナーが関係していなければ興味を持たない問題もあるでしょう。しかし、経験したことを分かち合ったり、相手の支えになってこそ、良い関係を築くことができるのです。パートナーが何かに対して腹を立てていたら、パートナーの気持ちになって考えてみましょう。「たいしたことない」と思うからといって、相手の気持ちを無視してはいけません。[10]
    • 常に話を聞いている姿勢を見せ、慰める時は誠実さを表しましょう。心から同情できない場合は、考え方を変えてみましょう。相手の立場になって物事を捉えてみるとよいでしょう。
    • 時には、ただ泣いて、慰めてもらいたいこともあるでしょう。そんな時は、すぐに問題を解決しようとしてはいけません。相手の気持ちの整理がつくまでは、現実的な話をするのはやめておきましょう。何かに対して怒っているようならば、「話したい?」と聞くことが大切です。あなたが本当に気にかけていることを示しましょう。まだ話をする準備ができていないようであれば、詮索するのはやめましょう。
    広告

方法 2 の 2:
愛情を示す

  1. 1
    頻繁に愛情表現をする 愛情表現をすることで、パートナーにあなたの愛を示しましょう。軽く触れる、ハグやキスをする、人前でもほんの少しイチャつくなどの愛情表現を通して相手と繋がることができます。[11]
    • 相手に不快感を与えたくなければ、やり過ぎには注意しましょう。相手のサインを読み取り、その気がないようなら、キスをしてはいけません。
    • 大抵の場合、軽く触れられるだけでも嬉しいものです。パートナーがロマンチックな人ならば、数日ぶりに会った際には「会いたかったよ」と言い、相手の腰に手を回し、愛情のこもったハグをするとよいでしょう。
    • 相手によっては、唇や頬、おでこや首などに軽くキスをして、その人と一緒にいられることに対する感謝の気持ちを表現するのもよいでしょう。または、相手の手を握ってあなたの口元まで持っていき、キスをしてみましょう。
    • パートナーが人前でイチャつくことをどう思っているか分からない場合、初めは慎重に行動しましょう。信じがたいかもしれませんが、人前で手をつなぐことすら嫌がる人もいるのです。
  2. 2
    パートナーの美に感謝する 自分を美しく見せようと、いつも以上に努力した様子が伺える時は、大いに褒めてあげると同時に、あなたの前ではリラックスして自分らしくいても良いのだということを分かってもらうことが大切です。常に美しくあり続けなければならないと感じさせないようにしましょう。準備に1時間かけた時であろうと、寝起きであろうと、綺麗であることには変わらないということを伝えましょう[12]
    • パートナーが髪型を変えたり、新しい洋服を着ていたら、「綺麗だね」と褒めるなどして、変化に気付いたことを知らせましょう。
    • その人の外見を褒めるのは、一般的に思われているほど軽薄なことではありません。誰かのことを心から愛しいと感じると、その人のどんな姿でさえ美しく見えるものです。パートナーにそのような感情を抱いたら、知らせるとよいでしょう。
  3. 3
    誠実に褒める 相手が息苦しくならない程度に、できるだけ頻繁に褒めてあげましょう。外見だけではなく、中身も褒めましょう。 そうすることで、外見に加えて内側の部分も好きでいてくれているのだと知ることができるでしょう。 パートナーの自信に繋がるような褒め言葉を言えば、より自分に自信を持つようになるでしょう[13]
    • ありふれた事を言うのはやめましょう。例えば、ただ「素敵だね」と言うのではなく、「君の目が輝いて見えるよ」や「その髪型、君の顔の形によく合ってるね」などと言ってみましょう。より具体的に言うほど、個性的で気持ちのこもった褒め言葉になります。
    • たとえ些細でくだらないような褒め言葉でも、価値あるものになるのです。「君の字はとてもきれいだね」や「君は縦列駐車がすごく上手だ」などの褒め言葉は、誠実さを交えて言うと、相手の自信にも繋がります。相手のことをよく見ていることも伝わるでしょう。
  4. 4
    特別な日でなくともプレゼントを贈る どんなに上手くいっている関係であれ、たとえプレゼントが豪華で高額であっても、贈り物をするだけでその関係を維持していくのは難しいでしょう。しかし、意図的に気持ちをこめたプレゼントをすることで、パートナーに対する関心、気遣い、そして愛情を今後も持ち続けていくことを証明することができるでしょう[14]
    • 誕生日やバレンタインデー、クリスマス、記念日、その他の特別な日にはアイディアをひねり出しましょう。気持ちのこもった、それなりに良い物を選びましょう。高価な物である必要はありませんが、相手のことと、その人の好みを考慮したうえで、プレゼントを選ぶとよいでしょう。
    • パートナーの名前入りのネックレスや、パートナーが好きなものがモチーフになったペンダント、例えば、スキーをするのが好きな人には雪の結晶をモチーフにしたものや、楽器を演奏するのが好きな人には音符がモチーフになったものをプレゼントするなど、細かい部分にまで気を配るとよいでしょう。
    • 一緒に出掛ける際には、パートナーの興味を引くものを見つけましょう。ショーウインドウに飾られた物に興味を示したり、乗馬など、挑戦してみたいことを口にするかもしれません。物をあげるという考えだけに囚われる必要はないのです。何か経験できることをプレゼントすると、物をもらう以上に喜んでもらえるかもしれません。
    • 時には、何の理由がなくとも、贈り物をしてみましょう。ただ単に「君のことを想っていたから」という理由で、何かを選んで不意にプレゼントするとよいでしょう。思いがけなくもらうプレゼントは非常に喜ばしく、心の中に強く印象付けられるでしょう。
  5. 5
    自発的な行動を大切にする 恋愛関係において、慣れ親しんだ雰囲気は非常に心地良いものでしょう。しかし、常にワンパターンの行動しかしない関係にならないよう気を付けましょう。2人で一緒に楽しんですることも1つや2つくらいはあるでしょう。しかし、その決まったことだけをするのは避けるべきです。[15]
    • 新しい場所を訪れたり、新しい事に挑戦したり、住んでいる地域のいつもは行かない場所に行ってみるのもよいでしょう。たとえ何か新しい事に挑戦して、それが思った通りにいかなかったとしても、経験を共にし、さらにお互いのことをよく知る機会を持つことができるのではないでしょうか。
    • 色々な事に挑戦してみることで、2人の関係は刺激的に保たれ、一緒に出掛けることも新鮮に感じられるでしょう。そういった経験を通して、今後も2人の関係を強く保つ思い出を作っていくのです。
    • 時々、少し変わったことをして、パートナーを驚かせてみましょう。目的地まで歩いて競争したり、音楽無しで踊ったり、レゴブロックの入った容器を持って行き、2人を象徴する何かを作るよう促すなどしてみましょう。
    • サプライズの旅行を計画しましょう。前もってあなたが行き先を決めておき、パートナーにはどこへ行くかは伝えずに、ただ荷物だけ準備するよう言いましょう。もちろん、相手の好みはできる限り考慮しましょう。未知の世界へ旅するミステリアスな雰囲気とドキドキ感が気に入るかもしれませんし、そうではないかもしれません。
    • 国立公園や、住んでいる場所からそれ程遠くない所にある風変わりな町などに行ったことがないとパートナーが言っていたら、行き先は告げずに、そのような場所へ連れて行ってあげるとよいでしょう。そこへ行くことになった自然な成り行きと、あなたがしっかりと話に耳を傾けていてくれたことを嬉しく思うでしょう。
  6. 6
    自分のことは自分でする パートナーに「私は必要とされていて、役に立つ存在であり、感謝されている」と感じさせることは大切ですが、求め過ぎたり、依存し過ぎてはいけません。衛生面や外見に気を使い、目標を立て、一生懸命努力しましょう。自分の事に責任を持てないようであれば、いい彼氏にはなれません。[16]
    • 自分の外見、そして、自分の存在感の出し方に誇りを持ちましょう。自分を良く見せる(外見だけでなく、振る舞い方も重要です)ことは、パートナーを良く見せることにもなり、そのような気遣いは感謝されるでしょう。
    • 常にあれこれするようガミガミ言わなくてはならないと感じさせてしまっては、パートナーはあなたとの関係を楽しむことができません。あなたの世話を焼くのは構わないでしょうが、母親のような存在にはなりたくないでしょう。
  7. 7
    お互いに個人の空間を大切にする 大切なパートナーであるからといって、その人はあなたが所有している「もの」ではありません。素晴らしい関係を保つためとはいえ、常に相手と共に時間を過ごさなければならない訳ではありません。5秒おきに相手の様子を伺うようなことはせず、自分が興味があることを好きにさせてあげるほうが、より相手に好かれるでしょう。[17]
    • 1人で過ごす時間、それぞれの友達と過ごす時間、一緒に過ごす時間の程よいバランスを見つけましょう。
    • 別々の友人と時間を過ごすことで、次にお互いに会う時に、お互いの有難みをさらに感じることができるでしょう。
    • お互いに異なる人付き合いの予定を立てておくことで、再び会う際に「報告し合える」出来事が増えるでしょう。
    • それぞれの趣味も大切にしましょう。お互いに出会う前からあった趣味や、行っていたスポーツ、その他の関心事はそのまま続けましょう。一緒に楽しめる活動を見つけることも大切ですが、相手が興味もないのにサッカーの試合を強制的に見せたり、自分がやってみたいと思いもしないのに、パートナーと一緒にヨガをしに行くべきではありません
    • それぞれの関心事を持ち続けることで、個性を失うことなく別々に成長することができます。そうすることで、2人の愛が育まれ、結果的に最高の関係を築くことができるのです。
    広告

ポイント

  • パートナーが悲しんでいたり、怒っていたら、そのままの状態で眠りにつかせないようにしましょう。話し合い、相手の気持ちを理解しましょう。そうすれば、彼女のことを心から気にかけていることが伝わります。
  • 自分の気持ちを伝えましょう。イライラしている時、怒っている時、嬉しい時は、彼女に話しましょう。女性は特に、パートナーが落ち込んでいたら助けてあげたいと思うものです。
  • 自分らしく振る舞いましょう!あなたが自分らしくいられるために、パートナーの存在があるのです。
  • パートナーが自分の友達をほったらかしにするのは気が引けるでしょうから、あなたのほうからパートナーと、パートナーの友達との付き合いに参加するようにしましょう。
  • 常に一緒にいたがるのは避けましょう。毎度毎度、キスやハグをすると嫌がられてしまうかもしれません。パートナーが息苦しくならないよう、自由を与えましょう。
  • 定期的にパートナーと会話をしましょう。テキストメッセージを送ったり、電話をしたりするなどして、あなたが相手を大切に思っていることを伝えましょう!
  • 2人の間で物事が上手くいっていない時は、どちらが正しいかを決めようとするのではなく、仲直りをすることに焦点を当てましょう
  • 焦ることなく、安定した関係を保ちましょう。
  • パートナーが何かに悩んでいるようであれば、その訳を聞きましょう。たいていの場合は理由を話してくれるでしょうが、そうでない時は、無理に聞いてはいけません。心の準備ができたら、きっと話してくれるでしょう。
  • パートナーは自分の友達に色々な事を話すでしょう。プレゼントに何が欲しいのか分からなければ、パートナーの友達に聞いてみましょう。あなたのパートナーの理想のデートや好きな場所、お気に入りのブランド、大嫌いな物など、何でも知っていることでしょう。 しかし、喧嘩をした時に、パートナーの友達に悪口を言うようなことをしてはいけません。自分の友達であるあなたの彼女の味方をするでしょうし、あなたが言ったことを彼女に告げ口するでしょう。パートナーの友達に嫌わてしまっては、あなたとは付き合わないほうが良いといったアドバイスまでされてしまう恐れがあるので、パートナーの友達には親切に接するようにしましょう。

広告

注意事項

  • しようと思っていたけれど、結果的に何らかの理由により実行せずに終わったことを話に出すのはやめましょう。「これをプレゼントしようと思ってたんだけど、気が変わったんだ」や「仕事を休んで君と過ごそうかと思ったんだけど、やっぱり良くないと思ってやめたんだ」などは、言う必要のないことです。「私にはそれ程の価値は無かったということか」などと感じさせてしまうと同時に、あなたは思いやりに欠ける人だと思われてしまうでしょう。
  • パートナーが怒っている時は、絶対に怒鳴ってはいけません。相手を落ち着かせ、大人の対応をしましょう。そうすることで、手に負えないような状況にならずに、できるだけ衝突せずに問題を解決することができるでしょう。
  • パートナーの家族の行動を恨んだりしてはいけません。相手の家族の言動をあなたがどうこうすることはできないのです。されて嫌だった事や、言われて嫌だったことを伝えるのは構いませんが、その後は何もしないでおくのが良いでしょう。
  • 絶対に、無理やりセックスや性的行為をさせようとしてはいけません。相手を尊重しましょう。セックスをしたいのであれば、まずは相手に聞き、断られたとしても、相手の意見を尊重しましょう。相手の意に反してセックスをすることは性的暴行であり、強姦罪にあたります。また、性行為をすることにプレッシャーを感じる必要は全くありません。心の準備が整うタイミングは人それぞれ異なります。
  • 悪い意味で誤解されやすい行動をパートナーに見られたら、「君が思っているようなことじゃないよ」や「これは誤解だよ」などと言うのはやめましょう。相手の手を握り(たいていの場合は手を離そうとします)、目を見て「愛している。僕には君しかいない」と伝え、説明をして誤解を解きましょう。
  • パートナーにべったりにならないようにしましょう。あなたが自分の空間を必要とするのと同じように、パートナーにも自分だけの空間が必要です。あなたとの付き合いの他に、自分の友達との付き合いに参加したり、何か他の事をしたがっている時は、そうさせてあげましょう。
  • パートナーに恥ずかしい思いをさせてはいけません。多くの人は人前で下着の話や衛生面、性行為に関することなどを話されると恥ずかしいと感じます。あなたにとっては魅力的な内容かもしれませんが、あなたのパートナーにとっては人前で話したい内容ではない場合もあるということを覚えておきましょう。また、パートナーに関する面白い話を許可なく人に話してはいけません。特に、そのような話をしそうになるあなたをパートナーが止めようとしたら、話を続けるのはやめましょう。「私が恥ずかしい思いをするのを避けるよりも、自分の友達を笑わせて楽しませるほうが大切なんだ」と思われ、パートナーの心を傷つけることになるでしょう。
  • 後に後悔するような事を言ったり、してはいけません。そんなことをしてしまっては、最悪の状況に陥ってしまいます。言ったら後悔するような事を言ってしまいそうになるくらい、怒りが爆発しそうになったら、あなたはその場を離れ、相手を1人にしておくのがよいでしょう。数時間後にテキストメッセージを送り、相手の様子を見て会話をしましょう。
  • あなたがしている側、されている側に関係なく、虐待が起こる付き合いをしてはいけません。どちらか一方が相手を異常にコントロールするような関係は虐待的であるといえます。身体的に相手を傷つける暴力だけでなく、パートナーの洋服や発言、行き先などを決めつけるのも虐待のうちに入ります。虐待は犯罪であり、このような関係は極めて有害です。そんな関係はすぐに断ち、危険なことをされたら、警察に電話しましょう。また、女性が男性を虐待することもあります。あなたが虐待している側の人間ならば、その関係はすぐに終わらせ、相手に謝罪をしましょう。もしあなたが虐待しているのであれば、誰かと恋愛関係になる準備など全くもってできていないといえるでしょう。
広告

関連記事

How to

「別れたら死ぬ」と言っている人と別れる

How to

女の子が自分に気があるかどうかを見極める

How to

フレンチキスをする

How to

彼女との電話の会話を続ける

How to

彼氏の気を引く

How to

女性に愛撫する

How to

彼氏を信頼する

How to

彼が体目当てで付き合っているかを判断する

How to

彼が本当に愛してくれているか知る

How to

男性が自分への興味を失ったことを見分ける

How to

彼女に愛されているかどうかが分かる

How to

カップルでセックスを大事にする

How to

彼が浮気をしているかを見分ける

How to

彼に許してもらう
広告

このwikiHow記事について

Klare Heston, LCSW
共著者
医療ソーシャルワーカー
この記事の共著者 Klare Heston, LCSW. クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
カテゴリ: 恋愛関係維持
このページは 919 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告