皮肉を言うことは、悪い状況を最大限に利用して笑いを取るのにピッタリの方法です。皮肉を言うのは意外と簡単なので、皮肉っぽい人の話し方をよく聞いて、日常の場面で工夫を凝らした皮肉を言ってみましょう。ただし、皮肉を言うタイミングや相手を間違えると、相手の気持ちを傷つけてしまうかもしれません。あくまでも皮肉は軽めに、使い過ぎないようにしましょう。

方法 1 の 3:
皮肉の活用方法

  1. 1
    アイデアや出来事に対して皮肉を言う 例えば、つまらない映画を見た後に「いやぁ、これは面白かったね」などと言ってみましょう。特に「これは」を強調することで、皮肉のこもった言い方になります。[1]
    • 炎の輪の中をバイクで走り抜ける映像を見て、「安全そうだな」と言うのも皮肉です。
    • 友人またはその場にいない人をネタに皮肉を言うようにしましょう。例えば、その場にいない政治家や有名人、ビジネスリーダーなどの判断ミスを皮肉ることで、いとも簡単に笑いが取れるはずです。
  2. 2
    当たり前のコメントを皮肉で揶揄する 誰かが普通に当たり前のことを言ったときには、「本当に?」や「すごい、思っても見なかった!」と言って、不必要な洞察であることを指摘しましょう。例えば大雨が降っていて、誰かが「雨が降っていますね」と言ったら、「そうなんですか、気がつきませんでした」と皮肉で返しましょう。[2]
    • スピーチのために書いたカンニングペーパーをなくしてしまい、友人に「これはまずいね」と言われたら、「いいや、そう思うかい?」と皮肉を込めて答えましょう。
  3. 3
    想定内の事態だと皮肉で気づかせる 例えば友人が、無能な政治家が重要な政策やプログラムの展開を失敗したことについて詳しく話してきたとします。その時に「いやいや、これは驚きだ」と返します。[3]
    • 友人から知人が車を壊したという話を聞いたとしましょう。その知人の運転が下手であることを以前から知っていたら、「彼は車を壊したのか。なんてショッキングなんだ」と皮肉で返してもよいでしょう。
  4. 4
    皮肉を言うことでミスをたしなめる 例えば、友人とバッティングセンターに行き、友人が大きくスイングして空振りしたときに、「おお、いい当たりだ!」と言ってみます。[4]
    • 友人が歩きスマホをしていて、郵便ポストにぶつかりケガがなかったときに、「よくやったね」などの皮肉のこもったコメントをしてもよいかもしれません。
  5. 5
    喜んだり、感謝したりしているふりをする 何か不幸なことが起こったときにも、皮肉混じりに対応しましょう。タイヤがパンクした場合:「おお、すごい。パンクしてほしいと思っていたところだったんだ」[5]
    • テストの成績が悪かった場合:「すごいわ。私はこの点数を目指していたの」
    • お金をおろさなくてはいけないのに、銀行がもう閉まっていた場合:「完璧だわ」
  6. 6
    古臭い言葉を混ぜる ごくさりげない皮肉であれば、会話の相手はそれに気づかないかもしれません。皮肉なコメントをする前に「おやおや!」や「あらまあ!」など、普段使わない言葉やフレーズを盛り込むことで、皮肉を言っていることが伝わりやすくなります。[6]
    • 自分と友人が約束の時間に遅れているときに、友人に「遅れちゃうよ」と言ってきたら、「おやおや、まさか!」と皮肉を込めて答えましょう。
    広告

方法 2 の 3:
皮肉を使うタイミングを計る

  1. 1
    話している相手のことを考慮する 皮肉に対する反応は人によって異なります。一緒に仕事をしている人やよく知らない人には、皮肉を言わないようにしましょう。自分のことを知っていて、信頼関係のある友人や家族には皮肉を言っても構いません。ただし、相手が友人や家族であっても、うんざりされない程度に抑えましょう。
    • 皮肉を嫌がる人に皮肉を言うのは控えましょう。
    • 教師や警察官など、社会的に権威のある立場の人に皮肉を言ってはいけません。
    • ジョークが通じない人、ユーモアのない人、落ち込んでいる人に対しては皮肉を言わないようにしましょう。
    • 相手にとってセンシティブな問題について、皮肉なコメントをするのはやめましょう。
  2. 2
    皮肉を言い過ぎない ちょっとした皮肉なら笑ってもらえますが、言い過ぎると相手を疲れさせてしまい、人から嫌われてしまう可能性があります。[7] 皮肉を言い過ぎて、あなたの側では何を言っても何をしても馬鹿にされると、感じさせることがないようにしましょう。言い過ぎないよう気をつけることで、人々が安心してあなたの側に来て、話しができるようになります。
    • どのくらい皮肉を言ってよいかについては数値化できません。人によって皮肉の許容範囲は異なります。
    • あなた(または会話の相手)が皮肉に疲れてしまったら、皮肉の代わりに気の利いた一言を言うようにしましょう。皮肉よりも敵意が感じられず、言われた相手も受け入れやすいはずです。
    • 友人と一緒に歩いていて、彼らがなぜか突然つまずいたとき「この道は本当に平らで何もないね」などの皮肉を言ってもよいのですが、「地面がどこからともなく盛り上がってきたね」といった気の利いたコメントをしてもよいでしょう。
  3. 3
    場合によっては皮肉を言っていることをはっきり伝える 皮肉を言われるのが苦手な人もいます。会話の相手があなたの皮肉を込めたコメントを文字通りに受け取ってしまった場合は、皮肉を言ったということを伝えたほうがよいかもしれません。簡単に「冗談だよ」または「皮肉を言っただけだよ」と伝えましょう。[8]
    広告

方法 3 の 3:
皮肉を言うスキルを磨く

  1. 1
    皮肉の効いたコメントを練習する 「最近どう?(What's up?)」のような型通りの質問をされたら「空(What's up?の直訳に答えた皮肉)」と答えてみるなど、様々な場面で応用できる皮肉の効いたコメントを、色々な人に対して使って覚えていきましょう。[9]
    • 練習頻度は、記憶力のよさによって変わります。毎日2、3回練習して覚えることができたら、それ以上は練習の必要はありません。
    • もっと回数を重ねないと覚えられないという場合は、必要なだけ練習しましょう。
  2. 2
    皮肉を言ったときの相手の反応を覚えておく 相手が目を丸くすることが多い皮肉については、もう使わないか、使う頻度を減らしましょう。周囲からの反応の良い皮肉があれば、それを頻繁に使うようにします。[10]
    • よい皮肉でも使い過ぎないように注意しましょう。
  3. 3
    創意工夫をする 最高の皮肉の効いた返答やコメントというのは、言う相手や彼らの好きなもの、生きる姿勢、信念に関する深い知識に基づいているものです。自分の置かれている状況や他人の話において、どう絶妙に皮肉混じりのコメントを織り込めばよいか、よく考えてみましょう。[11]
    • 例えば、自分と友人の太郎がハルクの大ファンだとします。もし太郎が誤って割れやすい食器をたくさん割ってしまったら、皮肉を込めて「ハルク、あなたはまたしても窮地を救ってくれましたね」と言ってみましょう。
  4. 4
    皮肉屋の人と話をする 皮肉を上手に使っている人の話を聞くことで、自分の皮肉も上達するでしょう。彼らがどのタイミングで、どんな皮肉を使っているか、注意して聴いてみます。また、皮肉を言っているときの声の抑揚や顔の表情にも注目しましょう。[12]
  5. 5
    失敗を恐れない 皮肉を使いこなすには、時間、集中力、そして経験が必要です。皮肉を言うのに必要な「筋肉」を鍛えることで、皮肉も上達するでしょう。あまり受けが良くないジョークをいくつか言ってしまったとしても、めげずに皮肉を言い続けましょう。[13]
    広告

関連記事

チャットで会話を盛り上げるチャットで会話を盛り上げる
相手に嫌われていないかを判断する相手に嫌われていないかを判断する
授業中にお腹が鳴るのを止める授業中にお腹が鳴るのを止める
酔っぱらっても吐かない酔っぱらっても吐かない
別人になる別人になる
話題が無い時に会話を始める話題が無い時に会話を始める
口数を減らす口数を減らす
人を良い気分にさせる人を良い気分にさせる
楽しく会話する楽しく会話する
挨拶をする挨拶をする
物静かな人になる物静かな人になる
心を鬼にする心を鬼にする
お酒に酔わないお酒に酔わない
好きではないと相手に伝える好きではないと相手に伝える
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 社交
他言語版
このページは 190 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告