PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

コロナ禍で「Stay Home」が世界的に叫ばれるようになり、家の中でいかに楽しく過ごせるかに焦点が当てられるようになっています。その中で注目を集めているのが「おうちカフェ」です。家にいながらにしてカフェにいるときのようにおしゃれなご飯とドリンクを、おしゃれな空間で楽しむというのがおうちカフェです。自宅にいながらにしてカフェ時間を楽しむには、まず空間のテイストを決める必要があります。カフェメニューやドリンクは家にあるもので作ることができます。

パート 1
パート 1 の 3:
カフェ空間を自宅に作る

  1. 1
    空間のテイストを決める おうちカフェをするにはまずおうちのリビングやダイニングをカフェ風にすることから始まります。自分の普段の行きつけのカフェや落ち着くお店はどのような空間になっているか、思い出してみましょう。好みの空間を想像するのも良いでしょう。カフェのテイストは主に北欧風・リゾート風・ナチュラルテイスト・アンティーク調などに分けられます。自分のおうちでくつろげそうな空間をイメージし、まずはそのテイストを決めましょう。[1]
  2. 2
    テイストに合わせて空間を飾り付ける テイストが決まったら、インテリア雑誌やカフェのウェブサイトなどを見て、リビング・ダイニングを飾りつけましょう。インテリア自体を思い切って変えるのも手段の1つですが、そこまでお金をかけなくても飾り付けは可能です。100円均一ショップで買える木目調のカッティングシートを壁に貼ったりプレートを壁から下げることによっても十分空間を演出することができます。[2]
    • すのこを壁に貼ると板壁風になり、釘やピンを上から打ち付けて装飾などをぶら下げることができます。
  3. 3
    ベランダも検討する 家のリビングはあまり使いたくない、自分の作りたい空間が作れなそう、という場合はベランダにカフェ空間を作りましょう。ベランダならオープンカフェ風になり、家にいながらにして開放感のあるおうちカフェを楽しむことができます。[3]
  4. 4
    テイストに合った食器やカトラリーを揃える インテリアの変更や飾り付けをして全体像が見えてきたら、作り上げたいテイストに合わせた食器とカトラリーを買ってきましょう。100円均一ショップで十分手に入ります。木製のカッティングボードや削り目つきスプーン、木製プレートはナチュラルテイストを醸し出すのに重宝します。[4] カラートレーは北欧スタイルにはとてもマッチします。[5]
    • パンケーキやパスタなどの黄色系のメニューはが青色系統の皿に盛ると美しく見せられます。
    • 木製のカッティングボードにはいろんなメニューを盛り付けてみましょう。
    • 変えられるのは食器やカトラリーだけではありません。調味料を入れるボトルなどキッチン小物を合わせて変えることで空間に統一性が生まれ、彩りを与える演出を加えられます。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
簡単なカフェメニューを作る

  1. 1
    パンケーキやフレンチトーストなどカフェメニューを作る おうちカフェを楽しみたいなら、おやつレベルの簡単なメニューを作りましょう。カフェの定番といえばパンケーキ やフレンチトーストです。パンケーキはホットケーキミックス100gと卵1/2個、牛乳を90ml混ぜ合わせて、油で熱したフライパンに少量ずつ流し込んで円形に成形するだけですぐ作れます。[6] フレンチトーストは卵1個、牛乳70cc、砂糖小さじ1と1/2を混ぜ、その中に食パンを半分に切って浸し、フライパンに移し替えてバターをひいて弱火で焼くだけです。[7]
  2. 2
    ワンプレートサラダを作る カフェメニューの中には見た目も美味しそうなサラダもついています。ワンプレートのサラダがカフェでは定番ですので、おうちカフェにもワンプレートサラダを用意しましょう。意識することは「色」です。緑・黄・赤など色映えの良い野菜や果物を選んで盛り付けると仕上がりの印象もアップします。[8]
  3. 3
    市販のお菓子にひと工夫をする カフェメニューを再現するために、なにも素材からメニューを作る必要はありません。コンビニやスーパーで売っている市販のお菓子を開封して一手間加えるだけで、カフェメニューのようになります。市販のスポンジケーキに切り目を入れてホイップクリームと刻んだバナナを入れればオムレット風バナナケーキが、プリンを耐熱皿に置いてグラニュー糖をかけて炙るだけでパリパリの焼きプリンができます。[9]
    • 盛り付けるときは、凝ったお皿の上に美しく見えるように盛り付けましょう。ワンプレートにメニューを乗せるときは、お皿をキャンバスに見立てて絵を描くように盛り付けます。見た目と雰囲気がおうちカフェではなによりも大事です。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
飲み物を準備する

  1. 1
    インスタントコーヒーでカフェオレやカフェラテを作る たとえ家にエスプレッソマシンがなくても、インスタントコーヒーで美味しいカフェラテやカフェオレを作ることができます。濃いめのインスタントコーヒーを準備し、牛乳をふつふつと泡が立つ程度の60℃前後に温めましょう。電子レンジで温めるなら600wで1分30秒程度です。[10] 温め終わったら牛乳をコーヒーの上から1:1の分量割合でかければホットカフェオレが出来上がります。[11] カフェラテを作る場合は牛乳の割合を多くしましょう。[12]
  2. 2
    カフェラテやカフェオレをいろんなドリンクにアレンジする カフェラテやカフェオレはいろんな味にアレンジをすることができます。「キーコーヒー」のHPにはいろんなアレンジコーヒーの作り方が載っていますので、見てみましょう。フルーツを使ったもの、キャラメルを使ったものなど豊富にレシピが載っていて、どれも手軽に作ることができます。
  3. 3
    フルーツドリンクを用意する コーヒー以外にも、カフェではいろんなフルーツ系ドリンクを飲めます。こうしたフルーツドリンクも作るのは簡単です。100円ショップで売っているメイソンジャーにリンゴ酢・はちみつ・水を溶かしてフルーツを切って入れ、冷蔵室で3〜4時間置くだけでフルーツピネガージュースができます。[13]
    • 色鮮やかなイチゴをグラスに入れたり縁に挟むだけで、簡単にドリンクをカフェ風に演出することができます。[14]
    広告

ポイント

  • カフェ空間を作るには音楽も大事です。ジャズ、ボサノバ、ヒーリングミュージックなど各ジャンルの音楽をiTunesからダウンロードして室内音楽としてかけてみましょう。[15]
  • 実際のカフェではドリンクも食べ物も高額になりますが、おうちカフェならありものを使って自分でメニューを作ることができるので、節約につながります。[16]
広告

注意事項

  • 特に賃貸の物件では、壁に穴を開けたり壁紙を貼ることが禁止されていることもありますので、空間の飾り付けをするときは家を傷つけない範囲に留めましょう。
  • せっかく作ったカフェ空間に人を招くのは良いですが、大騒ぎすると近所迷惑になりますので騒音は立てないようにしましょう。
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
パンをおいしく温め直す
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
鶏肉を解凍する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
オートミールを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
チーズを溶かすチーズを溶かす
牛乳からバターミルクを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 200 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告