「いぼ」。その名前を聞いただけで不愉快になりませんか。いぼは見た目が悪く、ストレスの原因にもなります。それは治療が難しく、確実な治療法が存在しないからです。手、顔、足、その他の部位にできた尋常性疣贅(いぼ)でお困りの方は、この記事を読んでいぼを除去する基本的な方法を学びましょう。

方法 1 の 5:
医学的に証明された治療法

  1. 1
    忍耐強く治療します。いぼの原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)であるため、自分の免疫システムによって自然に消滅するまでには長い時間を要します。特別な治療をしなくても、そのうちに消えてしまういぼもあります。しかし、一概に「時間」といっても、数週間のこともあれば数年間を意味することもあります。それならできるだけ積極的な治療法を用いたいと思うかもしれません。どの治療法でも効果が出るまでには時間がかかります。他に比べて効き目が速いものもあります。最短時間でいぼを永久に除去する方法は、純トリクロロ酢酸を用いる方法です。この方法を使用すれば、通常10日ほどで効果が現れ、その効果は永久的です。また最も経済的な方法でもあります。これについては、後でもう一度お話いたします。
    • 免疫系が正常に働いていれば、いぼは自然に消えていくはずですが、1年~3年ほどかかることがあります。
  2. 2
    サリチル酸を用いるか、純トリクロロ酢酸(TCA)を使用します。[1] サリチル酸は、イボコロリに代表される市販のいぼ治療薬の成分として用いられています。その効果には個人差があり、除去までに数週間かかることもあります。
    • このようは製品は広く市販されているので、まず一番に試してみるとよいでしょう。薬剤が皮膚に与える刺激が、免疫系がいぼを治療するきっかけとなります。
    • 皮膚を5分間以上水に浸け、ブラシを使って患部に酸をたっぷり塗って乾かします。そのまま一日放置します。壊死した残りの皮膚をはがすかやすりでこすって削り取ります。これを2、3日に一度行います。
  3. 3
    粘着テープを用います。いぼ除去における粘着テープの効果を測定する研究がいくつか行われています。粘着テープ閉塞セラピー(DTOT)には、いぼのある場所に局部的に薬を用い、いぼ自体を「窒息」させる狙いがあります。イミキモド 5%配合クリームを塗った後に粘着テープを貼ると尋常性疣贅(いぼ)の治療に効果があることが、ある研究で分かっています。しかし、治療に時間がかかり(長くて6ヶ月)、いぼ除去にまで至らない場合がほとんどです。[2]
  4. 4
    カンタリジンを塗ります。カンタリジンはいぼを焼いて除去する即効性の高い化学薬品です。使用の際には医師に相談しましょう。[3] 痛みを多少伴いますが、一日で効果が現れます。
    • カンタリジンはツチハンミョウから作られる発泡薬として知られています。
    • 医師がいぼに直接カンタリジンを塗り、包帯を巻きます。翌日、包帯を取り、壊死した皮膚を取り除きます。一度の処置で効果が出ない場合は、別の方法を試す必要があるかもしれません。その場合、医師より適切なアドバイスを受けましょう。
    • カンタリジンの使用には注意が必要です。いぼが水泡になり、大きくなる可能性があります。
  5. 5
    液体窒素を用います。医師が施術する処置の中には、液体窒素を使用していぼを凍らせる方法(凍結療法)があります。[4] 不快感を感じることがあり、いぼの除去までに処置を数回繰り返す必要がありますが、非常に高い効果が期待できます。この処置方法が効かなかった場合、より大きな血管を伴う更に大きないぼが再発することが多く、こうなると除去は難しくなります。[5]
    • 凍結療法は、いぼの細胞を破壊することで免疫を作用させる治療です。
    • また、多くの薬局では市販の凍結除去剤を販売しています。市販の凍結除去剤を使用する場合は、以下のことに気をつけましょう。
      • いぼ除去剤の箱に記載された使用法に従いましょう。数分で肌色が白から赤に変わり、いぼの下に水膨れが出来始めます。
      • 数日もするといぼの下に小さな黒い点が現れます。これは、治療に効果が出ている証拠です。いぼをむしりとりたい気持ちをぐっと抑えましょう。
      • いぼは自然に取れます。取れない場合は、2週間後にもう一度試してみましょう。3回試みてもいぼが取れない場合は、治療をやめて病院へ行きましょう。
  6. 6
    いぼを焼き切ります。他の方法で治療できなかった場合は、いぼを焼いて取り除く方法を用いることがあります。この治療法には痛みが伴い、焼くと傷跡が残ることがあるため、病院での処置をおすすめします。しかし、怖くなければ自宅での処置も可能です。
    • 病院での処置 病院ではいぼを焼き切る際にレーザーを使用します。この方法はいぼの除去に効果が期待できますが、ほかの方法で効果が出なかった場合に試されることをおすすめします。
    • 自宅での処置 マッチに火を着け、吹き消します。まだマッチの先が熱いうちにいぼに押し当てます。これにより水膨れができ、治癒反応が始まります。感染した皮膚の層を取り除き、アロエと包帯で覆います。必要に応じてこれを繰り返します。この治療を自宅で行う際は、自己責任にて行いましょう。非常に危険です。
  7. 7
    医師に切り取ってもらいます。悪性の可能性がある場合は、病院で外科的に切除してもらいましょう。感染を防ぐため、処置は医師に任せます。痛みを軽減するために局所麻酔を使用することがあります。処置は以下のいずれかの方法で行われます。
    • 電気焼灼および掻爬 この治療では、電流を使用していぼを焼灼し、その後切り取ります。血管が温存されるため、いぼが再発することがあります。[6] [7]
    • レーザー治療 この治療では、強力な光線でいぼを焼灼します。[7]
  8. 8
    免疫療法を検討します。医師に相談してみましょう。免疫療法は、体の防衛システムを利用していぼを撃退する方法です。
  9. 9
    シネカテキンスについて医師に尋ねます。シネカテキンスは、陰部疣贅およびそのほかのいぼの治療に使用されます。
  10. 10
    イミキモドを使用します。これは、免疫反応を刺激することで特定のいぼや皮膚がんに働きかける塗り薬です。これひとつではいぼを治療することはできませんが、他の治療法と併用することで効果が期待できます。使用法については医師に相談しましょう。
    広告

方法 2 の 5:
未検証の民間療法

  1. 1
    抗体に働きかけます。いぼを冷やし、消毒した針を数回、いぼの最下部までしっかり差し込みます。血流にウイルスを取り込むことで体がいぼを認識して抵抗するため、いぼが体から消えていきます。特に体に複数のいぼがある人には非常に効果的な方法で、たったひとつのいぼに針を刺すだけで、体がほかのいぼを見つけて破壊してくれます。
  2. 2
    ビタミンCを貼付します。ビタミンC錠を砕いて水を加え、どろどろのペースト状にします。それをいぼに塗り、絆創膏で覆いましょう。その日はそのままにし、夜には絆創膏を剥がして空気に当てます。
  3. 3
    ビタミンEを貼付します。ビタミンEカプセルを破り、油をなじませていぼに塗ります。次にガーゼ付きの絆創膏で覆います。夜はいぼが呼吸できるように絆創膏を剥がし、翌朝もう一度塗り直します。これを1日3回繰り返しましょう。
  4. 4
    熱いお湯につけ、削ります。いぼがふやけるまで熱いお湯に浸します。角質除去用の荒めの軽石で、皮膚ギリギリのところまでいぼを削ります。患部がヒリヒリしますが、それにより体の免疫が働いて、いぼが早く治ります。
  5. 5
    漂白剤を塗ります。綿棒に漂白剤を付け、いぼに15分間押し当てます(多少ヒリヒリします)。漂白剤を塗ったあとは「必ず」その部分をよく洗いましょう。
  6. 6
    ティーツリー油を塗ります。いぼに軽く塗り、絆創膏で覆います。最大3週間続けることができます。
  7. 7
    ヒマシ油を用います。ヒマシ油に含まれる酸がいぼに炎症を起こし、手の平および甲にできた平たく小さいいぼに効果てきめんです。1日2回、いぼに綿棒でヒマシ油を塗りましょう。
  8. 8
    アスピリンを用います。アスピリンを2、3粒砕き、水を数滴垂らします。水を混ぜたアスピリンをいぼに塗り、絆創膏を貼ってそのまま一晩おきます。アスピリンは体内摂取が可能なサリチル酸ですが、市販されているローションよりも安価です。
  9. 9
    ベタディン(ヨウ素液)を使用します。ヨウ素液とも呼ばれるベタディンをいぼに塗り、絆創膏を貼ります。1〜2日おきに絆創膏を貼り替えましょう。
  10. 10
    いぼに歯磨き粉を塗り、絆創膏を貼ったら1日そのままにしておきます。これをいぼがなくなるまで繰り返しましょう。
    広告

方法 3 の 5:
食品を利用した未検証の治療法

  1. 1
    柑橘類の皮を用います。レモンまたはライムの皮をいぼより少し大きめに切り、絆創膏またはテープを使用して患部に貼り付けます。皮は毎日新しいものに取り替え、できるだけ長い間いぼを覆っておきます。1週間ほどしたら、いぼが完全にはがれ落ちます。
  2. 2
    バジルを用います。細かく砕いた新鮮なバジルを、防水性の絆創膏でいぼに貼り付けます。これを毎日、1週間ほど繰り返します。バジルの葉にはウイルスに打ち勝つ合成成分が含まれ、いぼを破壊してくれます。
  3. 3
    ニンニクカプセルを服用します。これを1日2回、数週間続けます。1〜2週間でいぼの表面が剥けてきますが、いぼが完全になくなるまでカプセルを服用しましょう。1ヶ月間、1日1〜2回 ガーリックオイルを塗る方法もあります。
  4. 4
    免疫系を強化する食品を食べます。ニンニク、さつまいも、全粒パン、ヒマワリの種、米はすべてそれに該当します。
  5. 5
    人参を細かく切ります。人参を細かくおろし、ペースト状になるまでオリーブオイルを加えます。1日2回、いぼにペーストを塗って30分間おきます。これを2〜3週間続けましょう。
  6. 6
    いちじくパックを作ります。新鮮なイチジクをつぶし、いぼにのせて30分間放置します。これを2〜3週間、毎日続けましょう。
  7. 7
    レモン果汁を用います。いぼの上にレモン果汁を絞り、それを細かく刻んだ生タマネギで覆います。これを2〜3週間、1日1回、30分間続けましょう。
  8. 8
    パイナップルジュースに浸けます。いぼをパイナップルジュースに浸します。パイナップルジュースには溶解酵素が含まれています。
  9. 9
    バナナの皮の内側で毎日こすります。バナナの皮に含まれるカリウムにはいぼの消滅を早める効果が期待できます。
  10. 10
    バナナの皮でいぼをくるみます。バナナの皮を指に巻く粘着テープより少し小さめに切ります。バナナの皮の内側をいぼにこすりつけ、粘着テープで固定します。1日おいてから取り外します。いぼが完全になくなるまで繰り返しましょう。
  11. 11
    クルクミン製剤を作ります。クルクミンはウコンから抽出される物質で、健康食品を扱うお店で購入することができます。クルクミン、パパイヤエキス(パパイン、錠剤で販売されている場合は砕いて粉状にします)、ビタミンE油を混ぜます。
    • ゴールデンシールのアルコールエキスをいぼとその周辺に軽く塗ります。これにより局所的な免疫活性が促されます。
    • 尖った針またはピンをクルクミンペーストにしっかり差し込みます。針をできるだけいぼの奥まで押し付けます。必要であれば数カ所に差し込みながら、更にペーストを注入していきます。
    • 残りのペーストをいぼに塗り、医療テープで覆います。この方法は顔や手にできる平たいいぼに効果的です。扁平疣贅は大変しつこく、体にウイルス耐性ができてもなお皮膚にとどまることがよくあります。この方法では凍結せずにいぼを除去できます。
  12. 12
    リンゴ酢を用います。コットン(ちょうどいぼが隠れるくらいの大きさで良い)をリンゴ酢に浸します。いぼに貼り付け、絆創膏で固定します。激しい痛みを伴うことがありますがコットンは毎日取り替え、できれば夜もそのままにしておきます。1週間ほどでいぼがはがれ始めます。優しく削りとれば下に健康な表皮が見えてきます。ここまできたらあとは患部が治癒するのを待つだけです。
    広告

方法 4 の 5:
より刺激の少ない除去方法

  1. 1
    ぬるま湯と海塩を用います。温かい塩水にいぼを10〜15分ほど浸し、皮膚を湿らせます。爪ヤスリ、軽石、柔らかめの紙ヤスリなどを使用していぼの壊死した皮膚をこすり取ります。指ではがすこともできますが、いぼは伝染しやすいので処置前後に手を洗いましょう。いぼを濡らして海塩をたっぷり塗ります。
    • いぼに絆創膏またはテープを貼って塩を固定し、そのまま数日間様子を見ます。シャワー後や絆創膏がはがれた場合は、貼り直します。
  2. 2
    ベーキングパウダーを混ぜます。ベーキングパウダーとヒマシ油を混ぜてペースト状にし、就寝前にいぼに塗って絆創膏で覆います。翌朝、絆創膏をはずします。必要に応じてこれを繰り返しましょう。
  3. 3
    熱いお湯を用います。いぼが柔らかくなりウイルスの撃退も見込めるため、足底疣贅を熱湯に浸けるのは効果的です。熱くしすぎてやけどをしないようにしましょう。60度くらいが適温です。
  4. 4
    タンポポの樹液を塗ります。野生のタンポポを摘んで茎を折ります。茎から流れ出る乳白色の樹液をいぼに塗ります。これを1日3〜4回繰り返しましょう。軽石でいぼをこすり、壊死した肌の層を取り除きます。いぼがなくなるまで続けます。
    広告

方法 5 の 5:
いぼの原因と種類

  1. 1
    いぼにはできるだけ触れないようにしましょう。いぼは体にできる小さなできもので、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因とされ、体のほかの部分にも広がります。
    • HPVウイルスは傷口への接触や性行為を通して他人に移る可能性もあります。
  2. 2
    いぼには様々な種類があります。その形や大きさは種類によって異なり、通常は丸形または楕円形に盛り上がったできものが皮膚に現れます。
    • 尋常性疣贅 この種類のいぼは体のどこにでも現れますが、もっともよく見られるのが手です。円形でごつごつしており、色は灰色がかった茶色です。
    • 扁平疣贅 通常、顔、足、腕などに見られます。小さく、名前の通り平べったいいぼで、毛剃りで広がることがあります。
    • 足底疣贅 足の裏にできるいぼで、色の濃い厚い皮で囲まれています。非常に激しい痛みを伴います。
    • 陰部疣贅 陰部とその周辺、太ももにできるいぼで、膣や肛門に見られることもあります。
    • 爪周囲疣贅。手足の爪の下にできるいぼで、隆起した皮膚の表面はでこぼこでざらざらしています。
    • 糸状疣贅 通常、口や鼻の周りにできるいぼで、肌と同じ色の細長い突起です。
    広告

ポイント

  • いぼのできた部分をできるだけ頻繁に洗います。
  • いぼを乾燥させた状態に保ちます。いぼは濡れていると広がりやすくなります。
  • 処置を行う場合は就寝時に行います。焦って無理矢理はがしたり、絆創膏を取ったりする心配がなくなります。
  • 公共プールで裸足で泳いだり、シャワーを使わないようにします。脚のいぼはこういった場所でもらってくることが多いようです。アクアシューズ(水中用の靴)、サンダル、ビーチサンダルなどを持って行きましょう。
  • 色々な処置法を併用することで、いぼの除去にかかる時間が短縮されることがあります。
  • アロエベラジェルを使えば、1〜2日でいぼがとれるという人もいます。
  • 肌トラブルの解消に漂白剤を使用するのは絶対にやめましょう。
  • 絆創膏のガーゼ部分を濡らして塩をたっぷり乗せ、いぼのある部分に貼り付けます。入浴またはシャワーのあとは特に貼り替えが必要です。
  • イボコロリを重ね付けすることはできますが、前の層が乾いてから次を塗ります。
  • 銀色の粘着テープとリンゴ酢を用います。いぼは、リンゴ酢を塗った粘着テープで常に覆っておきます。どうしてもテープを剥がさなければならない場合は、できるだけいぼの露出を短時間にしましょう。この方法は多くの人に効果的で、効果がある場合は2、3日のうちに変化が現れます。いぼはまず硬くなってから色が濃くなり、最終的に死んでしまいます。最後に少し残った頑固ないぼには、市販の家庭用凍結除去剤が役に立つかもしれません。
  • HPVの拡散を軽減するためには、健康的な生活を維持するしかありません。
  • 薬膏配合パッド(スピール膏など)もいぼ治療に効果的です。サリチル酸が配合されたパッドです。

広告

注意事項

  • いぼは常に絆創膏で覆っておきましょう。
  • 手を洗った後は、いぼを乾かしましょう。いぼは濡れているとうつりやすくなりますが、手を乾かすことでウイルス感染率が低くなります。
  • ここに挙げた治療法は、炎症を起こした皮膚、感染または赤みのある部分、ほくろ、母斑、毛の生えているいぼ、陰部疣贅、顔にできたいぼ、口内、鼻の中、肛門といった粘液組織にできたいぼに使用してはいけません。
  • 焼灼または凍結していぼを治療した場合には、傷が永久に残ることがあります。
  • いぼの再発は体の免疫システムのウイルス耐性に関係しています。
  • 靴下、靴、手袋、カミソリ、タオルなどを共有してはいけません。いぼの症状が現れていない場合でも、すでにウイルスが潜んでいることがあります。
  • いぼが改善しない場合には医師に相談しましょう。
広告

必要なもの

  • 海塩
  • いぼ治療薬
  • 粘着テープ
  • ガーリックカプセル
  • バナナの皮
  • リンゴ酢
  • 脱脂綿・綿棒
  • 絆創膏
  • ブックマッチ(紙マッチ)
  • アルコールまたは酢

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

2週間でお腹周りの脂肪を落とす

How to

吐き気を止める

How to

自分で身長を測定する

How to

お酒の酔いを早く覚ます

How to

勃起を抑える

How to

生理をはやく終わらせる

How to

割れた足の爪を処置する

How to

声を低くする

How to

キスマークを偽造する

How to

胸骨をポキッと鳴らす

How to

嘔吐を誘発する

How to

マスターベーション依存症の克服

How to

早く酔う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む156人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は95,172回アクセスされました。
カテゴリ: 健康
このページは 95,172 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告