見ただけで嘘をついている人を見破る探偵が主人公のドラマを一度は見たことがあるでしょう。嘘を見破るのは超能力のように感じるかもしれませんが、不可能なことではありません。嘘を確実に見破る方法はないものの、話の内容やしぐさに注意すれば真実と嘘を見分けることができるでしょう。

方法 1 の 18:
嘘をつく人は目や口を隠そうとする[1]

  1. 1
    嘘をつく時には相手に顔を見られたくないので、顔を隠したがる可能性があります。視線が合わないように目を隠していないか、手で口を覆っていないかなどを確認しましょう。このようなしぐさは、嘘をついているサインかもしれません。
    • 目や口を完全には隠さないこともあります。たとえば、手を顔にあてて片目だけを隠したり、口の大部分が隠れるように手で唇を触ったりするかもしれません。
    広告

方法 2 の 18:
嘘をつく人は偽物の笑顔を作る[2]

  1. 1
    嘘をつく時には口を結んだままかすかにほほ笑むものの、目が笑っていない人もいます。心から笑っていれば、目尻にしわができるでしょう。
    • ただし、過去にボトックス注射を受けたことがある人は例外です。ボトックス注射には筋肉の動きを抑制する働きがあるので、目尻にしわができにくくなります。
    広告

方法 3 の 18:
嘘をつく時には、まばたきが多くなる[3]

  1. 1
    研究では、視線を合わせるかどうかは真実性と無関係であることが証明されていますが、それでも、真実を言っているかどうか目を見て判断することはできます。[4] 嘘をつく時は、普段よりまばたきが多くなる可能性があります。相手と目を合わせて、まばたきの速さが変化するか確認しましょう。嘘をついているかもしれない人のまばたきが急に速くなったら、その人の言っていることは信用できないかもしれません。
    • たとえば質問をした時に、相手が答える前にまばたきが速くなったら、その人は嘘をつこうとしている可能性があります。
    広告

方法 4 の 18:
嘘をつく人は唇を噛む[5]

  1. 1
    嘘をつこうとする人は、口元をすごく気にする可能性があります。口元が気になり、嘘がばれないように緊張するので、下唇を噛んだり噛み締めたりするかもしれません。嘘をついているのではと疑ったら、このようなしぐさに注目しましょう。
    • たとえば、質問されると唇を噛みしめ、返事をした後に唇を軽く噛むかもしれません。
    広告

方法 5 の 18:
嘘をつく時には小鼻が開く[6]

  1. 1
    小鼻が開くのは微表情と呼ばれる一瞬の表情で、嘘をついているサインです。嘘がばれるのを心配して、身構えるためにこのような表情をする場合もあります。話をしている人の鼻を観察し、小鼻が開くか確認しましょう。
    • 「何があったのかもう一度言って」「あなたじゃなければ誰がやったの?」などと聞き、相手が答えるときに小鼻が開くかを観察します。
    • ただし、嘘をつく時だけでなく、怒りや恐れを感じて小鼻が開く場合もあるので、注意が必要です。[7]
    広告

方法 6 の 18:
嘘をつくと暑くもないのに汗をかく[8]

  1. 1
    嘘をつく時には、緊張して汗をかく可能性があります。相手のこめかみ、唇の周り、脇の下に注目し、汗をかいているか確認しましょう。同時に気温を確認し、暑さのせいで汗をかいている可能性を考慮します。
    • こめかみや髪の生え際を見ると、最もわかりやすいでしょう。
    • 気温が高い時には、暑さのせいで汗をかいている可能性があります。その場合は、他の方法で嘘を見破りましょう。
    広告

方法 7 の 18:
嘘をつく人は髪や髭をいじる[9]

  1. 1
    嘘をつく時には、髪を指にくるくる巻き付けたり手で髪を梳いたりする可能性があります。髭を生やしている人なら、髭をこするかもしれません。嘘をついているのではと疑ったら、このようなしぐさに注目しましょう。
    • たとえば、髪を指にくるくる巻き付けたりロングヘアの毛先で三つ編みを作ったりするかもしれません。
    • 髭が生えている場合は、指で髭をこすったり髭の先を整えたりする可能性があります。
    • このようなしぐさを繰り返しているかに注目します。会話の間中ずっとこのようなしぐさをしている場合は、嘘をついている可能性が高くなるでしょう。
    広告

方法 8 の 18:
嘘をつく人は手に落ち着きがない、手を隠そうとする[10]

  1. 1
    嘘をつく時には、手の動きがぎこちなくなる可能性があります。場合によっては、手を隠そうとするかもしれません。相手の手の動きを観察し、ポケットに入れたり背中の後ろに回したりしていないか確認しましょう。両手を握りしめたり、手当たり次第にものを触ったりすることもあります。
    • たとえば、指を鳴らし始めたりシャツのボタンをいじったりするかもしれません。
    広告

方法 9 の 18:
嘘をつく時には声の高さが変わる[11]

  1. 1
    嘘をつく時には緊張するので、体に力が入る可能性があります。体の緊張が声に影響を及ぼし、声が高くなったり低くなったりするかもしれません。嘘のサインとして、声の高さの変化に注目しましょう。
    • 急に高い声になって昨晩の行動を説明するようなら、その人は嘘をついている可能性があります。
    広告

方法 10 の 18:
嘘をつく時には話す速さが変わる[12]

  1. 1
    嘘をつく時には話を作りながらしゃべるので、スピードが遅くなる可能性があります。作り話を用意していた場合は、逆に速く話すかもしれません。嘘をついていると、会話の最中に話す速さが変わることがよくあります。その人が話す速さに注目すると、嘘をついているかどうかを判断できるかもしれません。
    • たとえば、最初はものすごい速さでぺらぺら話し、質問されたことに答える時には、話を作りながら非常にゆっくりと話す可能性があります。
    広告

方法 11 の 18:
嘘をつく時には話の組み立てが変わる[13]

  1. 1
    嘘をつく人は、その嘘に慣れてくると一般的に話し方が変わります。嘘をつく時には、きちんとした文になっていない断片的な話をするかもしれません。[14] 逆に、作り話に真実味を持たせるために複雑な話し方をしたり、接続詞を使わずに2つ以上の文を繋いだりする場合もあります。短く不完全な文で話したかと思ったら、長く複雑な文で話すようなことがないか確認しましょう。
    • たとえば、最初は「私だけ」「学校で」「すぐ家に帰った」などと断片的に話すかもしれません。その後で、「昨夜は本当に一人だった、友達に確認してもいいよ。そこにいたのは私一人なんだから疑われるようなことは何もない」のように話し方が変わる可能性があります。
    広告

方法 12 の 18:
細かいことを質問して、詳しく説明できるかを確認する[15]

  1. 1
    嘘をつく人は話をでっち上げる必要があるので、詳細を説明するのに悪戦苦闘しがちです。詳しく聞くと、すでに話した内容とたいして変わらない返事しかできない可能性があります。詳細を話せない場合は、嘘をついている可能性があるでしょう。
    • たとえば、昨夜は図書館で勉強をしていたと恋人が言うのは嘘で、本当は友達と飲みに行っていたのではないかと疑ったとします。この場合は、「昨夜は図書館は静かだった」「とても混んでいた」などと言うかもしれません。
    • 「空いている席はいくつぐらいあった?」「昨夜の司書は誰だった?」「昨夜はどの本を参考にした?」などと質問して、詳しい答えが返ってくるか確認しましょう。
    広告

方法 13 の 18:
質問をした後すぐに答えが返ってくるかを確認する[16]

  1. 1
    聞かれたことに返事をする前には、少し考えるのが普通です。しかし、嘘をついている場合は返事を用意しているので、すぐに答えが返ってくることがよくあります。いくつかの質問を投げかけ、考えてから返事をするかすぐに返事をするかを確認しましょう。すべての質問に返事が用意されているようなら、嘘をついている可能性があります。
    広告

方法 14 の 18:
オープンエンド型の質問をして足元をすくう[18]

  1. 1
    オープンエンド型の質問には「はい」や「いいえ」では答えられないので、話をする必要があります。答えるのに考える必要があるだけでなく、嘘をついている場合は墓穴を掘ることになるかもしれません。相手に考えさせるために「はい」か「いいえ」では答えられない質問を浴びせましょう。
    • 「一人だったの?」の代わりに「他に誰がいたの?」、「去年も学生だったの?」の代わりに「去年は何の授業を取ったの?」と聞きましょう。
    • 相手を困らせるために予想外の質問をしましょう。たとえば、「そこに着いたときにどんな曲がかかってた?」「昨夜はどっちのバーテンダーが働いていた?」などと質問すると、嘘をついた人の隙を突けるかもしれません。
    広告

方法 15 の 18:
逆から話すように求め、矛盾がないか確認する[19]

  1. 1
    嘘をつく人は練習した話をするのは上手ですが、逆から話すように求めると通常はとまどってしまうでしょう。真実を話しているなら記憶を辿って話を逆転することができますが、嘘をついている場合は、相当な努力をしてもう一度話を組み立てる必要があります。逆から話すように求め、うまく話せるかを確認しましょう。
    • 「わかった。もう一度言ってくれる?今度は最後からさかのぼって話して」と求めましょう。
    広告

方法 16 の 18:
嘘をつく人は質問を繰り返す[20]

  1. 1
    嘘をつくと、質問に答えるのに考える時間が必要です。そのため、答える前に質問を繰り返して時間を稼ごうとするかもしれません。このようなことを何度も繰り返す場合は、その人が嘘をついている可能性があります。
    • 「昨晩どこにいたの?」と聞き、相手が「昨日の夜どこにいたかって?ああ、家にいた」などと答えるかを確認します。
    • 時間を稼ぐための別の手段として、質問したことをほめるかもしれません。「それは良い質問だ」「聞いてくれてありがとう」などと言うかに注目しましょう。
    広告

方法 17 の 18:
確認できることを質問する[21]

  1. 1
    話の内容を確認すると、嘘か真実かを突き止めることできるかもしれません。話を聞きながら後で調べられる内容を覚えておき、真実かどうかを確かめましょう。
    • たとえば、近くのカフェでお昼を食べたと言っている同僚が、本当は自分のお弁当を盗んだのではないかと疑ってる場合は、そのカフェの「本日のおすすめランチ」が何だったのかを聞き、後で確かめましょう。
    • 同様に、付き合っている人が学歴を詐称している疑いがあれば、専攻と指導教授の名前を聞きましょう。後で、その学校にその専攻があるか、またその名前の教授が在籍しているかを確認することができます。
    広告

方法 18 の 18:
嘘をつく人は自分が正直だと主張する[22]

  1. 1
    嘘をつく人はその話を信じてもらいたいので、自分は真実を言っていると直接的に主張する可能性があります。「正直に真実を話している」「嘘なんて言わない」などと言うようであれば、嘘をついている可能性が高いでしょう。このようなフレーズを聞いたら、その人が話すことは嘘かもしれないので注意深く耳を傾けましょう。
    • 嘘をつく時には「正直に言うと」「本当のことを話すよ」などと切り出すかもしれません。その場合は、様々な質問を浴びせてどのように返答するかに注意を払いましょう。
    広告

ポイント

  • 目を合わせて話すかどうかで嘘か真実かを判断するのはやめましょう。研究では「目を合わせないのは嘘をついているサイン」という見方には信ぴょう性がないことが示されています。
  • 真実を話していても嘘をつくようなしぐさを見せる人もいるので、誤解しないように注意が必要です。よく知っている人なら普段の行動パターンがわかるので、嘘を見破りやすいでしょう。

広告

注意事項

  • 嘘を指摘するのは、慎重に考えてからにしましょう。嘘だという確実な証拠を用意し、嘘をついた人から様々な反論が返ってくることを覚悟する必要があります。
広告

関連記事

How to

壁の向こう側の会話を聞き取る

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

げっぷする

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

キスが上手になる

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

笑ってはいけない時に笑いを止める

How to

男性からの好意に気付く

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

泣いている人を慰める

How to

女性をその気にさせる

How to

笑い方を変える
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は7,196回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 7,196 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告